先取り『イニストラードを覆う影』プレリリース:実際のカードプールを参考に練習してみよう

 

昨日ウィザーズ・オブ・ザ・コースト東京オフィスにて行われたイベント、「関係者プレリリース」。

製品発売前に業界関係者が一足先に『イニストラードを覆う影』プレリリースを体験しその面白さを発信する企画に、今回も筆者は参加させていただいた。その様子についてはTwitter(ハッシュタグ:#関係者プレリ)を確認していただきたい。

さて、今回はその時に開封したプールを使って筆者がどのような構築をしたのかを簡単に振り返ってみたい。素人構築ではあるが、雰囲気や感覚などが今週末に控えたプレリリース本開催の参考に少しでもなれば幸いである。

プレリリースキットの仕様

プレリレア

プレリリースは40枚のデッキをその場で構築する「シールド」というフォーマットで行われる。キットには『イニストラードを覆う影』6パックに加え、特別仕様のレアもしくは神話レアのカード1枚が同梱されているためリミテッド戦における貴重な戦力となるはずだ(あまりの強運に恵まれると《瓶詰め脳》が2枚出る場合もある)。

両面カードの封入率

アーリンコード

米公式サイトに掲載された記事「THE MARCH 24, 2016 UPDATE」によれば、通常のブースターパックにはコモンまたはアンコモンの両面カードが1枚封入され(コモン9枚、アンコモン3枚、レアまたは神話レア1枚、コモンまたはアンコモンの両面カード1枚)、8パック中1パックにはレアもしくは神話レアの両面カードがさらに通常コモン1枚と入れ替わる形で封入されるとのこと。フォイル枠も用意されているので、引き運によっては神話レア+両面神話レア+フォイル神話レアという類まれなる状況も起こりうるということだ。

筆者のカードプール

白 13枚 1:《ドラグスコルの騎兵》、1:《近野の司祭》、1:《粗暴者の貶め》、1:《忘れられじ》、1:《聖戦士の相棒》、1:《腕っぷし》、1:《戦闘的な審問官》、1:《物騒な群衆》、1:《不屈の聖戦士》、1:《悪魔の棲家の狐》、1:《眠れぬ者の使者》、1:《薬剤師の霊》、1:《刺し込む光》
青 16枚 1:《氷の中の存在》1:《岸の飲み込み》、1:《潮からの蘇生》、1:《ドルナウの死体あさり》、1:《縫い翼のスカーブ》、1:《パズルの欠片》、1:《かそけき翼》、2:《シルブールリンドのカミツキガメ》、1:《セルホフのランプ灯し》、1:《収まらぬ思い》、1:《隠れるホムンクルス》、1:《行方不明》、1:《金縛り》、1:《嵐乗りの精霊》、1:《回答の強要》
黒 13枚 1:《忍び寄る恐怖》、1:《ギサの召集》、1:《オリヴィアの血誓い》、2:《遠沼の亡霊》、1:《殺人衝動》、1:《闇告げカラス》、1:《悪意の器》、1:《遠沼の猟犬》、1:《灰口の雄馬》、1:《流城の導師》、1:《療養所の骸骨》、1:《吸血貴族》
赤 17枚 1:《稲妻の斧》、1:《霊魂破》、1:《貪欲な求血者》、1:《村の伝書使》、1:《皮膚への侵入》、1:《ステンシア仮面舞踏会》、1:《ケッシグの鍛冶場主》、1:《灰と化す》、1:《癇しゃく》、1:《燃えさし眼の狼》、1:《放たれた怒り》、1:《溶岩の地割れ》、1:《傲慢な新生子》、1:《巨体の悪魔》、1:《吠え群れの狼》、1:《苦しめる声》、1:《苛虐な魔道士》
緑 16枚 1:《蟻走感》、1:《上弦の月の教団》、1:《ナッターノールズの隠遁者》、1:《奇妙な森》、1:《鬱後家蜘蛛》、1:《未知との対決》、1:《翼切り》、1:《狂気の一咬み》、1:《裏道の急使》、2:《孤独な狩人》、1:《ケッシグの不吉な豚》、1:《分かれ道》、1:《道理を超えた力》、1:《茨隠れの狼》、1:《根から絶つ》
マルチ 2枚 1:《熱病の幻視》1:《苦渋の破棄》
無色 6枚 2:《瓶詰め脳》1:《タミヨウの日誌》、1:《合鍵》、1:《爆発性の機器》、1:《枝細工の魔女》
土地 2枚 1:《高地の湖》、1:《ねじれ地帯》

筆者の構築

Image

まず目に留まったのは《ドラグスコルの騎兵》だった。マナコストこそ重いものの自己完結したその能力はあまりにも魅力的だ。ただ、アグロの採用できるマナ域ではないため思考停止で投入はできない。次に目についたのが《苦渋の破棄》である。片方のカラーが騎兵と重複しており、黒には《遠沼の亡霊》という優秀なスピリットが2枚もある。除去も比較的多いためこの時点で白黒のスピリットの路線はほぼ確定した。ただどうしても強いカードだけ集めると隙間が発生してしまうので《ドルナウの死体あさり》や《縫い翼のスカーブ》、《嵐乗りの精霊》といった中~高マナ域の優秀なカードを有する青をタッチすることに。そうして出来たのがこのデッキだ。

エスパースピリット構築
1:《ねじれ地帯/Warped Landscape》
7:《平地/Plains》
6:《沼/Swamp》
4:《島/Island》
18 lands

1:《ドラグスコルの騎兵/Drogskol Cavalry》
1:《近野の司祭/Nearheath Chaplain》
1:《薬剤師の霊/Apothecary Geist》
1:《眠れぬ者の使者/Emissary of the Sleepless》
1:《悪魔の棲家の狐/Devilthorn Fox》
1:《不屈の聖戦士/Dauntless Cathar》
1:《物騒な群衆/Unruly Mob》
1:《縫い翼のスカーブ/Stitchwing Skaab》
1:《ドルナウの死体あさり/Drunau Corpse Trawler》
1:《嵐乗りの精霊/Stormrider Spirit》
2:《遠沼の亡霊/Farbog Revenant》
1:《オリヴィアの血誓い/Olivia’s Bloodsworn》
13 creatures

1:《粗暴者の貶め/Humble the Brute》
1:《刺し込む光/Puncturing Light》
1:《回答の強要/Press for Answers》
1:《金縛り/Sleep Paralysis》
1:《殺人衝動/Murderous Compulsion》
1:《ギサの召集/Gisa’s Bidding》
1:《苦渋の破棄/Anguished Unmaking》
1:《タミヨウの日誌/Tamiyo’s Journal》
1:《爆発性の機器/Explosive Apparatus》
9 other spells

Image (1)

使ってみた感想としては、まず低速のデッキと《タミヨウの日誌》の相性がすこぶる良い。オマケのような調査達がこのカードの能力起動に活きてくるのだ。《近野の司祭》や《不屈の司祭》などの場持ちの良いカードでお茶を濁した後にフィニッシャーや除去を引っ張りだすだけで勝ってしまう試合もいくつかあった。横に並び、かつ飛行の多い構築なため緑や黒を主体としたデッキには比較的有利だと思われる。

jp_L47DLiwnCo逆に圧倒的な不利を感じたのが赤だった。横に並ぶとはいえ1体1体は貧弱なクリーチャーに過ぎず、トランプルを持つ《火の猟犬》のようなカードがいったん回りだすと手がつけられなくなる自体もしばしばで、《アヴァシンの裁き》や《両手撃ち》といった複数を対象にとるカードも致命的だった。果敢のようなパワー・タフネスの変動が目に見えているクリーチャーを多く有する青もあまり得意ではなさそうだ。

結果としてはBIGMAGICのエルダーたる浅原氏の青赤テンポに0-2、晴れる屋伊藤氏の駆る黒緑昂揚に2-0、BIGMAGIC岩show氏の黒赤コントロールに2-0(ただしかなりの事故だった模様)となった。

話題のマッドネスについては使用しなかったため、捨てなくても強いカードが強いといった雑な印象。昂揚は構築さえ工夫すれば思った以上に達成しやすそうだった。

あなたならどうする?

アイキャッチ

実戦で使うことはなかったが、強靭なクリーチャーと火力を使った赤緑のアグロデッキや火力と飛行クリーチャーを併用した青赤のコントロールデッキなども、もしかしたら「アリ」な選択だったかも知れない。構築以上に未知数なリミテッド環境、さて、貴方ならこのプールをどうやって泳ぎ切るだろうか。

関連リンク

『イニストラードを覆う影』カードギャラリー – MTG米公式サイト

『イニストラードを覆う影』参入後のスタンダードに備える:フェッチランドの失われた先へ

 

多くの方がご存知の通り、来月8日にはマジックの新しいセット『イニストラードを覆う影』が発売する。旧『イニストラード』から約4年半、我々は再び怪異の跋扈する暗黒の世界へと誘われることになるだろう。

しかし新しくやって来るものがいれば去るものもいる。恐らく競技人口が最も多いであろうスタンダードフォーマットには「ローテーション」と呼ばれるシステムが存在し、古いセットが使えなくなる代わりに常に環境の鮮度を保ってくれている。今回はそんな最新のローテーションがもたらす影響について少し考えてみよう。

「ローテーション」とは何か

ここ数年のセットでスタンダードをプレイしている方々は重々ご存知かとは思われるが、初心者及び復帰者向けに改めて説明したいと思う。ローテーションとは前述した通り「競技フォーマットとしての鮮度を保つためのシステム」だ。古いカード達に別れを告げ、新しいカード達を使用することで戦術・戦略の長期に渡る固定化、及び過度のカードパワーのインフレーションを防ぐ。競技性の確保と同時に商品としての延命も出来るというわけだ(もちろん最新セット販促の一環でもある)。気をつけたいのが、そのローテーションに関するルールが前回の戦乱のゼンディカー・ブロックより変更になっているという点である。

《2016年4月8日以降のスタンダード使用可能セット》

【タルキール龍紀伝+マジック・オリジンブロック(特例)】
・『タルキール龍紀伝』
・『マジック・オリジン』
【戦乱のゼンディカーブロック】

・『戦乱のゼンディカー』
・『ゲートウォッチの誓い』
【イニストラードを覆う影ブロック】

・『イニストラードを覆う影』NEW!!

『タルキール覇王譚』『運命再編』『タルキール龍紀伝』の3製品からも分かるように以前までブロックは合計3セットで構成され、スタンダードは2ブロック+1~2つの基本セットから成っていた。しかし基本セットのなくなった『戦乱のゼンディカー』以降は1ブロックが2セットとなり、スタンダードもシンプルに3ブロック制へと変更された。制度移行上の矛盾を解消するため、『タルキール龍紀伝』と『マジック・オリジン』が擬似的な1ブロックとして見做されていることにも注意したい。

ローテーションで何が変わるのか

今回のローテーションでスタンダードから外れる『タルキール覇王譚』及び『運命再編』。友好色フェッチランドや3色の強烈なクリーチャー、探査持ちの強力なドローソースが消えた環境とは一体どのようなものなのだろうか。

1.過剰な多色化の終幕

jp_l1fHpZ5K7Q先日公開された『イニストラードを覆う影』の新しいレア土地サイクル(呼称は現在シャドウランドが有力だ)。一見バトルランドとの相性も良いように見えるが、序盤にシャドウランドを置き過ぎると逆にバトルランドがタップインしてしまうというジレンマを抱えている。以上から次環境のマナベースはより複雑化することが予想され、前環境のような4色デッキを成立させるのは至難の業となるだろう。

2.一部アーキタイプの残存

Imageエスパードラゴンは全体で見ると失うものは少なく、マナ基盤も他の3色と比べて安定している。しかし次のコントロールデッキの課題は何より「《時を超えた探索》の枠をどうするか」ではないだろうか。赤緑ランプは《精霊龍、ウギン》というリセットボタンを失うものの、クリーチャーの小型化により相対的に《炎呼び、チャンドラ》《龍王アタルカ》が強化される可能性がある。バント中隊もマナベースは若干悪化するがその他のパーツはまるまる残っている。強力な除去呪文である《闇の掌握》をすんなり採用できる黒赤は《ゴブリンの闇住まい》コントロール型、ドラゴン型、その両方が生き残るだろう。ドローソースを失った青を切り捨て、《死の宿敵、ソリン》を投入した白黒コントロールも十分にアリだろう。エルドラージアグロは《幽霊火の刃》の喪失がどれほどの環境的弱体化に繋がるかが焦点となる。

3.新アーキタイプの台頭

CcyGevMUMAABkeq『イニストラードを覆う影』の参入にあたり、「黒赤吸血鬼」「赤緑狼男」「青黒ゾンビ」などの部族デッキが台頭する可能性は頭に入れておきたい。赤緑狼男は《吠え群れの復活》《アーリン・コード》との噛み合いとロードクリーチャーの不在から《集合した中隊》型はないだろう。青黒ゾンビは若干のパーツ不足感は否めないが、個々のパワーは十分なのでアーキタイプとして成立する可能性もある。黒赤吸血鬼はマッドネスの性能如何ではあるが、《ファルケンラスの後継者》から《手に負えない若輩》の動きを始めとするいわゆるドブンが非常に魅力的だ。マッドネスに関しては部族以外に青黒、黒赤、青黒赤からなるコントロールデッキにも大いに試す価値があると思われる。特に《炎呼び、チャンドラ》の0能力とマッドネスの相性は最高だ。

新たな環境に備えよう

アイキャッチ現在のスタンダードで遊べる期間も残り2週間を切った。セットの発売直後はカード価格の上下が激しく、早い段階からパーツを揃えたりプロキシカードでデッキを調整したりしつつ、新環境に備えておくのも悪くない選択だ。

関連リンク

『タルキール龍紀伝』カードギャラリー – MTG米公式サイト
『マジック・オリジン』カードギャラリー – MTG米公式サイト
『戦乱のゼンディカー』カードギャラリー – MTG米公式サイト
『ゲートウォッチの誓い』カードギャラリー – MTG米公式サイト
『イニストラードを覆う影』カードギャラリー – MTG米公式サイト

SCGオープンに見る『戦乱のゼンディカー』参入後にスタンダードで評価の上がったカード達

 

『戦乱のゼンディカー』の参入と同時にスタンダード環境はローテーションの時を迎えました。タルキール覇王譚・ブロックの強力なクリーチャー群は未だ健在ですが、テーロス・ブロックにあった汎用性の高い軽量妨害枠(《今わの際》《思考囲い》《英雄の破滅》《胆汁病》《稲妻の一撃》など)が軒並み不在となりました。

そんな中当然のことながら、タルキール覇王譚・ブロック及び『マジック・オリジン』に収録されたカード達が新たに顔を覗かせ始めたり、採用の頻度の伸ばしつつあります。一体何がどのような経緯で採用されているのでしょうか。今回の記事では先日開催されたSCGオープンの結果を参考に一部ですがそれらを紹介していきたいと思います。

《搭載歩行機械》(ORI)

Image (11)《マグマのしぶき》や《存在の破棄》、《今わの際》といった軽量の追放除去を失った以上、このカードが相対的に強化されるのは必然。更なる対策が投入されるまでこのカードを見かけなくなる日はないでしょう。

《完全無視》や《虚空の接触》も有効ではありますが、2マナで着地したこのカードに3マナのカードを撃つのはテンポ的にできればやりたくない行為。《蔑み》で抜いてしまうのが一番ですね。

《ヴリンの神童、ジェイス》(ORI)

オリジンジェイス特筆するまでもないとは思いますが、環境的に《究極の価格》のメイン採用が難しい上に優秀な除去が軒並み消えたとなれば彼が暴れまわるのも致し方ありません。今後は如何に早くこのカードに対処できるが構築の鍵となりそうです。

こちらも同じく《蔑み》で抜くか、《乱撃斬》で焼いてしまいましょう。先手番さえ取れれば《ドロモカの命令》で格闘してしまうのが最も綺麗な流れのひとつ。

《絹包み》(DTK)

Image追放系エンチャントの中でも軽量クリーチャーへの対処に特化した1枚。《ドロモカの命令》の存在が悩みどころには変わりありませんが、2マナ帯の優良除去の不在や《搭載歩行機械》への解答であることも相まって今後サイドボードなどでも見かける機会が増えるものと予想されます。

《白蘭の騎士》(ORI)

Image (5)前環境における《森の女人像》ラインが消え2マナクリーチャーのパワー2が復権しつつある今、《白蘭の騎士》もまた弱いはずがありません。特に平地をサーチする能力で《大草原の川》《梢の眺望》を引っ張ってこられるのは優秀の一言。白を中心としたデッキのマナ基盤安定に一役買ってくれることでしょう。

《風番いのロック》(KTK)

Image (8)《嵐の息吹のドラゴン》が消えた今、制空権確保にこのカード以上のものはなかなかありません。終盤においても厄介な《カマキリの乗り手》をシャットアウトできるため、ジェスカイの隆盛が予想される今後は再び需要の高まる1枚となるでしょう。

《蔑み》(KTK)

Image (1)前環境では《思考囲い》の影に隠れていたこのカードもいよいよ活躍の時。対峙するアーキタイプによって使い分けが必要な分メインボードから4枚とまではいきませんが、クリーチャー0・プレインズウォーカー0のデッキがほぼ存在しないと言っていい以上ある程度の汎用性は担保されているものと思われます。対処しづらいハンガーバックとジェイスの両方を弾ける点がかなり優秀です。

《魂裂き》(ORI)

Image (3)汎用除去としてその頭角を現し始めているカード。ソーサリーがネックで使いづらくはありますが、それでなくても現環境の2マナ除去は貴重。《搭載歩行機械》への最適解と言えないのは残念ですが《ヴリンの神童、ジェイス》をのさばらせておくよりはマシというものです。

パワー上昇によってかわされてしまうことには注意。

《龍詞の咆哮》(DTK)

Image (6)現存する2マナ火力の中でもトップクラスの性能を有する1枚。《稲妻の一撃》のように絶対に腐らないという確約はないものの、現在の青系コントロールは《ヴリンの神童、ジェイス》をほぼ必ず採用していますし、クリーチャーさえいれば本体火力として運用することも可能なのでその汎用性は充分でしょう。

《乱撃斬》(FRF)

Image (12)お手軽にジェイスに対処するにはやはりこのカード。赤単のような速いデッキに対しても有効ですし、引き続き《ドロモカの命令》の軽減モードを無力化できる獰猛能力も優秀です。

《強大化》(KTK)

Image (13)インスタントタイミングでクリーチャーが除去されることが少なくなると、こういった単純なサイズアップも通りやすくなります。インディアナポリスで1位に輝いたアタルカレッドには《ティムールの激闘》とのコンボも搭載されていました。

《カマキリの乗り手》(KTK)

Image (9)もちろん前環境から強力であることには変わりないのですが、《胆汁病》が消え、《稲妻の一撃》が消え、《羊毛鬣のライオン》+《ドロモカの命令》の組み合わせが消え……と、相対的にかなりの強化となっています。現時点では最強の3マナクリーチャーの一角と言って過言はないでしょう。

今後のサイドボードには《引き裂く流弾》がオススメ。ジェスカイの投入するクリーチャーほぼすべてにインスタントタイミングで対処可能な上カウンターの心配もありません。

《ジェスカイの魔除け》(KTK)

Image (14)再びその枚数が全盛期に戻りつつある《ジェスカイの魔除け》。トップモードが《搭載歩行機械》に強く、またプレイヤー火力モードが0から入った《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》をインスタントタイミングで処理できるため非常に優秀です。

如何に環境に適応するか

いかがでしたでしょうか。環境の多色化が進みカードの選択肢は膨大になりましたが、故に最適解を導き出すのは容易なことではありません。優秀なカードをかき集めるのか、それともシナジーで一点突破を狙うのか。腕の見せどころですね。

これらの他にも評価の変わったカードがあれば是非コメントして教えてください!