GP千葉2019(リミテッド):令和最初の国内GP優勝者は青緑タッチ黒を構築した中道大輔選手に

8月3-4日、『基本セット2020』リミテッドで行われたグランプリ・千葉2019(参加者:2,316名)。栄えある優勝は、決勝ドラフトで青緑タッチ黒をドラフトした中道大輔選手となりました。

※写真はマジック日本公式サイトより

トップ8選手&使用デッキ

1st 青緑タッチ黒
プレイヤー:中道 大輔
2nd 緑青タッチ白
プレイヤー:鈴木 和茂
3rd 黒白
プレイヤー:Zimmermann, Raoul
4th 緑赤
プレイヤー:石川 雅英
5th 緑白
プレイヤー:川崎 慧太
6th 赤青
プレイヤー:八十岡 翔太
7th 赤青
プレイヤー:Joe Soh
8th 黒青タッチ白
プレイヤー:細川 侑也

トップ8選手デッキリスト

1位:青緑タッチ黒 プレイヤー:中道 大輔
デッキリスト
8:《島/Island》
6:《森/Forest》
1:《沼/Swamp》
2:《ジャングルのうろ穴/Jungle Hollow》
17 lands


2:《塩水生まれの殺し屋/Brineborn Cutthroat》
1:《大都市のスプライト/Metropolis Sprite》
2:《獰猛な仔狼/Ferocious Pup》
2:《網投げ蜘蛛/Netcaster Spider》
1:《小走り犬/Scuttlemutt》
1:《秘本綴じのリッチ/Tomebound Lich》
1:《予言ダコ/Octoprophet》
1:《茂み壊し/Thicket Crasher》
1:《裏切りの工作員/Agent of Treachery》
1:《隕石ゴーレム/Meteor Golem》
13 creatures

2:《狂気の一咬み/Rabid Bite》
1:《予期/Anticipate》
1:《楽園の贈り物/Gift of Paradise》
1:《ムラーサの胎動/Pulse of Murasa》
1:《翼ある言葉/Winged Words》
1:《金縛り/Sleep Paralysis》
1:《腐れ蔦の再生/Moldervine Reclamation》
1:《狼乗りの鞍/Wolfrider’s Saddle》
1:《アーク弓のレインジャー、ビビアン/Vivien, Arkbow Ranger》
10 other spells
2位:緑青タッチ白 プレイヤー:鈴木 和茂
デッキリスト
7:《森/Forest》
7:《島/Island》
1:《花咲く砂地/Blossoming Sands》
1:《睡蓮の原野/Lotus Field》
1:《進化する未開地/Evolving Wilds》
17 lands


2:《菅草の蠍/Sedge Scorpion》
1:《大都市のスプライト/Metropolis Sprite》
1:《名高い武器職人/Renowned Weaponsmith》
1:《雲族の予見者/Cloudkin Seer》
1:《絞首された処刑人/Hanged Executioner》
1:《網投げ蜘蛛/Netcaster Spider》
1:《輝き森の追跡者/Brightwood Tracker》
1:《夜群れの伏兵/Nightpack Ambusher》
1:《変容するケラトプス/Shifting Ceratops》
1:《北方の精霊/Boreal Elemental》
1:《シルバーバックの巫師/Silverback Shaman》
1:《貪爪/Vorstclaw》
13 creatures

1:《送還/Unsummon》
1:《龍火の薬瓶/Vial of Dragonfire》
1:《混迷/Befuddle》
1:《巻き込み/Convolute》
1:《残忍な発動/Feral Invocation》
1:《翼ある言葉/Winged Words》
1:《骨を灰に/Bone to Ash》
1:《狼族の絆/Wolfkin Bond》
2:《心臓貫きの弓/Heart-Piercer Bow》
10 other spells
3位:黒白 プレイヤー:Zimmermann, Raoul
デッキリスト
9:《沼/Swamp》
7:《平地/Plains》
1:《磨かれたやせ地/Scoured Barrens》
17 lands


1:《漆黒軍の騎士/Knight of the Ebon Legion》
2:《血の強盗/Blood Burglar》
1:《死体騎士/Corpse Knight》
2:《大隊の歩兵/Battalion Foot Soldier》
1:《大胆な盗人/Audacious Thief》
1:《不動の哨兵/Steadfast Sentry》
1:《深海艦隊の殺し屋/Fathom Fleet Cutthroat》
1:《庇護のグリフィン/Griffin Protector》
1:《練達の接合者/Master Splicer》
1:《骨まといの屍術師/Boneclad Necromancer》
1:《夜明けの天使/Dawning Angel》
1:《陰惨な鞭使い/Gruesome Scourger》
14 creatures

1:《骨の粉砕/Bone Splinters》
1:《勇壮の時/Moment of Heroism》
1:《平和な心/Pacifism》
1:《殺害/Murder》
1:《魂回収/Soul Salvage》
1:《苦しめる吸引/Agonizing Syphon》
1:《骨への血/Blood for Bones》
1:《血に染まった祭壇/Bloodsoaked Altar》
1:《祖先の刃/Ancestral Blade》
9 other spells
4位:緑赤 プレイヤー:石川 雅英
デッキリスト
9:《森/Forest》
8:《山/Mountain》
17 lands


1:《樹皮革のトロール/Barkhide Troll》
1:《チャンドラの火炎猫/Chandra’s Embercat》
1:《這い絡む火跡/Creeping Trailblazer》
1:《緑林の歩哨/Greenwood Sentinel》
1:《解き放たれた狂戦士/Unchained Berserker》
2:《ゴブリンの密輸人/Goblin Smuggler》
1:《打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon》
1:《金床鋳込みの猛禽/Anvilwrought Raptor》
1:《輝き森の追跡者/Brightwood Tracker》
1:《ケルドの略奪者/Keldon Raider》
1:《溶岩族の喧嘩屋/Lavakin Brawler》
1:《駆け回る物焦がし/Scampering Scorcher》
1:《マンモスグモ/Mammoth Spider》
1:《シルバーバックの巫師/Silverback Shaman》
1:《覚醒根の精霊/Wakeroot Elemental》
16 creatures

1:《成長周期/Growth Cycle》
1:《垂直落下/Plummet》
1:《チャンドラの憤慨/Chandra’s Outrage》
1:《超克/Overcome》
1:《灰と化す/Reduce to Ashes》
1:《供犠の仮面/Mask of Immolation》
1:《新米紅蓮術師、チャンドラ/Chandra, Novice Pyromancer》
7 other spells
5位:緑白 プレイヤー:川崎 慧太
デッキリスト
9:《森/Forest》
8:《平地/Plains》
17 lands


2:《枝葉族のドルイド/Leafkin Druid》
1:《森林の勇者/Woodland Champion》
1:《生命力の天使/Angel of Vitality》
1:《ケンタウルスの狩猟者/Centaur Courser》
1:《鉄根の大将軍/Ironroot Warlord》
1:《不動の哨兵/Steadfast Sentry》
1:《鼓舞する隊長/Inspiring Captain》
2:《兵団の隊長/Squad Captain》
1:《マンモスグモ/Mammoth Spider》
1:《貪爪/Vorstclaw》
1:《吠える巨人/Howling Giant》
1:《天空の刃、セファラ/Sephara, Sky’s Blade》
14 creatures

1:《大群の力/Might of the Masses》
2:《平和な心/Pacifism》
2:《急報/Raise the Alarm》
1:《成長周期/Growth Cycle》
1:《鼓舞する突撃/Inspired Charge》
2:《狼族の絆/Wolfkin Bond》
9 other spells
6位:赤青 プレイヤー:八十岡 翔太
デッキリスト
10:《山/Mountain》
6:《島/Island》
16 lands


2:《フェアリーの悪党/Faerie Miscreant》
2:《焦がし吐き/Scorch Spitter》
1:《ゴブリンの鳥掴み/Goblin Bird-Grabber》
1:《稲妻の嵐族/Lightning Stormkin》
1:《チャンドラの吐火/Chandra’s Spitfire》
1:《破壊的穴掘り/Destructive Digger》
1:《ダイアモンドの騎士/Diamond Knight》
1:《霜のオオヤマネコ/Frost Lynx》
1:《光り角の海賊/Glint-Horn Buccaneer》
1:《イーヴォ島の管理人/Warden of Evos Isle》
1:《金床鋳込みの猛禽/Anvilwrought Raptor》
1:《ケルドの略奪者/Keldon Raider》
1:《溶岩族の喧嘩屋/Lavakin Brawler》
1:《炎の騎兵/Cavalier of Flame》
16 creatures

2:《ショック/Shock》
2:《狂った怒り/Maniacal Rage》
2:《反逆の行動/Act of Treason》
1:《放たれた怒り/Uncaged Fury》
1:《チャンドラの憤慨/Chandra’s Outrage》
8 other spells
7位:赤青 プレイヤー:Joe Soh
デッキリスト
8:《山/Mountain》
7:《島/Island》
1:《天啓の神殿/Temple of Epiphany》
1:《急流の崖/Swiftwater Cliffs》
17 lands


1:《幽体の船乗り/Spectral Sailor》
3:《群れる猛犬/Pack Mastiff》
1:《チャンドラの火炎猫/Chandra’s Embercat》
1:《燃えさし運び/Ember Hauler》
1:《ゴブリンの鳥掴み/Goblin Bird-Grabber》
1:《霜のオオヤマネコ/Frost Lynx》
1:《ゴブリンの密輸人/Goblin Smuggler》
2:《短剣帆の飛空士/Daggersail Aeronaut》
1:《ゴブリンの首謀者/Goblin Ringleader》
1:《溶岩族の喧嘩屋/Lavakin Brawler》
1:《大気の精霊/Air Elemental》
1:《多欲なドラゴン/Rapacious Dragon》
15 creatures

1:《立腹/Infuriate》
1:《送還/Unsummon》
1:《予期/Anticipate》
1:《混迷/Befuddle》
1:《灰と化す/Reduce to Ashes》
1:《捕獲する渦/Captivating Gyre》
1:《供犠の仮面/Mask of Immolation》
1:《炎の侍祭、チャンドラ/Chandra, Acolyte of Flame》
8 other spells
8位:黒青タッチ白 プレイヤー:細川 侑也
デッキリスト
8:《沼/Swamp》
6:《島/Island》
1:《平地/Plains》
1:《平穏な入り江/Tranquil Cove》
1:《進化する未開地/Evolving Wilds》
17 lands


1:《漆黒軍の騎士/Knight of the Ebon Legion》
1:《療養所の骸骨/Sanitarium Skeleton》
1:《凶月の吸血鬼/Vampire of the Dire Moon》
3:《濠のピラニア/Moat Piranhas》
1:《雲族の予見者/Cloudkin Seer》
1:《苦悶の権化/Embodiment of Agonies》
1:《予言ダコ/Octoprophet》
2:《北方の精霊/Boreal Elemental》
1:《骨まといの屍術師/Boneclad Necromancer》
1:《残忍な異形/Feral Abomination》
13 creatures

2:《骨の粉砕/Bone Splinters》
1:《永遠の疎外/Eternal Isolation》
2:《空からの突撃/Aerial Assault》
2:《殺害/Murder》
1:《報復のワンド/Retributive Wand》
1:《翼ある言葉/Winged Words》
1:《金縛り/Sleep Paralysis》
10 other spells

プロフィール

トップ8プレイヤープロフィール

動画配信

1日目 ニコニコ生放送 Twitch
2日目 ニコニコ生放送 Twitch

ソース

マジックフェスト・千葉2019特設ページ – マジック日本公式サイト

7 コメント on GP千葉2019(リミテッド):令和最初の国内GP優勝者は青緑タッチ黒を構築した中道大輔選手に

  1. [51] 名無しのイゼット団員 2019/08/05(月) 23:37:08 ID:Q2ODk3ODk

    管理人やるじゃん。

  2. [52] 名無しのイゼット団員 2019/08/06(火) 01:44:08 ID:I3MTE2MjU

    心臓貫きの弓なんかピックして勝てるのか
    時代が変わったな

  3. [53] 名無しのイゼット団員 2019/08/06(火) 09:56:46 ID:YzMzAwMDk

    ※50
    武器職人から重ね取りすると攻撃する度に2点や3点出て制圧ゲーになる
    黒の4マナ3/3とのコンボで1点飛ばしたやつを破壊できる
    タフ1の強いクリーチャー結構多いから単体のサイド要因としてもアリ
    環境柄そこそこ強い

  4. [54] 名無しのイゼット団員 2019/08/06(火) 15:57:11 ID:A4NzU3NTc

    お前らちょっと臭すぎ
    なんであんな臭いの?

  5. [55] 名無しのイゼット団員 2019/08/06(火) 16:34:50 ID:Q5NzIyODA

    ティムが弱いリミテ環境って俺は知らんなぁ

  6. [56] 名無しのイゼット団員 2019/08/06(火) 20:55:30 ID:I3MTE2MjU

    ※53
    タルキールでアンコだった時はマジで弱かった
    それこそ、祖先の刃なんかより断然弱かった

    あの時は武器職人と弓の収録セットが違った上に、開封順のルール上
    武器職人→弓の順でしかピックできなかったから
    M20環境みたいに「弓ピックできたから、武器職人も取っとこ」ができない
    確かに武器職人と複数枚の弓をピックして「武器職人から弓複数枚サーチ」のムーブができれば強いけど、
    アンコの弓を複数ピックするのは難しいし、武器職人もアンコだったから
    そもそも弓と武器職人が両方流れてくることは少なかった

  7. [57] 名無しのイゼット団員 2019/08/07(水) 23:29:55 ID:M5NDU3MjE

    令和最初の国内GPって言われてもねぇ…

1 2

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。