【新規プレイヤー応援企画】アリーナドラフト入門② 情報こそ武器!予習にチャレンジしてみよう | イゼ速。:Izzet MTG News Flash

【新規プレイヤー応援企画】アリーナドラフト入門② 情報こそ武器!予習にチャレンジしてみよう

こんにちは!ライターのスガワラです。前回の記事以降、僕も改めて基本を意識しつつドラフトに挑んでジェムが溶けまくってます

さて、後編にあたる今回のテーマは覚えておきたいカード知識

一度ピックしたカードは変えられないからこそ、ドラフトでは事前の予習が大切。上手な予習のしかたを知れば、ドラフト中に「これも!これも!イゼ速でやったところだ!!」と叫べるはずです!

もくじ

■はじめに

■予習① オススメ戦略を把握せよ

■予習② トップコモンをねらえ!

■予習 応用編 コンバットトリックを知ろう

■今回のまとめ

はじめに

今回もまた、恒例の文言ですが、今回も最初におことわりを。
マジックでは例外も多く発生しますし、アリーナでのドラフトと対人でのドラフトでの違いも多く存在します。
本記事でご紹介するのは、あくまで基本的なセオリーであることをご了承ください。

(本記事の内容で物足りないという熟練プレイヤーの皆さんは、新規プレイヤーのお友達にご紹介いただければ幸いです!)

また、アリーナのドラフトで使われるパックは定期的に変更されます。挙げているカードは一例であることもご注意ください。

…というわけで、以下から本文をどうぞ!


予習① セットごとのオススメ戦略

当たり前ですが、ドラフトではピックしたカードでデッキを組みます。ということは、このセット(パック)のカードでどんなデッキが組めるの?という知識を持たないとゴールが見えません。

たとえば、『イクサランの相克』では《マーフォークの霧縛り》《銀エラの達人》など、「マーフォーク」がシナジーを持ちます。


言い換えれば、『イクサランの相克』では「マーフォーク」がオススメだよ!と、あらかじめ用意されているということ。
これならば「マーフォーク」をたくさんピックする意味がありますね。

しかし、他のセット・・・たとえば『ドミナリア』や『基本セット2019』で「マーフォーク」を集めても、特にシナジーはありません。要するにオススメされていないわけです。

このようなオススメ戦略を知り、目標となるデッキの候補を絞っておく
これが、ドラフトでやっておきたい予習その①です。

オススメ戦略は「そのセット独自のキーワード」に表れています。
飛行、警戒、トランプルなどのいつもあるキーワード(常盤木といいます)以外のものですね。
以下で具体例を見てみます。





例1:『ラヴニカのギルド』の場合
「ラヴニカのギルド」では、5つのキーワードが5つのギルドに割り当てられています。

再活・・・イゼット(
諜報・・・ディミーア(
召集・・・セレズニア(
教導・・・ボロス(
宿根・・・ゴルガリ(

カードのテキスト欄にはギルドのシンボルマークも描かれていますね。



文章の後ろによーく見るとイゼットマークが

つまり、これら5つの組み合わせがオススメ戦略。これらを覚えておくことで、

「青緑や赤黒といった組み合わせは形にしづらい」
「『インスタントを唱えるたび』効果と『再活』を続けてピックできれば強そうかも?」
「《つぶやく神秘家》は、同じ青系でもディミーアよりイゼットで活かせそう」
「イゼットこそ至高、イゼットこそ究極」

と、ピックの判断のヒントとすることができます。




例2:『灯争大戦』の場合
『灯争大戦』はギルドシンボルでの見分けができるわけではないので、少し難しいですね。
ここは上の項で述べたように、独自のキーワードに注目しましょう。
『灯争大戦』での独自キーワードは2つ。

・動員・・・青、黒、赤に存在
・増殖・・・白、青、緑に存在

また、キーワードではないものの、レアやアンコモンにもプレインズウォーカーがいるのは大きな特徴ですね。


1パックに1枚いるっテヨ

この特徴から、

「動員、増殖どちらも使える青は便利」
「赤白など、得意な戦略が重ならない2色デッキは(よほど強いレアを取れたのでなければ)避けたい」
「プレインズウォーカーが多いので、相手のプレインズウォーカーを攻撃できる回避能力が重要」

と、これもピックやデッキづくりの指針にできるはずです。




例3:『基本セット2019』の場合
『基本セット2019』には、固有のキーワードがありません。なんだってー!!

こんなふうにテーマがはっきりわかりにくい場合には、多色のアンコモンカードに注目してみてください。
これらが「オススメ戦略」のヒントを示している場合が多いからです。

たとえば、《奇怪なドレイク》がいる青赤はインスタントやソーサリーを多用する戦略がオススメ、同様に《威厳ある血王》を擁する白黒はライフ獲得を中心とするのがオススメ、というように推測することができます。

特に、多色カードの種類が少ないセットではこの傾向でオススメが示されやすいです。カードギャラリーを見るときに意識してみてください!


予習② トップコモンをねらえ!

すぐ上でアンコモンのお話を書きましたが、ドラフトで主役となるのはコモン

強力なレアやアンコモンはそもそも出るか分かりませんし、たとえ出てもすぐに取られてしまいます。
となれば、コモンを使いこなすことがドラフトのコツです。
優れたコモンを予習しておき、デッキの品質を底上げしましょう。

見極めの基準は「初心者応援企画① 強いカードの見極め方」と基本的に同じ。
たとえば「灯争大戦」ならば、《エイヴンの永遠衆》なんかは回避能力を持ち、トークンで実質的にアドバンテージを得ているので優れたカードといえそうですね。

こんな視点で、カードギャラリーのコモンを見直してみましょう。
コツは、「今回のトップコモンはこれ」という視点で、自分の中でランキングを考えること。
各色について「白のトップは?青のトップは…?」と決めてみたり、脳内ベスト3を作ったりしながらリストを確認すると良いですよ。

ちなみに、こうしたカード評価については行弘賢選手が公式サイトでも連載(外部リンク)しています。参考にしてみてください!


予習 応用編・コンバットトリックを知ろう

ここからはちょっと高度なお話。
『ラヴニカのギルド』ドラフトでのゲーム中、明らかに思わせぶりな攻撃が来ました。
普通に考えれば、《ピストン拳のサイクロプス》に一方的に倒される《レーデヴの守護者》で攻撃する意味はありません。相手は何かインスタントを隠し持っていると考えられます。

こんなとき、コンバットトリック(パワーやタフネスを変えるインスタント)を把握しておくと、どんなひどいことをされるのか予想することができます。

『ラヴニカのギルド』での青か白となると、可能性が高そうなのは《正義の一撃》《奨励》《眩惑の光》あたりでしょうか。




《サイクロプス》で《レーデヴの守護者》をブロックした場合・・・
(1)《正義の一撃》を使われた場合→《守護者》と《サイクロプス》が相討ち
(2)《眩惑の光》を使われた場合→どちらのクリーチャーも死にません。
(3)《奨励》を使われた場合→一方的に倒されるうえにライフ回復までされてしまう。やばい。


(3)の危険性を考えると、後続のクリーチャーも心許ないため(※)今回はブロックしないことにしました。

※【補足】後続のクリーチャーについて:《跳び蛙》は相手の1/1と相討ち・《突発的な兵長》はもう1枚土地を引かないと出せない…という状況のため。
もし手札の強いクリーチャーが出せるなら、敢えて呪文を消費させるのもアリでしょう。


このように、何を使われそうか予想できる知識を持てば、被害を食い止めることができます。
インスタントのほか、「瞬速」能力を持ったカードも把握しておけると良いですね。
なお、アンコモンやレアの呪文は遭遇率が低いため、使われた場合は素直に「持ってたんか~~~い」と叫ぶくらいで良いかもしれません。
(「使われた」ではなく、「使わせた」「温存を阻止した」と考えることもできますしね!)

なお、コンバットトリックに関してはこれだけで記事がもう2本くらいできそうな深いお話なので、今回は軽めのご紹介にとどめます。機会があればまた詳しく!


まとめ


・オススメ戦略を予習!まずは独自キーワードを見てみよう!


・多色のアンコモンに注目!戦略のヒントが隠れている!


・強いコモンを予習しよう!トップコモンを決めてみよう!


・コンバットトリックも覚えられるとなお良し!

というわけで、これだけ予習をしておけばドラフト中も「これも!これも!イゼ速でやったところだ!」と叫べる上に、部活では大活躍しつつ意中の女の子とも良い感じになれること請け合いです。

それでは、良いドラフトライフを!


5 コメント on 【新規プレイヤー応援企画】アリーナドラフト入門② 情報こそ武器!予習にチャレンジしてみよう

  1. [101] 名無しのイゼット団員 2019/06/10(月) 14:29:37 ID:c4NjM2NTk

    色サポオケチラボーラスみたいなボムデッキたまに見るけど大体色事故やテンポ損で自滅してる
    2色で普通に組んだデッキの方が安定して勝ちやすい

  2. [102] 名無しのイゼット団員 2019/06/10(月) 14:41:09 ID:AzNzQxODc

    ※97
    確実な一撃ならダブルブロックは最悪でもないと思うけど
    パワー5だから1体しかやられずに相打ちで2対1交換できるでしょ
    確実な一撃に加えて除去かバットリあったら壊滅するけどなければ優勢
    トークン1体ずつブロックしたときに確実な一撃+何か持たれていた場合は
    土地引ければいいけど引けないとカエルが状況的に弱くてきつい
    どっちも裏目はあるしリターンもある
    ただ記事で選んでいる全スルーは一番なしだと思う
    まあ、そこまでの相手の行動から予測するのがいいかな

  3. [103] 名無しのイゼット団員 2019/06/10(月) 14:43:32 ID:AzNzQxODc

    すまん確実な一撃はサイクロプスやられると相打ちにならんね
    バットリとサイクロプスを交換して3/3が生き残るか

  4. [104] 名無しのイゼット団員 2019/06/10(月) 14:57:23 ID:ExNTQxOTA

    99
    例えばベンスタは灯争大戦は面白いけどボム環境なのが玉に瑕、ドミナリアはここ十年くらいで最高の環境って言ってるし上手い人の間でも意見が割れてるね

  5. [105] 名無しのイゼット団員 2019/06/10(月) 16:56:13 ID:E5MDc1Mjg

    102
    ほんとだ
    何故か確実な一撃だと1対2交換されると思い込んでたわw
    確かにダブブロかトークンブロックどちらかだね
    多分この記事を書いたライターの人は直前にバットリに引っ掛かって
    (トップ画像のシーンね)動揺してたんだと思うわ

1 2 3

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。