GP京都2019(スタンダード):赤緑戦士デッキを使用したBae Daekyeung選手が王座に輝く

3月23-24日、スタンダードフォーマットで行われたグランプリ・京都2019(参加者:2,054名)。優勝は赤緑戦士を使用したGP初参加のBae Daekyeung(ベ・デギョン)選手となりました。

※写真はマジック日本公式サイトより

トップ8選手&使用デッキ

1st Place 赤緑戦士
プレイヤー:Bae Daekyeung
2nd Place スゥルタイミッドレンジ
プレイヤー:渡辺 雄也
3rd Place 赤緑ミッドレンジ
プレイヤー:徳山 善彦
4th Place ジェスカイコントロール
プレイヤー:加藤 健介
5th Place スゥルタイミッドレンジ
プレイヤー:Petr Sochurek
6th Place スゥルタイミッドレンジ
プレイヤー:原根 健太
7th Place 赤単アグロ
プレイヤー:前羽 秀昭
8th Place 赤単タッチ黒アグロ
プレイヤー:覚前 輝也

入賞者プロフィールはこちらから

トップ8デッキリスト

1位:赤緑戦士 プレイヤー:Bae Daekyeung
デッキリスト
9:《山/Mountain》
1:《森/Forest》
4:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
4:《根縛りの岩山/Rootbound Crag》
2:《グルールのギルド門/Gruul Guildgate》
4:《手付かずの領土/Unclaimed Territory》
24 lands

4:《成長室の守護者/Growth-Chamber Guardian》
4:《クロールの銛撃ち/Kraul Harpooner》
3:《凶兆艦隊の向こう見ず/Dire Fleet Daredevil》
4:《ゴブリンの鎖回し/Goblin Chainwhirler》
4:《グルールの呪文砕き/Gruul Spellbreaker》
4:《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》
3:《スカルガンのヘルカイト/Skarrgan Hellkite》
26 creatures

2:《ショック/Shock》
4:《稲妻の一撃/Lightning Strike》
2:《溶岩コイル/Lava Coil》
2:《争闘+壮大/Collision+Colossus》
10 other spells

2:《軍勢の戦親分/Legion Warboss》
2:《シヴの火/Shivan Fire》
4:《燃えがら蔦/Cindervines》
2:《溶岩コイル/Lava Coil》
2:《席次+石像/Status+Statue》
1:《混沌をもたらす者、ドムリ/Domri, Chaos Bringer》
2:《ビビアン・リード/Vivien Reid》
15 sideboard cards

2位:スゥルタイミッドレンジ プレイヤー:渡辺 雄也
デッキリスト
4:《森/Forest》
4:《草むした墓/Overgrown Tomb》
4:《森林の墓地/Woodland Cemetery》
4:《繁殖池/Breeding Pool》
1:《内陸の湾港/Hinterland Harbor》
4:《湿った墓/Watery Grave》
2:《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》
1:《愚蒙の記念像/Memorial to Folly》
24 lands

4:《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》
4:《マーフォークの枝渡り/Merfolk Branchwalker》
4:《野茂み歩き/Wildgrowth Walker》
1:《培養ドルイド/Incubation Druid》
4:《翡翠光のレインジャー/Jadelight Ranger》
3:《人質取り/Hostage Taker》
1:《殺戮の暴君/Carnage Tyrant》
4:《ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis》
25 creatures

3:《喪心/Cast Down》
2:《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》
3:《採取+最終/Find+Finality》
3:《ビビアン・リード/Vivien Reid》
11 other spells

4:《クロールの銛撃ち/Kraul Harpooner》
2:《打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon》
1:《殺戮の暴君/Carnage Tyrant》
4:《強迫/Duress》
2:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
1:《喪心/Cast Down》
1:《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》
15 sideboard cards

3位:赤緑ミッドレンジ プレイヤー:徳山 善彦
デッキリスト
8:《森/Forest》
7:《山/Mountain》
4:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
4:《根縛りの岩山/Rootbound Crag》
23 lands

4:《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》
4:《成長室の守護者/Growth-Chamber Guardian》
4:《クロールの銛撃ち/Kraul Harpooner》
4:《グルールの呪文砕き/Gruul Spellbreaker》
2:《打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon》
1:《貪る死肉あさり/Deathgorge Scavenger》
3:《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》
3:《レギサウルスの頭目/Regisaur Alpha》
1:《原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger》
26 creatures

2:《ショック/Shock》
4:《稲妻の一撃/Lightning Strike》
2:《野生の律動/Rhythm of the Wild》
2:《争闘+壮大/Collision+Colossus》
1:《混沌をもたらす者、ドムリ/Domri, Chaos Bringer》
11 other spells

1:《凶兆艦隊の向こう見ず/Dire Fleet Daredevil》
1:《貪る死肉あさり/Deathgorge Scavenger》
4:《溶岩コイル/Lava Coil》
3:《燃えがら蔦/Cindervines》
2:《焦熱の連続砲撃/Fiery Cannonade》
1:《野生の律動/Rhythm of the Wild》
1:《争闘+壮大/Collision+Colossus》
2:《苦悩火/Banefire》
15 sideboard cards

4位:ジェスカイコントロール プレイヤー:加藤 健介
デッキリスト
2:《島/Island》
4:《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
4:《氷河の城砦/Glacial Fortress》
4:《蒸気孔/Steam Vents》
4:《硫黄の滝/Sulfur Falls》
4:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
3:《断崖の避難所/Clifftop Retreat》
25 lands

4:《パルン、ニヴ=ミゼット/Niv-Mizzet, Parun》
4 creatures

4:《選択/Opt》
2:《潜水/Dive Down》
2:《呪文貫き/Spell Pierce》
1:《シヴの火/Shivan Fire》
4:《宝物の地図/Treasure Map》
2:《溶岩コイル/Lava Coil》
1:《裁きの一撃/Justice Strike》
4:《轟音のクラリオン/Deafening Clarion》
3:《吸収/Absorb》
2:《薬術師の眼識/Chemister’s Insight》
1:《万全+番人/Warrant+Warden》
2:《発展+発破/Expansion+Explosion》
3:《ドミナリアの英雄、テフェリー/Teferi, Hero of Dominaria》
31 other spells

3:《拘留代理人/Deputy of Detention》
3:《軍勢の戦親分/Legion Warboss》
3:《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》
2:《黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer》
2:《否認/Negate》
1:《溶岩コイル/Lava Coil》
1:《苦悩火/Banefire》
15 sideboard cards

5位:スゥルタイミッドレンジ プレイヤー:Petr Sochurek
デッキリスト
4:《森/Forest》
4:《草むした墓/Overgrown Tomb》
4:《森林の墓地/Woodland Cemetery》
4:《繁殖池/Breeding Pool》
1:《内陸の湾港/Hinterland Harbor》
4:《湿った墓/Watery Grave》
2:《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》
1:《愚蒙の記念像/Memorial to Folly》
24 lands

4:《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》
4:《マーフォークの枝渡り/Merfolk Branchwalker》
4:《野茂み歩き/Wildgrowth Walker》
4:《翡翠光のレインジャー/Jadelight Ranger》
1:《打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon》
3:《人質取り/Hostage Taker》
1:《殺戮の暴君/Carnage Tyrant》
4:《ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis》
25 creatures

2:《暗殺者の戦利品/Assassin’s Trophy》
2:《喪心/Cast Down》
1:《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》
2:《採取+最終/Find+Finality》
4:《ビビアン・リード/Vivien Reid》
11 other spells

4:《クロールの銛撃ち/Kraul Harpooner》
1:《殺戮の暴君/Carnage Tyrant》
4:《強迫/Duress》
2:《喪心/Cast Down》
1:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
1:《否認/Negate》
1:《煤の儀式/Ritual of Soot》
1:《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》
15 sideboard cards

6位:スゥルタイミッドレンジ プレイヤー:原根 健太
デッキリスト
4:《森/Forest》
4:《草むした墓/Overgrown Tomb》
4:《森林の墓地/Woodland Cemetery》
4:《繁殖池/Breeding Pool》
1:《内陸の湾港/Hinterland Harbor》
4:《湿った墓/Watery Grave》
2:《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》
1:《愚蒙の記念像/Memorial to Folly》
24 lands

4:《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》
4:《マーフォークの枝渡り/Merfolk Branchwalker》
4:《野茂み歩き/Wildgrowth Walker》
1:《培養ドルイド/Incubation Druid》
4:《翡翠光のレインジャー/Jadelight Ranger》
3:《人質取り/Hostage Taker》
1:《殺戮の暴君/Carnage Tyrant》
4:《ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis》
25 creatures

3:《喪心/Cast Down》
2:《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》
3:《採取+最終/Find+Finality》
3:《ビビアン・リード/Vivien Reid》
11 other spells

4:《クロールの銛撃ち/Kraul Harpooner》
2:《打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon》
1:《殺戮の暴君/Carnage Tyrant》
4:《強迫/Duress》
2:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
1:《喪心/Cast Down》
1:《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》
15 sideboard cards

7位:赤単アグロ プレイヤー:前羽 秀昭
デッキリスト
21:《山/Mountain》
21 lands

4:《ギトゥの溶岩走り/Ghitu Lavarunner》
3:《狂信的扇動者/Fanatical Firebrand》
4:《遁走する蒸気族/Runaway Steam-Kin》
4:《ヴィーアシーノの紅蓮術師/Viashino Pyromancer》
4:《ゴブリンの鎖回し/Goblin Chainwhirler》
1:《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》
21 creatures

4:《ショック/Shock》
4:《稲妻の一撃/Lightning Strike》
4:《舞台照らし/Light Up the Stage》
4:《魔術師の稲妻/Wizard’s Lightning》
3:《実験の狂乱/Experimental Frenzy》
18 other spells

3:《稲妻牝馬/Lightning Mare》
3:《軍勢の戦親分/Legion Warboss》
2:《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》
4:《溶岩コイル/Lava Coil》
2:《宝物の地図/Treasure Map》
1:《実験の狂乱/Experimental Frenzy》
15 sideboard cards

8位:赤単タッチ黒アグロ プレイヤー:覚前 輝也
デッキリスト
13:《山/Mountain》
4:《血の墓所/Blood Crypt》
4:《竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit》
21 lands

4:《ギトゥの溶岩走り/Ghitu Lavarunner》
3:《狂信的扇動者/Fanatical Firebrand》
4:《リックス・マーディの歓楽者/Rix Maadi Reveler》
4:《ヴィーアシーノの紅蓮術師/Viashino Pyromancer》
4:《ゴブリンの鎖回し/Goblin Chainwhirler》
19 creatures

4:《ショック/Shock》
4:《稲妻の一撃/Lightning Strike》
4:《舞台照らし/Light Up the Stage》
4:《魔術師の稲妻/Wizard’s Lightning》
3:《危険因子/Risk Factor》
1:《実験の狂乱/Experimental Frenzy》
20 other spells

3:《凶兆艦隊の向こう見ず/Dire Fleet Daredevil》
4:《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》
4:《溶岩コイル/Lava Coil》
2:《焦熱の連続砲撃/Fiery Cannonade》
2:《実験の狂乱/Experimental Frenzy》
15 sideboard cards

環境統計:1-32位

アーキタイプ 入賞数 入賞率
赤単系アグロ 9 28.1%
スゥルタイミッドレンジ 7 21.9%
赤緑戦士 4 12.5%
エスパーコントロール 3 9.4%
ティムール再生 2 6.3%
青緑ネクサス 2 6.3%
※使用者1名以下 5 15.6%
合計 32

2日目進出デッキの統計はこちらから

上位デッキリスト

9-32位

動画配信

1日目 ニコニコ生放送 Twitch
2日目 ニコニコ生放送 Twitch

ソース

マジックフェスト・京都2019特設ページ – マジック日本公式サイト

9 コメント on GP京都2019(スタンダード):赤緑戦士デッキを使用したBae Daekyeung選手が王座に輝く

  1. [151] 名無しのイゼット団員 2019/03/26(火) 22:53:17 ID:UwNzQ5NTE

    渡辺プロが、グランプリとインビの合間をぬって、昨日の20時から振返り配信してた。アーカイブはないから、ここで不毛な自己主張してるくらいなら、当事者の解説をしっかり聞いた方が遥かに建設的。

  2. [152] 名無しのイゼット団員 2019/03/26(火) 23:18:54 ID:M1ODI2MjY

    当事者の解説を聞け、ただし、アーカイブはない
    うーん、これは建設的wwww

  3. [153] 名無しのイゼット団員 2019/03/27(水) 07:58:04 ID:gwNjY1Mjc

    そういう無駄な煽りが不毛なんだっての

  4. [154] 名無しのイゼット団員 2019/03/27(水) 08:34:26 ID:AyMzI0MzQ

    いやこれはさすがに151のコメントが意味不明でしょ
    そもそも渡辺の試合に関して不毛な自己主張してるようなコメントないし
    順接の使い方もおかしい

  5. [155] 名無しのイゼット団員 2019/03/27(水) 11:44:43 ID:I2MTkzODU

    渡辺プロの配信はどこでみれますか?

  6. [156] 名無しのイゼット団員 2019/03/27(水) 12:49:21 ID:AyMzI0MzQ

    151も言っているように権利関係か何か知らないけどVODを残してないからどこでも見られないよ

  7. [157] 名無しのイゼット団員 2019/03/27(水) 21:39:56 ID:kxNDMxNTA

    てかナベの話どっから出てきた?
    151には常人には見えていないコメントが見えているというのか。それに前日に配信してたアーカイブのない解説を聞くよう勧めたり…PWの正気の度合いは、判断が難しいからな…

  8. [158] 名無しのイゼット団員 2019/03/28(木) 12:30:41 ID:Y4Nzk5OTc

    151は時間の名人なんだ。俺には分かる

  9. [159] 名無しのイゼット団員 2019/03/29(金) 10:48:25 ID:U1MDE2Mjc

    >>138
    135だけど、例えば1位のリストだと俺なら
    IN:溶岩コイル2 席次+石像2 ビビアンリード2
    OUT:クロールの銛撃ち2 ショック2 ヘルカイト2 かな

    ヘルカイト用に銛撃ち残すのはちょっとね、ハマっても1:1交換ってのはあまり割にあってないと思うし、それ以外ではあまり役に立たない
    それなら争闘+壮大を温存しておいたほうが良い
    強いて言うなら鎖回しと合わせて相手のフェニックスを処理できるけど、それだけ

    それよりも相手の4枚の鎖回しを警戒して向こう見ずを抜くより、確実に2:1が取れるメリットを取る、特に溶岩コイルは何枚あっても良いから相手の溶岩コイルを使えるこいつは5枚目6枚目の溶岩コイルになる
    基本的にフェニックスを処理できないと負けに繋がるのでフェニックス対策は厚くとりたい
    ミラーは睨み合いになりがちだから席次+石像やビビアンは明確なエンドカードになるしとりたい

1 2 3 4

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。