SCGオープン(レガシー):優勝は《プテラマンダー》《舞台照らし》採用型の青赤デルバーに

3月2-3日、ニューヨーク州シラキュースにて行われたStarCityGames.com主催のオープンシリーズ(レガシー)。優勝は青赤デルバーを使用したRich Cali選手となりました。

オープンシリーズ:レガシー

1st Place 青赤デルバー(プテラマンダー型)
プレイヤー:Rich Cali
2nd Place 黒緑デプス
プレイヤー:David Long
3rd Place 黒赤リアニメイト
プレイヤー:Jonathan Castagna
4th Place 白青石鍛冶デルバー
プレイヤー:Harlan Firer
5th Place 青赤デルバー(プテラマンダー型)
プレイヤー:Austin Collins
6th Place グリクシスコントロール
プレイヤー:Alexander Beebe
7th Place 赤単プリズン
プレイヤー:Jordan Goodwin
8th Place 白青奇跡
プレイヤー:Aiden Brier
参加者数 656名
デッキリスト 1-69位
メタゲーム 初日突破デッキ統計
Twitch配信 動画一覧
1位:青赤デルバー プレイヤー:Rich Cali
デッキリスト
2:《島/Island》
1:《山/Mountain》
1:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
3:《汚染された三角州/Polluted Delta》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3:《Volcanic Island》
4:《不毛の大地/Wasteland》
18 lands

4:《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4:《プテラマンダー/Pteramander》
2:《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
4:《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
14 creatures

4:《渦まく知識/Brainstorm》
4:《目くらまし/Daze》
4:《意志の力/Force of Will》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
1:《蒸気の絡みつき/Vapor Snag》
3:《稲妻の連鎖/Chain Lightning》
3:《舞台照らし/Light Up the Stage》
4:《思案/Ponder》
1:《定業/Preordain》
28 other spells

1:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
1:《無のロッド/Null Rod》
1:《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》
2:《削剥/Abrade》
3:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2:《紅蓮破/Pyroblast》
1:《赤霊破/Red Elemental Blast》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
2:《二股の稲妻/Forked Bolt》
15 sideboard cards

クラシック:スタンダード

1st Place 青緑ネクサス
プレイヤー:Joshua Stringer
2nd Place スゥルタイミッドレンジ
プレイヤー:Robert Stanley
3rd Place 赤単タッチ黒アグロ
プレイヤー:Frank Skarren
4th Place スゥルタイミッドレンジ
プレイヤー:Alex Hon
5th Place 赤緑アグロ
プレイヤー:Jeffrey Cirasuolo
6th Place 白単アグロ(タッチ青)
プレイヤー:Matt Tumavitch
7th Place 青緑ネクサス
プレイヤー:Cain Rianhard
8th Place 青単テンポ
プレイヤー:Dakota Sheldon
参加人数 86名
デッキリスト 1-16位
1位:青緑ネクサス プレイヤー:Joshua Stringer
デッキリスト
6:《森/Forest》
6:《島/Island》
1:《オラーズカの拱門/Arch of Orazca》
4:《繁殖池/Breeding Pool》
4:《内陸の湾港/Hinterland Harbor》
4:《天才の記念像/Memorial to Genius》
25 lands

1:《エリマキ神秘家/Frilled Mystic》
2:《ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis》
3 creatures

4:《荒野の再生/Wilderness Reclamation》
3:《一瞬/Blink of an Eye》
4:《薬術師の眼識/Chemister’s Insight》
4:《成長のらせん/Growth Spiral》
4:《運命のきずな/Nexus of Fate》
4:《選択/Opt》
4:《根の罠/Root Snare》
1:《悪意ある妨害/Sinister Sabotage》
4:《アズカンタの探索/Search for Azcanta》
32 other spells

3:《生体性軟泥/Biogenic Ooze》
4:《僧帽地帯のドルイド/Druid of the Cowl》
2:《クロールの銛撃ち/Kraul Harpooner》
3:《押し潰す梢/Crushing Canopy》
2:《否認/Negate》
1:《悪意ある妨害/Sinister Sabotage》
15 sideboard cards

クラシック:モダン

1st Place 唸りプリズン(ソプターコンボ型)
プレイヤー:Dominic Harvey
2nd Place アミュレットタイタン
プレイヤー:Edgar Magalhaes
3rd Place アドグレイス
プレイヤー:Steve Stillman
4th Place 白黒トークン
プレイヤー:Michael Siembor
5th Place グリクシスシャドウ
プレイヤー:Francis Regimbald
6th Place 5色人間
プレイヤー:Dave Napolitano
7th Place ジェスカイコントロール
プレイヤー:Ian Bosley
8th Place 緑単トロン
プレイヤー:Ross Rinaldo
参加人数 239名
デッキリスト 1-16位
1位:唸りプリズン プレイヤー:Dominic Harvey
デッキリスト
1:《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》
3:《島/Island》
4:《闇滑りの岸/Darkslick Shores》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
3:《涙の川/River of Tears》
2:《トレイリア西部/Tolaria West》
1:《地底の大河/Underground River》
2:《湿った墓/Watery Grave》
1:《アカデミーの廃墟/Academy Ruins》
1:《発明博覧会/Inventors’ Fair》
22 lands

1:《呪文滑り/Spellskite》
1 creatures

1:《減衰球/Damping Sphere》
1:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
4:《罠の橋/Ensnaring Bridge》
1:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
4:《ミシュラのガラクタ/Mishra’s Bauble》
1:《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
2:《真髄の針/Pithing Needle》
3:《弱者の剣/Sword of the Meek》
4:《飛行機械の鋳造所/Thopter Foundry》
1:《トーモッドの墓所/Tormod’s Crypt》
3:《溶接の壺/Welding Jar》
1:《魔女封じの宝珠/Witchbane Orb》
4:《発明品の唸り/Whir of Invention》
4:《オパールのモックス/Mox Opal》
1:《橋上の戦い/Battle at the Bridge》
2:《集団的蛮行/Collective Brutality》
37 other spells

1:《減衰球/Damping Sphere》
1:《倦怠の宝珠/Torpor Orb》
1:《呪文滑り/Spellskite》
3:《練達飛行機械職人、サイ/Sai, Master Thopterist》
3:《ボーラスの工作員、テゼレット/Tezzeret, Agent of Bolas》
2:《橋上の戦い/Battle at the Bridge》
4:《漂流自我/Unmoored Ego》
15 sideboard cards

クラシック:レガシー

1st Place 白青奇跡
プレイヤー:Joseph Horton
2nd Place ストーム
プレイヤー:Ed Demicco
3rd Place グリクシスデルバー
プレイヤー:James Gertz
4th Place エルフ
プレイヤー:Charles Azuelos
5th Place 白青石鍛冶
プレイヤー:Jeremy Tibbetts
6th Place グリクシスシャドウ
プレイヤー:Mario Martinez
7th Place グリクシスデルバー
プレイヤー:Clay Spicklemire
8th Place マーヴェリック
プレイヤー:Adam Gouveia
参加人数 211名
デッキリスト 1-16位
1位:白青奇跡 プレイヤー:Joseph Horton
デッキリスト
7:《島/Island》
3:《平地/Plains》
1:《乾燥台地/Arid Mesa》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1:《汚染された三角州/Polluted Delta》
1:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1:《Tundra》
1:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
20 lands

3:《僧院の導師/Monastery Mentor》
3:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
6 creatures

3:《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
2:《基本に帰れ/Back to Basics》
2:《相殺/Counterbalance》
4:《蓄積した知識/Accumulated Knowledge》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
4:《意志の力/Force of Will》
4:《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
2:《議会の採決/Council’s Judgment》
4:《思案/Ponder》
1:《先触れ/Portent》
1:《定業/Preordain》
3:《終末/Terminus》
34 other spells

2:《封じ込める僧侶/Containment Priest》
1:《相殺/Counterbalance》
2:《天界の粛清/Celestial Purge》
2:《解呪/Disenchant》
2:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1:《呪文貫き/Spell Pierce》
3:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1:《至高の評決/Supreme Verdict》
15 sideboard cards

ソース

SYRACUSE OPEN WEEKEND – StarCityGames.com

9 コメント on SCGオープン(レガシー):優勝は《プテラマンダー》《舞台照らし》採用型の青赤デルバーに

  1. [51] 名無しのイゼット団員 2019/03/05(火) 19:12:10 ID:A2MTc1NTk

    チャレンジャーデッキ、リストきましたな

  2. [52] 名無しのイゼット団員 2019/03/05(火) 19:49:34 ID:M3MzU2ODA

    リストってどこで見れます?

  3. [53] 名無しのイゼット団員 2019/03/06(水) 00:10:21 ID:I5MDIwMTc

    流石やるのうマンダはんは

  4. [54] 名無しのイゼット団員 2019/03/06(水) 01:32:44 ID:EyNTg0NTk

    禁止改訂の参照はGP、PT、MOだから、SCGの結果は関係ないよ。

  5. [55] 名無しのイゼット団員 2019/03/06(水) 09:34:39 ID:M4ODU3MDY

    舞台照らしはいずれ禁止だな。このカードは悪さしかしないだろう。

  6. [56] 名無しのイゼット団員 2019/03/06(水) 13:54:55 ID:IxOTg1ODI

    いうて、舞台照らし4積みはバーン位じゃない?押されてる時の舞台照らしはかなり弱い

  7. [57] 名無しのイゼット団員 2019/03/06(水) 16:18:22 ID:I5ODUxMDc

    静かだと思ったら、白青コン絡みが居ないからテフェリー不快ニキが居ないのか

  8. [58] 名無しのイゼット団員 2019/03/06(水) 22:12:20 ID:U5NTYxMTE

    赤単プリズン好き。と言うかデッキリストに4がいっぱい並ぶの好き

  9. [59] 名無しのイゼット団員 2019/03/08(金) 11:48:33 ID:g1MjY5NjA

    舞台照らしはコントロールとは違ってクロパだと相手も対処しないといけないからカウンターが捲れても完全な裏目じゃないのか

1 2

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。