SCGオープン(レガシー):優勝はグリクシスデルバー、トップ8に無色エルドラージなど

3月3-4日、マサチューセッツ州ウースターにて開催されたStarCityGames主催のオープンシリーズ(レガシー)。優勝はグリクシスデルバーを使用したDrake Sasser選手となりました。

オープンシリーズ (レガシー)

1st Placeグリクシスデルバー
プレイヤー:Drake Sasser
2nd Placeエルフ
プレイヤー:Ben Feingersh
3rd Placeグリクシスデルバー
プレイヤー:Jeffrey White
4th Place奇跡
プレイヤー:Jim Davis
5th Placeグリクシスデルバー
プレイヤー:Jonathan Sukenik
6th Place土地単
プレイヤー:Adam Falls
7th Placeグリクシスデルバー
プレイヤー:Noah Walker
8th Place無色エルドラージ
プレイヤー:Dylan Hand
参加者数722名
デッキリスト1-32位
環境分析2日目メタゲーム
Twitch配信1日目/2日目
1位:グリクシスデルバー プレイヤー:Drake Sasser
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1:《Tropical Island》
3:《Underground Sea》
2:《Volcanic Island》
4:《不毛の大地/Wasteland》
18 lands

4:《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4:《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
2:《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
2:《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
3:《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
15 creatures

4:《渦まく知識/Brainstorm》
4:《目くらまし/Daze》
4:《意志の力/Force of Will》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
2:《呪文貫き/Spell Pierce》
1:《二股の稲妻/Forked Bolt》
4:《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4:《思案/Ponder》
27 other spells

1:《削剥/Abrade》
1:《悪魔の布告/Diabolic Edict》
1:《四肢切断/Dismember》
2:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2:《発展の代価/Price of Progress》
2:《紅蓮破/Pyroblast》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
2:《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
2:《湿地での被災/Marsh Casualties》
15 sideboard cards

2位:エルフ プレイヤー:Ben Feingersh
2:《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》
2:《森/Forest》
2:《Bayou》
1:《魂の洞窟/Cavern of Souls》
1:《地平線の梢/Horizon Canopy》
1:《Taiga》
4:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
2:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
4:《ガイアの揺籃の地/Gaea’s Cradle》
20 lands

1:《樺の知識のレインジャー/Birchlore Rangers》
2:《孔蹄のビヒモス/Craterhoof Behemoth》
4:《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4:《エルフの幻想家/Elvish Visionary》
4:《遺産のドルイド/Heritage Druid》
4:《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》
4:《クウィリーオンの歩哨/Quirion Sentinel》
1:《再利用の賢者/Reclamation Sage》
4:《ワイアウッドの共生虫/Wirewood Symbiote》
28 creatures

1:《輪作/Crop Rotation》
4:《垣間見る自然/Glimpse of Nature》
4:《緑の太陽の頂点/Green Sun’s Zenith》
3:《自然の秩序/Natural Order》
12 other spells

1:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
2:《血染めの月/Blood Moon》
3:《突然の衰微/Abrupt Decay》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《生命の力、ニッサ/Nissa, Vital Force》
4:《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
1:《思考囲い/Thoughtseize》
1:《カラカス/Karakas》
15 sideboard cards

3位:グリクシスデルバー プレイヤー:Jeffrey White
3:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2:《汚染された三角州/Polluted Delta》
3:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1:《Tropical Island》
3:《Underground Sea》
2:《Volcanic Island》
4:《不毛の大地/Wasteland》
18 lands

4:《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4:《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
2:《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
2:《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
2:《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
14 creatures

4:《渦まく知識/Brainstorm》
4:《目くらまし/Daze》
4:《意志の力/Force of Will》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
2:《呪文貫き/Spell Pierce》
2:《もみ消し/Stifle》
1:《二股の稲妻/Forked Bolt》
3:《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4:《思案/Ponder》
28 other spells

1:《真髄の針/Pithing Needle》
1:《削剥/Abrade》
1:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1:《悪魔の布告/Diabolic Edict》
1:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2:《紅蓮破/Pyroblast》
3:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
2:《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
2:《湿地での被災/Marsh Casualties》
15 sideboard cards

4位:奇跡 プレイヤー:Jim Davis
6:《島/Island》
3:《平地/Plains》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1:《Tundra》
2:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
20 lands

2:《僧院の導師/Monastery Mentor》
3:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
5 creatures

3:《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
2:《基本に帰れ/Back to Basics》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
2:《対抗呪文/Counterspell》
1:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
4:《意志の力/Force of Will》
1:《流刑への道/Path to Exile》
2:《予報/Predict》
4:《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
1:《アズカンタの探索/Search for Azcanta》
1:《議会の採決/Council’s Judgment》
4:《思案/Ponder》
3:《先触れ/Portent》
3:《終末/Terminus》
35 other spells

2:《封じ込める僧侶/Containment Priest》
1:《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2:《解呪/Disenchant》
2:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
2:《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1:《アズカンタの探索/Search for Azcanta》
1:《議会の採決/Council’s Judgment》
1:《至高の評決/Supreme Verdict》
1:《カラカス/Karakas》
15 sideboard cards

5位:グリクシスデルバー プレイヤー:Jonathan Sukenik
3:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
3:《汚染された三角州/Polluted Delta》
2:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1:《Tropical Island》
3:《Underground Sea》
2:《Volcanic Island》
4:《不毛の大地/Wasteland》
18 lands

4:《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4:《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
2:《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
2:《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
3:《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
15 creatures

4:《渦まく知識/Brainstorm》
4:《目くらまし/Daze》
4:《意志の力/Force of Will》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
2:《呪文貫き/Spell Pierce》
1:《二股の稲妻/Forked Bolt》
4:《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4:《思案/Ponder》
27 other spells

1:《真髄の針/Pithing Needle》
1:《削剥/Abrade》
1:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1:《死亡/Dead》
1:《四肢切断/Dismember》
1:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
3:《紅蓮破/Pyroblast》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
3:《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
1:《湿地での被災/Marsh Casualties》
15 sideboard cards

6位:土地単 プレイヤー:Adam Falls
1:《森/Forest》
1:《蛮族のリング/Barbarian Ring》
1:《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
4:《幽霊街/Ghost Quarter》
1:《Glacial Chasm》
4:《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
2:《イス卿の迷路/Maze of Ith》
1:《隠れた茂み/Sheltered Thicket》
2:《Taiga》
4:《演劇の舞台/Thespian’s Stage》
1:《平穏な茂み/Tranquil Thicket》
1:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
4:《不毛の大地/Wasteland》
1:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
1:《カラカス/Karakas》
1:《The Tabernacle at Pendrell Vale》
4:《暗黒の深部/Dark Depths》
35 lands

0 creatures

4:《モックス・ダイアモンド/Mox Diamond》
4:《踏査/Exploration》
1:《マナ結合/Manabond》
1:《溶鉄の渦/Molten Vortex》
4:《輪作/Crop Rotation》
3:《罰する火/Punishing Fire》
4:《ギャンブル/Gamble》
4:《壌土からの生命/Life from the Loam》
25 other spells

1:《虚空の杯/Chalice of the Void》
4:《抵抗の宝球/Sphere of Resistance》
1:《アメジストのとげ/Thorn of Amethyst》
1:《森を護る者/Sylvan Safekeeper》
3:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
4:《クローサの掌握/Krosan Grip》
1:《古えの墳墓/Ancient Tomb》
15 sideboard cards

7位:グリクシスデルバー プレイヤー:Noah Walker
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
1:《Tropical Island》
3:《Underground Sea》
2:《Volcanic Island》
4:《不毛の大地/Wasteland》
18 lands

4:《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4:《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
2:《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
2:《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
3:《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
15 creatures

4:《渦まく知識/Brainstorm》
4:《目くらまし/Daze》
4:《意志の力/Force of Will》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
2:《呪文貫き/Spell Pierce》
1:《二股の稲妻/Forked Bolt》
4:《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4:《思案/Ponder》
27 other spells

1:《真髄の針/Pithing Needle》
1:《削剥/Abrade》
1:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1:《四肢切断/Dismember》
1:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1:《発展の代価/Price of Progress》
1:《紅蓮破/Pyroblast》
1:《赤霊破/Red Elemental Blast》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
3:《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
1:《二股の稲妻/Forked Bolt》
1:《湿地での被災/Marsh Casualties》
15 sideboard cards

8位:無色エルドラージ プレイヤー:Dylan Hand
4:《古えの墳墓/Ancient Tomb》
4:《魂の洞窟/Cavern of Souls》
2:《裏切り者の都/City of Traitors》
4:《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple》
2:《ミシュラの工廠/Mishra’s Factory》
4:《不毛の大地/Wasteland》
3:《ウギンの目/Eye of Ugin》
1:《カラカス/Karakas》
1:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
25 lands

4:《エルドラージのミミック/Eldrazi Mimic》
2:《終末を招くもの/Endbringer》
4:《果てしなきもの/Endless One》
4:《作り変えるもの/Matter Reshaper》
4:《現実を砕くもの/Reality Smasher》
3:《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》
4:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
25 creatures

4:《虚空の杯/Chalice of the Void》
2:《四肢切断/Dismember》
2:《梅澤の十手/Umezawa’s Jitte》
2:《全ては塵/All Is Dust》
10 other spells

2:《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
3:《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》
3:《アメジストのとげ/Thorn of Amethyst》
4:《虚空の力線/Leyline of the Void》
2:《歪める嘆き/Warping Wail》
1:《カラカス/Karakas》
15 sideboard cards

クラシック(モダン)

1st Place無色エルドラージ
プレイヤー:Jordan Boisvert
2nd Place青赤ストーム
プレイヤー:Paul Muller
3rd Place親和
プレイヤー:Benjamin Coursey
4th Place4色パイロマンサー
プレイヤー:Daniel Schriever
5th Place白緑呪禁
プレイヤー:Stephen Achorn
6th Placeグリクシスコントロール
プレイヤー:Nick Allain
7th Placeアミュレットタイタン
プレイヤー:Ian Bosley
8th Place赤緑エルドラージ
プレイヤー:Collin Delphia
参加人数400名
デッキリスト1-16位
4位:4色パイロマンサー プレイヤー:Daniel Schriever
1:《森/Forest》
1:《山/Mountain》
1:《沼/Swamp》
2:《血の墓所/Blood Crypt》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1:《湿地の干潟/Marsh Flats》
1:《草むした墓/Overgrown Tomb》
1:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
1:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
1:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
18 lands

1:《意思切る者/Architects of Will》
4:《騒乱の歓楽者/Bedlam Reveler》
2:《残忍な剥ぎ取り/Grim Flayer》
3:《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
10 creatures

3:《ミシュラのガラクタ/Mishra’s Bauble》
1:《突然の衰微/Abrupt Decay》
2:《致命的な一押し/Fatal Push》
1:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
2:《魔力変/Manamorphose》
1:《戦慄掘り/Dreadbore》
4:《信仰無き物あさり/Faithless Looting》
4:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
3:《未練ある魂/Lingering Souls》
3:《思考囲い/Thoughtseize》
4:《ウルヴェンワルド横断/Traverse the Ulvenwald》
32 other spells

2:《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
1:《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster》
1:《突然の衰微/Abrupt Decay》
1:《致命的な一押し/Fatal Push》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《摩耗+損耗/Wear+Tear》
1:《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》
1:《配分の領事、カンバール/Kambal, Consul of Allocation》
2:《集団的蛮行/Collective Brutality》
3:《溶鉄の雨/Molten Rain》
15 sideboard cards

クラシック(レガシー)

1st Place赤単プリズン
プレイヤー:Zac Turgeon
2nd Placeストーム
プレイヤー:Ethan Formichella
3rd Placeグリクシスデルバー
プレイヤー:Dylan Gellis
4th Place土地単
プレイヤー:Kevin King
5th Placeグリクシスデルバー
プレイヤー:Patrick Foote
6th Placeストーム
プレイヤー:Chad Uzzell
7th Place土地単
プレイヤー:Ross McGee
8th Place4色デスブレード
プレイヤー:William Moore
参加人数206名
デッキリスト1-16位

6 コメント on SCGオープン(レガシー):優勝はグリクシスデルバー、トップ8に無色エルドラージなど

  1. [51] 名無しのイゼット団員 2018/03/07(水) 07:37:59 ID:I0MTA3NjU

    フェッチを全面的に制限カードにしよう

  2. [52] 名無しのイゼット団員 2018/03/07(水) 10:14:51 ID:g4MjQwNDk

    健全さの定義にもよるけど、環境の多様性という意味ならモダンの方が健全
    ただモダンの健全さは優秀な1マナドロー操作の少なさ、一定数いるアグレッシブなデッキとか月系デッキに対してのフェッチギルランで多色化するリスク、強すぎる打ち消しや死儀礼みたいな丸い対策がないことであらゆる方向からの押し付けができてサイドカードで全部を対策できないってところに由来する
    理不尽な押しつけが不健全だと考えるなら、1マナドロソから安定してWill死儀礼不毛サイドカードでコンボとか土地依存デッキを咎めやすいレガシーの方が健全ではある

  3. [53] 名無しのイゼット団員 2018/03/07(水) 17:19:06 ID:QwNzkwNzQ

    デルバーまみれになろうや

  4. [54] 名無しのイゼット団員 2018/03/08(木) 07:57:29 ID:kzMjk3OTk

    モダンもレガシーも楽しい、それで良いじゃない

  5. [55] 名無しのイゼット団員 2018/03/08(木) 21:52:36 ID:k1MzQzNjY

    デルバーに強くてランズエルドラに弱いってなるとドレッジかな。マナレスドレッジ使ってるけどデルバーは基本カモ。死儀礼こそ辛いけどケアしやすいし他はサージカルくらいしか墓地対策ないし。

  6. [56] 名無しのイゼット団員 2018/03/10(土) 23:31:36 ID:A1NTcxNzA

    禁止を煽るわけではないんだけどもし死儀礼が禁止になったらメタどうなるんだろうか?

1 2

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。