SCGオープン(モダン):ジェスカイコンがワンツーフィニッシュ、トップ8に赤単氷雪など

1月6-7日、オハイオ州コロンバスにて開催されたStarCityGames.com主催のオープンシリーズ(モダン)。優勝はジェスカイコントロールを使用したBenjamin Nikolich選手となりました。

※写真はStarCityGames.com公式カバレージより

オープンシリーズ (モダン)

1st Placeジェスカイコントロール
プレイヤー:Benjamin Nikolich
2nd Placeジェスカイコントロール
プレイヤー:Kevin Jones
3rd Placeストーム
プレイヤー:Caleb Scherer
4th Placeグリクシスシャドウ
プレイヤー:Dylan Donegan
5th Place白緑土地カンパニー
プレイヤー:Carter Newman
6th Placeブルームーン(キキジキコンボ型)
プレイヤー:James mellish
7th Place人間
プレイヤー:Jonathan Rosum
8th Place赤単氷雪
プレイヤー:Trevor May
参加者数959名
デッキリスト1-32位
メタゲーム初日突破者分析
Twitch配信動画一覧
1位:ジェスカイコントロール プレイヤー:Benjamin Nikolich
3:《島/Island》
1:《平地/Plains》
3:《天界の列柱/Celestial Colonnade》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2:《氷河の城砦/Glacial Fortress》
2:《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
1:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
2:《蒸気孔/Steam Vents》
1:《硫黄の滝/Sulfur Falls》
24 lands

1:《奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk》
3:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
4 creatures

1:《先駆ける者、ナヒリ/Nahiri, the Harbinger》
4:《謎めいた命令/Cryptic Command》
2:《電解/Electrolyze》
3:《稲妻/Lightning Bolt》
3:《稲妻のらせん/Lightning Helix》
3:《論理の結び目/Logic Knot》
1:《否認/Negate》
4:《流刑への道/Path to Exile》
1:《荒野の確保/Secure the Wastes》
1:《呪文嵌め/Spell Snare》
1:《スフィンクスの啓示/Sphinx’s Revelation》
2:《アズカンタの探索/Search for Azcanta》
4:《血清の幻視/Serum Visions》
2:《至高の評決/Supreme Verdict》
32 other spells

1:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1:《拘留の宝球/Detention Sphere》
2:《ルーンの光輪/Runed Halo》
2:《天界の粛清/Celestial Purge》
3:《払拭/Dispel》
1:《否認/Negate》
1:《摩耗+損耗/Wear+Tear》
2:《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1:《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》
1:《至高の評決/Supreme Verdict》
15 sideboard cards

2位:ジェスカイコントロール プレイヤー:Kevin Jones
3:《島/Island》
1:《山/Mountain》
1:《平地/Plains》
3:《天界の列柱/Celestial Colonnade》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2:《氷河の城砦/Glacial Fortress》
2:《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
1:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2:《蒸気孔/Steam Vents》
1:《硫黄の滝/Sulfur Falls》
24 lands

1:《奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk》
3:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
4 creatures

1:《先駆ける者、ナヒリ/Nahiri, the Harbinger》
4:《謎めいた命令/Cryptic Command》
2:《電解/Electrolyze》
3:《稲妻/Lightning Bolt》
3:《稲妻のらせん/Lightning Helix》
3:《論理の結び目/Logic Knot》
1:《否認/Negate》
4:《流刑への道/Path to Exile》
1:《荒野の確保/Secure the Wastes》
1:《呪文嵌め/Spell Snare》
1:《スフィンクスの啓示/Sphinx’s Revelation》
2:《アズカンタの探索/Search for Azcanta》
4:《血清の幻視/Serum Visions》
2:《至高の評決/Supreme Verdict》
32 other spells

1:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1:《拘留の宝球/Detention Sphere》
2:《ルーンの光輪/Runed Halo》
2:《天界の粛清/Celestial Purge》
3:《払拭/Dispel》
1:《否認/Negate》
1:《摩耗+損耗/Wear+Tear》
2:《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1:《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》
1:《至高の評決/Supreme Verdict》
15 sideboard cards

3位:ストーム プレイヤー:Caleb Scherer
2:《島/Island》
1:《山/Mountain》
2:《冠雪の島/Snow-Covered Island》
4:《シヴの浅瀬/Shivan Reef》
4:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
4:《蒸気孔/Steam Vents》
17 lands

2:《ゴブリンの電術師/Goblin Electromancer》
4:《遵法長、バラル/Baral, Chief of Compliance》
6 creatures

4:《捨て身の儀式/Desperate Ritual》
4:《けちな贈り物/Gifts Ungiven》
4:《魔力変/Manamorphose》
1:《有毒の蘇生/Noxious Revival》
3:《選択/Opt》
4:《発熱の儀式/Pyretic Ritual》
3:《差し戻し/Remand》
1:《非実体化/Unsubstantiate》
3:《ぶどう弾/Grapeshot》
2:《炎の中の過去/Past in Flames》
4:《血清の幻視/Serum Visions》
4:《手練/Sleight of Hand》
37 other spells

1:《払拭/Dispel》
1:《残響する真実/Echoing Truth》
1:《万の眠り/Gigadrowse》
3:《稲妻/Lightning Bolt》
1:《拭い捨て/Wipe Away》
2:《巣穴からの総出/Empty the Warrens》
4:《パズルの欠片/Pieces of the Puzzle》
2:《破壊放題/Shattering Spree》
15 sideboard cards

4位:グリクシスシャドウ プレイヤー:Dylan Donegan
1:《島/Island》
1:《沼/Swamp》
1:《血の墓所/Blood Crypt》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
3:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1:《蒸気孔/Steam Vents》
1:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
2:《湿った墓/Watery Grave》
18 lands

4:《死の影/Death’s Shadow》
3:《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
4:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
4:《通りの悪霊/Street Wraith》
1:《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
16 creatures

2:《四肢切断/Dismember》
4:《致命的な一押し/Fatal Push》
1:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
3:《頑固な否認/Stubborn Denial》
2:《ティムールの激闘/Temur Battle Rage》
4:《思考掃き/Thought Scour》
2:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
4:《血清の幻視/Serum Visions》
4:《思考囲い/Thoughtseize》
26 other spells

1:《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》
2:《儀礼的拒否/Ceremonious Rejection》
2:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
1:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
1:《ラクドスの魔除け/Rakdos Charm》
1:《頑固な否認/Stubborn Denial》
1:《集団的蛮行/Collective Brutality》
3:《未練ある魂/Lingering Souls》
1:《紅蓮地獄/Pyroclasm》
1:《光輝の炎/Radiant Flames》
1:《神無き祭殿/Godless Shrine》
15 sideboard cards

5位:白緑土地カンパニー プレイヤー:Carter Newman
5:《森/Forest》
2:《平地/Plains》
1:《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
4:《幽霊街/Ghost Quarter》
2:《地平線の梢/Horizon Canopy》
1:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1:《地盤の際/Tectonic Edge》
2:《寺院の庭/Temple Garden》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
23 lands

4:《極楽鳥/Birds of Paradise》
2:《永遠の証人/Eternal Witness》
4:《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》
1:《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》
4:《貴族の教主/Noble Hierarch》
1:《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》
1:《ラムナプの採掘者/Ramunap Excavator》
4:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
4:《復活の声/Voice of Resurgence》
4:《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》
29 creatures

4:《集合した中隊/Collected Company》
4:《流刑への道/Path to Exile》
8 other spells

1:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
2:《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
3:《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
3:《博覧会場の警備員/Fairgrounds Warden》
1:《再利用の賢者/Reclamation Sage》
2:《無私の霊魂/Selfless Spirit》
2:《弁論の幻霊/Eidolon of Rhetoric》
1:《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》
15 sideboard cards

6位:ブルームーン プレイヤー:James mellish
7:《島/Island》
1:《山/Mountain》
1:《僻地の灯台/Desolate Lighthouse》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3:《蒸気孔/Steam Vents》
2:《硫黄の滝/Sulfur Falls》
22 lands

2:《詐欺師の総督/Deceiver Exarch》
3:《やっかい児/Pestermite》
4:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2:《鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker》
1:《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
12 creatures

3:《血染めの月/Blood Moon》
2:《謎めいた命令/Cryptic Command》
2:《電解/Electrolyze》
1:《収穫の火/Harvest Pyre》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
4:《選択/Opt》
4:《差し戻し/Remand》
2:《呪文嵌め/Spell Snare》
4:《血清の幻視/Serum Visions》
26 other spells

2:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
2:《ヴィダルケンの枷/Vedalken Shackles》
2:《削剥/Abrade》
3:《払拭/Dispel》
2:《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》
1:《嵐の神、ケラノス/Keranos, God of Storms》
3:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
15 sideboard cards

7位:人間 プレイヤー:Jonathan Rosum
1:《平地/Plains》
4:《古代の聖塔/Ancient Ziggurat》
4:《魂の洞窟/Cavern of Souls》
4:《地平線の梢/Horizon Canopy》
2:《金属海の沿岸/Seachrome Coast》
4:《手付かずの領土/Unclaimed Territory》
19 lands

4:《教区の勇者/Champion of the Parish》
1:《闇の腹心/Dark Confidant》
4:《帆凧の掠め盗り/Kitesail Freebooter》
4:《カマキリの乗り手/Mantis Rider》
4:《翻弄する魔道士/Meddling Mage》
4:《貴族の教主/Noble Hierarch》
4:《幻影の像/Phantasmal Image》
4:《反射魔道士/Reflector Mage》
4:《サリアの副官/Thalia’s Lieutenant》
4:《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
37 creatures

4:《霊気の薬瓶/AEther Vial》
4 other spells

2:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
1:《闇の腹心/Dark Confidant》
2:《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》
2:《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》
2:《罪の収集者/Sin Collector》
2:《ヴィティアの背教者/Vithian Renegades》
1:《ザスリッドの屍術師/Xathrid Necromancer》
2:《四肢切断/Dismember》
1:《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost》
15 sideboard cards

8位:赤単氷雪 プレイヤー:Trevor May
19:《冠雪の山/Snow-Covered Mountain》
1:《ロノムの口/Mouth of Ronom》
2:《占術の岩床/Scrying Sheets》
22 lands

2:《永遠の災い魔/Eternal Scourge》
3:《嵐の息吹のドラゴン/Stormbreath Dragon》
1:《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》
3:《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》
9 creatures

2:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
4:《槌のコス/Koth of the Hammer》
4:《精神石/Mind Stone》
1:《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
4:《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
4:《血染めの月/Blood Moon》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
4:《雪崩し/Skred》
2:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
29 other spells

3:《ドラゴンの爪/Dragon’s Claw》
2:《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster》
1:《四肢切断/Dismember》
1:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
1:《跳ね返りの罠/Ricochet Trap》
4:《溶鉄の雨/Molten Rain》
1:《焙り焼き/Roast》
2:《破壊放題/Shattering Spree》
15 sideboard cards

クラシック(モダン)

1st Place親和
プレイヤー:Casey Welch
2nd Place赤緑トロン
プレイヤー:Anneliese Faustino
3rd Placeブルームーン(キキジキコンボ型)
プレイヤー:Rob Chase
4th Placeバーン
プレイヤー:Ryan McCamish
5th Place白青コントロール
プレイヤー:Walter Hengely
6th Place親和
プレイヤー:Andrew Elenbogen
7th Placeグリクシスシャドウ
プレイヤー:Devin Beaston
8th Placeジェスカイコントロール
プレイヤー:Emma Handy
参加人数248名
デッキリスト1-16位

クラシック(レガシー)

1st Place青赤デルバー
プレイヤー:Richard Thompson
2nd Place土地単
プレイヤー:Matthew Dilks
3rd PlaceMUD
プレイヤー:Ramy Mansour
4th Placeグリクシスデルバー
プレイヤー:Frank Ivancic
5th Placeバーン
プレイヤー:Robert Sparen
6th Placeデス&タックス
プレイヤー:Andrew Drotleff
7th Placeエルドラージポスト
プレイヤー:Brennan Murphy
8th Placeグリクシスデルバー
プレイヤー:Rick Courtney
参加人数156名
デッキリスト1-16位

7 コメント on SCGオープン(モダン):ジェスカイコンがワンツーフィニッシュ、トップ8に赤単氷雪など

  1. [51] 名無しのイゼット団員 2018/01/09(火) 12:17:34 ID:UzOTU1Nzk

    やっぱりタルモは所詮バニラだな!

  2. [52] 名無しのイゼット団員 2018/01/09(火) 12:21:31 ID:c5MzY2Nzc

    機械巨人つえーな

  3. [53] 名無しのイゼット団員 2018/01/09(火) 15:41:24 ID:c5MzYwOTQ

    親和はまだギリギリオワコンじゃないけど近い将来オワコン化するよ。メイン最強が持ち味だったのに他が強化される中、親和だけパーツがほとんど増えないせいで今じゃメインから相性負けする相手増えたしプッシュが辛くなったし。もう1つ優秀な軽量除去増えたら終わり。親和は今から切り捨てた方がいい

  4. [54] 名無しのイゼット団員 2018/01/09(火) 15:56:59 ID:IxNjQwMzU

    四マナ呪文踏み倒したら実質5/6の瞬唱だしな(雑理論)

  5. [55] 名無しのイゼット団員 2018/01/09(火) 17:17:22 ID:U0MzAwMjk

    ※53
    プッシュは下環境でソープロパス擁する白が本来除去が強い色のはずの黒から役割を奪ってるからデザインされて、しかも期待通りの仕事をしてるわけだし下環境クラスの1マナ除去は当分増えないでしょ、除去の質がデフレする傾向にあるスタンならなおさら
    親和に関してはどちらかというとオパモ禁止が引っかかる、ランタンが結果出してきてるわけだし

  6. [56] 名無しのイゼット団員 2018/01/09(火) 17:31:35 ID:M0OTY1NDE

    親和の存在ってモダンのバランスを取る上で重要だと思うんだよなぁ。メインの速度が今でもかなり速い部類だからメインは強い、優秀な除去が増えたとはいえ対応できるだけの除去をメインから持ってるデッキばかりではないからね。実際対親和が疎かなメタでは勝ってるよね。そしてサイドには親和用(またはアーティファクト系用かもしれないしウィニー系用かもしれない)のサイドを取られることでサイドの枠を取り他のデッキが過剰に対策される状況を抑えている。結果モダンのバランスが取れているのだと僕は思っているよ。

  7. [57] 名無しのイゼット団員 2018/01/09(火) 19:04:38 ID:c5MzYwOTk

    ※51
    おっそうだな(ハンデス前方確認から出てくる2マナ4/5)

1 2

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。