【新規プレイヤー応援企画第3弾】自分だけのデッキを組もう!③~より良いマナバランス~ | イゼ速。:Izzet MTG News Flash

【新規プレイヤー応援企画第3弾】自分だけのデッキを組もう!③~より良いマナバランス~

こんにちは! ライターのスガワラです。

「デッキを組もう」第3回は、デッキの根幹となる土地やマナコストのお話。僕自身、始めたばかりの頃はめちゃくちゃなバランスで土地を入れて、勝てないどころかゲームにならなかった苦い記憶が…


苦い記憶の図

最近始めた方が同じ思いをしないよう、この記事がお役に立てれば幸いです!
なお、例によって未読の方は第1回第2回の記事を先にご覧ください。

また、繰り返しではありますが、前回と同じご注意を再掲いたします。ご了承のうえ、本文にお進みいただければ幸いです。

 

ご注意

一つ、強いカードをバランス良く組み合わせたデッキが必ず勝てるわけではありません。マジックはプレイ技術・相手のデッキへの理解・デッキ同士の相性・時には運……といった多くの要素が絡み合っているゲームです。
当記事で紹介するのは、あくまで一つの観点であることをご了承ください。

もう一つ、マジックには例外を生み出すカードも豊富です。これから述べるのはあくまで一般論であり、その逆を突くことで意味を成すカードや戦術も多く存在します。

ただ、それら例外をひとつひとつ挙げるとキリがないため今回は割愛いたします。
 

もくじ

■土地のバランス

 ① 土地配分の基本

 ② 色の配分

■マナカーブ

■まとめ

 

土地のバランス

① 土地配分の基本
マジックをプレイしていると、土地事故には必ず遭遇します。同じデッキなのに、1ゲーム目はマナフラッド(土地ばかり引く)、2ゲームはマナスクリュー(土地が引けない)なんてこともありますね。
先に書いてしまうと、土地事故を完全に無くすのは無理です!トッププロでも事故ってますしね!

それでも、土地を適切なバランスにすることで、事故率を下げることは可能です。
冒頭で書いたように、この部分を疎かにすると昔の僕になってしまうわけですね…


苦い記憶の図

結論から言うと、デッキのおよそ4割を土地にするのが基本とされています。
60枚デッキで言えば24枚ですね。
ここを基準に、デッキの方向性やバランスに応じて枚数を増減していきましょう。

ここで役立つのが、前回の戦略分類
たとえばアグロデッキは必要なコストが少ないので、土地の枚数を減らしても平気でしょう。
逆にコントロールは、1ターンに「ドロー+打ち消し」や「打ち消し+除去」などの2アクションを取りたい場面も多いため、土地を増やした構築が一般的です。
このように、デッキの分類を参考に、採用する土地の数を検討することができます。

また、デッキ内における個々のカードの役割も考えてみましょう。
低コストのドロー呪文「探検」持ちがいる場合は、土地を引くチャンスが増えますね。


これらのカードが豊富なデッキならば、土地を少し減らしても大丈夫でしょう。
逆に、土地を引く確率を高めるためにこうしたカードを採用するのも構築テクニックですね。

ちょっと応用編として、《門破りの雄羊》《ギルド会談》など、土地を引けば引くほど強くなるカードを使う場合。


この場合、普通よりも多くの土地を採用することに意味が生まれますね。
こんな風に、デッキ内のカードの役割も踏まえて土地の枚数を微調整してみましょう!

 
② 色の配分
全体の合計枚数と同様に大切なのが、「実質枚数」とでも呼ぶべき考え方。
たとえば、我らがイゼット団のギルドマスター《パルン、ニヴ=ミゼット》様崇拝した搭載したデッキを組むとします。

 
我らがギルドマスター、火想者にして竜英傑~ドラゴジーニアス~の名を冠する強大なる古の龍、イゼット団の創設者にして都市次元ラヴニカの成立を知る者、二ヴ=ミゼット様を崇めよ
/(Z->)90°-(E-N2W)90°t=1\


《ミゼット》様はコストに青3マナ赤3マナが指定されています。
先ほどの「土地はおよそ24枚」の原則に従って《島》と《山》を12枚ずつ入れたデッキで使うとするとどうでしょう?

この場合、《島》《山》はそれぞれ60枚デッキのうち12/60=20%ずつ
6ターン目までにキレイに3枚ずつ引けるか?と言われるとちょっと苦いところです。


ちょっと苦いの図

では、《島》と《山》を8枚ずつに減らし、《蒸気孔》《硫黄の滝》を4枚ずつ入れてみたらどうでしょうか。



土地の合計枚数は24枚のままですが、青マナの出る土地は

《島》8枚+《蒸気孔》4枚+《硫黄の滝》4枚=16枚

となり、デッキ内の16/60≒26.7%の割合となりました。
同様に、赤マナの出る土地も

《山》8枚《蒸気孔》4枚+《硫黄の滝》4枚=16枚
16/60≒26.7%

となり、多色土地をうまく使うことで必要な色の土地を”水増し”できています。
2色以上の色を組み合わせたデッキの場合は、こうした「色の実質枚数」を数えるといいですよ!


なお、以下の記事(外部サイト)において、引ける確率についての計算結果と活用方法が紹介されています。「自分のデッキに必要な正確な枚数が知りたい!」という方はぜひ参照してみてください!
・金子と塚本の「勝てる!マジック 第11回」(マジック日本公式サイト)
・金子と塚本の「勝てる!マジック 第12回」(マジック日本公式サイト)
・超簡単にマナベース計算できちゃう早見表を作ってみた(晴れる屋)

4/25追記:なお、アリーナのBO1(一本勝負)においては「3通りの初手を生成し、もっともデッキ内の比率に近いものが自動で選ばれる」というシステムが採用されています。(ソース
そのため、BO1用のデッキであれば少しだけ土地を減らしても大丈夫かもしれませんね。


 

マナカーブ

土地の配分と合わせて、デッキのバランスの仕上げとなるのがマナカーブ。ざっくり言うと、「マナコストのバランスを整えよう」というお話ですね。
 
ではここで問題です。下のデッキは、バランスが良い状態と言えるでしょうか?

強そうなカードは入っていますが、高コストのカードに偏りすぎていますね。

また、1~2マナのカードが空白になっており、序盤に動けないと予想されます。動けないということは、相手に攻撃やドローなどの余裕を与えてしまう――乱暴に例えれば相手にターンをプレゼントしてしまうようなもの。

さらに、1~2マナだけでなく5マナのカードが空白になっていることで、
「5マナあるのに3~4マナのカードを使うだけ」
「余った1~2マナの使い道がない」

という状態を招いてしまい、ちょっと勿体ないのも減点対象。いろいろな面でよくない例と言えます。

ポイント① コスト順に見たときに、空白を作らないようにしよう!

 
では第2問。このデッキはどうでしょうか?

確かに各コストに均等にカードが入っていて、バランスが良く見えます。
しかし、デッキとしてはこれも良いとは言い難い状態

コストの軽いカードは序盤から来てほしいですが、コストの重いカードは後から引ければ構いませんね。
とはいえ、あまりにも軽くて非力なカードばかりでは、相手の大型クリーチャー1体に完封されてしまう危険もあります。

つまり、コストの軽いカードは多めに、重いカードを少なめに入れるのがセオリー。
これが「マナカーブ」の語源。コスト順にカードを並べた時に、枚数が右下がりの曲線となることが理想です。

ポイント② コストが軽いカードを多く、重いカードを少なく入れよう!

※ただし、スタンダードにおいては1マナのカードは種類が限られているため、2~3マナのカードを多く入れることが一般的です。


 
では、こんな形ならどうでしょう?

ここまでの2つに比べると、かなり理想的なマナカーブと言えそうです。2マナカードを多く入れて、きちんと枚数が右下がりになっていますね。
けれどまだちょっと微妙。

敵味方ともにクリーチャーが出ていないと意味のない《捕食》や《狂気の一咬み》を1ターン目・2ターン目に使うことはほぼ不可能。味方クリーチャーを強化する《ブランチウッドの鎧》も同様です。
実際に動き出せるのは、見た目よりも遅いターンになってしまうでしょう。

各ターン無駄なく動くための考え方がマナカーブですので、実際に唱えるのが何ターン目くらいなのか?と考えることが大切です。
「絢爛」《原初の飢え、ガルタ》などのコストが変動するカードも同様ですね。



ポイント③ コスト通りのマナで使わないカードはマナカーブから外して考えよう!

 
ちなみに、アリーナのデッキ制作画面では「クリックで詳細を見る」ボタンから…

マナカーブをグラフ化した画面を確認できます。

こまめに確認して、視覚的にマナカーブを意識できると良いですよ!
 

まとめ

というわけで、今回のまとめです!
 

・土地はデッキの4割を目安に、アーキタイプに応じて微調整しよう!
・2色以上のデッキでは、色マナの実質枚数を数えてみよう!
・コストの軽いカードを多く、重いカードを少なく、マナカーブを整えよう!


大まかにこんな感じではありますが、1つ付け加えるならば実際にデッキを回してみてください
何度も使っているうちに、「たまたま回った」「たまたま事故った」というブレも含めたデッキの動きの”平均値”が見えてきます。


事故った時の図


ここまで3回に渡って理論を紹介してきましたが、実戦を通じて身につく感覚もまた大切。ぜひたくさんの対戦を経験してみてください!
ブン回って気持ちよく勝てた経験、何もできないまま負けてしまった経験、すべてが強くなるための糧になるはずです!

 

2 コメント on 【新規プレイヤー応援企画第3弾】自分だけのデッキを組もう!③~より良いマナバランス~

  1. [51] 名無しのイゼット団員 2019/04/27(土) 16:21:37 ID:A1Nzg3ODQ

    むしろ赤単は当時のビートでは土地が多い方で
    それでもトリシンのボールライトニング4、ピッチコストが山2枚の火炎破4で
    赤マナ18って考えたら相当削ってるよ
    税収とかダリチュとかマナサポートがあるとはいえ白単や黒単は17~18だし

  2. [52] 名無しのイゼット団員 2019/04/27(土) 23:31:45 ID:E0NTQ2Njc

    魂流し(10マナ)を強いからって4枚入れてたなあ
    太陽の拳でコスト踏み倒す前提だけど

1 2

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。