GPバーミンガム2018(レガシー):優勝は赤単プリズンを使用したGary Campbell選手に | イゼ速。:Izzet MTG News Flash

GPバーミンガム2018(レガシー):優勝は赤単プリズンを使用したGary Campbell選手に

5月11-12日、イングランドのウェスト・ミッドランズにてレガシーフォーマットで行われたグランプリ・バーミンガム2018(参加人数:1,200名)。優勝は赤単プリズンを使用したGary Campbell選手となりました。

また、日本からは高橋優太選手がトップ8入賞を成し遂げています。

※写真はマジック米公式サイトより
※ダブル・グランプリのためレガシーの2日目とスタンダードの1日目が同時に進行

トップ8選手&使用デッキ

1st Place赤単プリズン
プレイヤー:Gary Campbell
2nd Placeグリクシスデルバー
プレイヤー:Grzegorz Kowalski
3rd Placeグリクシスデルバー
プレイヤー:Peter van der Ham
4th PlaceMUD
プレイヤー:Johan De Gruyter
5th Placeドレッジ
プレイヤー:Alexander Mertins
6th Placeグリクシスコントロール(ケス型)
プレイヤー:Janus Andersen
7th Placeグリクシスデルバー
プレイヤー:Bernardo Santos
8th Place4色コントロール
プレイヤー:高橋 優太

入賞者プロフィールはこちらから。

トップ8デッキリスト

1位:赤単プリズン プレイヤー:Gary Campbell
4:《古えの墳墓/Ancient Tomb》
4:《裏切り者の都/City of Traitors》
11:《山/Mountain》
19 lands

4:《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster》
4:《月の大魔術師/Magus of the Moon》
4:《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》
1:《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》
2:《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》
15 creatures

2:《ウルザの後継、カーン/Karn, Scion of Urza》
2:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
4:《焦熱の合流点/Fiery Confluence》
4:《虚空の杯/Chalice of the Void》
4:《金属モックス/Chrome Mox》
4:《罠の橋/Ensnaring Bridge》
2:《三なる宝球/Trinisphere》
4:《血染めの月/Blood Moon》
26 other spells

4:《フェアリーの忌み者/Faerie Macabre》
2:《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》
3:《瘡蓋族の狂戦士/Scab-Clan Berserker》
2:《削剥/Abrade》
3:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
1:《外科的摘出/Surgical Extraction》
15 sideboard cards

2位:グリクシスデルバー プレイヤー:Grzegorz Kowalski
1:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
3:《汚染された三角州/Polluted Delta》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1:《Tropical Island》
3:《Underground Sea》
2:《Volcanic Island》
4:《不毛の大地/Wasteland》
18 lands

4:《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4:《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
2:《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
2:《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
3:《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
15 creatures

1:《二股の稲妻/Forked Bolt》
4:《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4:《思案/Ponder》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
4:《目くらまし/Daze》
1:《四肢切断/Dismember》
4:《意志の力/Force of Will》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
1:《呪文貫き/Spell Pierce》
27 other spells

2:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1:《苦花/Bitterblossom》
2:《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
1:《悪魔の布告/Diabolic Edict》
1:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1:《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》
1:《湿地での被災/Marsh Casualties》
1:《真髄の針/Pithing Needle》
2:《紅蓮破/Pyroblast》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《梅澤の十手/Umezawa’s Jitte》
15 sideboard cards

3位:グリクシスデルバー プレイヤー:Peter van der Ham
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1:《Tropical Island》
3:《Underground Sea》
2:《Volcanic Island》
4:《不毛の大地/Wasteland》
18 lands

4:《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4:《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
3:《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
1:《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
2:《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
14 creatures

1:《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
4:《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4:《思案/Ponder》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
4:《目くらまし/Daze》
4:《意志の力/Force of Will》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
1:《呪文貫き/Spell Pierce》
1:《乱撃斬/Wild Slash》
1:《苦花/Bitterblossom》
28 other spells

1:《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
1:《削剥/Abrade》
1:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1:《Badlands》
1:《死亡+退場/Dead+Gone》
1:《悪魔の布告/Diabolic Edict》
1:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
1:《湿地での被災/Marsh Casualties》
1:《真髄の針/Pithing Needle》
2:《紅蓮破/Pyroblast》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《集団的蛮行/Collective Brutality》
15 sideboard cards

4位:MUD プレイヤー:Johan De Gruyter
2:《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》
4:《古えの墳墓/Ancient Tomb》
4:《裏切り者の都/City of Traitors》
4:《ミシュラの工廠/Mishra’s Factory》
4:《不毛の大地/Wasteland》
2:《発明博覧会/Inventors’ Fair》
1:《カラカス/Karakas》
21 lands

4:《鋼の監視者/Steel Overseer》
4:《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》
4:《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》
3:《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
2:《磁石のゴーレム/Lodestone Golem》
1:《ファイレクシアの変形者/Phyrexian Metamorph》
2:《刻まれた勇者/Etched Champion》
4:《歩行バリスタ/Walking Ballista》24 creatures

4:《虚空の杯/Chalice of the Void》
4:《アメジストのとげ/Thorn of Amethyst》
3:《オパールのモックス/Mox Opal》
3:《水蓮の花びら/Lotus Petal》
1:《梅澤の十手/Umezawa’s Jitte》
15 other spells

3:《罠の橋/Ensnaring Bridge》
4:《虚空の力線/Leyline of the Void》
2:《ウルザの後継、カーン/Karn, Scion of Urza》
2:《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
2:《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》
2:《呪文滑り/Spellskite》
15 sideboard cards

5位:ドレッジ プレイヤー:Alexander Mertins
4:《セファリッドの円形競技場/Cephalid Coliseum》
4:《真鍮の都/City of Brass》
3:《宝石鉱山/Gemstone Mine》
2:《マナの合流点/Mana Confluence》
13 lands

4:《ゴルガリの墓トロール/Golgari Grave-Troll》
4:《ゴルガリの凶漢/Golgari Thug》
4:《イチョリッド/Ichorid》
4:《ナルコメーバ/Narcomoeba》
3:《朽ちゆくインプ/Putrid Imp》
4:《臭い草のインプ/Stinkweed Imp》
4:《通りの悪霊/Street Wraith》
27 creatures

3:《打開/Breakthrough》
4:《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
1:《入念な研究/Careful Study》
4:《信仰無き物あさり/Faithless Looting》
4:《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion’s Eye Diamond》
4:《黄泉からの橋/Bridge from Below》
20 other spells

1:《灰燼の乗り手/Ashen Rider》
1:《魅力的な執政官/Blazing Archon》
2:《戦慄の復活/Dread Return》
1:《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite》
3:《炎の嵐/Firestorm》
1:《水蓮の花びら/Lotus Petal》
2:《静寂/Serenity》
3:《沈黙の墓石/Silent Gravestone》
1:《摩耗+損耗/Wear+Tear》
15 sideboard cards

6位:グリクシスコントロール プレイヤー:Janus Andersen
1:《Badlands》
1:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1:《島/Island》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1:《沼/Swamp》
1:《Tropical Island》
3:《Underground Sea》
2:《Volcanic Island》
2:《不毛の大地/Wasteland》
20 lands

4:《悪意の大梟/Baleful Strix》
4:《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
2:《反体制魔道士、ケス/Kess, Dissident Mage》
3:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
13 creatures

2:《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
1:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
3:《トーラックへの賛歌/Hymn to Tourach》
4:《定業/Preordain》
1:《思考囲い/Thoughtseize》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
1:《悪魔の布告/Diabolic Edict》
2:《致命的な一押し/Fatal Push》
4:《意志の力/Force of Will》
2:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
2:《稲妻/Lightning Bolt》
1:《アズカンタの探索/Search for Azcanta》
27 other spells

1:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
1:《青霊破/Blue Elemental Blast》
1:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
1:《死亡+退場/Dead+Gone》
2:《強迫/Duress》
2:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1:《湿地での被災/Marsh Casualties》
1:《紅蓮破/Pyroblast》
2:《赤霊破/Red Elemental Blast》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《毒の濁流/Toxic Deluge》
15 sideboard cards

7位:グリクシスデルバー プレイヤー:Bernardo Santos
2:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2:《汚染された三角州/Polluted Delta》
1:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1:《Tropical Island》
3:《Underground Sea》
3:《Volcanic Island》
4:《不毛の大地/Wasteland》
18 lands

4:《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
2:《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
2:《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
3:《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
4:《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
15 creatures

4:《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4:《思案/Ponder》
1:《二股の稲妻/Forked Bolt》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
4:《目くらまし/Daze》
4:《意志の力/Force of Will》
2:《呪文貫き/Spell Pierce》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
27 other spells

1:《削剥/Abrade》
1:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1:《苦花/Bitterblossom》
3:《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
1:《悪魔の布告/Diabolic Edict》
1:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1:《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
1:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
1:《真髄の針/Pithing Needle》
1:《紅蓮破/Pyroblast》
1:《赤霊破/Red Elemental Blast》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
15 sideboard cards

8位:4色コントロール プレイヤー:高橋 優太
2:《Badlands》
1:《Bayou》
3:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1:《島/Island》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
3:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1:《沼/Swamp》
1:《Tropical Island》
3:《Underground Sea》
1:《Volcanic Island》
20 lands

4:《悪意の大梟/Baleful Strix》
4:《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
2:《トレストの使者、レオヴォルド/Leovold, Emissary of Trest》
4:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
14 creatures

3:《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
3:《トーラックへの賛歌/Hymn to Tourach》
4:《思案/Ponder》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
2:《致命的な一押し/Fatal Push》
4:《意志の力/Force of Will》
3:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
3:《稲妻/Lightning Bolt》
26 other spells

1:《青霊破/Blue Elemental Blast》
3:《悪魔の布告/Diabolic Edict》
2:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1:《水流破/Hydroblast》
1:《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
1:《紅蓮破/Pyroblast》
1:《赤霊破/Red Elemental Blast》
1:《呪文貫き/Spell Pierce》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
2:《毒の濁流/Toxic Deluge》
15 sideboard cards

上位デッキリスト

9-16位

映像配信(Twitch)

配信動画一覧はこちらから。

ソース

GRAND PRIX BIRMINGHAM 2018 LEGACY – マジック米公式サイト

14 コメント on GPバーミンガム2018(レガシー):優勝は赤単プリズンを使用したGary Campbell選手に

  1. [51] 名無しのイゼット団員 2018/05/14(月) 04:19:53 ID:Q1MTM1NjQ

    対戦相手とのコミュニケーションやプレイング、新しいカード情報で一喜一憂とか、呆けとは無縁そう
    実際どうかわからないけど痴ほう症対策にMTGどうすか

  2. [52] 名無しのイゼット団員 2018/05/14(月) 05:44:32 ID:c0MzE0Mzk

    定業はいいぞ~
    親和型のMUDはヴィンテージ感あったけどゴーレムが2枚勇者になってるのか
    5/3じゃ物足りないくらい生物と除去が多いってことかな、あとサイド後つよそう

  3. [53] 名無しのイゼット団員 2018/05/14(月) 06:43:03 ID:g5NzM3NDY

    ※11
    瘡蓋族の狂戦士はコンボに対する解答になるからレガシー赤単プリズンでは定番サイド

  4. [54] 名無しのイゼット団員 2018/05/14(月) 08:10:35 ID:QxNDk0MjE

    ※51
    痴呆症予防に2~3ターンで決着が付く(ガバが許されない処理が大切なデッキ)
    レガシーのデッキで殴りあう老人ホームとかいいんじゃないかな
    お金有りそうだし

  5. [55] 名無しのイゼット団員 2018/05/14(月) 08:15:11 ID:Q1MTQ0ODI

    死んだ後貴重なカードたちが燃えるゴミにされそう

  6. [56] 名無しのイゼット団員 2018/05/14(月) 08:15:36 ID:c5MDI1NDI

    52にしては老け過ぎじゃないか・・・?
    この大会で急激に?

  7. [57] 名無しのイゼット団員 2018/05/14(月) 08:16:25 ID:QxNDUwMzE

    別にいい大人がカードゲームやるのは問題ないけど、大人には大人なりの人間性も求められるわけで
    偏見を生んでいるのはプレイヤーの民度が低いというか、低い部分の露出が大きいからだぞ

  8. [58] 名無しのイゼット団員 2018/05/14(月) 08:31:48 ID:IwMTM5MTU

    ※48
    定年制度「死ぬまで働け」

  9. [59] 名無しのイゼット団員 2018/05/14(月) 08:43:52 ID:QyNDA3ODQ

    70歳でも通じる容姿だな

  10. [60] 名無しのイゼット団員 2018/05/14(月) 11:52:57 ID:Q1MTQ1MDQ

    ※57
    まさか同じカードゲーマーからそんな反論されるとは思ってなかったわ。

  11. [61] 名無しのイゼット団員 2018/05/14(月) 12:35:58 ID:U5NjQxMzM

    坊や、昭和のマジックを教えてやるよ

  12. [62] 名無しのイゼット団員 2018/05/14(月) 15:55:31 ID:AxODk4NDM

    日本だとゲーム=遊びという印象があまりにも強すぎるから、まぁ無理だろうな
    e-Sportsも同じ理由で冷ややかに見られてるし

  13. [63] 名無しのイゼット団員 2018/05/14(月) 18:10:19 ID:M5NTgwMTE

    実際動画と写真見ると息子並みの年齢の人がいっぱいいて愛されキャラみたいになってた

  14. [64] 名無しのイゼット団員 2018/05/15(火) 08:24:26 ID:c1ODM0NTc

    パワー9を4枚ずつ揃えようとしてて笑った
    何に使うんだよ笑

1 2

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。