SCGオープンinウースター(レガシー):優勝は奇跡、トップ8に青緑タイタン・ポストが入賞

2017年4月8-9日、StarCityGames.com主催のオープンシリーズ・レガシーがマサチューセッツ州ウースターにて開催されました(参加人数:718名)。優勝者は奇跡を使用したEli Kassis選手となっています。

オープンシリーズ

1st Place奇跡
プレイヤー:Eli Kassis
2nd Place青黒赤デルバー
プレイヤー:Nate Barton
3rd Placeリアニメイト
プレイヤー:Jonathan Morawski
4th Place赤単スニークアタック
プレイヤー:Nathaniel Red
5th Placeエルフ
プレイヤー:Andrew Jessup
6th Place青緑タイタン・ポスト
プレイヤー:Tony Murata
7th Place奇跡
プレイヤー:Sam Roukas
8th Place感染
プレイヤー:Chris Allan
1位:奇跡 プレイヤー:Eli Kassis
4:《島/Island》
3:《平地/Plains》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2:《Tundra》
3:《Volcanic Island》
20 lands

3:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
3 creatures

2:《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
1:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
4:《師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top》
4:《相殺/Counterbalance》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
4:《意志の力/Force of Will》
3:《予報/Predict》
4:《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
1:《予期せぬ不在/Unexpectedly Absent》
1:《議会の採決/Council’s Judgment》
2:《天使への願い/Entreat the Angels》
3:《思案/Ponder》
4:《終末/Terminus》
37 other spells

1:《罠の橋/Ensnaring Bridge》
2:《封じ込める僧侶/Containment Priest》
1:《僧院の導師/Monastery Mentor》
2:《血染めの月/Blood Moon》
1:《Moat》
2:《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
3:《紅蓮破/Pyroblast》
1:《摩耗+損耗/Wear+Tear》
1:《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
15 sideboard cards

2位:グリクシスデルバー プレイヤー:Nate Barton
2:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2:《汚染された三角州/Polluted Delta》
2:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1:《Tropical Island》
2:《Underground Sea》
3:《Volcanic Island》
4:《不毛の大地/Wasteland》
18 lands

4:《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4:《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
2:《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
1:《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
3:《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
14 creatures

4:《渦まく知識/Brainstorm》
4:《目くらまし/Daze》
1:《四肢切断/Dismember》
4:《意志の力/Force of Will》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
1:《呪文貫き/Spell Pierce》
2:《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
4:《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4:《思案/Ponder》
28 other spells

1:《無のロッド/Null Rod》
1:《真髄の針/Pithing Needle》
1:《冬の宝珠/Winter Orb》
2:《悪意の大梟/Baleful Strix》
1:《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
1:《夜の戦慄/Dread of Night》
1:《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》
1:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1:《致命的な一押し/Fatal Push》
1:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1:《紅蓮破/Pyroblast》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
15 sideboard cards

3位:リアニメイト プレイヤー:Jonathan Morawski
1:《島/Island》
1:《沼/Swamp》
1:《Bayou》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
1:《Tropical Island》
3:《Underground Sea》
4:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
15 lands

1:《墓所のタイタン/Grave Titan》
1:《潮吹きの暴君/Tidespout Tyrant》
1:《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite》
4:《グリセルブランド/Griselbrand》
7 creatures

4:《水蓮の花びら/Lotus Petal》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
3:《目くらまし/Daze》
4:《納墓/Entomb》
4:《意志の力/Force of Will》
4:《入念な研究/Careful Study》
4:《死体発掘/Exhume》
4:《思案/Ponder》
4:《再活性/Reanimate》
1:《実物提示教育/Show and Tell》
2:《思考囲い/Thoughtseize》
38 other spells

2:《真髄の針/Pithing Needle》
3:《突然の衰微/Abrupt Decay》
1:《棺の追放/Coffin Purge》
1:《致命的な一押し/Fatal Push》
1:《エメリアの盾、イオナ/Iona, Shield of Emeria》
1:《死灰の秘粉/Ashen Powder》
※《灰燼の乗り手/Ashen Rider》の誤植?
1:《集団的蛮行/Collective Brutality》
1:《強迫/Duress》
1:《虐殺/Massacre》
3:《実物提示教育/Show and Tell》
15 sideboard cards

4位:赤単スニークアタック プレイヤー:Nathaniel Red
10:《山/Mountain》
4:《古えの墳墓/Ancient Tomb》
4:《裏切り者の都/City of Traitors》
1:《鋭き砂岩/Sandstone Needle》
19 lands

2:《業火のタイタン/Inferno Titan》
4:《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》
2:《世界棘のワーム/Worldspine Wurm》
2:《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
2:《山賊の頭、伍堂/Godo, Bandit Warlord》
3:《グリセルブランド/Griselbrand》
15 creatures

2:《殴打頭蓋/Batterskull》
4:《虚空の杯/Chalice of the Void》
4:《水蓮の花びら/Lotus Petal》
4:《血染めの月/Blood Moon》
4:《騙し討ち/Sneak Attack》
4:《煮えたぎる歌/Seething Song》
4:《裂け目の突破/Through the Breach》
26 other spells

3:《三なる宝球/Trinisphere》
2:《鋳塊かじり/Ingot Chewer》
2:《月の大魔術師/Magus of the Moon》
2:《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》
2:《紅蓮術/Pyromancy》
1:《沸騰/Boil》
1:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
2:《突然のショック/Sudden Shock》
15 sideboard cards

5位:エルフ プレイヤー:Andrew Jessup
2:《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》
2:《森/Forest》
2:《Bayou》
2:《魂の洞窟/Cavern of Souls》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
4:《ガイアの揺籃の地/Gaea’s Cradle》
20 lands

1:《樺の知識のレインジャー/Birchlore Rangers》
2:《孔蹄のビヒモス/Craterhoof Behemoth》
4:《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4:《エルフの幻想家/Elvish Visionary》
4:《遺産のドルイド/Heritage Druid》
1:《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》
4:《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》
4:《クウィリーオン・レインジャー/Quirion Ranger》
1:《再利用の賢者/Reclamation Sage》
4:《ワイアウッドの共生虫/Wirewood Symbiote》
29 creatures

4:《垣間見る自然/Glimpse of Nature》
4:《緑の太陽の頂点/Green Sun’s Zenith》
3:《自然の秩序/Natural Order》
11 other spells

2:《真髄の針/Pithing Needle》
1:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
4:《突然の衰微/Abrupt Decay》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
2:《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
4:《思考囲い/Thoughtseize》
15 sideboard cards

6位:青緑タイタン・ポスト プレイヤー:Tony Murata
1:《森/Forest》
1:《島/Island》
1:《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
1:《魂の洞窟/Cavern of Souls》
4:《雲上の座/Cloudpost》
1:《Glacial Chasm》
4:《微光地/Glimmerpost》
4:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4:《Tropical Island》
3:《ヴェズーヴァ/Vesuva》
1:《ウギンの目/Eye of Ugin》
1:《カラカス/Karakas》
26 lands

4:《原始のタイタン/Primeval Titan》
1:《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
1:《真実の解体者、コジレック/Kozilek, Butcher of Truth》
1:《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》
7 creatures

2:《Candelabra of Tawnos》
1:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
1:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
2:《探検の地図/Expedition Map》
3:《真髄の針/Pithing Needle》
4:《師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
3:《輪作/Crop Rotation》
3:《撤廃/Repeal》
4:《実物提示教育/Show and Tell》
27 other spells

3:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
4:《意志の力/Force of Will》
2:《クローサの掌握/Krosan Grip》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
2:《計略縛り/Trickbind》
2:《The Tabernacle at Pendrell Vale》
15 sideboard cards

7位:奇跡 プレイヤー:Sam Roukas
4:《島/Island》
2:《平地/Plains》
1:《乾燥台地/Arid Mesa》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3:《Tundra》
2:《Volcanic Island》
20 lands

3:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
3 creatures

2:《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4:《師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top》
4:《相殺/Counterbalance》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
1:《対抗呪文/Counterspell》
4:《意志の力/Force of Will》
3:《予報/Predict》
4:《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
1:《議会の採決/Council’s Judgment》
2:《天使への願い/Entreat the Angels》
4:《思案/Ponder》
4:《終末/Terminus》
37 other spells

1:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1:《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》
3:《僧院の導師/Monastery Mentor》
2:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2:《紅蓮破/Pyroblast》
2:《赤霊破/Red Elemental Blast》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《摩耗+摩耗/Wear+Tear》
1:《山/Mountain》
15 sideboard cards

8位:感染 プレイヤー:Chris Allan
1:《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》
1:《森/Forest》
4:《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》
3:《Tropical Island》
1:《不毛の大地/Wasteland》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
1:《ペンデルヘイヴン/Pendelhaven》
19 lands

4:《荒廃の工作員/Blighted Agent》
4:《ぎらつかせのエルフ/Glistener Elf》
4:《貴族の教主/Noble Hierarch》
12 creatures

1:《森の知恵/Sylvan Library》
2:《強大化/Become Immense》
2:《狂暴化/Berserk》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
1:《輪作/Crop Rotation》
4:《目くらまし/Daze》
3:《意志の力/Force of Will》
4:《激励/Invigorate》
1:《呪文貫き/Spell Pierce》
2:《巨森の蔦/Vines of Vastwood》
3:《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
2:《思案/Ponder》
29 other spells

1:《真髄の針/Pithing Needle》
1:《呪文滑り/Spellskite》
1:《ヴィリジアンの堕落者/Viridian Corrupter》
1:《森の知恵/Sylvan Library》
1:《輪作/Crop Rotation》
1:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1:《意志の力/Force of Will》
1:《水流破/Hydroblast》
1:《侵襲手術/Invasive Surgery》
1:《クローサの掌握/Krosan Grip》
2:《水没/Submerge》
1:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
1:《カラカス/Karakas》
15 sideboard cards

デッキリスト

1-32位/クラシック:モダン/クラシック:レガシー

動画配信(Twitch)

1日目/2日目/トップ4

21 コメント on SCGオープンinウースター(レガシー):優勝は奇跡、トップ8に青緑タイタン・ポストが入賞

  1. [1] 名無しのイゼット団員 2017/04/10(月) 22:44:47 ID:g0NTQzNjQ

    リアニのサイドにある死灰の秘粉って初めて見たんだけど、動く死体押しのけてまで採用したのってどういうゲーム想定してるんだろ

  2. [2] 名無しのイゼット団員 2017/04/10(月) 22:49:09 ID:gyODQ2MDk

    またSCGでレガシーやり始めるんか?

  3. [3] 名無しのイゼット団員 2017/04/10(月) 22:50:52 ID:E5Mjc2MzE

    もしレガシーでプロツアーがあったら、ほぼ全員が奇跡使うんかな

  4. [4] タソガレ@管理人 2017/04/10(月) 22:54:17 ID:gxODgyNDk

    ※1
    恐らく《灰燼の乗り手》の誤植だと思われるので注釈を入れさせていただきました

  5. [5] 名無しのイゼット団員 2017/04/10(月) 22:55:50 ID:E0MTc2NzM

    みんなが奇跡使うメタならポスト持ち込むかなあ自分なら。

  6. [6] 名無しのイゼット団員 2017/04/10(月) 22:57:31 ID:IxNTI0MjM

    Eliダンディでプレイ上手くて金持ちだからホント抱かれたい

  7. [7] 名無しのイゼット団員 2017/04/10(月) 23:20:27 ID:IxMjkwMTI

    ※5
    奇跡に強いデッキは他の多くのデッキに不利付いたり、そもそも安定性に難があるという落とし穴
    最盛期の親和並にメタ傾いてても怪しい判断だよ

  8. [8] 名無しのイゼット団員 2017/04/10(月) 23:20:46 ID:IxNTIyMTY

    赤単スニーク使ってる人のラストネームがRedなのカッコいい

  9. [9] 名無しのイゼット団員 2017/04/10(月) 23:25:42 ID:E0MTc2NzM

    ※7
    いや※3で「ほぼ全員が奇跡使うのか」って話が出たからそんなメタならポスト使うかな、って話だよ?まあポスト自体は好きなデッキだから他のデッキがいても使うかもだけど、普通のメタで勝ちに行くなら当然勝てるデッキ使うよ。

  10. [10] 名無しのイゼット団員 2017/04/10(月) 23:43:46 ID:AwMDI0Nzk

    >3
    面白い仮定だけどそれやったらモダンみたいに一瞬でレガシー終わりそうだね多分

  11. [11] 名無しのイゼット団員 2017/04/10(月) 23:51:08 ID:IwMTkwMTI

    >優勝は奇跡
    うーんこの予定調和

  12. [12] 名無しのイゼット団員 2017/04/11(火) 00:01:55 ID:E5NjU4MjI

    ※10
    某殿堂プレイヤーが言ってたなそんなこと。
    「レガシーがフォーマットとして存在できているのは、一流プロたちが本気で取り組もうとしてこなかったからだ。プロツアーによる精査が行われたとしたら、環境に存在するアーキタイプはどんどん減っていく」みたいな。

  13. [13] 名無しのイゼット団員 2017/04/11(火) 01:13:19 ID:QwMzczMDM

    スタンに閉塞感があるのもプロツアーのせいだと思うわ
    時期を次の発売直前にするか
    ブロック構築にしてスタンを守ろう。

  14. [14] 名無しのイゼット団員 2017/04/11(火) 01:29:13 ID:E3MjUyNjA

    4位の人名前も赤なのか

  15. [15] 名無しのイゼット団員 2017/04/11(火) 02:06:58 ID:I1Nzg5Mjk

    レガシーはもう強いパーツが完全に決まっているからなぁ。レガシー自体はカジュアル層が多いから、色んなアーキタイプが活躍できているように見えるけど、実際は死に物狂いで勝ちを狙う大会が開かれたら大体このデッキが勝つっていう予定調和の世界だし。

  16. [16] 名無しのイゼット団員 2017/04/11(火) 02:25:31 ID:Q5OTYxMTU

    奇跡は強いけど圧倒的ってわけではないんだけどね
    あんまし知らない人からすると環境が固定されてるように見えるけど

  17. [17] 名無しのイゼット団員 2017/04/11(火) 04:08:41 ID:QyODkzMTY

    まあ「強いパーツが決まっている」という点はスタンダードもモダンもレガシーも全部あてはまるよ。

  18. [18] 名無しのイゼット団員 2017/04/11(火) 07:03:32 ID:I3NzkzNDM

    ※16
    圧倒しなくても全体で55%勝てるなら環境は支配できるんやで
    モダンでちあみん死儀礼入りジャンドが暴れまくってた時期だって実際の勝率は55%前後や

  19. [19] 名無しのイゼット団員 2017/04/11(火) 11:44:06 ID:Q1MDc4NjA

    独楽禁止したらどーなるのか見てみたい

  20. [20] 名無しのイゼット団員 2017/04/24(月) 23:58:48 ID:A3NjAzNDc

    さぁ見てみようぜ

  21. [21] 名無しのイゼット団員 2017/05/08(月) 21:48:00 ID:EyOTAzMDY

    本当に禁止になるとはね

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




必ずガイドラインを確認、同意の上で送信ボタンを押してください。規約に違反すると判断された場合、削除・編集が行われる可能性がありますので紳士的な発言を心がけましょう。