GP台北2016(スタンダード):優勝はバントカンパニーを駆る市川選手 高橋選手も4位に

 

2016年6月25-26日、中華民国にてスタンダードフォーマットで行われたグランプリ・台北2016。優勝はバントカンパニーを使用した市川ユウキ選手、準優勝は白緑トークンを使用したHuang Yung-Ming選手となりました。

今回も日本からは大勢の選手が参戦。優勝の市川選手の他にもトップ16までに高橋優太選手(第4位)、行弘賢選手(第10位)、渡辺雄也選手(第11位)、名出和貴選手(第12位)、熊谷陸選手(第14位)らが入賞を果たしています。

管理人も参戦しましたが3連勝の後3連敗をかまし素早く観光勢にシフト。レポートに関しては後ほど掲載する記事をご覧いただければ幸いです。

トップ8選手&使用デッキ

1st Place白青緑カンパニー
プレイヤー:市川 ユウキ
2nd Place白緑トークン
プレイヤー:Huang Yung-Ming
3rd Place白青緑カンパニー
プレイヤー:Lee Shi Tian
4th Place白青緑カンパニー
プレイヤー:高橋 優太
5th Place白青緑人間カンパニー
プレイヤー:Lien Chien-Hung
6th Place赤緑ランプ
プレイヤー:Mingrerk Setsompop
7th Place白青緑カンパニー
プレイヤー:Shawn McNeace
8th Place白緑トークン
プレイヤー:Liu Yuchen

トップ8選手プロフィールはこちらから。

トップ8デッキリスト

1位:バントカンパニー プレイヤー:市川 ユウキ
3:《梢の眺望/Canopy Vista》
4:《大草原の川/Prairie Stream》
4:《ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast》
2:《伐採地の滝/Lumbering Falls》
4:《進化する未開地/Evolving Wilds》
1:《荒地/Wastes》
1:《島/Island》
4:《森/Forest》
3:《平地/Plains》
26 lands

4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
4:《薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiter》
4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
4:《反射魔道士/Reflector Mage》
4:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
3:《変位エルドラージ/Eldrazi Displacer》
2:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
25 creatures

4:《集合した中隊/Collected Company》
4:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
1:《オジュタイの命令/Ojutai’s Command》
9 other spells

1:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
2:《オジュタイの命令/Ojutai’s Command》
4:《ラムホルトの平和主義者/Lambholt Pacifist》
2:《石の宣告/Declaration in Stone》
3:《悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance》
3:《否認/Negate》
15 sideboard cards

2位:白緑トークン プレイヤー:Huang Yung-Ming
9:《森/Forest》
7:《平地/Plains》
4:《要塞化した村/Fortified Village》
4:《梢の眺望/Canopy Vista》
2:《ウェストヴェイルの修道院/Westvale Abbey》
26 lands

4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
4:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
4:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
1:《棲み家の防御者/Den Protector》
13 creatures

4:《ゼンディカーの代弁者、ニッサ/Nissa, Voice of Zendikar》
4:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
2:《悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance》
2:《石の宣告/Declaration in Stone》
4:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
4:《ニッサの誓い/Oath of Nissa》
1:《進化の飛躍/Evolutionary Leap》
21 other spells

1:《進化の飛躍/Evolutionary Leap》
2:《棲み家の防御者/Den Protector》
2:《石の宣告/Declaration in Stone》
2:《次元の激高/Planar Outburst》
2:《停滞の罠/Stasis Snare》
2:《保護者、リンヴァーラ/Linvala, the Preserver》
2:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
1:《天使の粛清/Angelic Purge》
1:《荒野の確保/Secure the Wastes》
15 sideboard cards

3位:バントカンパニー プレイヤー:Lee Shi Tian
3:《梢の眺望/Canopy Vista》
2:《伐採地の滝/Lumbering Falls》
3:《大草原の川/Prairie Stream》
4:《ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast》
4:《進化する未開地/Evolving Wilds》
3:《平地/Plains》
2:《島/Island》
4:《森/Forest》
1:《荒地/Wastes》
26 lands

3:《跳ねる混成体/Bounding Krasis》
3:《薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiter》
3:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
2:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
4:《反射魔道士/Reflector Mage》
4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
3:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
2:《層雲の踊り手/Stratus Dancer》
2:《変位エルドラージ/Eldrazi Displacer》
26 creatures

4:《集合した中隊/Collected Company》
4:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
8 other spells

2:《オジュタイの命令/Ojutai’s Command》
3:《ラムホルトの平和主義者/Lambholt Pacifist》
3:《否認/Negate》
3:《石の宣告/Declaration in Stone》
2:《悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance》
1:《払拭/Dispel》
1:《侵襲手術/Invasive Surgery》
15 sideboard cards

4位:バントカンパニー プレイヤー:高橋 優太
4:《進化する未開地/Evolving Wilds》
3:《平地/Plains》
1:《島/Island》
4:《森/Forest》
1:《荒地/Wastes》
4:《ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast》
2:《伐採地の滝/Lumbering Falls》
3:《梢の眺望/Canopy Vista》
3:《大草原の川/Prairie Stream》
25 lands

4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
4:《薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiter》
4:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
4:《反射魔道士/Reflector Mage》
4:《変位エルドラージ/Eldrazi Displacer》
2:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
26 creatures

3:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
2:《オジュタイの命令/Ojutai’s Command》
4:《集合した中隊/Collected Company》
9 other spells

3:《作り変えるもの/Matter Reshaper》
3:《石の宣告/Declaration in Stone》
2:《ランタンの斥候/Lantern Scout》
4:《否認/Negate》
3:《ラムホルトの平和主義者/Lambholt Pacifist》
15 sideboard cards

5位:バント人間カンパニー プレイヤー:Lien Chien-Hung
2:《梢の眺望/Canopy Vista》
4:《進化する未開地/Evolving Wilds》
3:《森/Forest》
4:《要塞化した村/Fortified Village》
1:《島/Island》
6:《平地/Plains》
3:《大草原の川/Prairie Stream》
2:《ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast》
25 lands

3:《薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiter》
2:《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》
4:《ラムホルトの平和主義者/Lambholt Pacifist》
4:《反射魔道士/Reflector Mage》
4:《サリアの副官/Thalia’s Lieutenant》
4:《スレイベンの検査官/Thraben Inspector》
4:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
25 creatures

4:《集合した中隊/Collected Company》
4:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
2:《オジュタイの命令/Ojutai’s Command》
10 other spells

2:《棲み家の防御者/Den Protector》
3:《グリフの加護/Gryff’s Boon》
3:《否認/Negate》
2:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
2:《悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance》
1:《優雅な鷺、シガルダ/Sigarda, Heron’s Grace》
2:《石の宣告/Declaration in Stone》
15 sideboard cards

6位:赤緑ランプ プレイヤー:Mingrerk Setsompop
1:《荒地/Wastes》
4:《ウギンの聖域/Sanctum of Ugin》
4:《見捨てられた神々の神殿/Shrine of the Forsaken Gods》
3:《燃えがらの林間地/Cinder Glade》
1:《獲物道/Game Trail》
2:《山/Mountain》
10:《森/Forest》
25 lands

3:《龍王アタルカ/Dragonlord Atarka》
3:《森の代言者/Sylvan Advocate》
3:《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》
3:《世界を壊すもの/World Breaker》
12 creatures

4:《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller》
1:《ニッサの復興/Nissa’s Renewal》
4:《爆発的植生/Explosive Vegetation》
4:《ニッサの巡礼/Nissa’s Pilgrimage》
4:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
2:《面晶体の記録庫/Hedron Archive》
4:《ニッサの誓い/Oath of Nissa》
23 other spells

2:《歪める嘆き/Warping Wail》
1:《ガイアの復讐者/Gaea’s Revenge》
3:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
2:《次元の歪曲/Spatial Contortion》
3:《ジャディの横枝/Jaddi Offshoot》
4:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
15 sideboard cards

7位:バントカンパニー プレイヤー:Shawn McNeace
4:《大草原の川/Prairie Stream》
4:《梢の眺望/Canopy Vista》
4:《進化する未開地/Evolving Wilds》
2:《平地/Plains》
2:《島/Island》
9:《森/Forest》
25 lands

4:《跳ねる混成体/Bounding Krasis》
4:《反射魔道士/Reflector Mage》
4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
3:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
3:《薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiter》
3:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
2:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
1:《棲み家の防御者/Den Protector》
2:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
26 creatures

2:《石の宣告/Declaration in Stone》
4:《集合した中隊/Collected Company》
3:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
9 other spells

1:《棲み家の防御者/Den Protector》
2:《石の宣告/Declaration in Stone》
3:《否認/Negate》
3:《悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance》
2:《層雲の踊り手/Stratus Dancer》
2:《ラムホルトの平和主義者/Lambholt Pacifist》
2:《龍王ドロモカ/Dragonlord Dromoka》
15 sideboard cards

8位:白緑トークン プレイヤー:Liu Yuchen
4:《梢の眺望/Canopy Vista》
8:《森/Forest》
7:《平地/Plains》
4:《要塞化した村/Fortified Village》
2:《ウェストヴェイルの修道院/Westvale Abbey》
25 lands

4:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
2:《ラムホルトの平和主義者/Lambholt Pacifist》
4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
4:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
14 creatures

4:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
4:《ゼンディカーの代弁者、ニッサ/Nissa, Voice of Zendikar》
2:《石の宣告/Declaration in Stone》
2:《荒野の確保/Secure the Wastes》
4:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
4:《ニッサの誓い/Oath of Nissa》
1:《停滞の罠/Stasis Snare》
21 other spells

1:《石の宣告/Declaration in Stone》
1:《絹包み/Silkwrap》
2:《棲み家の防御者/Den Protector》
2:《進化の飛躍/Evolutionary Leap》
1:《神聖なる月光/Hallowed Moonlight》
1:《天使の粛清/Angelic Purge》
2:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
2:《悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance》
2:《保護者、リンヴァーラ/Linvala, the Preserver》
1:《次元の激高/Planar Outburst》
15 sideboard cards

9-32位入賞者デッキリスト(ピックアップ)

13位:ジャンド プレイヤー:Sung Bok Tung
3:《進化する未開地/Evolving Wilds》
3:《森/Forest》
3:《沼/Swamp》
3:《山/Mountain》
4:《風切る泥沼/Hissing Quagmire》
2:《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》
3:《燻る湿地/Smoldering Marsh》
2:《燃えがらの林間地/Cinder Glade》
2:《凶兆の廃墟/Foreboding Ruins》
1:《獲物道/Game Trail》
26 lands

4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
1:《死天狗茸の栽培者/Deathcap Cultivator》
2:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
1:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
3:《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
4:《ゴブリンの闇住まい/Goblin Dark-Dwellers》
15 creatures

2:《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller》
2:《精神背信/Transgress the Mind》
2:《光輝の炎/Radiant Flames》
3:《破滅の道/Ruinous Path》
3:《骨読み/Read the Bones》
1:《苦い真理/Painful Truths》
2:《究極の価格/Ultimate Price》
2:《闇の掌握/Grasp of Darkness》
2:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
19 other spells

2:《光輝の炎/Radiant Flames》
2:《ギトラグの怪物/The Gitrog Monster》
2:《強迫/Duress》
2:《無限の抹消/Infinite Obliteration》
2:《悪性の疫病/Virulent Plague》
1:《餌食/To the Slaughter》
1:《帰化/Naturalize》
1:《アーリン・コード/Arlinn Kord》
1:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》
1:《翼切り/Clip Wings》
15 sideboard cards

20位:白青飛行アグロ プレイヤー:Sun Bo
6:《平地/Plains》
8:《島/Island》
4:《港町/Port Town》
4:《大草原の川/Prairie Stream》
1:《ウェストヴェイルの修道院/Westvale Abbey》
1:《荒廃した瀑布/Blighted Cataract》
24 lands

3:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
3:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
2:《シルムガルの魔術師/Silumgar Sorcerer》
4:《反射魔道士/Reflector Mage》
4:《次元潜入者/Dimensional Infiltrator》
4:《鎖鳴らし/Rattlechains》
20 creatures

4:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
3:《石の宣告/Declaration in Stone》
1:《次元の激高/Planar Outburst》
1:《オジュタイの命令/Ojutai’s Command》
4:《虚空の粉砕/Void Shatter》
3:《絹包み/Silkwrap》
16 other spells

2:《次元の激高/Planar Outburst》
3:《否認/Negate》
2:《荒野の確保/Secure the Wastes》
2:《卓絶のナーセット/Narset Transcendent》
3:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
3:《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai》
15 sideboard cards

27位:4色コントロール プレイヤー:Zsolt Tokoli
7:《森/Forest》
3:《島/Island》
4:《進化する未開地/Evolving Wilds》
3:《平地/Plains》
3:《大草原の川/Prairie Stream》
1:《伐採地の滝/Lumbering Falls》
1:《梢の眺望/Canopy Vista》
1:《山/Mountain》
23 lands

4:《エルフの幻想家/Elvish Visionary》
4:《反射魔道士/Reflector Mage》
1:《棲み家の防御者/Den Protector》
2:《龍王アタルカ/Dragonlord Atarka》
2:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
13 creatures

1:《秘密の解明者、ジェイス/Jace, Unraveler of Secrets》
4:《爆発的植生/Explosive Vegetation》
3:《水の帳の分離/Part the Waterveil》
3:《罪人への急襲/Descend upon the Sinful》
3:《押し潰す触手/Crush of Tentacles》
1:《ウルヴェンワルド横断/Traverse the Ulvenwald》
2:《予期/Anticipate》
4:《ニッサの誓い/Oath of Nissa》
3:《ジェイスの誓い/Oath of Jace》
24 other spells

3:《否認/Negate》
3:《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai》
1:《保護者、リンヴァーラ/Linvala, the Preserver》
2:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
2:《鑽火の輝き/Immolating Glare》
2:《悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance》
1:《次元の激高/Planar Outburst》
1:《龍王ドロモカ/Dragonlord Dromoka》
15 sideboard cards

上位入賞者デッキリスト

9-32位入賞選手デッキリストはこちらから。
前日トライアル優勝デッキリストはこちらから。

2日目メタゲームブレークダウン

アーキタイプ人数2日目占有率2日目進出率
緑白トークン7126.69%40.80%
バントカンパニー3011.28%61.22%
バント人間カンパニー2910.90%31.18%
白系人間269.77%30.23%
赤緑ランプ155.64%37.50%
スゥルタイコントロール155.64%75.00%
黒白コントロール114.14%21.57%
4色儀式72.63%21.88%
ナヤコントロール72.63%24.14%
アブザン72.63%41.18%
季節コントロール62.26%17.65%
青赤ウラモグ62.26%25.00%
その他3613.53%
266100.00%

ソース

GRAND PRIX TAIPEI 2016 – MTG米公式サイト
グランプリ・台北2016 イベントカバレージ – MTG日本公式サイト

57 コメント on GP台北2016(スタンダード):優勝はバントカンパニーを駆る市川選手 高橋選手も4位に

  1. [51] 名無しのイゼット団員 2016/06/27(月) 19:48:00 ID:g1MDA4MzE

    一人去るとき

  2. [52] 名無しのイゼット団員 2016/06/27(月) 20:49:51 ID:Q3MzEwMjI

    緑が中核にあるのは代言者とトラッカーが構築に於ける生物枠の中心にいるのが大きいと思う。
    緑が入ってないデッキを使うと序盤の展開力・中盤の盤面の安定感に不安感があるなと思ってて…2t目に出て中盤からよりマッシブに動ける生物や3t目から出れて生き残ればマナフラの受け+アドバンテージを稼げる上に、単体でゲームを畳め得る良質な低マナ域の生物を有しているのは大きいなと。
    あとは特定のデッキに於けるキーカードや中軸になるカードが多い印象(カンパニー、ニッサの誓い、ワルブレ、ドロコマ)。

  3. [53] 名無しのイゼット団員 2016/06/27(月) 22:46:00 ID:Q3Mjc0MjU

    ※52
    稲妻の一撃で気軽に焼けないのが問題やと思う。生物抑止力がやる気無さすぎるやろ

  4. [54] 名無しのイゼット団員 2016/06/27(月) 23:21:57 ID:Q3MjkyNDE

    もしかして今のスタンつまんないとか言ってる人って下手なだけなんじゃ…
    まあカンパニー好きで使ってるけど面白くないとは思う
    とはいえアーキタイプ的にはどのデッキでも勝ち目ある環境なんだし文句言ってる奴は甘え

  5. [55] 名無しのイゼット団員 2016/06/27(月) 23:32:33 ID:gzOTcxNjc

    FNM程のイベントなら今でも色んなデッキが出てて且つ勝ててる。
    勝ちに拘るトーナメントレベルになるとプレイングや細かな構築が顕著に勝敗に出る環境…

    ぶーたれてるのはどの層なんやろ

  6. [56] 名無しのイゼット団員 2016/06/27(月) 23:33:01 ID:A5NDQxMTQ

    ※53
    そうですね。タフネス3が環境を定義している理由がまさにそこです。
    純正の2マナ3点火力は暫く環境に期待出来なそうなので、真っ当な生物同士のぶつかり合いか、又は軸を変えた攻め手が求められるなと感じてます。

  7. [57] 名無しのイゼット団員 2016/06/28(火) 01:06:50 ID:c3OTkxMTQ

    白ばっか

1 2

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




必ずガイドラインを確認、同意の上で送信ボタンを押してください。規約に違反すると判断された場合、削除・編集が行われる可能性がありますので紳士的な発言を心がけましょう。