MOモダンリーグ:『イニストラードを覆う影』によって変化したアーキタイプをピックアップ

 

開発部が重ね重ね言っているように、新セットのカードは必ずしもモダンなどの膨大なプールを持つフォーマットの存在を意識して作られている訳ではありません。

プレイヤーの度重なる試行錯誤によって、発売後に意外な「モダン級」カードが発見されることも別段珍しいことではなく、もちろんそれは最新のセットである『イニストラードを覆う影』においても例外ではないのです。

来週末にモダンにて開催されるGPロサンゼルスやGPシャーロットを控えた今回は、そんな新カードを採用したアーキタイプ達をまとめてご紹介させていただきます。

白青赤コントロール

5-0:ジェスカイコントロール プレイヤー:JeffHoogland
2:《乾燥台地/Arid Mesa》
4:《天界の列柱/Celestial Colonnade》
2:《断崖の避難所/Clifftop Retreat》
1:《僻地の灯台/Desolate Lighthouse》
2:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1:《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
1:《島/Island》
2:《山/Mountain》
2:《平地/Plains》
1:《岩だらけの大草原/Rugged Prairie》
1:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1:《金属海の沿岸/Seachrome Coast》
1:《蒸気孔/Steam Vents》
1:《硫黄の滝/Sulfur Falls》
26 lands

1:《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
2:《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》
4:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
7 creatures

4:《稲妻/Lightning Bolt》
3:《稲妻のらせん/Lightning Helix》
4:《マナ漏出/Mana Leak》
4:《流刑への道/Path to Exile》
3:《差し戻し/Remand》
3:《呪文嵌め/Spell Snare》
2:《神の怒り/Wrath of God》
4:《先駆ける者、ナヒリ/Nahiri, the Harbinger》
27 other spells

2:《払拭/Dispel》
2:《マグマのしぶき/Magma Spray》
2:《否認/Negate》
2:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
3:《塵への崩壊/Crumble to Dust》
2:《機を見た援軍/Timely Reinforcements》
2:《石のような静寂/Stony Silence》
15 sideboard cards

Image (7)以前も紹介させていただいたナヒリ+エムラクールの異色タッグですが、モダンでは既に白青赤系での定番フィニッシュルートとなりつつあります。ナヒリ自体もメインボードの段階からエンチャントやアーティファクトへの対処が可能なため、とにかくアーキタイプの幅が広いモダン環境にマッチした1枚と言えるでしょう。

キキジキ・コード

5-0:キキジキ・コード プレイヤー:kade55
1:《火の灯る茂み/Fire-Lit Thicket》
2:《森/Forest》
1:《地平線の梢/Horizon Canopy》
1:《山/Mountain》
1:《草むした墓/Overgrown Tomb》
1:《平地/Plains》
1:《怒り狂う山峡/Raging Ravine》
2:《剃刀境の茂み/Razorverge Thicket》
1:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
2:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
1:《寺院の庭/Temple Garden》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
22 lands

4:《極楽鳥/Birds of Paradise》
2:《永遠の証人/Eternal Witness》
1:《鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker》
1:《孤独な宣教師/Lone Missionary》
1:《貴族の教主/Noble Hierarch》
1:《オルゾフの司教/Orzhov Pontiff》
2:《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》
1:《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》
3:《修復の天使/Restoration Angel》
1:《目覚ましヒバリ/Reveillark》
1:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
1:《罪の収集者/Sin Collector》
1:《呪文滑り/Spellskite》
3:《復活の声/Voice of Resurgence》
3:《前兆の壁/Wall of Omens》
2:《根の壁/Wall of Roots》
28 creatures

2:《先駆ける者、ナヒリ/Nahiri, the Harbinger》
4:《召喚の調べ/Chord of Calling》
4:《流刑への道/Path to Exile》
10 other spells

1:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
1:《エイヴンの思考検閲者/Aven Mindcensor》
1:《ブレンタンの炉の世話人/Burrenton Forge-Tender》
1:《弁論の幻霊/Eidolon of Rhetoric》
2:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
2:《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》
1:《戦争の報い、禍汰奇/Kataki, War’s Wage》
2:《稲妻のらせん/Lightning Helix》
1:《強情なベイロス/Obstinate Baloth》
1:《再利用の賢者/Reclamation Sage》
2:《石のような静寂/Stony Silence》
15 sideboard cards

こちらも《先駆ける者、ナヒリ》採用のリストが定番化したもの。ルートに加え妨害系パーマネントの排除やコンボパーツのサーチなど、様々な方面からの噛み合いを期待できますね。

ドレッジヴァイン

5-0:ドレッジヴァイン プレイヤー:RandomDrooler
4:《黒割れの崖/Blackcleave Cliffs》
4:《血の墓所/Blood Crypt》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
4:《硫黄泉/Sulfurous Springs》
1:《沼/Swamp》
1:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
18 lands

4:《ゴルガリの墓トロール/Golgari Grave-Troll》
1:《ゴルガリの凶漢/Golgari Thug》
3:《墓所這い/Gravecrawler》
4:《傲慢な新生子/Insolent Neonate》
4:《ナルコメーバ/Narcomoeba》
4:《秘蔵の縫合体/Prized Amalgam》
4:《臭い草のインプ/Stinkweed Imp》
4:《復讐蔦/Vengevine》
28 creatures

4:《燃え立つ調査/Burning Inquiry》
4:《信仰無き物あさり/Faithless Looting》
4:《ゴブリンの知識/Goblin Lore》
2:《暗黒破/Darkblast》
14 other spells

4:《神聖の力線/Leyline of Sanctity》
4:《虚空の力線/Leyline of the Void》
4:《粉砕の嵐/Shatterstorm》
3:《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》
15 sideboard cards

Image (1)《復讐蔦》に加えて《秘蔵の縫合体》という新たな打点を手に入れた新型のドレッジヴァインです。《ナルコメーバ》などと併せて、何度倒しても(しかも毎ターン数が増えた状態で)湧いてくる様はまさにモダンゾンビ紀行。

Image更に新カード《傲慢な新生子》が搭載されています。これからは《信仰無き物あさり》の追加枠として末永く活躍していくことになるでしょう。他にも《復讐蔦》非採用のものや《恐血鬼》や《縫い翼のスカーブ》を追加のクロックとして取り入れたものなど様々なバリエーションが存在するようです。

エムラシュート

5-0:エムラシュート プレイヤー:Capitano_CL
4:《黒割れの崖/Blackcleave Cliffs》
2:《血の墓所/Blood Crypt》
1:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1:《島/Island》
1:《山/Mountain》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1:《蒸気孔/Steam Vents》
1:《沼/Swamp》
1:《湿った墓/Watery Grave》
20 lands

4:《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
4:《グリセルブランド/Griselbrand》
4:《傲慢な新生子/Insolent Neonate》
4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
4:《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》
20 creatures

4:《信仰無き物あさり/Faithless Looting》
2:《思考囲い/Thoughtseize》
4:《御霊の復讐/Goryo’s Vengeance》
4:《イゼットの魔除け/Izzet Charm》
2:《稲妻/Lightning Bolt》
4:《裂け目の突破/Through the Breach》
20 other spells

2:《稲妻/Lightning Bolt》
2:《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》
2:《払拭/Dispel》
4:《神聖の力線/Leyline of Sanctity》
1:《苦い真理/Painful Truths》
2:《粉砕の嵐/Shatterstorm》
2:《汚損破/Vandalblast》
15 sideboard cards

こちらも《傲慢な新生子》を採用したリスト。特にリアニメイトではルーティングのタイミングが非常に重要なため、事前に設置しておける新生子は相性抜群。

青単トロン

5-0:青単トロン プレイヤー:SebastianStueckl
1:《アカデミーの廃墟/Academy Ruins》
1:《宝石の洞窟/Gemstone Caverns》
7:《島/Island》
1:《水辺の学舎、水面院/Minamo, School at Water’s Edge》
1:《雲の宮殿、朧宮/Oboro, Palace in the Clouds》
1:《地盤の際/Tectonic Edge》
1:《トレイリア西部/Tolaria West》
4:《ウルザの鉱山/Urza’s Mine》
4:《ウルザの魔力炉/Urza’s Power Plant》
4:《ウルザの塔/Urza’s Tower》
25 lands

1:《白金の天使/Platinum Angel》
1:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
1:《隔離するタイタン/Sundering Titan》
2:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
1:《宝物の魔道士/Treasure Mage》
1:《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》
7 creatures

1:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
1:《加工/Fabricate》
4:《卑下/Condescend》
2:《溺墓での天啓/Epiphany at the Drownyard》
3:《差し戻し/Remand》
2:《撤廃/Repeal》
1:《次元の歪曲/Spatial Contortion》
1:《押しつぶし/Squelch》
4:《知識の渇望/Thirst for Knowledge》
1:《殴打頭蓋/Batterskull》
2:《虚空の杯/Chalice of the Void》
4:《探検の地図/Expedition Map》
1:《精神隷属器/Mindslaver》
1:《忘却石/Oblivion Stone》
28 other spells

1:《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》
2:《虚空の杯/Chalice of the Void》
3:《次元の歪曲/Spatial Contortion》
1:《押しつぶし/Squelch》
1:《ボトルのノーム/Bottle Gnomes》
2:《ハーキルの召還術/Hurkyl’s Recall》
1:《道化の帽子/Jester’s Cap》
2:《否認/Negate》
2:《鋼の壁/Steel Wall》
15 sideboard cards

Image (3)「相手に選択肢のあるカードは弱い」、なるほど至言ですね。ですがこのリストにおける《溺墓での天啓》はどうでしょうか。力技で選択肢の不均等をねじ伏せ、更に墓地に送られたアーティファクトは《アカデミーの廃墟》で再利用が可能と、まさに《精神隷属器》コンボを抱える青トロンのための1枚です。

白赤緑人間アグロ

以前の紹介記事はこちら

白赤コントロール(ロック)

以前の紹介記事はこちら

青赤コントロール

以前の紹介記事はこちら

青黒ライブラリーアウト

以前の紹介記事はこちら

ソース

MODERN CONSTRUCTED LEAGUE(『イニストラードを覆う影』MO導入以降)

55 コメント on MOモダンリーグ:『イニストラードを覆う影』によって変化したアーキタイプをピックアップ

  1. [51] 名無しのイゼット団員 2016/05/12(木) 02:21:02 ID:I2MjE4NDU

    割と結構好きなカード使えて多様性もあるから一番好きなフォーマットだわ
    ホント国内GPしてくれ

  2. [52] 名無しのイゼット団員 2016/05/12(木) 09:03:23 ID:Y2MjgzMTM

    神童ジェイス君のスタン落ち後の価格が気になります

  3. [53] 名無しのイゼット団員 2016/05/12(木) 11:02:51 ID:gzNzM3NzI

    エスパーにして堀葬の儀式入れたい

  4. [54] 名無しのイゼット団員 2016/05/12(木) 12:48:50 ID:c3NTUxODk

    レガシーは組むの高いけど、ローテ落ちについていけないワイには最高のフォーマットやで!
    龍紀伝落ちたらドラゴンストンピィ組もうと考えとるわ

  5. [55] 名無しのイゼット団員 2016/05/15(日) 17:17:37 ID:U2NzE4MzY

    ドラゴンストンピィはレガシーの貧乏デッキと言われているけど都や杯が値上がりした今でも安いほうなのかな

1 2

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




必ずガイドラインを確認、同意の上で送信ボタンを押してください。規約に違反すると判断された場合、削除・編集が行われる可能性がありますので紳士的な発言を心がけましょう。