MOチャレンジ(スタンダード):優勝はティムール再生、トップ8には白単オーラが3人、他マルドゥ騎士やティムールフラッシュなど

5月16日、マジックオンライン上で行われたスタンダードチャレンジ。優勝はティムール再生を使用したALEMILAN19選手となっています。

トップ8選手&使用デッキ

優勝 ティムール再生
プレイヤー:ALEMILAN19
2nd ラクドスサクリファイス
プレイヤー:SMILE_PAPA4
3rd 白単オーラ
プレイヤー:ALIRASIRIN
4th マルドゥ騎士
プレイヤー:USAMA96
5th ティムールフラッシュ
プレイヤー:THOMMIMP
6th 白単オーラ
プレイヤー:SKNERUSMCKWACZ
7th 赤単アグロ
プレイヤー:_SPATA_
8th 白単オーラ
プレイヤー:PINTOGEDDON2

トップ8デッキリスト

1位:ティムール再生 プレイヤー:ALEMILAN19
デッキリスト
2:《爆発域/Blast Zone》
4:《繁殖池/Breeding Pool》
3:《ヴァントレス城/Castle Vantress》
4:《寓話の小道/Fabled Passage》
2:《森/Forest》
2:《島/Island》
4:《ケトリアのトライオーム/Ketria Triome》
1:《山/Mountain》
4:《蒸気孔/Steam Vents》
1:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
1:《神秘の神殿/Temple of Mystery》
28 lands


2:《厚かましい借り手/Brazen Borrower》
3:《自然の怒りのタイタン、ウーロ/Uro, Titan of Nature’s Wrath》
5 creatures

4:《発展+発破/Expansion+Explosion》
4:《成長のらせん/Growth Spiral》
4:《神秘の論争/Mystical Dispute》
1:《否認/Negate》
3:《選択/Opt》
2:《焦熱の竜火/Scorching Dragonfire》
1:《タッサの介入/Thassa’s Intervention》
4:《サメ台風/Shark Typhoon》
4:《荒野の再生/Wilderness Reclamation》
27 other spells


3:《否認/Negate》
3:《霊気の疾風/Aether Gust》
1:《薬術師の眼識/Chemister’s Insight》
3:《炎の一掃/Flame Sweep》
2:《夜群れの伏兵/Nightpack Ambusher》
2:《ショック/Shock》
1:《物語の終わり/Tale’s End》
15 sideboard cards


【MTGアリーナ用インポートファイル(ティムール再生)】

2位:ラクドスサクリファイス プレイヤー:SMILE_PAPA4
デッキリスト
4:《血の墓所/Blood Crypt》
2:《ロークスワイン城/Castle Locthwain》
4:《寓話の小道/Fabled Passage》
6:《山/Mountain》
8:《沼/Swamp》
24 lands


4:《大釜の使い魔/Cauldron Familiar》
3:《戦慄衆の解体者/Dreadhorde Butcher》
3:《どぶ骨/Gutterbones》
4:《波乱の悪魔/Mayhem Devil》
3:《真夜中の死神/Midnight Reaper》
4:《忘れられた神々の僧侶/Priest of Forgotten Gods》
2:《リックス・マーディの歓楽者/Rix Maadi Reveler》
2:《義賊/Robber of the Rich》
3:《悲哀の徘徊者/Woe Strider》
28 creatures

4:《初子さらい/Claim the Firstborn》
4:《魔女のかまど/Witch’s Oven》
8 other spells


2:《夢の巣のルールス/Lurrus of the Dream-Den》
2:《反逆の行動/Act of Treason》
1:《ボーラスの城塞/Bolas’s Citadel》
1:《夜の騎兵/Cavalier of Night》
1:《死の重み/Dead Weight》
2:《エンバレスの盾割り/Embereth Shieldbreaker》
2:《無情な行動/Heartless Act》
1:《ぬかるみの捕縛/Mire’s Grasp》
1:《魂標ランタン/Soul-Guide Lantern》
2:《石とぐろの海蛇/Stonecoil Serpent》
15 sideboard cards


【MTGアリーナ用インポートファイル(ラクドスサクリファイス)】

3位:白単オーラ(ルールス) プレイヤー:ALIRASIRI
デッキリスト
1:《アーデンベイル城/Castle Ardenvale》
20:《平地/Plains》
21 lands


4:《命の恵みのアルセイド/Alseid of Life’s Bounty》
4:《癒し手の鷹/Healer’s Hawk》
1:《静寂をもたらすもの/Hushbringer》
4:《石とぐろの海蛇/Stonecoil Serpent》
13 creatures

4:《神々の思し召し/Gods Willing》
4:《ケイラメトラの恩恵/Karametra’s Blessing》
4:《きらきらするすべて/All That Glitters》
4:《まばゆい神盾/Glaring Aegis》
4:《歩哨の目/Sentinel’s Eyes》
2:《歩哨の印/Sentinel’s Mark》
4:《堅実な立ち位置/Solid Footing》
26 other spells


1:《夢の巣のルールス/Lurrus of the Dream-Den》
4:《浄光の使徒/Apostle of Purifying Light》
1:《敬虔な命令/Devout Decree》
1:《ドラニスの判事/Drannith Magistrate》
1:《一心同体/Fight as One》
4:《ガラスの棺/Glass Casket》
1:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
2:《魂標ランタン/Soul-Guide Lantern》
15 sideboard cards


【MTGアリーナ用インポートファイル(白単オーラ)】

4位:マルドゥ騎士(ルールス) プレイヤー:USAMA96
デッキリスト
4:《血の墓所/Blood Crypt》
1:《寓話の小道/Fabled Passage》
4:《神無き祭殿/Godless Shrine》
1:《山/Mountain》
1:《平地/Plains》
4:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
3:《サヴァイのトライオーム/Savai Triome》
1:《沼/Swamp》
4:《試合場/Tournament Grounds》
23 lands


4:《黒槍の模範/Blacklance Paragon》
4:《熱烈な勇者/Fervent Champion》
4:《鼓舞する古参/Inspiring Veteran》
4:《漆黒軍の騎士/Knight of the Ebon Legion》
4:《リムロックの騎士/Rimrock Knight》
3:《恋に落ちた剣士/Smitten Swordmaster》
4:《尊い騎士/Venerable Knight》
4:《立派な騎士/Worthy Knight》
31 creatures

2:《不吉な戦術/Dire Tactics》
4:《一心同体/Fight as One》
6 other spells


1:《夢の巣のルールス/Lurrus of the Dream-Den》
1:《不吉な戦術/Dire Tactics》
2:《浄光の使徒/Apostle of Purifying Light》
2:《死の重み/Dead Weight》
1:《灯の燼滅/Despark》
4:《ドリルビット/Drill Bit》
2:《エンバレスの盾割り/Embereth Shieldbreaker》
2:《解き放たれた狂戦士/Unchained Berserker》
15 sideboard cards


【MTGアリーナ用インポートファイル(マルドゥ騎士)】

5位:ティムールフラッシュ プレイヤー:THOMMIMP
デッキリスト
4:《繁殖池/Breeding Pool》
1:《ヴァントレス城/Castle Vantress》
4:《寓話の小道/Fabled Passage》
2:《森/Forest》
2:《島/Island》
4:《ケトリアのトライオーム/Ketria Triome》
1:《山/Mountain》
4:《蒸気孔/Steam Vents》
4:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
26 lands


4:《砕骨の巨人/Bonecrusher Giant》
4:《厚かましい借り手/Brazen Borrower》
4:《塩水生まれの殺し屋/Brineborn Cutthroat》
4:《エリマキ神秘家/Frilled Mystic》
4:《夜群れの伏兵/Nightpack Ambusher》
20 creatures

4:《火の予言/Fire Prophecy》
4:《成長のらせん/Growth Spiral》
2:《イオン化/Ionize》
4:《神秘の論争/Mystical Dispute》
14 other spells


2:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
4:《炎の一掃/Flame Sweep》
2:《丸焼き/Fry》
2:《否認/Negate》
1:《焦熱の竜火/Scorching Dragonfire》
2:《サメ台風/Shark Typhoon》
2:《魂標ランタン/Soul-Guide Lantern》
15 sideboard cards


【MTGアリーナ用インポートファイル(ティムールフラッシュ)】

6位:白単オーラ(ルールス) プレイヤー:SKNERUSMCKWACZ
デッキリスト
1:《アーデンベイル城/Castle Ardenvale》
20:《平地/Plains》
21 lands


4:《命の恵みのアルセイド/Alseid of Life’s Bounty》
4:《癒し手の鷹/Healer’s Hawk》
1:《静寂をもたらすもの/Hushbringer》
4:《石とぐろの海蛇/Stonecoil Serpent》
13 creatures

4:《神々の思し召し/Gods Willing》
4:《ケイラメトラの恩恵/Karametra’s Blessing》
4:《きらきらするすべて/All That Glitters》
4:《まばゆい神盾/Glaring Aegis》
4:《歩哨の目/Sentinel’s Eyes》
2:《歩哨の印/Sentinel’s Mark》
4:《堅実な立ち位置/Solid Footing》
26 other spells


1:《夢の巣のルールス/Lurrus of the Dream-Den》
4:《浄光の使徒/Apostle of Purifying Light》
1:《敬虔な命令/Devout Decree》
1:《ドラニスの判事/Drannith Magistrate》
1:《/Fight as One》
4:《ガラスの棺/Glass Casket》
1:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
2:《魂標ランタン/Soul-Guide Lantern》
15 sideboard cards


【MTGアリーナ用インポートファイル(白単オーラ)】

7位:赤単アグロ(オボシュ) プレイヤー:_SPATA_
デッキリスト
4:《エンバレス城/Castle Embereth》
18:《山/Mountain》
22 lands


4:《鍛冶で鍛えられしアナックス/Anax, Hardened in the Forge》
4:《砕骨の巨人/Bonecrusher Giant》
4:《熱烈な勇者/Fervent Champion》
4:《不気味な修練者/Grim Initiate》
3:《灰のフェニックス/Phoenix of Ash》
4:《焦がし吐き/Scorch Spitter》
4:《ブリキ通りの身かわし/Tin Street Dodger》
27 creatures

4:《舞台照らし/Light Up the Stage》
3:《ショック/Shock》
4:《紋章旗/Heraldic Banner》
11 other spells


1:《獲物貫き、オボシュ/Obosh, the Preypiercer》
2:《反逆の行動/Act of Treason》
2:《猛火の斉射/Blazing Volley》
3:《炎の侍祭、チャンドラ/Chandra, Acolyte of Flame》
2:《不遜な歓楽者/Irreverent Revelers》
3:《レッドキャップの乱闘/Redcap Melee》
2:《無頼な扇動者、ティボルト/Tibalt, Rakish Instigator》
15 sideboard cards


【MTGアリーナ用インポートファイル(赤単アグロ)】

8位:白単オーラ(ルールス) プレイヤー:PINTOGEDDON2
デッキリスト
2:《アーデンベイル城/Castle Ardenvale》
19:《平地/Plains》
21 lands


4:《命の恵みのアルセイド/Alseid of Life’s Bounty》
4:《ジンジャーブルート/Gingerbrute》
3:《静寂をもたらすもの/Hushbringer》
4:《石とぐろの海蛇/Stonecoil Serpent》
15 creatures

4:《神々の思し召し/Gods Willing》
4:《ケイラメトラの恩恵/Karametra’s Blessing》
4:《きらきらするすべて/All That Glitters》
4:《まばゆい神盾/Glaring Aegis》
4:《歩哨の目/Sentinel’s Eyes》
4:《堅実な立ち位置/Solid Footing》
24 other spells


1:《夢の巣のルールス/Lurrus of the Dream-Den》
1:《静寂をもたらすもの/Hushbringer》
3:《浄光の使徒/Apostle of Purifying Light》
2:《ドラニスの判事/Drannith Magistrate》
3:《ガラスの棺/Glass Casket》
2:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
1:《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》
2:《魂標ランタン/Soul-Guide Lantern》
15 sideboard cards


【MTGアリーナ用インポートファイル(白単オーラ)】

ピックアップデッキ

25位:黒単アグロ(ウモーリ) プレイヤー:POKERSWIZARD
デッキリスト
4:《ロークスワイン城/Castle Locthwain》
21:《沼/Swamp》
25 lands


3:《ロークスワインの元首、アヤーラ/Ayara, First of Locthwain》
1:《荒涼とした心のエレボス/Erebos, Bleak-Hearted》
4:《悪魔の職工/Fiend Artisan》
4:《穢れ沼の騎士/Foulmire Knight》
4:《アスフォデルの灰色商人/Gray Merchant of Asphodel》
3:《真夜中の死神/Midnight Reaper》
3:《残忍な騎士/Murderous Rider》
3:《忘れられた神々の僧侶/Priest of Forgotten Gods》
4:《鋸刃蠍/Serrated Scorpion》
2:《死より選ばれしティマレット/Tymaret, Chosen from Death》
4:《ヤロクの沼潜み/Yarok’s Fenlurker》
35 creatures

0 other spells


1:《集めるもの、ウモーリ/Umori, the Collector》
2:《ドリルビット/Drill Bit》
4:《強迫/Duress》
3:《狩り立てられた悪夢/Hunted Nightmare》
2:《虚空の力線/Leyline of the Void》
3:《地獄界の夢/Underworld Dreams》
15 sideboard cards


【MTGアリーナ用インポートファイル(黒単アグロ)】

デッキリスト

トップ32デッキリスト

環境統計:1-32位

アーキタイプ 入賞数(TOP8) 入賞率
ジェスカイルーカファイアーズ(ヨーリオン) 6 18.7%
マルドゥ騎士(ルールス) 4(1) 12.5%
赤単アグロ(オボシュ) 4(1) 12.5%
ボロスサイクリング(ルールス) 4 12.5%
白単オーラ(ルールス) 3(3) 9.37%
ラクドスサクリファイス(オボシュ/なし) 2/1(1) 9.37%
その他(使用者1名) 8(2) 25%
合計 32

ソース

STANDARD CHALLENGE – マジック米公式サイト

29 コメント on MOチャレンジ(スタンダード):優勝はティムール再生、トップ8には白単オーラが3人、他マルドゥ騎士やティムールフラッシュなど

  1. [51] 名無しのイゼット団員 2020/05/20(水) 12:41:56 ID:Y5ODUyMDc

    エターナル環境で禁止出るのは仕方ないけど、
    ヴィンテのルールスとか明らかにヤバイのは発売同時期禁止で良かったのではとは思う。
    デザイアみたいに

  2. [52] 名無しのイゼット団員 2020/05/20(水) 12:44:40 ID:gwMTI1MjM

    スタンのカードパワーを上げると宣言した時点で(それがスタンにとって良いことだったか悪いことだったかは置いといて)下環境で禁止が増えるのは必然だったと思うわ

  3. [53] 名無しのイゼット団員 2020/05/20(水) 12:52:46 ID:MzMTQ3NTc

    禁止で環境調整されるのは全然構わんけど、ここ最近の禁止は古いカード禁止で様子見できずに新入り禁止しなきゃならんくなってるのがヤバイ
    普通企業なら新商品禁止したくないやろ。それが下環境だとしても、今のスタンプレイヤーがいつかスタン付いて行けなくなった時のこと考えたら新しいカード生きてた方が良いに決まってる

  4. [54] 名無しのイゼット団員 2020/05/20(水) 12:57:45 ID:QxNDE2MzE

    今のスタンダードは昔よりは健全だよ。一強すぎてやる意味なかったバントカンパニー時代とか4cエネルギー環境よりはマシ

    ところで先攻有利が嫌ってよく聞くけど後攻有利なカードゲームって存在してるの?基本的に先に動けたほうが有利なのは当然なんだからターン性辞めるしかなくない?

  5. [55] 名無しのイゼット団員 2020/05/20(水) 12:59:04 ID:Y1NTM4MTI

    ヤバイと言われつつリリースされてみればそれほどでもなかった例もいくらでもあるだけに、発売と同時に禁止という判断も難しいとは思う

  6. [56] 名無しのイゼット団員 2020/05/20(水) 13:09:11 ID:U0NTM1MTY

    ※54
    その時代は禁止出た(出すべきだった)からオーコ現役時代に比べれば今の方が面白いみたいな話では
    後攻有利に関してはオセロが後攻有利なのと、あと精神的な問題で野球やカーリングが後攻有利と言われるけどカードゲームでは無い気がする。少なくともMTGはタイプ0の黒大長デッキみたいな例外を除けば基本先行有利で、だからこそサイドボードというルールがあって2本先取なわけだし

  7. [57] 名無しのイゼット団員 2020/05/20(水) 13:24:37 ID:I2MjM1NDk

    リミテだと組み方によっては後手の方が有利ってパターンもある
    KP低くてゲームスピードが遅ければ後手の1ドロー分強い展開になりやすい

  8. [58] 名無しのイゼット団員 2020/05/20(水) 13:28:36 ID:k5ODI5OTU

    今は環境早いしテフェいるから先手有利だけど
    もともと重いコントロール同士だと後手有利なことは多いよ。

  9. [59] 名無しのイゼット団員 2020/05/20(水) 13:34:04 ID:A4NDg3ODY

    例えば後手はライフ+80でスタートなら後手のほうが有利だろうからTCGは先手絶対有利とは言えない。この例だとライフが+0~80のどこかで平等になる点がありそうだが正解がわからないし、今のルールでもPTカラデシュで後手取ったみたいに状況にもよる以上は変更は難しいと思う。現実的かはともかくとして平等にしたいなら手札枚数と初期ライフでオークションすればいいと思う。
    「ライフ19点で先手もらいます。沼セット死の影12/12です。あ、ショック。負けました。」

  10. [60] 名無しのイゼット団員 2020/05/20(水) 13:37:14 ID:MzMTQ3NTc

    それ後攻有利なプランがあるってだけで後攻有利なカードゲームがあるかの回答にはなってなくね
    しかも状況限定、環境限定だし。リミテは他に比べれば頻度高いかもしれんが

  11. [61] 名無しのイゼット団員 2020/05/20(水) 15:21:44 ID:Y2ODEzNzc

    最近のスタンの禁止周りに関しては、アリーナを中心のデジタル化でプレイヤー側のプレイ環境も大きく変わったのもありそう
    店に行かなくても毎日プレイできるんだから、オーコの例のように昔より早いのに長期間蔓延してたみたいな印象もつきやすいのでは

  12. [62] 名無しのイゼット団員 2020/05/20(水) 15:39:52 ID:YwMTgwNzk

    ※54
    一時期存在した、て事でも良ければアクエリアンエイジ。
    まず「アクエリはジャンケンゲー」と言われるほど先攻有利(勝率80%↑)の時代があって、そのあとルール変更があったんだけど
    そこからは逆転して後攻ゲーになった時期があった、最近のDCGも真っ青の時代だったよ

  13. [63] 名無しのイゼット団員 2020/05/20(水) 17:06:41 ID:A3NTgyMDE

    先攻有利を熱く主張したければ多人数戦へどうぞさようなら
    先攻有利は変わらないとか言うかも知らんが、展開が早くできても注目の的になるだけやから

  14. [64] 名無しのイゼット団員 2020/05/20(水) 17:47:51 ID:E5OTM4OTc

    63
    たしか海外のcEDHの統計では1番手の勝率が30%くらいあって遅くなるほど下がっていったしどこも変わらないぞ
    先手だったら間に合ったとかは今更だけどウィノータやルーカのミラーみたいに後手側が同じ動きだとまず勝てないしテフェリーのせいで受けの動きにリスクがあるから奴を消さないともうどうにもならないと思う

  15. [65] 名無しのイゼット団員 2020/05/20(水) 17:57:13 ID:U5NzgyMTM

    先手1ターン目は呪文を唱えられない、くらいの制限あってもよさそう
    あとBO1なら先手後手が判明した後でサイドチェンジくらいさせてほしい

  16. [66] 名無しのイゼット団員 2020/05/20(水) 18:08:47 ID:M1NzczMTc

    54
    後攻有利ではないけどハースストーンはコイン制もあってか先行勝率は51.5%位だとか

  17. [67] 名無しのイゼット団員 2020/05/20(水) 18:43:58 ID:U0ODYzNTg

    白単オーラ こんな初期デッキ見たいなデッキでも勝てるとか
    相棒がいかに壊れてるか分かるな

  18. [68] 名無しのイゼット団員 2020/05/20(水) 18:46:27 ID:Y2ODEzNzc

    ぶっちゃけ後攻有利ゲーになるんならみんな後攻とるだけで何も変わらんのでは
    結局、後手で同じ動きしてたら勝てないってのが分かってきたら、じゃあそういう時にどれだけ勝ち目を生み出せるかっていうのも、強くなる一歩なんだろうなぁ

  19. [69] 名無しのイゼット団員 2020/05/20(水) 19:57:52 ID:U4MTE2NjQ

    TCGと言っていいかわからんが、ウィッチャー3にあったミニゲームを発展、独立させて出したグウェントはカードを盤面に出しあって数値が高いほうが勝ちというゲームルールだから、後攻のほうが有利だったな

  20. [70] 名無しのイゼット団員 2020/05/20(水) 21:17:39 ID:gyODg0NDk

    けっこー長いことやってるけど昔はここまで極端な先手ゲーじゃなかったような気はする。
    クリーチャーやPWが強くなってるから先に動ける先手有利になってんのかなぁ。

  21. [71] 名無しのイゼット団員 2020/05/20(水) 21:41:03 ID:U0NTM1MTY

    ※70
    生物が弱かった、土地が弱かった、多色が少なかった、応じ手が強かった
    あたりじゃないかな
    生物が弱かったから攻めきれないこと多かったし、攻めきるためにはウィニー戦術のように尖った戦術が必要だった。土地や色周りは対抗色の概念が生きてたりして本当に自由な構築は難しかったからデッキの弱点が多く残りがちで、そこを突く戦術の効果が大きかった。除去やカウンターの応じ手が強かったから、重く強力なアクションに軽い呪文で対処することで先手後手を覆せた
    みたいな。遠い記憶をサルベージしてるからどこまで合ってるか分からんけども

  22. [72] 名無しのイゼット団員 2020/05/20(水) 22:57:28 ID:k0MDE4ODc

    ターン性ゲームで後攻有利なものってほとんどないからな・・・・。
    先に動ける方が強いのはどうしようもない。

  23. [73] 名無しのイゼット団員 2020/05/20(水) 23:11:09 ID:MzODIwMzQ

    HSを始めDCGの方が後攻先行有利の調整は必死にしているし、うまい印象
    大抵は先攻有利云々に関して定期的に公式がデータ出して調整するからな

  24. [74] 名無しのイゼット団員 2020/05/20(水) 23:18:48 ID:U0NTM1MTY

    MTGは基本サイドボードありの2本先取だから、マッチ勝利するには後手番で勝つかサイドで相性差無くなるか覆るかした後の先手番勝たなきゃならんわけで、総合的な先手後手の差は小さくされてるとは思う
    BO1はまあ…

  25. [75] 名無しのイゼット団員 2020/05/21(木) 00:17:52 ID:g0NzAxNjE

    義賊みたいな先行有利助長させるようなのは刷らんでほしいわ
    今はアグロがtier1じゃないから許されてるとは思うけど

  26. [76] 名無しのイゼット団員 2020/05/21(木) 00:33:59 ID:IzNTc1MzM

    単純にパーマネントのパワーインフレしてゲームスピードが速くなってしまったから先行有利が目立つようになったんじゃないかな
    昔?(いつかは知らないけど)はそれこそ細かなアドの取り合いとか引き運で先行有利が分かりにくくなってたと思う

  27. [77] 名無しのイゼット団員 2020/05/21(木) 00:37:56 ID:g0NzA3MTM

    昔はこんなウィニー生物まで使ってたんか……って思うと同時に、
    近年はアグロに重めのカードも多くてなんか違うな……とも思う
    まあ、今はウィニーじゃなくてアグロって呼ぶのが、その辺の時代の流れを表してるのかな

  28. [78] 名無しのイゼット団員 2020/05/21(木) 02:53:17 ID:A2MTk2MTM

    黒単…アグロ?
    信心はマストだと思った番人を抜いて引きこもりながら堅実にアド取る形が環境に合ってるのね

  29. [79] 名無しのイゼット団員 2020/05/21(木) 10:09:48 ID:UzNzAyMzA

    ゲームスピードで1ターンの価値が上がった影響もあるけど、追加で、カードパワー上げる方針によって低コストでアド稼げるようになったせいもある思う。後手は最初にカード1枚分のアドをもらえるのがメリットだけど、最近の生物はそんなの微差だとばかりに簡単にアド稼いでくるから、後手のメリットを活かせない。

1 2

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。