『基本セット2020』環境初陣戦(スタンダード):優勝はボロスフェザー。ランプが3人トップ8に

7月13日、晴れる屋トーナメントセンターで行われた『基本セット2020』環境初陣戦(参加者124名)。優勝はボロスフェザーを使用した高橋 亮選手となっています。

MTGアリーナインポート用のテキストファイルもございますので、気になったデッキがあればすぐにMTGアリーナで試してみてください。

・インポート手順
1.デッキリスト直下の【MTGアリーナ用インポートファイル】を右クリック

2.名前を付けてリンク先を保存をクリック、テキストファイルをダウンロード
3.MTGアリーナのデッキ作成画面でインポートを押し、2でダウンロードしたテキストファイルを読み込む

トップ8選手&使用デッキ

※2位~8位は予選ラウンドの順位になります。

1st ボロスフェザー
プレイヤー:高橋 亮
2nd シミックフラッシュ
プレイヤー:辰巳 晃司
3rd アゾリウスフライング
プレイヤー:宮田 健太郎
4th バントランプ
プレイヤー:スダ ヨシヒロ
5th バントランプ
プレイヤー:泉澤 椋
6th ジャンドダイナソー
プレイヤー:高橋 一平
7th 赤単アグロ
プレイヤー:梶山 廣太
8th シミックランプ
プレイヤー:信田 和仁

トップ8デッキリスト

1位:ボロスフェザー プレイヤー:高橋 亮
デッキリスト
7:《平地/Plains》
3:《山/Mountain》
4:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
4:《断崖の避難所/Clifftop Retreat》
4:《凱旋の神殿/Temple of Triumph》
22 lands


4:《戦慄衆の秘儀術師/Dreadhorde Arcanist》
4:《第10管区の軍団兵/Tenth District Legionnaire》
4:《トカートリの儀仗兵/Tocatli Honor Guard》
4:《贖いし者、フェザー/Feather, the Redeemed》
2:《軍勢の戦親分/Legion Warboss》
1:《正義の模範、オレリア/Aurelia, Exemplar of Justice》
19 creatures

4:《果敢な一撃/Defiant Strike》
4:《神々の思し召し/Gods Willing》
4:《無謀な怒り/Reckless Rage》
4:《ショック/Shock》
1:《防護の光/Sheltering Light》
2:《黒き剣のギデオン/Gideon Blackblade》
19 other spells


3:《アダントの先兵/Adanto Vanguard》
2:《軍勢の戦親分/Legion Warboss》
2:《黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer》
2:《啓蒙/Demystify》
2:《溶岩コイル/Lava Coil》
2:《牢獄領域/Prison Realm》
2:《暴君への敵対者、アジャニ/Ajani, Adversary of Tyrants》
15 sideboard cards


【MTGアリーナ用インポートファイル(ボロスフェザー)】

2位:シミックフラッシュ プレイヤー:辰巳 晃司
デッキリスト
8:《島/Island》
5:《森/Forest》
4:《繁殖池/Breeding Pool》
4:《内陸の湾港/Hinterland Harbor》
3:《神秘の神殿/Temple of Mystery》
24 lands


3:《幽体の船乗り/Spectral Sailor》
4:《塩水生まれの殺し屋/Brineborn Cutthroat》
4:《マーフォークのペテン師/Merfolk Trickster》
4:《夜群れの伏兵/Nightpack Ambusher》
4:《エリマキ神秘家/Frilled Mystic》
19 creatures

2:《中略/Syncopate》
3:《送還/Unsummon》
2:《選択/Opt》
4:《本質の散乱/Essence Scatter》
2:《否認/Negate》
4:《悪意ある妨害/Sinister Sabotage》
17 other spells


4:《変容するケラトプス/Shifting Ceratops》
4:《幻惑の旋律/Entrancing Melody》
2:《否認/Negate》
2:《ビビアン・リード/Vivien Reid》
1:《打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon》
1:《夏の帳/Veil of Summer》
1:《霊気の疾風/Aether Gust》
15 sideboard cards


【MTGアリーナ用インポートファイル(シミックフラッシュ)】

3位:アゾリウスフライング プレイヤー:宮田 健太郎
デッキリスト
8:《島/Island》
6:《平地/Plains》
4:《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
4:《氷河の城砦/Glacial Fortress》
22 lands


4:《癒し手の鷹/Healer’s Hawk》
4:《フェアリーの悪党/Faerie Miscreant》
4:《セイレーンの嵐鎮め/Siren Stormtamer》
4:《幽体の船乗り/Spectral Sailor》
4:《絞首された処刑人/Hanged Executioner》
2:《天穹の鷲/Empyrean Eagle》
4:《天空の刃、セファラ/Sephara, Sky’s Blade》
26 creatures

2:《翼の結集/Rally of Wings》
2:《翼ある言葉/Winged Words》
4:《順風/Favorable Winds》
4:《解任+開展/Depose+Deploy》
12 other spells


4:《紺碧のドレイク/Cerulean Drake》
3:《時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler》
2:《呪文貫き/Spell Pierce》
2:《否認/Negate》
2:《見張りによる消散/Lookout’s Dispersal》
2:《空の踊り手、ムー・ヤンリン/Mu Yanling, Sky Dancer》
15 sideboard cards


【MTGアリーナ用インポートファイル(アゾリウスフライング)】

4位:バントランプ プレイヤー:スダ ヨシヒロ
デッキリスト
2:《島/Island》
2:《森/Forest》
4:《繁殖池/Breeding Pool》
4:《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
4:《寺院の庭/Temple Garden》
4:《内陸の湾港/Hinterland Harbor》
3:《陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove》
2:《氷河の城砦/Glacial Fortress》
25 lands


4:《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》
4:《楽園のドルイド/Paradise Druid》
4:《培養ドルイド/Incubation Druid》
4:《ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis》
2:《翡翠光のレインジャー/Jadelight Ranger》
2:《切り裂き顎の猛竜/Ripjaw Raptor》
2:《豊潤の声、シャライ/Shalai, Voice of Plenty》
22 creatures

2:《幻惑の旋律/Entrancing Melody》
1:《栄光の終焉/Finale of Glory》
1:《集団強制/Mass Manipulation》
2:《牢獄領域/Prison Realm》
3:《時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler》
4:《世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the World》
13 other spells


3:《否認/Negate》
2:《拘留代理人/Deputy of Detention》
2:《打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon》
2:《不和のトロスターニ/Trostani Discordant》
2:《狼の友、トルシミール/Tolsimir, Friend to Wolves》
2:《伝承の収集者、タミヨウ/Tamiyo, Collector of Tales》
1:《神聖の力線/Leyline of Sanctity》
1:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
15 sideboard cards


【MTGアリーナ用インポートファイル(バントランプ)】

5位:バントランプ プレイヤー:泉澤 椋
デッキリスト
4:《森/Forest》
1:《島/Island》
4:《繁殖池/Breeding Pool》
4:《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
4:《寺院の庭/Temple Garden》
4:《内陸の湾港/Hinterland Harbor》
2:《氷河の城砦/Glacial Fortress》
2:《陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove》
25 lands


4:《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》
4:《培養ドルイド/Incubation Druid》
4:《楽園のドルイド/Paradise Druid》
4:《ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis》
2:《翡翠光のレインジャー/Jadelight Ranger》
2:《豊潤の声、シャライ/Shalai, Voice of Plenty》
2:《エリマキ神秘家/Frilled Mystic》
1:《黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer》
23 creatures

3:《幻惑の旋律/Entrancing Melody》
1:《栄光の終焉/Finale of Glory》
4:《時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler》
4:《世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the World》
12 other spells


3:《否認/Negate》
3:《残骸の漂着/Settle the Wreckage》
2:《紺碧のドレイク/Cerulean Drake》
2:《秋の騎士/Knight of Autumn》
2:《夏の帳/Veil of Summer》
1:《黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer》
1:《牢獄領域/Prison Realm》
1:《伝承の収集者、タミヨウ/Tamiyo, Collector of Tales》
15 sideboard cards


【MTGアリーナ用インポートファイル(バントランプ)】

6位:ジャンドダイナソー プレイヤー:高橋 一平
デッキリスト
3:《森/Forest》
4:《草むした墓/Overgrown Tomb》
4:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
3:《血の墓所/Blood Crypt》
4:《手付かずの領土/Unclaimed Territory》
4:《根縛りの岩山/Rootbound Crag》
2:《竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit》
24 lands


4:《無法の猛竜/Marauding Raptor》
4:《オテペクの猟匠/Otepec Huntmaster》
4:《朽ちゆくレギサウルス/Rotting Regisaur》
4:《切り裂き顎の猛竜/Ripjaw Raptor》
4:《変容するケラトプス/Shifting Ceratops》
4:《レギサウルスの頭目/Regisaur Alpha》
3:《原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger》
27 creatures

4:《恐竜との融和/Commune with Dinosaurs》
3:《喪心/Cast Down》
2:《稲妻の一撃/Lightning Strike》
9 other spells


3:《害悪な掌握/Noxious Grasp》
3:《丸焼き/Fry》
3:《炎の一掃/Flame Sweep》
2:《夏の帳/Veil of Summer》
2:《ビビアン・リード/Vivien Reid》
1:《殺戮の暴君/Carnage Tyrant》
1:《強迫/Duress》
15 sideboard cards


【MTGアリーナ用インポートファイル(ジャンドダイナソー)】

7位:赤単アグロ プレイヤー:梶山 廣太
デッキリスト
18:《山/Mountain》
18 lands


4:《ギトゥの溶岩走り/Ghitu Lavarunner》
4:《焦がし吐き/Scorch Spitter》
4:《狂信的扇動者/Fanatical Firebrand》
4:《ヴィーアシーノの紅蓮術師/Viashino Pyromancer》
4:《ゴブリンの鎖回し/Goblin Chainwhirler》
20 creatures

4:《ショック/Shock》
4:《稲妻の一撃/Lightning Strike》
4:《舞台照らし/Light Up the Stage》
4:《批判家刺殺/Skewer the Critics》
4:《魔術師の稲妻/Wizard’s Lightning》
2:《炎の侍祭、チャンドラ/Chandra, Acolyte of Flame》
22 other spells


4:《溶岩コイル/Lava Coil》
3:《ケルドの炎/The Flame of Keld》
3:《無頼な扇動者、ティボルト/Tibalt, Rakish Instigator》
2:《間に合わせの砲弾/Makeshift Munitions》
2:《炎の侍祭、チャンドラ/Chandra, Acolyte of Flame》
1:《実験の狂乱/Experimental Frenzy》
15 sideboard cards


【MTGアリーナ用インポートファイル(赤単アグロ)】

8位:シミックランプ プレイヤー:信田 和仁
デッキリスト
8:《森/Forest》
4:《島/Island》
4:《繁殖池/Breeding Pool》
4:《内陸の湾港/Hinterland Harbor》
4:《神秘の神殿/Temple of Mystery》
24 lands


4:《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》
4:《楽園のドルイド/Paradise Druid》
4:《枝葉族のドルイド/Leafkin Druid》
4:《ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis》
3:《大食のハイドラ/Voracious Hydra》
4:《発現する浅瀬/Risen Reef》
3:《凶暴な見張り、ガーゴス/Gargos, Vicious Watcher》
26 creatures

2:《一瞬/Blink of an Eye》
4:《伝承の収集者、タミヨウ/Tamiyo, Collector of Tales》
4:《世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the World》
10 other spells


4:《否認/Negate》
3:《集団強制/Mass Manipulation》
2:《打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon》
2:《切り裂き顎の猛竜/Ripjaw Raptor》
2:《夏の帳/Veil of Summer》
2:《幻惑の旋律/Entrancing Melody》
15 sideboard cards


【MTGアリーナ用インポートファイル(シミックランプ)】

デッキリスト

トップ8デッキリスト
トップ16デッキリスト

ソース

『基本セット2020』環境初陣戦カバレージページ – 晴れる屋

2 コメント on 『基本セット2020』環境初陣戦(スタンダード):優勝はボロスフェザー。ランプが3人トップ8に

  1. [101] 名無しのイゼット団員 2019/07/15(月) 16:55:32 ID:U1OTMzMDI

    狂乱がサイドのお陰で漂流自我で選択した相手が自爆するのを見る事が出来た。
    入ってて当たり前を逆に入れなくても回るようにするって結構効果あるな。

  2. [102] 名無しのイゼット団員 2019/07/15(月) 21:49:07 ID:MwMTM4MjM

    そもそもメインから漂流自我撃ってる時点で相手お察しだけどな
    即座に対処される場合でも相手によっては最低限仕事してくのもチャンドラの強みよね

1 2 3

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。