GPシドニー2015(リミテッド):優勝は決勝ラウンドで青黒を構築したJohn Seaton選手

 

2015年10月10-11日、オーストラリアのニューサウスウェールズ州シドニーにてリミテッド(使用エキスパンション:『戦乱のゼンディカー』)フォーマットで行われたグランプリ・シドニー2015。優勝はTOP8ドラフトにて青黒デッキを構築したJohn Seaton選手、準優勝は白赤デッキを構築したAlex Ball選手となりました。

また日本からはグランプリ・マニラ2008での優勝や同じく2012でのトップ4入りが記憶に新しい菅谷裕信選手が第5位入賞を果たしています。

トップ8選手&使用デッキ

1st Place青黒
プレイヤー:John Seaton
2nd Place白赤
プレイヤー:Alex Ball
3rd Place黒緑
プレイヤー:Kelvin Chew
4th Place青緑
プレイヤー:Prads Pathirana
5th Place白黒
プレイヤー:菅谷裕信
6th Place赤緑
プレイヤー:Zen Takahashi
7th Place白緑
プレイヤー:Paul Costentin
8th Place白赤
プレイヤー:Chester Swords

トップ8デッキリスト

デッキリストはこちらから。

ソース

GRAND PRIX SYDNEY 2015 – 米MTG公式サイト


7 コメント on GPシドニー2015(リミテッド):優勝は決勝ラウンドで青黒を構築したJohn Seaton選手

  1. [1] 名無しのイゼット団員 2015/10/12(月) 09:20:20 ID:I1NTQ0NzA

    国内プロが満場一致で青黒が強いって言ってたもんなぁ
    戦ゼンドラフトは青黒のパーツに人気が集中しそうだな

  2. [2] 名無しのイゼット団員 2015/10/12(月) 10:01:42 ID:U3NjY4NDI

    空中生成2枚しか出なくてその内一枚積んだデッキが優勝
    トップコモンすぎる

  3. [3] 名無しのイゼット団員 2015/10/12(月) 12:48:15 ID:Q2NDk1MjM

    青に強いカードが集中しすぎててドラフトはイマイチなんだよなぁ、構築はエルドラージやら同盟者まーーったく見ないしどうなってるんだコレ

  4. [4] 名無しのイゼット団員 2015/10/12(月) 13:36:51 ID:ExOTQwNzI

    米3のにわか臭に草が生えるばかり。否定するだけなら誰でもできるよ君

  5. [5] 名無しのイゼット団員 2015/10/12(月) 14:45:22 ID:U2OTkwODQ

    >>4
    ブーメランしてますよ、論理的に反論しないと。

  6. [6] 名無しのイゼット団員 2015/10/12(月) 14:53:22 ID:U3NjYyMTg

    青が強いのは間違いないが、そのおかげで他色が空くのもまた道理。
    実際2位は白赤だし、もう一方のGPの優勝はナヤカラーだ。

  7. [7] 名無しのイゼット団員 2015/10/12(月) 15:16:01 ID:Q4Mjk5Mjc

    このGP動画って観れるところはないんですかね?

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




必ずガイドラインを確認、同意の上で送信ボタンを押してください。規約に違反すると判断された場合、削除・編集が行われる可能性がありますので紳士的な発言を心がけましょう。