SCGオープン(3人チーム構築戦):優勝は黒赤アグロ・ジェスカイコン・ストームのチームに

7月14-15日、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ウースターにて3人チーム構築戦で行われたStarCityGames.com主催のオープンシリーズ。優勝はMatthew Cotrupe選手・Jacob Saracino選手・Bryant Cook選手チームとなりました。

オープンシリーズ (3人チーム構築)

1st Place黒赤アグロ – ジェスカイコントロール – ストーム
Matthew Cotrupe – Jacob Saracino – Bryant Cook
2nd Place黒赤アグロ – 青赤ストーム – ティムールデルバー
Alex Friedrichsen – Dylan Gooley – Nathan Robinson
3rd Place白青コントロール – 黒赤ホロウワン – グリクシスデルバー
Dylan Donegan – Mike Sigrist – Noah Walker
4th Place黒赤アグロ – バントスピリット – スニークショー
Julian John – Zan Syed – Bob Huang
5th Placeグリクシスミッドレンジ – バーン – デス&タックス
Kevin Thanakit – Kenny Dungar – Rax Dillon
6th Place白青コントロール – ジェスカイコントロール – 奇跡
Jonathan Rosum – Benjamin Nikolich – Luke Purcell
7th Place白青ギフト – ジェスカイコントロール – スニークショー
Henry Montes – Michael McKenna – Nick Costello
8th Place緑単アグロ – 親和 – ティムールデルバー
Andrew Jessup – Frank Skarren – Daniel Jessup
備考スタンダード – モダン – レガシーの順に表記。
参加者数810名(270チーム)
デッキリスト1-16位
メタゲーム初日突破者分析
Twitch配信動画一覧はこちらから
[1位] スタンダード:黒赤アグロ プレイヤー:Matthew Cotrupe
13:《山/Mountain》
1:《沼/Swamp》
4:《泥濘の峡谷/Canyon Slough》
4:《竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit》
2:《産業の塔/Spire of Industry》
24 lands

4:《ボーマットの急使/Bomat Courier》
4:《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger》
2:《栄光をもたらすもの/Glorybringer》
4:《ゴブリンの鎖回し/Goblin Chainwhirler》
2:《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》
3:《損魂魔道士/Soul-Scar Mage》
1:《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》
2:《航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴ/Kari Zev, Skyship Raider》
2:《ピア・ナラー/Pia Nalaar》
24 creatures

2:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
3:《削剥/Abrade》
2:《稲妻の一撃/Lightning Strike》
2:《無許可の分解/Unlicensed Disintegration》
2:《キランの真意号/Heart of Kiran》
1:《木端+微塵/Cut+Ribbons》
12 other spells

1:《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester》
2:《チャンドラの敗北/Chandra’s Defeat》
2:《マグマのしぶき/Magma Spray》
1:《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》
1:《アルゲールの断血/Arguel’s Blood Fast》
1:《ウルザの後継、カーン/Karn, Scion of Urza》
1:《苦悩火/Banefire》
1:《大災厄/Doomfall》
4:《強迫/Duress》
1:《屍肉あさりの地/Scavenger Grounds》
15 sideboard cards

[1位] モダン:ジェスカイコントロール プレイヤー:Jacob Saracino
3:《島/Island》
1:《山/Mountain》
1:《平地/Plains》
3:《天界の列柱/Celestial Colonnade》
2:《廃墟の地/Field of Ruin》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2:《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
1:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2:《蒸気孔/Steam Vents》
1:《硫黄の滝/Sulfur Falls》
24 lands

4:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
4 creatures

2:《ドミナリアの英雄、テフェリー/Teferi, Hero of Dominaria》
4:《謎めいた命令/Cryptic Command》
2:《電解/Electrolyze》
3:《稲妻/Lightning Bolt》
3:《稲妻のらせん/Lightning Helix》
3:《論理の結び目/Logic Knot》
1:《否認/Negate》
4:《選択/Opt》
4:《流刑への道/Path to Exile》
1:《荒野の確保/Secure the Wastes》
1:《呪文嵌め/Spell Snare》
2:《アズカンタの探索/Search for Azcanta》
1:《至高の評決/Supreme Verdict》
1:《神の怒り/Wrath of God》
32 other spells

2:《減衰球/Damping Sphere》
2:《天界の粛清/Celestial Purge》
1:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
2:《払拭/Dispel》
1:《否認/Negate》
1:《残骸の漂着/Settle the Wreckage》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《摩耗+損耗/Wear+Tear》
1:《黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer》
1:《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1:《機を見た援軍/Timely Reinforcements》
15 sideboard cards

[1位] レガシー:ストーム プレイヤー:Bryant Cook
1:《島/Island》
1:《沼/Swamp》
1:《Badlands》
1:《Bayou》
3:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
1:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1:《Underground Sea》
1:《Volcanic Island》
14 lands

0 creatures

4:《金属モックス/Chrome Mox》
4:《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion’s Eye Diamond》
4:《水蓮の花びら/Lotus Petal》
1:《むかつき/Ad Nauseam》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
4:《暗黒の儀式/Dark Ritual》
4:《燃え立つ願い/Burning Wish》
3:《強迫/Duress》
2:《巣穴からの総出/Empty the Warrens》
4:《冥府の教示者/Infernal Tutor》
4:《思案/Ponder》
4:《炎の儀式/Rite of Flame》
4:《思考囲い/Thoughtseize》
46 other spells

2:《ザンティッドの大群/Xantid Swarm》
2:《突然の衰微/Abrupt Decay》
2:《蒸気の連鎖/Chain of Vapor》
2:《残響する真実/Echoing Truth》
1:《闇の誓願/Dark Petition》
2:《巣穴からの総出/Empty the Warrens》
1:《ぶどう弾/Grapeshot》
1:《虐殺/Massacre》
1:《炎の中の過去/Past in Flames》
1:《苦悶の触手/Tendrils of Agony》
15 sideboard cards

[4位] モダン:バントスピリット プレイヤー:Zan Syed
1:《森/Forest》
1:《島/Island》
1:《平地/Plains》
3:《植物の聖域/Botanical Sanctum》
1:《繁殖池/Breeding Pool》
3:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2:《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
2:《地平線の梢/Horizon Canopy》
3:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1:《ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt》
1:《寺院の庭/Temple Garden》
3:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
22 lands

1:《極楽鳥/Birds of Paradise》
4:《ドラグスコルの隊長/Drogskol Captain》
4:《霊廟の放浪者/Mausoleum Wanderer》
4:《貴族の教主/Noble Hierarch》
2:《幻影の像/Phantasmal Image》
4:《鎖鳴らし/Rattlechains》
3:《無私の霊魂/Selfless Spirit》
4:《呪文捕らえ/Spell Queller》
4:《至高の幻影/Supreme Phantom》
30 creatures

4:《集合した中隊/Collected Company》
4:《流刑への道/Path to Exile》
8 other spells

2:《減衰球/Damping Sphere》
2:《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2:《石のような静寂/Stony Silence》
2:《崇拝/Worship》
2:《統一された意思/Unified Will》
3:《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft》
2:《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
15 sideboard cards

[4位] レガシー:スニークショー プレイヤー:Bob Huang
3:《島/Island》
1:《山/Mountain》
3:《古えの墳墓/Ancient Tomb》
3:《裏切り者の都/City of Traitors》
1:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1:《汚染された三角州/Polluted Delta》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3:《Volcanic Island》
20 lands

4:《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
4:《グリセルブランド/Griselbrand》
8 creatures

4:《水蓮の花びら/Lotus Petal》
2:《全知/Omniscience》
4:《騙し討ち/Sneak Attack》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
1:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
4:《意志の力/Force of Will》
2:《呪文貫き/Spell Pierce》
4:《思案/Ponder》
3:《定業/Preordain》
4:《実物提示教育/Show and Tell》
32 other spells

1:《防御の光網/Defense Grid》
4:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
3:《秘儀の職工/Arcane Artisan》
2:《血染めの月/Blood Moon》
2:《削剥/Abrade》
2:《紅蓮地獄/Pyroclasm》
1:《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》
15 sideboard cards

[5位] レガシー:デス&タックス プレイヤー:Rax Dillon
6:《平地/Plains》
7:《冠雪の平地/Snow-Covered Plains》
4:《リシャーダの港/Rishadan Port》
4:《不毛の大地/Wasteland》
3:《カラカス/Karakas》
24 lands

2:《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
2:《光異種/Brightling》
4:《ちらつき鬼火/Flickerwisp》
1:《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》
4:《ルーンの母/Mother of Runes》
2:《護衛募集員/Recruiter of the Guard》
2:《悔恨する僧侶/Remorseful Cleric》
4:《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
4:《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
25 creatures

4:《霊気の薬瓶/AEther Vial》
1:《殴打頭蓋/Batterskull》
1:《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
4:《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
1:《梅澤の十手/Umezawa’s Jitte》
11 other spells

1:《光と影の剣/Sword of Light and Shadow》
2:《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
1:《光異種/Brightling》
2:《フェアリーの忌み者/Faerie Macabre》
1:《レオニンの遺物囲い/Leonin Relic-Warder》
1:《護衛募集員/Recruiter of the Guard》
1:《聖域の僧院長/Sanctum Prelate》
2:《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2:《流刑への道/Path to Exile》
2:《議会の採決/Council’s Judgment》
15 sideboard cards

クラシック(スタンダード)

1st Place緑単タッチ黒アグロ
プレイヤー:Brandon Dempsey
2nd Placeグリクシスミッドレンジ
プレイヤー:Jonathan Job
3rd Place黒赤アグロ
プレイヤー:Stephen Dykman
4th Place黒赤アグロ
プレイヤー:Aiden Brier
5th Placeグリクシスミッドレンジ
プレイヤー:Todd Stevens
6th Place赤緑モンスター
プレイヤー:Matt Tumavitch
7th Placeグリクシスミッドレンジ
プレイヤー:Ben Ragan
8th Placeエスパーコントロール
プレイヤー:Eddie Martinez
参加人数85名
デッキリスト1-16位
1位:緑単タッチ黒アグロ プレイヤー:Brandon Dempsey
13:《森/Forest》
4:《花盛りの湿地/Blooming Marsh》
3:《ハシェプのオアシス/Hashep Oasis》
4:《森林の墓地/Woodland Cemetery》
24 lands

4:《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger》
3:《緑地帯の暴れ者/Greenbelt Rampager》
4:《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》
4:《鉄葉のチャンピオン/Steel Leaf Champion》
4:《茨の副官/Thorn Lieutenant》
2:《打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon》
4:《蔦草牝馬/Vine Mare》
3:《原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger》
3:《不屈の神ロナス/Rhonas the Indomitable》
31 creatures

2:《顕在的防御/Blossoming Defense》
3:《キランの真意号/Heart of Kiran》
5 other spells

2:《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester》
1:《造命師の動物記/Lifecrafter’s Bestiary》
1:《緑地帯の暴れ者/Greenbelt Rampager》
2:《打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon》
3:《栄光の刻/Hour of Glory》
1:《帰化/Naturalize》
1:《原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger》
1:《生命の力、ニッサ/Nissa, Vital Force》
2:《ビビアン・リード/Vivien Reid》
1:《秘宝探究者、ヴラスカ/Vraska, Relic Seeker》
15 sideboard cards

クラシック(モダン)

1st Place白緑呪禁
プレイヤー:Bryan Haak
2nd Placeグリクシスシャドウ
プレイヤー:Brandon Dollaway
3rd Place純鋼ストーム
プレイヤー:Benjamin Reilly
4th Placeエルドラージトロン
プレイヤー:Aaron Todisco
5th Placeドレッジ
プレイヤー:Terrence Campo
6th Place親和
プレイヤー:Alan Breitman
7th Place白青コントロール
プレイヤー:Chi Hoi Yim
8th Placeアイアンワークス
プレイヤー:Garrett Allen
参加人数243名
デッキリスト1-16位
1位:白緑呪禁 プレイヤー:Bryan Haak
1:《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》
1:《冠雪の森/Snow-Covered Forest》
1:《冠雪の平地/Snow-Covered Plains》
4:《地平線の梢/Horizon Canopy》
4:《剃刀境の茂み/Razorverge Thicket》
3:《寺院の庭/Temple Garden》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
2:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
20 lands

4:《林間隠れの斥候/Gladecover Scout》
4:《コーの精霊の踊り手/Kor Spiritdancer》
4:《ぬめるボーグル/Slippery Bogle》
12 creatures

4:《夜明けの宝冠/Daybreak Coronet》
4:《天上の鎧/Ethereal Armor》
2:《グリフの加護/Gryff’s Boon》
2:《ハイエナの陰影/Hyena Umbra》
4:《鋭い感覚/Keen Sense》
4:《怨恨/Rancor》
4:《蜘蛛の陰影/Spider Umbra》
2:《魂の絆/Spirit Link》
2:《霊魂のマントル/Spirit Mantle》
28 other spells

1:《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2:《原基の印章/Seal of Primordium》
4:《石のような静寂/Stony Silence》
4:《流刑への道/Path to Exile》
4:《ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg》
15 sideboard cards

クラシック(レガシー)

1st Placeエルドラージポスト
プレイヤー:Joseph Santomassino
2nd Place白青石鍛冶
プレイヤー:Jeremy Tibbetts
3rd Placeティムールデルバー
プレイヤー:Harlan Firer
4th Placeゴブリン
プレイヤー:Stephen Achorn
5th Placeターボデプス
プレイヤー:Jon Lacker
6th Placeジェスカイ石鍛冶
プレイヤー:Josh Pelrine
7th Place黒赤リアニメイト
プレイヤー:Michael Ferguson
8th Placeグリクシスシャドウ
プレイヤー:David Nunez
参加人数140名
デッキリスト1-16位
1位:エルドラージポスト プレイヤー:Joseph Santomassino
4:《古えの墳墓/Ancient Tomb》
3:《裏切り者の都/City of Traitors》
4:《雲上の座/Cloudpost》
4:《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple》
4:《微光地/Glimmerpost》
2:《ヴェズーヴァ/Vesuva》
3:《ウギンの目/Eye of Ugin》
1:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
25 lands

3:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
2:《終末を招くもの/Endbringer》
4:《作り変えるもの/Matter Reshaper》
4:《現実を砕くもの/Reality Smasher》
3:《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》
4:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
2:《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》
22 creatures

1:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
4:《虚空の杯/Chalice of the Void》
3:《厳かなモノリス/Grim Monolith》
3:《三なる宝球/Trinisphere》
2:《全ては塵/All Is Dust》
13 other spells

2:《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
3:《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》
2:《フェアリーの忌み者/Faerie Macabre》
3:《虚空の力線/Leyline of the Void》
2:《四肢切断/Dismember》
3:《精神壊しの罠/Mindbreak Trap》
15 sideboard cards

4位:ゴブリン プレイヤー:Stephen Achorn
5:《山/Mountain》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
4:《魂の洞窟/Cavern of Souls》
4:《リシャーダの港/Rishadan Port》
4:《不毛の大地/Wasteland》
1:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
22 lands

3:《宝石の手の焼却者/Gempalm Incinerator》
4:《ゴブリンの従僕/Goblin Lackey》
4:《ゴブリンの女看守/Goblin Matron》
4:《ゴブリンの群衆追い/Goblin Piledriver》
4:《ゴブリンの首謀者/Goblin Ringleader》
1:《ゴブリンの名手/Goblin Sharpshooter》
1:《ゴブリンの損壊名手/Goblin Trashmaster》
4:《ゴブリンの戦長/Goblin Warchief》
2:《モグの戦争司令官/Mogg War Marshal》
1:《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》
1:《棘鞭使い/Stingscourger》
1:《鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker》
1:《群衆の親分、クレンコ/Krenko, Mob Boss》
31 creatures

4:《霊気の薬瓶/AEther Vial》
3:《タール火/Tarfire》
7 other spells

4:《アメジストのとげ/Thorn of Amethyst》
1:《高山の月/Alpine Moon》
2:《血染めの月/Blood Moon》
3:《紅蓮操作/Pyrokinesis》
2:《赤霊破/Red Elemental Blast》
3:《外科的摘出/Surgical Extraction》
15 sideboard cards

8位:グリクシスシャドウ プレイヤー:David Nunez
1:《血の墓所/Blood Crypt》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2:《蒸気孔/Steam Vents》
1:《Underground Sea》
4:《不毛の大地/Wasteland》
2:《湿った墓/Watery Grave》
18 lands

4:《死の影/Death’s Shadow》
4:《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
2:《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
4:《通りの悪霊/Street Wraith》
14 creatures

4:《渦まく知識/Brainstorm》
4:《目くらまし/Daze》
4:《意志の力/Force of Will》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
4:《もみ消し/Stifle》
4:《思案/Ponder》
4:《思考囲い/Thoughtseize》
28 other spells

1:《夜の戦慄/Dread of Night》
1:《四肢切断/Dismember》
2:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2:《紅蓮破/Pyroblast》
1:《赤霊破/Red Elemental Blast》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《反体制魔道士、ケス/Kess, Dissident Mage》
1:《破滅の龍、ニコル・ボーラス/Nicol Bolas, the Ravager》
4:《トーラックへの賛歌/Hymn to Tourach》
15 sideboard cards

23 コメント on SCGオープン(3人チーム構築戦):優勝は黒赤アグロ・ジェスカイコン・ストームのチームに

  1. [1] 名無しのイゼット団員 2018/07/16(月) 20:04:50 ID:EyNjg0MzM

    緑単の馬がいい感じ
    グリクシス止まんないでしょこれ

  2. [2] 名無しのイゼット団員 2018/07/16(月) 20:06:33 ID:A0ODM3MTI

    クラシックの呪禁オーラなんだこれ
    夜明けの司祭は夜明けの宝冠の書き間違いか?

  3. [3] 名無しのイゼット団員 2018/07/16(月) 20:24:22 ID:E1NDA5NzA

    光異種やっぱり使われてるじゃん誰だ使われないって言ったやつは

  4. [4] 名無しのイゼット団員 2018/07/16(月) 20:31:40 ID:QzMjg4OTY

    ここのコメント欄の使われる使われない論なんて信じない方がいいぞ

  5. [5] 名無しのイゼット団員 2018/07/16(月) 20:32:06 ID:E3NTcxOTk

    モダンのスピリットかなり増えてる気がする。除去多くても放浪者、マナクリ、鎖の処理が少しでも遅れるとすぐ後手後手になって最後は上から押し切られる

  6. [6] 名無しのイゼット団員 2018/07/16(月) 20:33:15 ID:UyMzk3NDg

    6位のチーム好き・・・。

    ※3
    光異種は強いのは強いけど、魂の洞窟と排他になるし募集員でサーチできないから好みが分かれる。

  7. [7] 名無しのイゼット団員 2018/07/16(月) 20:38:42 ID:MwNDc2MzI

    えっコメント欄をまともに受け止めてたの!?

  8. [8] 名無しのイゼット団員 2018/07/16(月) 21:26:34 ID:YzMzQxMzk

    スピリットと言えば神河にあった転生能力。アレはコストがデカ過ぎて使いモンにならんかったが、コスト下げたらモダンで活躍出来るかな?
    まあ…あんまコスト下げ過ぎたらアレは壊れシステムになってしまうが

  9. [9] 名無しのイゼット団員 2018/07/16(月) 21:29:02 ID:k3Nzg2OTM

    いつも思うけどチーム戦の意味全くないよね

  10. [10] 名無しのイゼット団員 2018/07/16(月) 22:12:57 ID:E0Nzk0OTU

    まともなサイズあると呪禁は強いな

  11. [11] 名無しのイゼット団員 2018/07/16(月) 22:13:38 ID:A5NjU3NDk

    チーム構築なら全員同じフォーマットで同名カードの使用制限かかってた奴がの方が好き

  12. [12] 名無しのイゼット団員 2018/07/16(月) 22:23:59 ID:Y4NTcwNTI

    RUG Delver死儀礼消えたらまだ戦えるのか…
    死儀礼衰微に更にネメシスまで加わっても見かけるぐらいには強かったけどさ

  13. [13] 名無しのイゼット団員 2018/07/16(月) 23:21:38 ID:E4NzA4OTA

    レガシー1位のストーム、金属モックスって珍しい?

  14. [14] 名無しのイゼット団員 2018/07/16(月) 23:26:20 ID:Q5NzgwMTE

    光異種の値段がやばいことになってんな
    あんなの一時の流行りとしか思えんが、案外強いのかな?

  15. [15] 名無しのイゼット団員 2018/07/17(火) 05:32:29 ID:QzMzg0MzU

    散々持ち上げてたスニークショーダメじゃねーか
    やっぱり対策されりゃコンボはダメか

  16. [16] 名無しのイゼット団員 2018/07/17(火) 06:10:07 ID:YyNjQyNTA

    呪禁のサイドがおかしいな
    しかし、マーベリックはどこ……ここ……?

  17. [17] 名無しのイゼット団員 2018/07/17(火) 06:32:04 ID:Q5OTI5MTc

    ※13
    暴勇、ギタ調がわりのストーム稼ぎ、ギタ調で安全確認できなくなったのに加えてはやいコンボが流行る可能性が高いから自分も速度あげないといけない
    この辺の事情だね

  18. [18] 名無しのイゼット団員 2018/07/17(火) 07:51:33 ID:I4NTQzODA

    ※13
    ストームだけどTESだからこの形
    TESは確実性を落とす代わりに速度を取る型で、ギタ調禁止前からメインに金属3枚上入ってるよ

  19. [19] 名無しのイゼット団員 2018/07/17(火) 18:37:51 ID:QzMzcyMjE

    光異種はフェアデッキに対しては強い
    こないだ禁止改訂があって、改訂後はフェアデッキが増えるとのメタを読みで採用されたのでは
    (もしくはコアセット2019で下環境の対策カードが増えてアンフェアデッキが減ったのかもしれない)
    再びアンフェアデッキが増えれば、先にビートダウンしきる回避能力持ちや、妨害が優先されることになる

  20. [20] 名無しのイゼット団員 2018/07/17(火) 18:41:47 ID:QzMzcyMjE

    いずれにせよ、禁止改訂や新セットリリースを経て環境が変わったことによって光異種が試されるようになったのであって、レガシー民が発売後1カ月してようやく強さに気づいたわけじゃない
    レガシーだってメタは動いてるし、カードの強さなんであくまで相対的なものにすぎない

  21. [21] 名無しのイゼット団員 2018/07/17(火) 18:53:46 ID:czNDk5MTI

    光異種は対奇跡がめっちゃ強いぞ。
    魂の洞窟積み難くなる(無理しても1~2枚)のが残念だけど、この2枚だけで勝てる。

  22. [22] 名無しのイゼット団員 2018/07/17(火) 19:01:53 ID:czNDk5MTI

    除去→手札に戻す→ヴェンディリオンで対処されることはある・・・。

  23. [23] 名無しのイゼット団員 2018/07/17(火) 19:44:13 ID:E3MTYzOTY

    カナスレ復活?

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。