GPロンドン2015(スタンダード):搭載歩行機械入りアブザンのFabrizio Anteri選手が優勝

 

2015年8月15-16日、イギリス首都ロンドンにてスタンダードフォーマットで行われたグランプリ・ロンドン2015。優勝は《搭載歩行機械》入りの白黒緑アグロを使用したFabrizio Anteri選手、準優勝は同じく《搭載歩行機械》入りの白黒緑アグロを使用したMatteo Moure選手となりました。

トップ8選手&使用デッキ

1st Place白黒緑アグロ
プレイヤー:Fabrizio Anteri
2nd Place白黒緑アグロ
プレイヤー:Matteo Moure
3rd Place白緑アグロ(大変異)
プレイヤー:Erik Skinstad
4th Place白青赤アグロ
プレイヤー:Bill Chronopoulos
5th Place白黒緑コントロール
プレイヤー:Piotr Wald
6th Place白黒緑アグロ
プレイヤー:Marco Cammilluzzi
7th Place赤緑ミッドレンジ(ドラゴン、大変異)
プレイヤー:Martin Jůza
8th Place白黒緑アグロ
プレイヤー:Daniel Fior

トップ8デッキリスト

1位:アブザンアグロ プレイヤー:Fabrizio Anteri
4:《砂草原の城塞/Sandsteppe Citadel》
4:《疾病の神殿/Temple of Malady》
1:《静寂の神殿/Temple of Silence》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
3:《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》
3:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
1:《マナの合流点/Mana Confluence》
1:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
3:《森/Forest》
2:《平地/Plains》
26 lands

1:《始まりの木の管理人/Warden of the First Tree》
4:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
4:《羊毛鬣のライオン/Fleecemane Lion》
4:《棲み家の防御者/Den Protector》
4:《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost》
4:《包囲サイ/Siege Rhino》
21 creatures

1:《真面目な訪問者、ソリン/Sorin, Solemn Visitor》
1:《英雄の導師、アジャニ/Ajani, Mentor of Heroes》
4:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
2:《究極の価格/Ultimate Price》
4:《アブザンの魔除け/Abzan Charm》
1:《英雄の破滅/Hero’s Downfall》
13 other spells

1:《究極の価格/Ultimate Price》
4:《思考囲い/Thoughtseize》
2:《自傷疵/Self-Inflicted Wound》
2:《悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance》
2:《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》
1:《アラシンの僧侶/Arashin Cleric》
1:《正義のうねり/Surge of Righteousness》
1:《異端の輝き/Glare of Heresy》
1:《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
15 sideboard cards

2位:アブザンアグロ プレイヤー:Matteo Moure
4:《砂草原の城塞/Sandsteppe Citadel》
3:《疾病の神殿/Temple of Malady》
3:《静寂の神殿/Temple of Silence》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
3:《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》
1:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
3:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
1:《マナの合流点/Mana Confluence》
2:《平地/Plains》
2:《森/Forest》
26 lands

2:《風番いのロック/Wingmate Roc》
4:《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost》
4:《羊毛鬣のライオン/Fleecemane Lion》
4:《包囲サイ/Siege Rhino》
4:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
2:《始まりの木の管理人/Warden of the First Tree》
2:《棲み家の防御者/Den Protector》
22 creatures

2:《真面目な訪問者、ソリン/Sorin, Solemn Visitor》
3:《究極の価格/Ultimate Price》
2:《アブザンの魔除け/Abzan Charm》
3:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
2:《英雄の破滅/Hero’s Downfall》
12 other spells

1:《究極の価格/Ultimate Price》
1:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
2:《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》
4:《思考囲い/Thoughtseize》
3:《悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance》
1:《霊気のほころび/Unravel the AEther》
3:《責め苦の伝令/Herald of Torment》
15 sideboard cards

3位:白緑大変異アグロ プレイヤー:Erik Skinstad
8:《森/Forest》
6:《平地/Plains》
4:《豊潤の神殿/Temple of Plenty》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1:《マナの合流点/Mana Confluence》
1:《花咲く砂地/Blossoming Sands》
24 lands

4:《エルフの神秘家/Elvish Mystic》
4:《死霧の猛禽/Deathmist Raptor》
4:《棲み家の防御者/Den Protector》
4:《羊毛鬣のライオン/Fleecemane Lion》
2:《加護のサテュロス/Boon Satyr》
2:《隠れたる龍殺し/Hidden Dragonslayer》
2:《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》
2:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
3:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
27 creatures

2:《英雄の導師、アジャニ/Ajani, Mentor of Heroes》
1:《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》
3:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
3:《勇敢な姿勢/Valorous Stance》
9 other spells

2:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
1:《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》
1:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
1:《オレスコスの王、ブリマーズ/Brimaz, King of Oreskos》
2:《進化の飛躍/Evolutionary Leap》
2:《霊気のほころび/Unravel the AEther》
1:《自然に帰れ/Back to Nature》
1:《異端の輝き/Glare of Heresy》
2:《悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance》
2:《垂直落下/Plummet》
15 sideboard cards

4位:ジェスカイアグロ プレイヤー:Bill Chronopoulos
4:《神秘の僧院/Mystic Monastery》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3:《シヴの浅瀬/Shivan Reef》
3:《戦場の鍛冶場/Battlefield Forge》
3:《凱旋の神殿/Temple of Triumph》
3:《天啓の神殿/Temple of Epiphany》
2:《平地/Plains》
2:《島/Island》
1:《山/Mountain》
25 lands

4:《魂火の大導師/Soulfire Grand Master》
4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
3:《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster》
2:《嵐の息吹のドラゴン/Stormbreath Dragon》
4:《カマキリの乗り手/Mantis Rider》
17 creatures

1:《焙り焼き/Roast》
3:《乱撃斬/Wild Slash》
3:《稲妻の一撃/Lightning Strike》
3:《オジュタイの命令/Ojutai’s Command》
2:《かき立てる炎/Stoke the Flames》
2:《時を越えた探索/Dig Through Time》
1:《ジェスカイの魔除け/Jeskai Charm》
3:《勇敢な姿勢/Valorous Stance》
18 other spells

2:《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》
2:《否認/Negate》
3:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
2:《悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance》
2:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
2:《アラシンの僧侶/Arashin Cleric》
2:《存在の破棄/Revoke Existence》
15 sideboard cards

5位:アブザンコントロール プレイヤー:Piotr Wald
4:《森/Forest》
1:《平地/Plains》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
4:《静寂の神殿/Temple of Silence》
4:《疾病の神殿/Temple of Malady》
4:《砂草原の城塞/Sandsteppe Citadel》
2:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
2:《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》
26 lands

4:《包囲サイ/Siege Rhino》
4:《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》
2:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
3:《棲み家の防御者/Den Protector》
1:《龍王ドロモカ/Dragonlord Dromoka》
1:《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
15 creatures

2:《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》
1:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
4:《思考囲い/Thoughtseize》
2:《衰滅/Languish》
2:《究極の価格/Ultimate Price》
1:《胆汁病/Bile Blight》
3:《英雄の破滅/Hero’s Downfall》
4:《アブザンの魔除け/Abzan Charm》
19 other spells

1:《究極の価格/Ultimate Price》
1:《胆汁病/Bile Blight》
1:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
2:《骨読み/Read the Bones》
1:《悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance》
3:《アラシンの僧侶/Arashin Cleric》
2:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
2:《強迫/Duress》
1:《霊気のほころび/Unravel the AEther》
1:《対立の終結/End Hostilities》
15 sideboard cards

6位:アブザンアグロ プレイヤー:Marco Cammilluzzi
4:《砂草原の城塞/Sandsteppe Citadel》
3:《疾病の神殿/Temple of Malady》
3:《静寂の神殿/Temple of Silence》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
2:《森/Forest》
2:《平地/Plains》
3:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
3:《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》
1:《マナの合流点/Mana Confluence》
1:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
26 lands

2:《始まりの木の管理人/Warden of the First Tree》
4:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
4:《羊毛鬣のライオン/Fleecemane Lion》
4:《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost》
2:《棲み家の防御者/Den Protector》
4:《包囲サイ/Siege Rhino》
2:《風番いのロック/Wingmate Roc》
22 creatures

2:《真面目な訪問者、ソリン/Sorin, Solemn Visitor》
3:《究極の価格/Ultimate Price》
3:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
2:《アブザンの魔除け/Abzan Charm》
2:《英雄の破滅/Hero’s Downfall》
12 other spells

1:《究極の価格/Ultimate Price》
1:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
2:《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》
3:《悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance》
4:《思考囲い/Thoughtseize》
3:《責め苦の伝令/Herald of Torment》
1:《霊気のほころび/Unravel the AEther》
15 sideboard cards

7位:赤緑ドラゴン プレイヤー:Martin Jůza
4:《奔放の神殿/Temple of Abandon》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
6:《山/Mountain》
7:《森/Forest》
1:《マナの合流点/Mana Confluence》
2:《精霊龍の安息地/Haven of the Spirit Dragon》
24 lands

4:《エルフの神秘家/Elvish Mystic》
4:《爪鳴らしの神秘家/Rattleclaw Mystic》
4:《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster》
2:《棲み家の防御者/Den Protector》
4:《死霧の猛禽/Deathmist Raptor》
4:《雷破の執政/Thunderbreak Regent》
4:《嵐の息吹のドラゴン/Stormbreath Dragon》
26 creatures

3:《火口の爪/Crater’s Claws》
3:《乱撃斬/Wild Slash》
4:《龍詞の咆哮/Draconic Roar》
10 other spells

2:《棲み家の防御者/Den Protector》
4:《焙り焼き/Roast》
3:《歓楽者ゼナゴス/Xenagos, the Reveler》
2:《破壊的な享楽/Destructive Revelry》
1:《垂直落下/Plummet》
2:《高木の巨人/Arbor Colossus》
1:《引き裂く流弾/Rending Volley》
15 sideboard cards

8位:アブザンアグロ プレイヤー:Daniel Fior
4:《砂草原の城塞/Sandsteppe Citadel》
4:《疾病の神殿/Temple of Malady》
1:《静寂の神殿/Temple of Silence》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
3:《森/Forest》
2:《平地/Plains》
3:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
3:《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》
1:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
1:《マナの合流点/Mana Confluence》
26 lands

1:《始まりの木の管理人/Warden of the First Tree》
4:《羊毛鬣のライオン/Fleecemane Lion》
4:《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost》
4:《包囲サイ/Siege Rhino》
4:《棲み家の防御者/Den Protector》
4:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
21 creatures

1:《真面目な訪問者、ソリン/Sorin, Solemn Visitor》
1:《英雄の導師、アジャニ/Ajani, Mentor of Heroes》
4:《アブザンの魔除け/Abzan Charm》
4:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
2:《究極の価格/Ultimate Price》
1:《英雄の破滅/Hero’s Downfall》
13 other spells

1:《真面目な訪問者、ソリン/Sorin, Solemn Visitor》
1:《究極の価格/Ultimate Price》
2:《正義のうねり/Surge of Righteousness》
1:《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
4:《思考囲い/Thoughtseize》
1:《アラシンの僧侶/Arashin Cleric》
2:《悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance》
1:《異端の輝き/Glare of Heresy》
2:《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》
15 sideboard cards

ソース

GRAND PRIX LONDON 2015 – 米MTG公式サイト


56 コメント on GPロンドン2015(スタンダード):搭載歩行機械入りアブザンのFabrizio Anteri選手が優勝

  1. [51] 名無しのイゼット団員 2015/08/19(水) 14:33:45 ID:E2NTM0MjE

    だったらもっとオジュタイみたいな殴れるコントロール用のクリーチャー作れって話だよなw
    それこそ霊異種とか長引かせないための最高のクリーチャーじゃねぇか。

    それにクリーチャーばかり強くするのは百歩譲ったとしても
    なんで全部緑なんだよっていう。

  2. [52] 名無しのイゼット団員 2015/08/19(水) 15:59:15 ID:k4MjkzNTA

    み、緑は生命力にあふれる色だから強くて当然っていうか…(震え声)

  3. [53] 名無しのイゼット団員 2015/08/20(木) 04:57:22 ID:U0Mzg2NzA

    なんでクリーチャーガンガン強くなってんのにラス5マナからやねん    緑のクリーチャーとか一体でも横撃たなあかんレベルやぞ         バランス悪すぎ

  4. [54] 名無しのイゼット団員 2015/08/21(金) 01:49:11 ID:AyMzg0MTQ

    テーロス+ラヴニカがスタンの時に、霊異種不採用で勝ち手段がコントロールしながら不死の霊薬で自分のみライブラリーを回復してLOか、アショクで奪ったもので殴り勝つの二択しか勝ち手段の無いエスパーコンとかあったし、時間のかかるデッキが組めるカードプールは用意しないだろうな…

  5. [55] 名無しのイゼット団員 2015/08/21(金) 14:21:44 ID:Y5MjM4MzE

    飛行機械がここまで使われると思った人は、流石にほとんどおらんやったやろw今さら手のひら返しされてもねえ
    現代マジックはこういう強いカードを雑に積んだミッドレンジ(大抵緑含む)か赤単の速攻が主流になる、開発がヘビーコントロールとコンボを嫌っている以上しょうがない、残念だけど嫌ならスタンやめるしかないね

  6. [56] 名無しのイゼット団員 2015/08/22(土) 14:33:20 ID:A5MDYyNDA

    ついこのあいだ赤単ばっかじゃねーかって言ってもうちょっと前はジェイス一強じゃねーかとか言ってなかった?メタゲームは見た感じ非常に健全だぞ

1 2

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




必ずガイドラインを確認、同意の上で送信ボタンを押してください。規約に違反すると判断された場合、削除・編集が行われる可能性がありますので紳士的な発言を心がけましょう。