SCGインビテーショナル:ティムールエネルギーとストームを使用したEli Kassis選手が王者に

12月2-3日、アメリカ合衆国イリノイ州ロアノークにてStarCityGames.com主催の招待制イベント・インビテーショナルが開催されました(参加者数:288名)。優勝はスタンダードでティムールエネルギーを、モダンでストームを使用したEli Kassis選手となっています。

※写真はStarCityGames.com公式カバレージより

トップ8選手&スタンダード/モダン使用デッキ

1st Placeティムールエネルギー/ストーム
プレイヤー:Eli Kassis
2nd Place4色エネルギー/ランタンコントロール
プレイヤー:Sam Black
3rd Place赤単アグロ/グリクシスシャドウ
プレイヤー:Austin Collins
4th Placeティムールエネルギー/グリクシスシャドウ
プレイヤー:Danny Jessup
5th Place4色エネルギー/ティムールムーン
プレイヤー:Gerard Fabiano
6th Placeティムールエネルギー/エルドラージトロン
プレイヤー:Michael Hamilton
7th Placeティムールエネルギー/ジェスカイコントロール
プレイヤー:Benjamin Nikolich
8th Placeトレジャーレッド/バーン
プレイヤー:Rio Trevathan

トップ8選手プロフィールはこちらから。

優勝者デッキリスト

スタンダード:ティムールエネルギー プレイヤー:Eli Kassis
2:《森/Forest》
2:《島/Island》
2:《山/Mountain》
4:《霊気拠点/Aether Hub》
4:《植物の聖域/Botanical Sanctum》
2:《根縛りの岩山/Rootbound Crag》
2:《隠れた茂み/Sheltered Thicket》
4:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
22 lands

2:《逆毛ハイドラ/Bristling Hydra》
3:《栄光をもたらすもの/Glorybringer》
4:《牙長獣の仔/Longtusk Cub》
4:《ならず者の精製屋/Rogue Refiner》
3:《導路の召使い/Servant of the Conduit》
2:《多面相の侍臣/Vizier of Many Faces》
4:《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso》
22 creatures

2:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
4:《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning》
2:《稲妻の一撃/Lightning Strike》
1:《マグマのしぶき/Magma Spray》
1:《呪文貫き/Spell Pierce》
4:《霊気との調和/Attune with Aether》
2:《慮外な押収/Confiscation Coup》
16 other spells

1:《奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk》
2:《貪る死肉あさり/Deathgorge Scavenger》
2:《チャンドラの敗北/Chandra’s Defeat》
1:《暗記+記憶/Commit+Memory》
1:《本質の散乱/Essence Scatter》
1:《マグマのしぶき/Magma Spray》
1:《否認/Negate》
1:《粉骨+砕身/Reduce+Rubble》
1:《革命的拒絶/Revolutionary Rebuff》
1:《真っ二つ/Slice in Twain》
1:《アズカンタの探索/Search for Azcanta》
1:《自然に仕える者、ニッサ/Nissa, Steward of Elements》
1:《破滅の刻/Hour of Devastation》
15 sideboard cards

モダン:ストーム プレイヤー:Eli Kassis
2:《島/Island》
1:《山/Mountain》
1:《冠雪の島/Snow-Covered Island》
1:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1:《汚染された三角州/Polluted Delta》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1:《シヴの浅瀬/Shivan Reef》
4:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
2:《蒸気孔/Steam Vents》
18 lands

4:《ゴブリンの電術師/Goblin Electromancer》
4:《遵法長、バラル/Baral, Chief of Compliance》
8 creatures

4:《けちな贈り物/Gifts Ungiven》
4:《魔力変/Manamorphose》
3:《選択/Opt》
4:《発熱の儀式/Pyretic Ritual》
3:《差し戻し/Remand》
1:《巣穴からの総出/Empty the Warrens》
2:《ぶどう弾/Grapeshot》
2:《炎の中の過去/Past in Flames》
3:《先読み/See Beyond》
4:《血清の幻視/Serum Visions》
4:《捨て身の儀式/Desperate Ritual》
34 other spells

1:《白金の帝像/Platinum Emperion》
2:《残響する真実/Echoing Truth》
3:《稲妻/Lightning Bolt》
2:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
1:《力ずく/By Force》
1:《巣穴からの総出/Empty the Warrens》
2:《向こう見ずな実験/Madcap Experiment》
2:《パズルの欠片/Pieces of the Puzzle》
1:《破壊放題/Shattering Spree》
15 sideboard cards

デッキピックアップ(スタンダード)

8位:トレジャーレッド プレイヤー:Rio Trevathan
13:《山/Mountain》
3:《死者の砂丘/Dunes of the Dead》
4:《ラムナプの遺跡/Ramunap Ruins》
2:《屍肉あさりの地/Scavenger Grounds》
3:《陽焼けした砂漠/Sunscorched Desert》
25 lands

4:《ボーマットの急使/Bomat Courier》
4:《栄光をもたらすもの/Glorybringer》
4:《暴れ回るフェロキドン/Rampaging Ferocidon》
4:《損魂魔道士/Soul-Scar Mage》
2:《航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴ/Kari Zev, Skyship Raider》
18 creatures

3:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
3:《宝物の地図/Treasure Map》
3:《削剥/Abrade》
4:《稲妻の一撃/Lightning Strike》
4:《ショック/Shock》
17 other spells

2:《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester》
2:《過酷な指導者/Harsh Mentor》
3:《チャンドラの敗北/Chandra’s Defeat》
2:《マグマのしぶき/Magma Spray》
2:《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》
2:《ピア・ナラー/Pia Nalaar》
2:《木端+微塵/Cut+Ribbons 》
15 sideboard cards

デッキピックアップ(モダン)

5位:ティムールムーン プレイヤー:Gerard Fabiano
1:《森/Forest》
6:《島/Island》
1:《山/Mountain》
1:《繁殖池/Breeding Pool》
4:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2:《蒸気孔/Steam Vents》
1:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
1:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
21 lands

3:《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells》
3:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
4:《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
2:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
2:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
14 creatures

3:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
2:《血染めの月/Blood Moon》
2:《謎めいた命令/Cryptic Command》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
3:《マナ漏出/Mana Leak》
3:《選択/Opt》
1:《差し戻し/Remand》
2:《呪文嵌め/Spell Snare》
1:《思考掃き/Thought Scour》
4:《血清の幻視/Serum Visions》
25 other spells

3:《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
3:《削剥/Abrade》
3:《儀礼的拒否/Ceremonious Rejection》
3:《払拭/Dispel》
1:《思考を築く者、ジェイス/Jace, Architect of Thought》
2:《焙り焼き/Roast》
15 sideboard cards

その他デッキリスト

スタンダードトップ8 / 7-1ライン
モダントップ8 / 6-1-1ライン

動画配信(Twitch)

動画一覧

14 コメント on SCGインビテーショナル:ティムールエネルギーとストームを使用したEli Kassis選手が王者に

  1. [1] 名無しのイゼット団員 2017/12/05(火) 18:32:00 ID:A1NDYwNzI

    先読みの採用でサイドの帝像の枚数を抑える構築すき

  2. [2] 名無しのイゼット団員 2017/12/05(火) 18:44:57 ID:MyMDI2MjE

    サムブラックツエー
    唸り型ランタンかぁ、練習すればここまで勝てるとは…ローグでも勝てるのがモダンだし頑張ろう

  3. [3] 名無しのイゼット団員 2017/12/05(火) 18:52:35 ID:A5MDYyOTY

    証明写真?

  4. [4] 名無しのイゼット団員 2017/12/05(火) 19:03:00 ID:A5MDE2Njk

    トレジャーレッドって、新たな赤単の名称が出てきたのか。

  5. [5] 名無しのイゼット団員 2017/12/05(火) 19:28:28 ID:I0MTc1MDg

    ティムールムーンの月要素薄い…薄くない?

  6. [6] 名無しのイゼット団員 2017/12/05(火) 19:40:27 ID:I0MjE0NjY

    12歳と15歳がベスト8入っててビビる

  7. [7] 名無しのイゼット団員 2017/12/05(火) 19:42:45 ID:AxNzE3NDQ

    トレジャー地図しかないのか

  8. [8] 名無しのイゼット団員 2017/12/05(火) 20:32:33 ID:E1MTk3MzI

    あー、これはキマってる顔ですわ

    ※4
    メインからミッドレンジの形態取るデザートレッドって派生もあるんやで

  9. [9] 名無しのイゼット団員 2017/12/05(火) 22:14:40 ID:M2MzY3Mjg

    ※4
    名前自体は世界選手権の時から既にあった
    だけどその時はずる賢いゴブリンやラネリーでちょっとマナ加速して早めにグロブリ、チャンドラを着地させるものだった

  10. [10] 名無しのイゼット団員 2017/12/05(火) 23:06:43 ID:MyMTcyOTA

    3色でクリコマも採用してるのに月も入れてるとかすごいな

  11. [11] 名無しのイゼット団員 2017/12/06(水) 00:45:27 ID:IzOTk5OTQ

    ティムールムーンマナ加速無しで土地21か
    月も入ってるのによくこれでクリコマ打てるな

  12. [12] 名無しのイゼット団員 2017/12/06(水) 01:21:26 ID:A3MDIxNzg

    1マナドローが8枚もあるし土地も18枚は青マナ出せるから問題ないんじゃない?

  13. [13] 名無しのイゼット団員 2017/12/06(水) 07:45:02 ID:g1MTg3MjE

    8位の人の赤単+バーンっていう潔さ、好感が持てる
    宝物の地図を採用した赤単はWMCにもいたね
    世界選手権の時のデッキとは名前が同じでも構成もコンセプトも全く別物だけど

  14. [14] 名無しのイゼット団員 2017/12/06(水) 09:52:12 ID:I5NTczNDI

    ストーム先読みとか渋いチョイスだな・・・
    墓地利用もするデッキなんだし、航路の作成じゃダメなのかな?

    と思ったけどそうか、サイド後の白金の帝像ライブラリに戻す用かと書いてる途中で気づいたわ

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。