GPポルトアレグレ2017(スタンダード):優勝はティムール電招使用のVictor Silva選手に

2017年3月18-19日、ブラジル連邦共和国リオグランデ・ド・スル州にてスタンダードフォーマットで行われたグランプリ・ポルトアレグレ2017(参加人数:576名)。優勝はティムール電招を使用したVictor Fernando Silva選手となりました。

トップ8選手&使用デッキ

1st Place 青赤緑電招
プレイヤー:Victor Fernando Silva
2nd Place 白黒赤機体(歩行バリスタ型)
プレイヤー:Vagner William Casatti
3rd Place 黒緑アグロ(昂揚型)
プレイヤー:Francisco Sifuentes
4th Place 黒緑アグロ(エネルギー型)
プレイヤー:Rafael Bertolli Parra
5th Place 白黒赤機体(歩行バリスタ型)
プレイヤー:Sebastian Pozzo
6th Place 白青赤緑コピーキャット
プレイヤー:Luis Salvatto
7th Place 白青赤緑コピーキャット
プレイヤー:Patricio Roman
8th Place 白青赤緑コピーキャット
プレイヤー:Carlos Alexandre Dos Santos Esteves

トップ8選手プロフィールはこちらから。

トップ8デッキリスト

1位:ティムール電招 プレイヤー:Victor Fernando Silva
2:《伐採地の滝/Lumbering Falls》
4:《霊気拠点/Aether Hub》
3:《森/Forest》
3:《島/Island》
2:《山/Mountain》
4:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
4:《植物の聖域/Botanical Sanctum》
22 lands

4:《奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk》
4 creatures

2:《焼夷流/Incendiary Flow》
4:《霊気との調和/Attune with Aether》
4:《天才の片鱗/Glimmer of Genius》
4:《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning》
1:《予期/Anticipate》
3:《否認/Negate》
2:《自然廃退/Natural Obsolescence》
3:《虚空の粉砕/Void Shatter》
2:《不許可/Disallow》
2:《手酷い失敗/Horribly Awry》
3:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
4:《電招の塔/Dynavolt Tower》

34 other spells

1:《否認/Negate》
1:《自然廃退/Natural Obsolescence》
1:《虚空の粉砕/Void Shatter》
4:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
4:《牙長獣の仔/Longtusk Cub》
2:《払拭/Dispel》
2:《ナーナムの改革派/Narnam Renegade》
15 sideboard cards

2位:マルドゥバリスタ プレイヤー:Vagner William Casatti
4:《感動的な眺望所/Inspiring Vantage》
4:《秘密の中庭/Concealed Courtyard》
4:《産業の塔/Spire of Industry》
2:《鋭い突端/Needle Spires》
1:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
1:《燻る湿地/Smoldering Marsh》
1:《霊気拠点/Aether Hub》
3:《山/Mountain》
1:《沼/Swamp》
3:《平地/Plains》
24 lands

4:《スレイベンの検査官/Thraben Inspector》
4:《模範的な造り手/Toolcraft Exemplar》
2:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
2:《経験豊富な操縦者/Veteran Motorist》
4:《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger》
1:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
2:《異端聖戦士、サリア/Thalia, Heretic Cathar》
19 creatures

4:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
1:《ショック/Shock》
3:《致命的な一押し/Fatal Push》
4:《無許可の分解/Unlicensed Disintegration》
4:《キランの真意号/Heart of Kiran》
1:《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester》
17 other spells

1:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
1:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
1:《ショック/Shock》
2:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
1:《苦渋の破棄/Anguished Unmaking》
2:《チャンドラの誓い/Oath of Chandra》
1:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
2:《リリアナの誓い/Oath of Liliana》
2:《苦い真理/Painful Truths》
1:《グレムリン解放/Release the Gremlins》
1:《死の宿敵、ソリン/Sorin, Grim Nemesis》
15 sideboard cards

3位:黒緑昂揚アグロ プレイヤー:Francisco Sifuentes
2:《進化する未開地/Evolving Wilds》
4:《風切る泥沼/Hissing Quagmire》
4:《花盛りの湿地/Blooming Marsh》
6:《沼/Swamp》
9:《森/Forest》
25 lands

3:《ピーマの改革派、リシュカー/Rishkar, Peema Renegade》
2:《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
1:《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow》
3:《新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulk》
2:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
4:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
4:《残忍な剥ぎ取り/Grim Flayer》
4:《巻きつき蛇/Winding Constrictor》
23 creatures

3:《ウルヴェンワルド横断/Traverse the Ulvenwald》
4:《闇の掌握/Grasp of Darkness》
3:《顕在的防御/Blossoming Defense》
4:《致命的な一押し/Fatal Push》
14 other spells

2:《自然廃退/Natural Obsolescence》
1:《領事の旗艦、スカイソブリン/Skysovereign, Consul Flagship》
1:《生命の力、ニッサ/Nissa, Vital Force》
1:《自然のままに/Natural State》
1:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》
2:《豪華の王、ゴンティ/Gonti, Lord of Luxury》
2:《餌食/To the Slaughter》
2:《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger》
3:《精神背信/Transgress the Mind》
15 sideboard cards

4位:黒緑エネルギーアグロ プレイヤー:Rafael Bertolli Parra
4:《霊気拠点/Aether Hub》
4:《花盛りの湿地/Blooming Marsh》
5:《森/Forest》
3:《風切る泥沼/Hissing Quagmire》
5:《沼/Swamp》
21 lands

4:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
4:《緑地帯の暴れ者/Greenbelt Rampager》
4:《巻きつき蛇/Winding Constrictor》
4:《牙長獣の仔/Longtusk Cub》
4:《光袖会の収集者/Glint-Sleeve Siphoner》
3:《ピーマの改革派、リシュカー/Rishkar, Peema Renegade》
3:《新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulk》
26 creatures

4:《霊気との調和/Attune with Aether》
2:《顕在的防御/Blossoming Defense》
3:《致命的な一押し/Fatal Push》
2:《闇の掌握/Grasp of Darkness》
2:《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester》
13 other spells

1:《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester》
2:《過酷な精査/Harsh Scrutiny》
2:《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger》
1:《造命師の動物記/Lifecrafter’s Bestiary》
1:《自然廃退/Natural Obsolescence》
2:《精神背信/Transgress the Mind》
1:《殺害/Murder》
2:《豪華の王、ゴンティ/Gonti, Lord of Luxury》
2:《鞭打つ触手/Flaying Tendrils》
1:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》
15 sideboard cards

5位:マルドゥバリスタ プレイヤー:Sebastian Pozzo
1:《霊気拠点/Aether Hub》
4:《秘密の中庭/Concealed Courtyard》
4:《感動的な眺望所/Inspiring Vantage》
2:《鋭い突端/Needle Spires》
1:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
1:《燻る湿地/Smoldering Marsh》
3:《平地/Plains》
3:《山/Mountain》
1:《沼/Swamp》
4:《産業の塔/Spire of Industry》
24 lands

4:《模範的な造り手/Toolcraft Exemplar》
4:《スレイベンの検査官/Thraben Inspector》
2:《経験豊富な操縦者/Veteran Motorist》
4:《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger》
2:《異端聖戦士、サリア/Thalia, Heretic Cathar》
2:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
2:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
20 creatures

4:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
3:《致命的な一押し/Fatal Push》
4:《無許可の分解/Unlicensed Disintegration》
1:《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester》
4:《キランの真意号/Heart of Kiran》
16 other spells

1:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
1:《致命的な一押し/Fatal Push》
1:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
2:《グレムリン解放/Release the Gremlins》
2:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
2:《リリアナの誓い/Oath of Liliana》
2:《チャンドラの誓い/Oath of Chandra》
1:《苦い真理/Painful Truths》
1:《苦渋の破棄/Anguished Unmaking》
1:《死の宿敵、ソリン/Sorin, Grim Nemesis》
1:《ショック/Shock》
15 sideboard cards

6位:4色コピーキャット プレイヤー:Luis Salvatto
4:《霊気拠点/Aether Hub》
4:《植物の聖域/Botanical Sanctum》
3:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
1:《燃えがらの林間地/Cinder Glade》
1:《獲物道/Game Trail》
5:《森/Forest》
1:《島/Island》
1:《平地/Plains》
1:《山/Mountain》
21 lands

4:《導路の召使い/Servant of the Conduit》
4:《ならず者の精製屋/Rogue Refiner》
3:《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso》
4:《守護フェリダー/Felidar Guardian》
2:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
17 creatures

4:《サヒーリ・ライ/Saheeli Rai》
3:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
4:《霊気との調和/Attune with Aether》
4:《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning》
1:《領事の旗艦、スカイソブリン/Skysovereign, Consul Flagship》
4:《ニッサの誓い/Oath of Nissa》
2:《チャンドラの誓い/Oath of Chandra》
22 other spells

2:《領事の旗艦、スカイソブリン/Skysovereign, Consul Flagship》
2:《否認/Negate》
1:《金属の叱責/Metallic Rebuke》
2:《グレムリン解放/Release the Gremlins》
2:《自然のままに/Natural State》
1:《先駆ける者、ナヒリ/Nahiri, the Harbinger》
1:《バラルの巧技/Baral’s Expertise》
1:《領事の権限/Authority of the Consuls》
1:《逆毛ハイドラ/Bristling Hydra》
2:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
15 sideboard cards

7位:4色コピーキャット プレイヤー:Patricio Roman
5:《森/Forest》
1:《平地/Plains》
1:《島/Island》
1:《山/Mountain》
1:《進化する未開地/Evolving Wilds》
4:《霊気拠点/Aether Hub》
1:《獲物道/Game Trail》
1:《感動的な眺望所/Inspiring Vantage》
2:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
4:《植物の聖域/Botanical Sanctum》
21 lands

1:《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow》
3:《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso》
2:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
4:《ならず者の精製屋/Rogue Refiner》
1:《新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulk》
4:《守護フェリダー/Felidar Guardian》
4:《導路の召使い/Servant of the Conduit》
19 creatures

2:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
4:《サヒーリ・ライ/Saheeli Rai》
2:《霊気との調和/Attune with Aether》
2:《ウルヴェンワルド横断/Traverse the Ulvenwald》
4:《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning》
4:《ニッサの誓い/Oath of Nissa》
2:《チャンドラの誓い/Oath of Chandra》
20 other spells

1:《金属の叱責/Metallic Rebuke》
2:《領事の旗艦、スカイソブリン/Skysovereign, Consul Flagship》
2:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
1:《先駆ける者、ナヒリ/Nahiri, the Harbinger》
1:《払拭/Dispel》
2:《否認/Negate》
3:《グレムリン解放/Release the Gremlins》
1:《自然のままに/Natural State》
2:《領事の権限/Authority of the Consuls》
15 sideboard cards

8位:4色コピーキャット プレイヤー:Carlos Alexandre Dos Santos Esteves
1:《進化する未開地/Evolving Wilds》
1:《平地/Plains》
1:《島/Island》
1:《山/Mountain》
5:《森/Forest》
4:《霊気拠点/Aether Hub》
4:《植物の聖域/Botanical Sanctum》
2:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
2:《獲物道/Game Trail》
21 lands

4:《導路の召使い/Servant of the Conduit》
2:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
3:《ならず者の精製屋/Rogue Refiner》
3:《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso》
4:《守護フェリダー/Felidar Guardian》
2:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
18 creatures

3:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
4:《サヒーリ・ライ/Saheeli Rai》
3:《霊気との調和/Attune with Aether》
4:《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning》
1:《領事の旗艦、スカイソブリン/Skysovereign, Consul Flagship》
4:《ニッサの誓い/Oath of Nissa》
2:《チャンドラの誓い/Oath of Chandra》
21 other spells

1:《領事の旗艦、スカイソブリン/Skysovereign, Consul Flagship》
1:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
1:《領事の権限/Authority of the Consuls》
2:《ショック/Shock》
2:《グレムリン解放/Release the Gremlins》
2:《払拭/Dispel》
2:《自然廃退/Natural Obsolescence》
2:《否認/Negate》
2:《逆毛ハイドラ/Bristling Hydra》
15 sideboard cards

ピックアップ

12位:黒赤エルドラージ プレイヤー:Pedro Carvalho
4:《オラン=リーフの廃墟/Ruins of Oran-Rief》
4:《霊気拠点/Aether Hub》
4:《産業の塔/Spire of Industry》
1:《荒廃した湿原/Blighted Fen》
3:《凶兆の廃墟/Foreboding Ruins》
6:《沼/Swamp》
3:《山/Mountain》
25 lands

4:《光袖会の収集者/Glint-Sleeve Siphoner》
4:《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger》
4:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
3:《ピア・ナラー/Pia Nalaar》
4:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
4:《現実を砕くもの/Reality Smasher》
23 creatures

3:《致命的な一押し/Fatal Push》
1:《ショック/Shock》
4:《無許可の分解/Unlicensed Disintegration》
2:《キランの真意号/Heart of Kiran》
2:《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester》
12 other spells

1:《ショック/Shock》
1:《凶兆の廃墟/Foreboding Ruins》
3:《グレムリン解放/Release the Gremlins》
2:《精神背信/Transgress the Mind》
1:《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning》
2:《戦争に向かう者、オリヴィア/Olivia, Mobilized for War》
1:《活力の奔出/Rush of Vitality》
1:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
2:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
1:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》
15 sideboard cards

上位入賞者デッキリスト

9-32位/前日トライアル

動画配信(Twitch)

Grand Prix Porto Alegre

ソース

GRAND PRIX PORTO ALEGRE 2017 – MTG米公式サイト

48 Replies to “GPポルトアレグレ2017(スタンダード):優勝はティムール電招使用のVictor Silva選手に”

  1. 緑黒も帰ってきてるし結局ウィザーズの言ってた通りになっている…?

  2. 参加者も少ないしまあ参考ぐらいに。
    アモンケット出るし一段落だな。

  3. 「ぽっと出の電招にメタ調整の期待なんてかけずにおとなしく禁止しろや」
     
    って散々言われとったなぁ(俺も同意見だったが)
    今回は見事に優勝か。シャッポを脱ぐぜ
    この結果受けて黒緑に代わる第3勢力として台頭していくのかそれとも

  4. デッキが2種類から4種類と書くととっても楽しそうに思える
    なお

  5. そうか、光輝の炎じゃなくてコジリタでいいのか。
    インスタント電招とコジリタで真意号焼けるもんな

  6. サイド後にビートプラン取るなら逆毛ハイドラの方が決定力ありそうだけど牙長獣の仔か
    2ターン目にクロック置けないと3ターン目サヒーリが辛いのかね

  7. 優勝おめでとう!
    サイドに血の滲むような試行錯誤が伺える。
    この規模だと参考にならんとか言ってる奴はプロとか?

  8. 32位内で優勝者しかティムール電招いないのか
    やっぱり相当プレイングが難しいデッキなんだろうな

  9. サイド後牙長獣でビートするのか
    今までの電招とは少し違うな

  10. 参加者うんぬんに関しては、去年トモハルさんが南半球のGPは出得。みたいなこと言ってた気がする…。
    なお治安。

  11. 参加者576人を少ないから只の参考とか言うお前らの感覚が理解出来ない

  12. ※17
    実際プロで考案者のヤソが塔はもう無理って言ってんだよなぁ…

  13. 静岡のティムール電招も最後は土地事故で死んだけどそれまでに機体食いまくってるからね
    こっちで優勝しても静岡で優勝してないから大して強くないってことにはならないよ

  14. 言うけどさ参加者576人は少なくないからな
    「GPとしては」少ないだけで十分過ぎるデータ取れるだろ
    600人集まる大会なんか国内じゃ○れる屋すら到底無理

  15. けれどさ、タワーが強いのは分かったとして、トップメタの一角!環境を定義するデッキ!とは言いづらくない?実際この大会でもtop32は一人だけだし。強いデッキの「強さ」の要素は、使いやすさも含まれるんじゃないかな?

  16. そもそもメタの定義は「強さ」じゃなくて「流行度」なんだわ
    ぶっちゃけ圧倒的環境トップの強さだったとしても使用者が少数ならそれはトップメタとは言わないのよ

  17. 焼夷流2虚空3退廃2手酷い失敗2とこれでもかとたかり屋対策してるな
    ギデオンはカウンターする純パーミッション的な構成に感じる

  18. これでウィザーズが「な?トップメタ4種類だろ?」とかドヤッたら許せないけどね

  19. スタン史上、Tier1上位級の強さを持ってるにもかかわらず「ちょっと難しい」という理由で流行らなかったデッキなんて存在する?
    TOP32に1つだけっていう現実を直視しないといけないんじゃないの

  20. GP静岡見てたけど、塔使うのめっちゃ難しそう。
    相当練習せんと扱えないやろねー

    何はともあれ、機体とサヒーリに割って入ってきたのはおもしろい!

  21. ※34
    KTK期の青白ヒロイックとかGP上位感あったわりにローグ扱いされてたと思うんだけど

  22. ※34
    けちコンとか強かったけど扱い辛くて使用者少なかったイメージだなー
    ・・・て思ったけど、思い返してみると神河+ラヴニカ期はウィニーもミッドレンジも重コントロールもパーミッションもコンボもランデスもリアニもロックも成立してて、どれもそれなりに見かけたから単に少なく感じただけで、実際は使用者一杯いたのかも?

  23. ティムール電招は機体デッキが少し遅くなった今がチャンスだな
    環境が速くなって1マナ火力を入れないといけないようならダメになるだろう

  24. 参考にならないとか言ってる奴はウィザーズに文句つけることが目的だから
    自分に都合の悪いデータは全て参考にならないと斬り捨てるだけだぞ

  25. ※42
    そりゃ、これが10人規模の大会だとかいうなら話は分かるがな

  26. GPの結果が不本意だからって見苦しすぎだ機体一強ニキ
    逆にGPTとかの結果が偏っただけで騒ぎ出す癖に

  27. GP静岡”でも”ティムール電招がトップ8に入ってるんだから、普通に現環境に食い込めるデッキだと解釈できるのに

  28. まあでも結局はアベレージが大事だから、勝ちたきゃ機体かサヒーリ使おうってのが今の環境だよね。それ以外を使うのは情と好みと使い込み次第。まあ来月にはアモンケット来るし少しは環境も動くでしょ。

  29. GP静岡の電招は2連土地事故で終わったのが無念だったな
    それでもだいぶ耐えてたけど
    土地枠実質26でも止まるときは止まるからなあ

  30. どれだけマナカーブやマナバランスを考えて構築しようと事故る時は事故る
    それがMTG
    土地が20枚でもフラットする時はするし、26枚以上だろうと土地なしマリガンを繰り返す時もある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。