SCGオープンinボルチモア(チーム構築):優勝はStark選手、Nass選手、Pardee選手チーム

2017年2月18-19日、StarCityGames.com主催のオープンシリーズ(フォーマット別チーム構築)がメリーランド州ボルチモアにて開催されました(参加人数:309チーム、927名)。優勝はBenjamin Stark選手(スタンダード)、Matthew Nass選手(モダン)、Sam Pardee選手(レガシー)チームとなっています。

オープンシリーズ (フォーマット別チーム構築)

1st Place黒緑昂揚アグロ、白黒赤緑死の影、青黒緑コントロール
プレイヤー:Benjamin Stark、Matthew Nass、Sam Pardee
2nd Place白黒赤機体、青黒赤コントロール、奇跡
プレイヤー:Levi Pospichal、Asa Snyder、Paul Lynch
3rd Place白青赤緑サヒーリ、白赤緑カンパニー、青黒赤タッチ緑デルバー
プレイヤー:Ian Flinn、Michael Mapson、Billy Mitchell
4th Place白黒赤機体、親和、フードチェイン
プレイヤー:Nicolas D’ambrose、 Ryan Dunn、Eric English

※デッキ名およびプレイヤーはスタンダード、モダン、レガシーの順で表記

1位:黒緑昂揚アグロ プレイヤー:Benjamin Stark
5:《森/Forest》
4:《沼/Swamp》
4:《花盛りの湿地/Blooming Marsh》
4:《進化する未開地/Evolving Wilds》
4:《風切る泥沼/Hissing Quagmire》
21 lands

2:《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger》
1:《新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulk》
4:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
3:《節くれ木のドライアド/Gnarlwood Dryad》
4:《残忍な剥ぎ取り/Grim Flayer》
3:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
4:《巻きつき蛇/Winding Constrictor》
1:《豪華の王、ゴンティ/Gonti, Lord of Luxury》
2:《ピーマの改革派、リシュカー/Rishkar, Peema Renegade》
24 creatures

3:《ゼンディカーの代弁者、ニッサ/Nissa, Voice of Zendikar》
4:《致命的な一押し/Fatal Push》
2:《過去との取り組み/Grapple with the Past》
2:《闇の掌握/Grasp of Darkness》
4:《ウルヴェンワルド横断/Traverse the Ulvenwald》
15 other spells

1:《害悪の機械巨人/Noxious Gearhulk》
2:《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger》
1:《新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulk》
1:《殺害/Murder》
2:《自然廃退/Natural Obsolescence》
2:《自然のままに/Natural State》
1:《豪華の王、ゴンティ/Gonti, Lord of Luxury》
1:《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
1:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》
3:《精神背信/Transgress the Mind》
15 sideboard cards

1位:4色死の影 プレイヤー:Matthew Nass
1:《森/Forest》
1:《沼/Swamp》
1:《血の墓所/Blood Crypt》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1:《神無き祭殿/Godless Shrine》
1:《草むした墓/Overgrown Tomb》
2:《汚染された三角州/Polluted Delta》
1:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
4:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
2:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
18 lands

4:《死の影/Death’s Shadow》
1:《改革派の結集者/Renegade Rallier》
4:《通りの悪霊/Street Wraith》
4:《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
13 creatures

1:《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
1:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
4:《ミシュラのガラクタ/Mishra’s Bauble》
1:《炎の印章/Seal of Fire》
1:《四肢切断/Dismember》
2:《致命的な一押し/Fatal Push》
2:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
1:《稲妻/Lightning Bolt》
2:《ティムールの激闘/Temur Battle Rage》
1:《集団的蛮行/Collective Brutality》
4:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
4:《思考囲い/Thoughtseize》
4:《ウルヴェンワルド横断/Traverse the Ulvenwald》
1:《タール火/Tarfire》
29 other spells

3:《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》
1:《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》
1:《弁論の幻霊/Eidolon of Rhetoric》
1:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
2:《致命的な一押し/Fatal Push》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《戦争の報い、禍汰奇/Kataki, War’s Wage》
1:《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
3:《未練ある魂/Lingering Souls》
15 sideboard cards

1位:スゥルタイコントロール プレイヤー:Sam Pardee
1:《森/Forest》
1:《島/Island》
1:《Bayou》
4:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
2:《Tropical Island》
3:《Underground Sea》
2:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
3:《不毛の大地/Wasteland》
21 lands

4:《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4:《貴族の教主/Noble Hierarch》
4:《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
2:《トレストの使者、レオヴォルド/Leovold, Emissary of Trest》
14 creatures

3:《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
1:《森の知恵/Sylvan Library》
3:《突然の衰微/Abrupt Decay》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
3:《目くらまし/Daze》
2:《致命的な一押し/Fatal Push》
4:《意志の力/Force of Will》
1:《梅澤の十手/Umezawa’s Jitte》
2:《思案/Ponder》
2:《思考囲い/Thoughtseize》
25 other spells

1:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
1:《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
2:《真髄の針/Pithing Needle》
1:《夜の戦慄/Dread of Night》
2:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1:《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
2:《精神壊しの罠/Mindbreak Trap》
2:《水没/Submerge》
1:《梅澤の十手/Umezawa’s Jitte》
1:《苦い真理/Painful Truths》
1:《思考囲い/Thoughtseize》
15 sideboard cards

その他の上位入賞者リストはこちらから。

動画配信(Twitch)

1日目/2日目/決勝ラウンド

サイドイベント:クラシック(スタンダード)

1st Place白青赤緑コピーキャット
プレイヤー:Jonathan Rosum
2nd Place黒緑アグロ
プレイヤー:Brad Nelson
3rd Place黒緑昂揚アグロ
プレイヤー:Nick Schirillo
4th Place黒赤緑機体
プレイヤー:Bailey Griffin
5th Place黒緑昂揚
プレイヤー:Andrew Kerrigan
6th Place黒緑アグロ
プレイヤー:Brandon Pascal
7th Place青赤電招
プレイヤー:Joel Sadowsky
8th Place黒緑アグロ
プレイヤー:Jim Davis
1位:4色コピーキャット プレイヤー:Jonathan Rosum
5:《森/Forest》
1:《島/Island》
1:《山/Mountain》
1:《平地/Plains》
4:《霊気拠点/Aether Hub》
4:《植物の聖域/Botanical Sanctum》
2:《伐採地の滝/Lumbering Falls》
3:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
21 lands

3:《老いたる深海鬼/Elder Deep-Fiend》
4:《守護フェリダー/Felidar Guardian》
4:《ならず者の精製屋/Rogue Refiner》
4:《導路の召使い/Servant of the Conduit》
4:《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso》
19 creatures

4:《サヒーリ・ライ/Saheeli Rai》
1:《実地研究者、タミヨウ/Tamiyo, Field Researcher》
4:《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning》
2:《霊気池の驚異/Aetherworks Marvel》
1:《チャンドラの誓い/Oath of Chandra》
4:《ニッサの誓い/Oath of Nissa》
4:《霊気との調和/Attune with Aether》
20 other spells

3:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
3:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
2:《自然のままに/Natural State》
2:《否認/Negate》
1:《チャンドラの誓い/Oath of Chandra》
1:《不撓のアジャニ/Ajani Unyielding》
1:《実地研究者、タミヨウ/Tamiyo, Field Researcher》
2:《バラルの巧技/Baral’s Expertise》
15 sideboard cards

*4位:ジャンド機体 プレイヤー:Bailey Griffin
2:《森/Forest》
4:《山/Mountain》
2:《沼/Swamp》
4:《霊気拠点/Aether Hub》
2:《花盛りの湿地/Blooming Marsh》
1:《燃えがらの林間地/Cinder Glade》
4:《進化する未開地/Evolving Wilds》
1:《凶兆の廃墟/Foreboding Ruins》
2:《風切る泥沼/Hissing Quagmire》
1:《燻る湿地/Smoldering Marsh》
23 lands

4:《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger》
4:《光袖会の収集者/Glint-Sleeve Siphoner》
4:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
3:《ピア・ナラー/Pia Nalaar》
2:《ピーマの改革派、リシュカー/Rishkar, Peema Renegade》
17 creatures

2:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
3:《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester》
2:《高速警備車/Fleetwheel Cruiser》
4:《致命的な一押し/Fatal Push》
2:《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning》
2:《ショック/Shock》
3:《無許可の分解/Unlicensed Disintegration》
2:《キランの真意号/Heart of Kiran》
20 other spells

2:《逆毛ハイドラ/Bristling Hydra》
1:《人工物への興味/Appetite for the Unnatural》
2:《顕在的防御/Blossoming Defense》
2:《自然廃退/Natural Obsolescence》
2:《ショック/Shock》
1:《餌食/To the Slaughter》
2:《アーリン・コード/Arlinn Kord》
1:《カーリ・ゼヴの巧技/Kari Zev’s Expertise》
2:《精神背信/Transgress the Mind》
15 sideboard cards

その他の上位入賞者リストはこちらから。

サイドイベント:クラシック(モダン)

1st Place白青赤コントロール
プレイヤー:Joseph Blizzard
2nd Place白青緑エルドラージ
プレイヤー:Michael Innace
3rd Place白黒赤緑死の影
プレイヤー:Ryland Taliaferro
4th Place無色エルドラージトロン
プレイヤー:Todd Stevens
5th Place白青緑スピリット
プレイヤー:Joseph Horton Sr
6th Placeスケープシフト
プレイヤー:Cole Vohs
7th Placeキキジキ・コード
プレイヤー:Zach Ashton
8th Place親和
プレイヤー:Pieter Tubergen
1位:ジェスカイコントロール プレイヤー:Joseph Blizzard
3:《島/Island》
1:《山/Mountain》
1:《平地/Plains》
2:《乾燥台地/Arid Mesa》
1:《滝の断崖/Cascade Bluffs》
3:《天界の列柱/Celestial Colonnade》
1:《僻地の灯台/Desolate Lighthouse》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2:《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
1:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
2:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2:《蒸気孔/Steam Vents》
1:《硫黄の滝/Sulfur Falls》
24 lands

4:《修復の天使/Restoration Angel》
3:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
4:《前兆の壁/Wall of Omens》
2:《鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker》
1:《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》

14 creatures

2:《神聖な協力/Blessed Alliance》
2:《謎めいた命令/Cryptic Command》
3:《電解/Electrolyze》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
2:《論理の結び目/Logic Knot》
4:《流刑への道/Path to Exile》
2:《呪文嵌め/Spell Snare》
3:《血清の幻視/Serum Visions》
22 other spells

1:《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》
2:《ルーンの光輪/Runed Halo》
1:《石のような静寂/Stony Silence》
1:《天界の粛清/Celestial Purge》
1:《払拭/Dispel》
2:《否認/Negate》
1:《摩耗+損耗/Wear+Tear》
1:《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1:《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》
2:《至高の評決/Supreme Verdict》
2:《機を見た援軍/Timely Reinforcements》
15 sideboard cards

*3位:4色死の影 プレイヤー:Ryland Taliaferro
1:《森/Forest》
1:《沼/Swamp》
2:《血の墓所/Blood Crypt》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1:《神無き祭殿/Godless Shrine》
1:《草むした墓/Overgrown Tomb》
1:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
4:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
3:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
18 lands

4:《死の影/Death’s Shadow》
1:《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》
4:《通りの悪霊/Street Wraith》
4:《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
13 creatures

2:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
4:《ミシュラのガラクタ/Mishra’s Bauble》
1:《突然の衰微/Abrupt Decay》
2:《致命的な一押し/Fatal Push》
2:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
2:《ティムールの激闘/Temur Battle Rage》
1:《集団的蛮行/Collective Brutality》
4:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
4:《思考囲い/Thoughtseize》
4:《ウルヴェンワルド横断/Traverse the Ulvenwald》
3:《タール火/Tarfire》
29 other spells

3:《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》
1:《弁論の幻霊/Eidolon of Rhetoric》
2:《致命的な一押し/Fatal Push》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《戦争の報い、禍汰奇/Kataki, War’s Wage》
1:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
1:《集団的蛮行/Collective Brutality》
4:《未練ある魂/Lingering Souls》
15 sideboard cards

その他の上位入賞者リストはこちらから。

サイドイベント:クラシック(レガシー)

1st Place無色エルドラージ
プレイヤー:Daniel Haberek
2nd Place青黒緑続唱
プレイヤー:Michael Kochis
3rd Placeスニーク・ショー
プレイヤー:Michael Kochis
4th Place青赤コントロール
プレイヤー:Jeff Mcaleer
5th Place白青石鍛冶
プレイヤー:Andrew Calderon
6th Place奇跡
プレイヤー:Sam Roukas
7th Placeデス&タックス
プレイヤー:Phil Gallagher
8th Place青黒赤緑デルバー
プレイヤー:Stephen Mann
1位:無色エルドラージ プレイヤー:Daniel Haberek
4:《古えの墳墓/Ancient Tomb》
3:《魂の洞窟/Cavern of Souls》
3:《裏切り者の都/City of Traitors》
4:《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple》
3:《ミシュラの工廠/Mishra’s Factory》
3:《不毛の大地/Wasteland》
4:《ウギンの目/Eye of Ugin》
1:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
25 lands

4:《エルドラージのミミック/Eldrazi Mimic》
2:《終末を招くもの/Endbringer》
4:《果てしなきもの/Endless One》
4:《作り変えるもの/Matter Reshaper》
4:《現実を砕くもの/Reality Smasher》
2:《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》
4:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》24 creatures

4:《虚空の杯/Chalice of the Void》
2:《四肢切断/Dismember》
1:《歪める嘆き/Warping Wail》
2:《梅澤の十手/Umezawa’s Jitte》
2:《全ては塵/All Is Dust》
11 other spells

2:《真髄の針/Pithing Needle》
2:《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
3:《アメジストのとげ/Thorn of Amethyst》
3:《フェアリーの忌み者/Faerie Macabre》
2:《忘却蒔き/Oblivion Sower》
2:《歪める嘆き/Warping Wail》
1:《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》
15 sideboard cards

*4位:青赤コントロール プレイヤー:Jeff Mcaleer
4:《島/Island》
1:《山/Mountain》
1:《乾燥台地/Arid Mesa》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1:《Tropical Island》
4:《Volcanic Island》
2:《不毛の大地/Wasteland》
21 lands

2:《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
4:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
3:《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
2:《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
11 creatures

2:《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
2:《師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
2:《噴出の稲妻/Burst Lightning》
2:《対抗呪文/Counterspell》
1:《四肢切断/Dismember》
4:《意志の力/Force of Will》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
1:《呪文貫き/Spell Pierce》
4:《思案/Ponder》
2:《時間の熟達/Temporal Mastery》
28 other spells

1:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
3:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1:《侵襲手術/Invasive Surgery》
3:《紅蓮破/Pyroblast》
3:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《白鳥の歌/Swan Song》
1:《忌むべき者のかがり火/Bonfire of the Damned》
1:《二股の稲妻/Forked Bolt》
15 sideboard cards

*5位:白青石鍛冶 プレイヤー:Andrew Calderon
4:《島/Island》
2:《平地/Plains》
2:《魂の洞窟/Cavern of Souls》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1:《汚染された三角州/Polluted Delta》
2:《Tundra》
4:《不毛の大地/Wasteland》
2:《カラカス/Karakas》
21 lands

4:《審判官の使い魔/Judge’s Familiar》
4:《霊廟の放浪者/Mausoleum Wanderer》
4:《翻弄する魔道士/Meddling Mage》
3:《呪文捕らえ/Spell Queller》
4:《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
2:《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
3:《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
24 creatures

1:《殴打頭蓋/Batterskull》
1:《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
4:《意志の力/Force of Will》
4:《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
1:《梅澤の十手/Umezawa’s Jitte》
4:《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
15 other spells

1:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
1:《真髄の針/Pithing Needle》
1:《封じ込める僧侶/Containment Priest》
2:《基本に帰れ/Back to Basics》
2:《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1:《解呪/Disenchant》
1:《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft》
1:《異端聖戦士、サリア/Thalia, Heretic Cathar》
1:《造物の学者、ヴェンセール/Venser, Shaper Savant》
1:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
1:《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
1:《議会の採決/Council’s Judgment》
1:《戦の惨害/Ravages of War》
15 sideboard cards

その他の上位入賞者リストはこちらから。

8 コメント on SCGオープンinボルチモア(チーム構築):優勝はStark選手、Nass選手、Pardee選手チーム

  1. [1] 名無しのイゼット団員 2017/02/20(月) 14:38:10 ID:A5MzY3NDE

    摩耗+摩耗とはいったい・・・うごご

  2. [2] タソガレ@管理人 2017/02/20(月) 14:40:34 ID:QxNzMzMzE

    ※1
    修正させていただきました、ご指摘ありがとうございます

  3. [3] 名無しのイゼット団員 2017/02/20(月) 14:42:12 ID:EwMjI3ODk

    赤字でもないミスに一瞬で気づく1ニキの慧眼に脱帽

  4. [4] 名無しのイゼット団員 2017/02/20(月) 14:56:21 ID:IwMTMzMDk

    ワールドマジックカップもこれだったら個人的に凄く楽しめるんだけどなぁ

  5. [5] 名無しのイゼット団員 2017/02/20(月) 17:44:56 ID:IxMzc0MjY

    ベンスタの本名ってベンジャミンっていうのか初めて知ったゾ(無知)

  6. [6] 名無しのイゼット団員 2017/02/20(月) 22:36:36 ID:IwMTIwMTA

    レガシーのスゥルタイコントロールは1枚1枚のカードパワー尋常じゃないな
    これに勝つためにどんなデッキが隆盛してくるのか楽しみ

  7. [7] 名無しのイゼット団員 2017/02/21(火) 02:18:34 ID:QyMjAyOTQ

    モダンのジェスカイフラッシュ優勝がすごく胸熱。同じ型のデッキを使ってる身として見習いたいものだ…

  8. [8] 名無しのイゼット団員 2017/02/21(火) 09:17:06 ID:UwODMzMTM

    ここで言ってもしょうがないのだけどモダン5位のスピリットに入ってる3色アナフェンザ、多分白単のアナフェンザの間違いだよな?

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




必ずガイドラインを確認、同意の上で送信ボタンを押してください。規約に違反すると判断された場合、削除・編集が行われる可能性がありますので紳士的な発言を心がけましょう。