SCGオープンinノックスビル(スタンダード):優勝は黒緑昂揚、2位にジェスカイコントロール

 

2016年11月19-20日、米TCGショップ「StarCityGames」主催のオープンシリーズ(スタンダード)がテネシー州ノックスビルにて開催されました(参加人数:479名)。優勝者は黒緑昂揚を使用したBrad Nelson選手となっています。

オープンシリーズ(スタンダード)

1st Place黒緑昂揚
プレイヤー:Brad Nelson
2nd Place白青赤コントロール
プレイヤー:Bradley Hill
3rd Place黒緑昂揚
プレイヤー:Eric Flickinger
4th Place黒緑昂揚
プレイヤー:Grant Christopher
5th Place黒緑昂揚
プレイヤー:Kenith Dsouza
6th Place白青フラッシュ
プレイヤー:Christopher Johnson
7th Place白青フラッシュ
プレイヤー:Emma Handy
8th Place白青フラッシュ
プレイヤー:Joshua Mason
1位:黒緑昂揚 プレイヤー:Brad Nelson
7:《森/Forest》
7:《沼/Swamp》
4:《花盛りの湿地/Blooming Marsh》
1:《進化する未開地/Evolving Wilds》
4:《風切る泥沼/Hissing Quagmire》
23 lands

1:《害悪の機械巨人/Noxious Gearhulk》
2:《巡礼者の目/Pilgrim’s Eye》
4:《残忍な剥ぎ取り/Grim Flayer》
3:《精神壊しの悪魔/Mindwrack Demon》
1:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
1:《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End》
3:《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow》
15 creatures

4:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
3:《発生の器/Vessel of Nascency》
3:《過去との取り組み/Grapple with the Past》
4:《闇の掌握/Grasp of Darkness》
2:《殺害/Murder》
1:《破滅の道/Ruinous Path》
1:《精神背信/Transgress the Mind》
4:《ウルヴェンワルド横断/Traverse the Ulvenwald》
22 other spells

1:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
2:《死の重み/Dead Weight》
3:《自然のままに/Natural State》
2:《餌食/To the Slaughter》
1:《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End》
1:《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
1:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》
2:《知恵の拝借/Pick the Brain》
2:《精神背信/Transgress the Mind》
15 sideboard cards

*2位:ジェスカイコントロール プレイヤー:Bradley Hill
4:《島/Island》
6:《平地/Plains》
4:《霊気拠点/Aether Hub》
3:《感動的な眺望所/Inspiring Vantage》
4:《港町/Port Town》
1:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
4:《さまよう噴気孔/Wandering Fumarole》
26 lands

4:《奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk》
4 creatures

1:《秘密の解明者、ジェイス/Jace, Unraveler of Secrets》
2:《先駆ける者、ナヒリ/Nahiri, the Harbinger》
1:《隔離の場/Quarantine Field》
3:《予期/Anticipate》
2:《神聖な協力/Blessed Alliance》
4:《天才の片鱗/Glimmer of Genius》
4:《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning》
2:《鑽火の輝き/Immolating Glare》
1:《否認/Negate》
2:《革命的拒絶/Revolutionary Rebuff》
1:《風への散乱/Scatter to the Winds》
3:《虚空の粉砕/Void Shatter》
1:《燻蒸/Fumigate》
3:《光輝の炎/Radiant Flames》
30 other spells

4:《呪文捕らえ/Spell Queller》
1:《神聖な協力/Blessed Alliance》
2:《粗暴な排除/Brutal Expulsion》
1:《否認/Negate》
2:《即時却下/Summary Dismissal》
1:《保護者、リンヴァーラ/Linvala, the Preserver》
3:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
1:《罪人への急襲/Descend upon the Sinful》
15 sideboard cards

その他の上位入賞者リストはこちらから。

メタゲームブレークダウン

2日目進出者アーキタイプ分析

映像配信(Twitch)

1日目(前半)/1日目(後半)/2日目

クラシック(モダン)

1st Place白赤コントロール
プレイヤー:Todd Stevens
2nd Place赤緑タイタン・ブリーチ(サイド後タッチ黒)
プレイヤー:Clayton Vogelgesang
3rd Place白青緑エルドラージ
プレイヤー:Drew Lunceford
4th Place赤単氷雪
プレイヤー:Chance Brown
5th Place青緑感染
プレイヤー:Dan Jessup
6th Place赤緑タイタン・ブリーチ
プレイヤー:Greg Williams
7th Place黒赤緑
プレイヤー:Courtland Strodl
8th Place黒赤緑
プレイヤー:Nicholas Tibbitts
1位:サンアンドムーン プレイヤー:Todd Stevens
1:《山/Mountain》
9:《平地/Plains》
4:《乾燥台地/Arid Mesa》
1:《鋭い突端/Needle Spires》
3:《岩だらけの大草原/Rugged Prairie》
2:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
4:《凱旋の神殿/Temple of Triumph》
1:《宝石の洞窟/Gemstone Caverns》
25 lands

4:《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》
1:《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
5 creatures

1:《復讐のアジャニ/Ajani Vengeant》
2:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
2:《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》
4:《先駆ける者、ナヒリ/Nahiri, the Harbinger》
4:《虚空の杯/Chalice of the Void》
1:《払拭の光/Banishing Light》
4:《血染めの月/Blood Moon》
2:《未達への旅/Journey to Nowhere》
1:《神聖な協力/Blessed Alliance》
4:《稲妻のらせん/Lightning Helix》
3:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
2:《神の怒り/Wrath of God》
30 other spells

3:《神聖の力線/Leyline of Sanctity》
3:《安らかなる眠り/Rest in Peace》
3:《石のような静寂/Stony Silence》
2:《神聖な協力/Blessed Alliance》
1:《貪欲な罠/Ravenous Trap》
1:《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》
1:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
1:《神の怒り/Wrath of God》
15 sideboard cards

その他の上位入賞者リストはこちらから。

クラシック(レガシー)

1st Placeスニーク・ショー
プレイヤー:Drake Susser
2nd Placeストーム
プレイヤー:Jiana Duan
3rd Place奇跡
プレイヤー:Todd Anderson
4th Place黒赤リアニメイト
プレイヤー:Harley Forrest
5th Place奇跡
プレイヤー:Jacob Hagen
6th Place青黒赤タッチ緑デルバー
プレイヤー:Robert Storch
7th Placeスニーク・ショー
プレイヤー:Philip Dickman
8th Placeエルフ
プレイヤー:Gary Leek
1位:スニーク・ショー プレイヤー:Drake Susser
3:《島/Island》
1:《山/Mountain》
3:《古えの墳墓/Ancient Tomb》
2:《裏切り者の都/City of Traitors》
3:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3:《Volcanic Island》
19 lands

3:《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
3:《グリセルブランド/Griselbrand》
6 creatures

3:《水蓮の花びら/Lotus Petal》
3:《全知/Omniscience》
3:《騙し討ち/Sneak Attack》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
3:《狡猾な願い/Cunning Wish》
4:《意志の力/Force of Will》
1:《衝動/Impulse》
1:《直観/Intuition》
2:《呪文貫き/Spell Pierce》
4:《思案/Ponder》
3:《定業/Preordain》
4:《実物提示教育/Show and Tell》
35 other spells

2:《血染めの月/Blood Moon》
1:《火想者の予見/Firemind’s Foresight》
1:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1:《直観/Intuition》
2:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
1:《誤った指図/Misdirection》
1:《紅蓮破/Pyroblast》
1:《蟻の解き放ち/Release the Ants》
1:《突然のショック/Sudden Shock》
1:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《裂け目の突破/Through the Breach》
1:《拭い捨て/Wipe Away》
1:《すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All》
15 sideboard cards

その他の上位入賞者リストはこちらから。


84 コメント on SCGオープンinノックスビル(スタンダード):優勝は黒緑昂揚、2位にジェスカイコントロール

  1. [51] 名無しのイゼット団員 2016/11/22(火) 08:22:40 ID:Q0Njc5MzU

    ワールドにヤソがカンパニー持ち込むぐらいだからお察し

  2. [52] 名無しのイゼット団員 2016/11/22(火) 08:23:25 ID:k0MjQ2MjQ

    カンパニー一強だったからね……とにかくバントカラーの小型クリーチャーが優秀過ぎた
    お互い横に並べて、カンパニーのめくれ方か全除去のめくり合いか、ってゲームばっかり
    特に、前環境の神童ジェイスを警戒してカードパワーを抑えられてた、コントロールは息してなかった
    長くはなかったけど、スタンやる気をなくす明確な暗黒期だったよ

  3. [53] 名無しのイゼット団員 2016/11/22(火) 08:41:40 ID:c4NzU1MDY

    カンパニーが捉えだのイシュカナだのに変わっただけでパワーカードの叩きつけという本質が変わってないからスタンはks

  4. [54] 名無しのイゼット団員 2016/11/22(火) 09:06:17 ID:gyNTk2NDQ

    >>54
    スタン以外はパワーカードの叩きつけ合いではないみたいな言い方はNG

  5. [55] 名無しのイゼット団員 2016/11/22(火) 09:16:08 ID:cwNDE4Mjc

    むしろ下の方がパワーカードの叩きつけあいなんだよなぁ…

  6. [56] 名無しのイゼット団員 2016/11/22(火) 09:18:18 ID:Y5MDc2MDM

    カンパニー時代のスタンはみんなマジック・ザ・坊主めくりしてた

  7. [57] 名無しのイゼット団員 2016/11/22(火) 09:50:00 ID:E2NDI4MDk

    まだ、カンパニーの話してるんかい、、、

  8. [58] 名無しのイゼット団員 2016/11/22(火) 09:50:14 ID:c4NzU1MzU

    逆にトップメタのカンパニーをカモにしてやろうとデッキ考えた人はおらんかったんかね?

  9. [59] 名無しのイゼット団員 2016/11/22(火) 10:30:56 ID:cwNDU0MTk

    考えた人はたくさんいる。俺も考えたし。でも、カンパニーに勝とうとしても隙がない、カンパニーに勝つにはカンパニーを使うしかない、結果、自分もカンパニーに仲間入り

  10. [60] 名無しのイゼット団員 2016/11/22(火) 10:31:01 ID:U3NDI5NjY

    ※58
    PT異界月は現出系がカンパニーに強かったんだよ…コジレックの帰還で捌けるし

    なお、PT後、無私の霊魂が採用されて勝てなくなる模様…青赤バーンが出てきたのもあるけど

  11. [61] 名無しのイゼット団員 2016/11/22(火) 10:41:35 ID:Y5MDc2MDM

    カンパニーが残した傷は深い

  12. [62] 名無しのイゼット団員 2016/11/22(火) 10:43:42 ID:c4NzU0Nzk

    カンパニーはなんでソーサリーじゃないんだろうと常々思ってた

  13. [63] 名無しのイゼット団員 2016/11/22(火) 11:41:03 ID:UyNDIxMjg

    DTKのフルスポみた瞬間に、カンパニーは禁止になるって確信したよ
    当時はサイが包囲してたから目立たなかったけど
    見る人が見れば明らかすぎる壊れカードだった

  14. [64] 名無し 2016/11/22(火) 15:05:24 ID:c4NzU0Njc

    なってないけどね。

  15. [65] 名無しのイゼット団員 2016/11/22(火) 16:46:16 ID:YwMzQ5ODg

    過ぎた話だけど、なんで禁止にならんかったんやろなあ…

  16. [66] 名無しのイゼット団員 2016/11/22(火) 17:46:03 ID:QxNzk5Mzc

    ※58
    現出昂揚がカンパニーメタやで
    サイドに即時却下や一日のやり直しを採用しだして、また一強に逆戻りしたけど

  17. [67] 名無しのイゼット団員 2016/11/22(火) 21:07:52 ID:QxNzc3Nzk

    カンパニー露骨にメタったデッキ組めないこともなかったけど、カンパニーだけにしか勝てないデッキにしかならなかっただろうし
    それならカンパニー使ったほうが早いよねってなる
    あとカードパワー云々言ってる人は何が言いたいかよくわからないです、強いカード使うなってんならあれかな、さまようものでも入るような環境が好きなのかな?

  18. [68] 名無しのイゼット団員 2016/11/22(火) 21:24:03 ID:Y5NjA2MjQ

    >>63
    こういうヤツ絶対にクラスに一人はいるよね

  19. [69] 名無しのイゼット団員 2016/11/22(火) 22:33:57 ID:Y5ODA1Njg

    イニ影の時点で大概だったのに、霊魂と呪文捕らえでトドメ刺された感じ。
    アグロが、ドローと打ち消しとバウンスと破壊不能を、インスタントで構えてるんだからどうしようもない

  20. [70] 名無しのイゼット団員 2016/11/23(水) 00:17:55 ID:EyMDc3MzY

    ※65
    開発のエゴ以外にあんの? 禁止するってことは失敗を認めるってことだからね
    イニ影ブロックでカンパニーと相性のいいクリーチャーを更に用意したのに、それに先んじて禁止なんて恥ずかしい決断は今のWotCにはできないよ

  21. [71] 名無しのイゼット団員 2016/11/23(水) 00:31:04 ID:g4OTcwNTE

    ただマジックの強すぎるカードって「強いカード作ったからみんな買うんやで」って感じやなくて「すまん、こうなるとは思わんかったわ…次から失敗しないよう頑張るわ」って感じで少し許せる。

    まぁスタンのカードプールそこまで大きくないんやから頑張れよとも思うけど…

  22. [72] 名無しのイゼット団員 2016/11/23(水) 00:49:30 ID:A5NDY5NDY

    カンパニーミラーでいかに勝つか考えるのも楽しかったけどな
    与えられた環境でいかに楽しみを見つけられるかって大事だと思うよ

  23. [73] 名無しのイゼット団員 2016/11/23(水) 08:25:09 ID:YxNzgxMjU

    ※71
    プールの広さ以前に、年単位で先を見越して開発してることの弊害だと思うけどね
    あらかじめ予測してた状況からハズレすぎると開発さえどうしようもなくなるのが露見しただけかと
    そういった事態を受けて今後公式がどう対応していくかじゃないかなこの問題に関しては

  24. [74] 名無しのイゼット団員 2016/11/23(水) 09:41:35 ID:M5NDE5ODY

    ※58
    そんなこと聞くまでもなく、プロが考えなかったと思うか?

    昂揚、現出とか一時的にメタったデッキは何回も出たがほぼなんでもできるカンパニー側は少しリスト弄ればまた一強に逆戻り

    ヤソまでも最終的にカンパニー使ってた事でわかれよ

  25. [75] 名無しのイゼット団員 2016/11/23(水) 13:54:01 ID:A5NDY5Mjk

    結論・ヤソは最強でおk?

  26. [76] 名無しのイゼット団員 2016/11/23(水) 15:29:39 ID:Y1MDI3MTU

    カンパニーのやばいところは集合した中隊を封じればいいという安易な結論が通用しない点に尽きる。
    トラッカーによる継続的なドローでコントロールよりも手札枚数が上回り、無私の霊魂と呪文捕らえによって全体除去を完封し、反射ハゲによって苦手な飛行クリーチャーを殲滅と、どの点を取っても隙が無い。少々対策したところで親和やドレッジのように大人しくなることがないんよ。

  27. [77] 名無しのイゼット団員 2016/11/23(水) 15:40:38 ID:Y1MDI3MTU

    多分昂揚も(カンパニーほどではないが)似たような感じになりつつあると思う。今後墓地対策が収録されても、今のリストだと墓地追放から1~2ターン以内には再び昂揚が達成できるし、本格的に多種多様なコントロールデッキが復権しないと、環境煮詰まってまた1強しかいなくなるぞ。

  28. [78] 名無しのイゼット団員 2016/11/23(水) 16:06:02 ID:k5MzM3Mjc

    モダンでも地位を確立した剥ぎ取り君は伊達じゃない…
    割と早く頭角を現したけど発表当初の評価がいまいちだったのは信じられない

  29. [79] 名無しのイゼット団員 2016/11/23(水) 16:56:18 ID:gwMzIwMjM

    ※78
    カンパニー全盛期に代言者単体で抜けないとか評価される訳ないじゃん

  30. [80] 名無しのイゼット団員 2016/11/23(水) 18:09:35 ID:YxNzgxMjU

    ※77
    むしろ昂揚はナンボでも対策きくデッキの典型みたいなもんでしょ
    PTであんだけいて霊気池とコントロールに食い散らかされてボロボロになってたのがいい例だよ

    それ以降の好調は青白がそいつらに対して強く、逆に昂揚は青白に有利だったおかげで上手くメタがかみ合った
    しかも青白と昂揚はどちらもメカニズム的な理由で霊気紛争での露骨な強化が期待できないアーキタイプだし、カンパニーみたいなことにはならないでしょ

  31. [81] 名無しのイゼット団員 2016/11/23(水) 21:14:48 ID:Y1MDI3MTU

    という風にカンパニーも思われてた時期がありました

  32. [82] 名無しのイゼット団員 2016/11/23(水) 21:53:16 ID:cwNTc5NjE

    高揚が霊気池に有利になれば一強になるかもしれんがね
    事故があるからどうにも

  33. [83] 名無しのイゼット団員 2016/11/23(水) 22:03:11 ID:Y1MDI3MTU

    今の開発はバランス取るのが下手だから、霊気紛争で更なる昂揚サポートカード追加するんじゃないかという懸念がある。墓地追放カードはもちろん刷らない。

  34. [84] 名無しのイゼット団員 2016/11/24(木) 01:25:22 ID:QwMTY4NjQ

    まぁ露骨で強力なメタカードは刷らないってスタンスだしパワーカードで押さえ込むのが丸いよ

1 2

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




必ずガイドラインを確認、同意の上で送信ボタンを押してください。規約に違反すると判断された場合、削除・編集が行われる可能性がありますので紳士的な発言を心がけましょう。