SCGオープンinボルチモア(スタンダード):優勝は白緑トークン 5位に青緑《押し潰す触手》

 

アメリカの大手MTGショップ「StarCityGames.com」の主催する大規模イベント、オープンシリーズ(スタンダード)がメリーランド州ボルチモアにて開催されました。優勝は白緑トークンを使用したOsyp Lebedowicz選手となっています。

オープンシリーズ(スタンダード)

1st Place白緑トークン
プレイヤー:Osyp Lebedowicz
2nd Place白青緑カンパニー
プレイヤー:Zachary Plott
3rd Place白青緑カンパニー
プレイヤー:Ethan Phelps
4th Place白青緑カンパニー
プレイヤー:Chris Anderson
5th Place青緑クラッシュ(押し潰す触手)
プレイヤー:Cory Dissinger
6th Place白黒緑コントロール
プレイヤー:Zack Kanner
7th Place白青緑カンパニー
プレイヤー:Matt Tumavitch
8th Place白黒天使コントロール
プレイヤー:Evan Buchholz
1位:白緑トークン プレイヤー:Osyp Lebedowicz
9:《森/Forest》
7:《平地/Plains》
4:《梢の眺望/Canopy Vista》
4:《要塞化した村/Fortified Village》
1:《ウェストヴェイルの修道院/Westvale Abbey》
25 lands

4:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
4:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
12 creatures

4:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
4:《ゼンディカーの代弁者、ニッサ/Nissa, Voice of Zendikar》
2:《進化の飛躍/Evolutionary Leap》
4:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
4:《ニッサの誓い/Oath of Nissa》
2:《石の宣告/Declaration in Stone》
3:《悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance》
23 other spells

2:《ラムホルトの平和主義者/Lambholt Pacifist》
2:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
1:《隔離の場/Quarantine Field》
2:《停滞の罠/Stasis Snare》
1:《空への斉射/Aerial Volley》
1:《翼切り/Clip Wings》
2:《保護者、リンヴァーラ/Linvala, the Preserver》
2:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
2:《石の宣告/Declaration in Stone》
15 sideboard cards

*5位:青緑クラッシュ プレイヤー:Cory Dissinger
9:《森/Forest》
4:《島/Island》
2:《荒廃した森林/Blighted Woodland》
2:《進化する未開地/Evolving Wilds》
4:《伐採地の滝/Lumbering Falls》
1:《ならず者の道/Rogue’s Passage》
3:《ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast》
25 lands

1:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
1:《跳ねる混成体/Bounding Krasis》
4:《棲み家の防御者/Den Protector》
1:《エルフの幻想家/Elvish Visionary》
4:《首絞め/Noose Constrictor》
1:《虚空を継ぐもの/Void Grafter》
1:《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End》
1:《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow》
2:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
2:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
18 creatures

2:《深海の主、キオーラ/Kiora, Master of the Depths》
1:《意思の激突/Clash of Wills》
2:《ムラーサの胎動/Pulse of Murasa》
3:《ニッサの誓い/Oath of Nissa》
4:《押し潰す触手/Crush of Tentacles》
2:《ニッサの巡礼/Nissa’s Pilgrimage》
3:《ウルヴェンワルド横断/Traverse the Ulvenwald》
17 other spells

4:《死霧の猛禽/Deathmist Raptor》
2:《節くれ木のドライアド/Gnarlwood Dryad》
1:《世界を壊すもの/World Breaker》
2:《空への斉射/Aerial Volley》
1:《意思の激突/Clash of Wills》
2:《否認/Negate》
1:《即時却下/Summary Dismissal》
1:《虚空の粉砕/Void Shatter》
1:《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow》
15 sideboard cards

*6位:アブザンコントロール プレイヤー:Zack Kanner
4:《森/Forest》
1:《平地/Plains》
3:《沼/Swamp》
4:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
4:《進化する未開地/Evolving Wilds》
3:《風切る泥沼/Hissing Quagmire》
3:《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》
4:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
26 lands

2:《棲み家の防御者/Den Protector》
4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
2:《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
2:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
10 creatures

4:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
3:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
1:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》
2:《死の宿敵、ソリン/Sorin, Grim Nemesis》
1:《苦渋の破棄/Anguished Unmaking》
3:《闇の掌握/Grasp of Darkness》
2:《リリアナの誓い/Oath of Liliana》
4:《ニッサの誓い/Oath of Nissa》
3:《衰滅/Languish》
1:《破滅の道/Ruinous Path》
24 other spells

3:《死の重み/Dead Weight》
1:《苦渋の破棄/Anguished Unmaking》
2:《神聖な協力/Blessed Alliance》
1:《龍王ドロモカ/Dragonlord Dromoka》
1:《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow》
2:《石の宣告/Declaration in Stone》
1:《過ぎ去った季節/Seasons Past》
1:《悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance》
3:《精神背信/Transgress the Mind》
15 sideboard cards

*14位:グリクシスコントロール プレイヤー:Drew Brantner
1:《島/Island》
4:《山/Mountain》
7:《沼/Swamp》
3:《詰まった河口/Choked Estuary》
4:《進化する未開地/Evolving Wilds》
3:《凶兆の廃墟/Foreboding Ruins》
1:《シヴの浅瀬/Shivan Reef》
2:《燻る湿地/Smoldering Marsh》
2:《さまよう噴気孔/Wandering Fumarole》
27 lands

4:《ゴブリンの闇住まい/Goblin Dark-Dwellers》
1:《龍王シルムガル/Dragonlord Silumgar》
3:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
3:《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
1:《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》
12 creatures

2:《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller》
4:《流電砲撃/Galvanic Bombardment》
1:《闇の掌握/Grasp of Darkness》
1:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
1:《否認/Negate》
1:《究極の価格/Ultimate Price》
2:《光輝の炎/Radiant Flames》
2:《骨読み/Read the Bones》
3:《破滅の道/Ruinous Path》
4:《精神背信/Transgress the Mind》
21 other spells

1:《払拭/Dispel》
2:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
1:《否認/Negate》
1:《引き裂く流弾/Rending Volley》
1:《呪文萎れ/Spell Shrivel》
1:《龍王シルムガル/Dragonlord Silumgar》
1:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》
1:《強迫/Duress》
1:《無限の抹消/Infinite Obliteration》
1:《衰滅/Languish》
1:《苦い真理/Painful Truths》
1:《知恵の拝借/Pick the Brain》
1:《光輝の炎/Radiant Flames》
1:《骨読み/Read the Bones》
15 sideboard cards

その他上位者リストはこちらから。

クラシック(モダン)

1st Placeドレッジ
プレイヤー:Justin O’Keefe
2nd Place親和
プレイヤー:William Mellon
3rd Placeキキジキ・コード
プレイヤー:Jeff Hoogland
4th Placeバーン
プレイヤー:Josh Rohde
5th Place親和
プレイヤー:Pieter Tubergen
6th Placeズー
プレイヤー:Horace Woolard
7th Placeバーン
プレイヤー:Yoel Izsak
8th Place白青緑撤退
プレイヤー:Lloyd Kurth
1位:ドレッジ プレイヤー:Justin O’Keefe
2:《山/Mountain》
2:《血の墓所/Blood Crypt》
2:《ダクムーアの回収場/Dakmor Salvage》
2:《マナの合流点/Mana Confluence》
1:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1:《蒸気孔/Steam Vents》
2:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
2:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
18 lands

4:《恐血鬼/Bloodghast》
4:《ゴルガリの墓トロール/Golgari Grave-Troll》
2:《ゴルガリの凶漢/Golgari Thug》
4:《大いなるガルガドン/Greater Gargadon》
4:《傲慢な新生子/Insolent Neonate》
4:《ナルコメーバ/Narcomoeba》
4:《秘蔵の縫合体/Prized Amalgam》
2:《臭い草のインプ/Stinkweed Imp》
28 creatures

4:《叫び角笛/Shriekhorn》
4:《黄泉からの橋/Bridge from Below》
1:《農民の結集/Rally the Peasants》
1:《燃焼/Conflagrate》
4:《信仰無き物あさり/Faithless Looting》
14 other spells

4:《虚空の力線/Leyline of the Void》
2:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
2:《暗黒破/Darkblast》
2:《骨までの齧りつき/Gnaw to the Bone》
4:《自然の要求/Nature’s Claim》
1:《燃焼/Conflagrate》
15 sideboard cards

*3位:キキジキ・コード プレイヤー:Jeff Hoogland
3:《森/Forest》
1:《山/Mountain》
1:《平地/Plains》
1:《乾燥台地/Arid Mesa》
1:《火の灯る茂み/Fire-Lit Thicket》
1:《地平線の梢/Horizon Canopy》
2:《剃刀境の茂み/Razorverge Thicket》
1:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
2:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
1:《寺院の庭/Temple Garden》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
22 lands

1:《呪文滑り/Spellskite》
4:《極楽鳥/Birds of Paradise》
2:《永遠の証人/Eternal Witness》
1:《貴族の教主/Noble Hierarch》
1:《再利用の賢者/Reclamation Sage》
2:《修復の天使/Restoration Angel》
1:《目覚ましヒバリ/Reveillark》
1:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
1:《無私の霊魂/Selfless Spirit》
1:《スラーグ牙/Thragtusk》
4:《復活の声/Voice of Resurgence》
3:《前兆の壁/Wall of Omens》
1:《弁論の幻霊/Eidolon of Rhetoric》
1:《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite》
1:《鏡割りのキキジキ/Kiki-Jiki, Mirror Breaker》
1:《静寂の守り手、リンヴァーラ/Linvala, Keeper of Silence》
2:《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》
28 creatures

3:《召喚の調べ/Chord of Calling》
3:《流刑への道/Path to Exile》
4:《異界の進化/Eldritch Evolution》
10 other spells

3:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
2:《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》
1:《強情なベイロス/Obstinate Baloth》
1:《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》
1:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
1:《天界の粛清/Celestial Purge》
2:《稲妻のらせん/Lightning Helix》
1:《流刑への道/Path to Exile》
1:《戦争の報い、禍汰奇/Kataki, War’s Wage》
1:《シルヴォクののけ者、メリーラ/Melira, Sylvok Outcast》
1:《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》
15 sideboard cards

*8位:バント撤退 プレイヤー:Lloyd Kurth
4:《森/Forest》
2:《平地/Plains》
1:《繁殖池/Breeding Pool》
1:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1:《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》
2:《幽霊街/Ghost Quarter》
1:《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
3:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1:《セジーリのステップ/Sejiri Steppe》
1:《寺院の庭/Temple Garden》
1:《ウェストヴェイルの修道院/Westvale Abbey》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
22 lands

1:《呪文滑り/Spellskite》
4:《極楽鳥/Birds of Paradise》
2:《永遠の証人/Eternal Witness》
1:《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》
4:《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》
4:《貴族の教主/Noble Hierarch》
2:《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》
2:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
1:《呪文捕らえ/Spell Queller》
1:《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
4:《復活の声/Voice of Resurgence》
1:《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》
2:《異端聖戦士、サリア/Thalia, Heretic Cathar》
29 creatures

2:《珊瑚兜への撤退/Retreat to Coralhelm》
1:《召喚の調べ/Chord of Calling》
4:《集合した中隊/Collected Company》
2:《流刑への道/Path to Exile》
9 other spells

2:《真髄の針/Pithing Needle》
1:《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》
2:《翻弄する魔道士/Meddling Mage》
1:《弁論の幻霊/Eidolon of Rhetoric》
2:《払拭/Dispel》
2:《否認/Negate》
1:《流刑への道/Path to Exile》
1:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《シルヴォクののけ者、メリーラ/Melira, Sylvok Outcast》
1:《最後のトロール、スラーン/Thrun, the Last Troll》
1:《機を見た援軍/Timely Reinforcements》
15 sideboard cards

その他上位者リストはこちらから。

クラシック(レガシー)

1st Place青黒赤デルバー
プレイヤー:Ben Friedman
2nd Place白青緑デス・ブレード
プレイヤー:David Courson
3rd Placeストーム
プレイヤー:Scott Waldron
4th Placeデス&タックス
プレイヤー:Richard Mackay
5th Placeデス&タックス
プレイヤー:Kyle Marx
6th Place青黒緑デルバー
プレイヤー:Paul Michel
7th Place白青黒デス・ブレード
プレイヤー:Michael Sol
8th Place奇跡
プレイヤー:Edwin Pena
1位:グリクシスデルバー プレイヤー:Ben Friedman
3:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3:《汚染された三角州/Polluted Delta》
2:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1:《Tropical Island》
3:《Underground Sea》
2:《Volcanic Island》
4:《不毛の大地/Wasteland》
18 lands

4:《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4:《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4:《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
2:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
14 creatures

4:《渦まく知識/Brainstorm》
4:《目くらまし/Daze》
1:《四肢切断/Dismember》
4:《意志の力/Force of Will》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
3:《呪文貫き/Spell Pierce》
4:《思考掃き/Thought Scour》
4:《思案/Ponder》
28 other spells

2:《真髄の針/Pithing Needle》
2:《突然の衰微/Abrupt Decay》
2:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
3:《外科的摘出/Surgical Extraction》
2:《二股の稲妻/Forked Bolt》
2:《苦い真理/Painful Truths》
2:《思考囲い/Thoughtseize》
15 sideboard cards

*5位:デス&タックス プレイヤー:Kyle Marx
10:《平地/Plains》
1:《魂の洞窟/Cavern of Souls》
1:《地平線の梢/Horizon Canopy》
4:《リシャーダの港/Rishadan Port》
4:《不毛の大地/Wasteland》
3:《カラカス/Karakas》
23 lands

3:《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
4:《ちらつき鬼火/Flickerwisp》
2:《ミラディンの十字軍/Mirran Crusader》
4:《ルーンの母/Mother of Runes》
2:《セラの報復者/Serra Avenger》
4:《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
4:《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
3:《異端聖戦士、サリア/Thalia, Heretic Cathar》
26 creatures

4:《霊気の薬瓶/AEther Vial》
1:《殴打頭蓋/Batterskull》
1:《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
4:《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
1:《梅澤の十手/Umezawa’s Jitte》
11 other spells

2:《真髄の針/Pithing Needle》
3:《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
1:《封じ込める僧侶/Containment Priest》
3:《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2:《流刑への道/Path to Exile》
2:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
2:《議会の採決/Council’s Judgment》
15 sideboard cards

その他上位者リストはこちらから。

61 コメント on SCGオープンinボルチモア(スタンダード):優勝は白緑トークン 5位に青緑《押し潰す触手》

  1. [51] 名無しのイゼット団員 2016/08/02(火) 16:51:21 ID:U5NTcyNDQ

    新サリアで結果残したんか
    流石だわ
    俺は翼馬と替えて試した時にイマイチ感触良くなかったからすぐ戻したけど
    仮想敵の差なんかね

  2. [52] 名無しのイゼット団員 2016/08/02(火) 17:12:00 ID:g5MDM4Mjg

    今の環境ならカンスペ帰って来てもぜんっぜん問題ないカードパワーなんだよなぁ・・・

    っていうかパーミッション殺すカード多すぎんだろ

  3. [53] 名無しのイゼット団員 2016/08/02(火) 18:09:23 ID:Q5MTg2NDQ

    ほんとスタンはゴミみたいな環境だな

  4. [54] 名無しのイゼット団員 2016/08/02(火) 22:38:26 ID:k0Njk0OTg

    環境の多様性って意味じゃ、
    現環境はここ数年で最大級の調整失敗してるな
    人気次元のゼンディカーやイニストラード使った上、エルドラージ全部出して、ここまでつまらない環境を作れるのは才能だわ

  5. [55] 名無しのイゼット団員 2016/08/02(火) 22:54:53 ID:Q2NjAyODU

    セットのメインに据えるメカニズムを弱くしすぎ
    同盟者はリミテですらレアがないと微妙、上陸に至っては欠片も使われない
    イニストラードが人気なのは強力なカードとダークな雰囲気であって両面カードじゃないのに両面カードに固執した結果部族はお通夜

    結果として単体で強いカード以外は弱すぎるシナジーに縛られてカードパワーが下がってる気がする

  6. [56] 名無しのイゼット団員 2016/08/03(水) 00:45:26 ID:kzNjgxOTk

    たのしい すたん おわり

  7. [57] 名無しのイゼット団員 2016/08/03(水) 08:09:46 ID:I5MzE3MDk

    部族に関してはゾンビも吸血鬼も狼男もトーナメント級にはなり得ないカードパワーだよなぁ
    狼男に関しては怪物化の劣化みたいな能力付けられてて、あまり練られてないのが丸わかりな有様
    今回の言い訳記事には何て書くのかな

  8. [58] 名無しのイゼット団員 2016/08/03(水) 10:44:26 ID:E2NjU2MjM

    カードの出来には概ね満足している(迫真)

  9. [59] 名無しのイゼット団員 2016/08/03(水) 12:26:42 ID:E0ODQ2MjM

    結局平和主義者以外使われなかったからな
    鳴り物入りで出てきたアーリンも両面のクソさだけを強調するだけだったし

  10. [60] 名無しのイゼット団員 2016/08/03(水) 15:13:30 ID:E2NjU2MjM

    >>59
    徴募兵もだな。まあどうでもいいけど。

    ・不安定さは相変わらず
    ・伝説の狼男が微妙
    ・変身だと思ったら怪物化だった
    ・なんか触手生えてる

    ストーリーには殆ど絡まないのにフレーバー被害を一番受けてるという矛盾。

  11. [61] 名無しのイゼット団員 2016/08/03(水) 18:55:03 ID:EzNDYwMjM

    一人去る時

1 2

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




必ずガイドラインを確認、同意の上で送信ボタンを押してください。規約に違反すると判断された場合、削除・編集が行われる可能性がありますので紳士的な発言を心がけましょう。