SCGオープンinボルチモア(スタンダード):早くも新環境に適応したバントカンパニーが優勝

 

アメリカの大手MTGショップ「StarCityGames.com」の主催する大規模イベント、オープンシリーズ(スタンダード)がメリーランド州ボルチモアにて開催されました。優勝はバントカンパニーを使用したJim Davis選手となっています。

『イニストラードを覆う影』参入後初のオープンシリーズ、スタンダードでは主に白系の人間、もしくはエルドラージデッキが台頭しています。カード単体では《大天使アヴァシン》がアーキタイプを問わず非常に高い採用率を示しました。また改訂直後のモダン(クラシック)からはあれだけの栄華を誇ったエルドラージデッキが消失、やはり「目」を失った影響は甚大な模様です。

オープンシリーズ(スタンダード)

1st Place白青緑カンパニー
プレイヤー:Jim Davis
2nd Place白単人間
プレイヤー:Kellen Pastore
3rd Place白黒エルドラージ
プレイヤー:Eric Hymel
4th Place青赤マッドネスコントロール
プレイヤー:Todd Anderson
5th Place白黒ミッドレンジ
プレイヤー:Blake Conti
6th Place白青人間
プレイヤー:Collin Stiles
7th Place白青人間
プレイヤー:Christopher Juliano
8th Place白緑人間
プレイヤー:Dwayne Graham
1位:バントカンパニー プレイヤー:Jim Davis
3:《森/Forest》
2:《島/Island》
3:《平地/Plains》
3:《梢の眺望/Canopy Vista》
4:《進化する未開地/Evolving Wilds》
1:《要塞化した村/Fortified Village》
4:《伐採地の滝/Lumbering Falls》
1:《港町/Port Town》
4:《大草原の川/Prairie Stream》
25 lands

4:《跳ねる混成体/Bounding Krasis》
1:《棲み家の防御者/Den Protector》
4:《薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiter》
1:《隠れたる龍殺し/Hidden Dragonslayer》
4:《反射魔道士/Reflector Mage》
4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
2:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
2:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
1:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
27 creatures

4:《集合した中隊/Collected Company》
3:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
1:《オジュタイの命令/Ojutai’s Command》
8 other spells

1:《棲み家の防御者/Den Protector》
1:《隠れたる龍殺し/Hidden Dragonslayer》
2:《ランタンの斥候/Lantern Scout》
1:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
2:《聖トラフトの祈祷/Invocation of Saint Traft》
2:《翼切り/Clip Wings》
3:《否認/Negate》
1:《オジュタイの命令/Ojutai’s Command》
2:《石の宣告/Declaration in Stone》
15 sideboard cards

*2位:白単人間 プレイヤー:Kellen Pastore
19:《平地/Plains》
1:《ウェストヴェイルの修道院/Westvale Abbey》
20 lands

2:《領事補佐官/Consul’s Lieutenant》
3:《ドラゴンを狩る者/Dragon Hunter》
2:《探検隊の特使/Expedition Envoy》
3:《ハンウィアーの民兵隊長/Hanweir Militia Captain》
4:《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》
4:《サリアの副官/Thalia’s Lieutenant》
4:《スレイベンの検査官/Thraben Inspector》
3:《町のゴシップ屋/Town Gossipmonger》
3:《アクロスの英雄、キテオン/Kytheon, Hero of Akros》
28 creatures

3:《永遠の見守り/Always Watching》
3:《グリフの加護/Gryff’s Boon》
2:《停滞の罠/Stasis Snare》
4:《石の宣告/Declaration in Stone》
12 other spells

2:《フェリダーの仔/Felidar Cub》
1:《ランタンの斥候/Lantern Scout》
2:《絹包み/Silkwrap》
1:《停滞の罠/Stasis Snare》
1:《神聖なる月光/Hallowed Moonlight》
3:《荒野の確保/Secure the Wastes》
3:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
2:《ウェストヴェイルの修道院/Westvale Abbey》
15 sideboard cards

*3位:白黒エルドラージ プレイヤー:Eric Hymel
6:《平地/Plains》
2:《沼/Swamp》
4:《戦場の鍛冶場/Battlefield Forge》
2:《荒廃した湿原/Blighted Fen》
4:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
3:《放棄された聖域/Forsaken Sanctuary》
1:《領事の鋳造所/Foundry of the Consuls》
4:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
26 lands

3:《面晶体の這行器/Hedron Crawler》
4:《変位エルドラージ/Eldrazi Displacer》
4:《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》
1:《作り変えるもの/Matter Reshaper》
4:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
4:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
2:《永代巡礼者、アイリ/Ayli, Eternal Pilgrim》
22 creatures

2:《苦渋の破棄/Anguished Unmaking》
2:《究極の価格/Ultimate Price》
4:《石の宣告/Declaration in Stone》
2:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
2:《死の宿敵、ソリン/Sorin, Grim Nemesis》
12 other spells

2:《現実を砕くもの/Reality Smasher》
2:《悪性の疫病/Virulent Plague》
1:《苦渋の破棄/Anguished Unmaking》
1:《永代巡礼者、アイリ/Ayli, Eternal Pilgrim》
1:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
3:《強迫/Duress》
2:《骨読み/Read the Bones》
3:《悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance》
15 sideboard cards

*4位:青赤マッドネスコントロール プレイヤー:Todd Anderson
3:《島/Island》
7:《山/Mountain》
4:《溺墓の寺院/Drownyard Temple》
3:《高地の湖/Highland Lake》
4:《シヴの浅瀬/Shivan Reef》
4:《さまよう噴気孔/Wandering Fumarole》
1:《ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast》
26 lands

4:《氷の中の存在/Thing in the Ice》
4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
2:《遺跡潜り、ジョリー・エン/Jori En, Ruin Diver》
10 creatures

2:《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller》
1:《予期/Anticipate》
2:《巨人の陥落/Fall of the Titans》
4:《癇しゃく/Fiery Temper》
1:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
4:《稲妻の斧/Lightning Axe》
3:《紅蓮術師のゴーグル/Pyromancer’s Goggles》
3:《マグマの洞察力/Magmatic Insight》
4:《苦しめる声/Tormenting Voice》
24 other spells

4:《エルドラージの寸借者/Eldrazi Obligator》
4:《熱病の幻視/Fevered Visions》
1:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
3:《否認/Negate》
2:《虚空の粉砕/Void Shatter》
1:《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller》
15 sideboard cards

*5位:白黒ミッドレンジ プレイヤー:Blake Conti
7:《平地/Plains》
4:《沼/Swamp》
4:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
4:《放棄された聖域/Forsaken Sanctuary》
4:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
2:《ウェストヴェイルの修道院/Westvale Abbey》
25 lands

4:《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》
2:《不毛の地の絞殺者/Wasteland Strangler》
3:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
2:《永代巡礼者、アイリ/Ayli, Eternal Pilgrim》
1:《保護者、リンヴァーラ/Linvala, the Preserver》
12 creatures

3:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
2:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》
2:《死の宿敵、ソリン/Sorin, Grim Nemesis》
2:《絹包み/Silkwrap》
3:《停滞の罠/Stasis Snare》
2:《苦渋の破棄/Anguished Unmaking》
2:《荒野の確保/Secure the Wastes》
3:《石の宣告/Declaration in Stone》
1:《衰滅/Languish》
3:《精神背信/Transgress the Mind》
23 other spells

3:《冷酷な軍族/Pitiless Horde》
1:《隔離の場/Quarantine Field》
1:《悪性の疫病/Virulent Plague》
1:《神聖なる月光/Hallowed Moonlight》
1:《保護者、リンヴァーラ/Linvala, the Preserver》
1:《石の宣告/Declaration in Stone》
2:《強迫/Duress》
2:《鞭打つ触手/Flaying Tendrils》
1:《無限の抹消/Infinite Obliteration》
1:《衰滅/Languish》
1:《骨読み/Read the Bones》
15 sideboard cards

*6位:白青人間 プレイヤー:Collin Stiles
12:《平地/Plains》
2:《曲がりくねる川/Meandering River》
4:《港町/Port Town》
4:《大草原の川/Prairie Stream》
2:《ウェストヴェイルの修道院/Westvale Abbey》
24 lands

4:《徴税の大天使/Archangel of Tithes》
3:《領事補佐官/Consul’s Lieutenant》
4:《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》
4:《反射魔道士/Reflector Mage》
4:《サリアの副官/Thalia’s Lieutenant》
4:《スレイベンの検査官/Thraben Inspector》
2:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
2:《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai》
2:《アクロスの英雄、キテオン/Kytheon, Hero of Akros》
29 creatures

3:《永遠の見守り/Always Watching》
4:《石の宣告/Declaration in Stone》
7 other spells

2:《停滞の罠/Stasis Snare》
1:《払拭/Dispel》
3:《否認/Negate》
2:《オジュタイの命令/Ojutai’s Command》
2:《正義のうねり/Surge of Righteousness》
1:《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai》
3:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
1:《悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance》
15 sideboard cards

*8位:白緑人間 プレイヤー:Dwayne Graham
13:《平地/Plains》
4:《梢の眺望/Canopy Vista》
4:《要塞化した村/Fortified Village》
1:《ウェストヴェイルの修道院/Westvale Abbey》
22 lands

3:《徴税の大天使/Archangel of Tithes》
4:《領事補佐官/Consul’s Lieutenant》
4:《ドラゴンを狩る者/Dragon Hunter》
4:《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》
4:《サリアの副官/Thalia’s Lieutenant》
4:《スレイベンの検査官/Thraben Inspector》
4:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
3:《アクロスの英雄、キテオン/Kytheon, Hero of Akros》
30 creatures

4:《永遠の見守り/Always Watching》
4:《石の宣告/Declaration in Stone》
8 other spells

2:《進化の飛躍/Evolutionary Leap》
2:《ウルヴェンワルドの謎/Ulvenwald Mysteries》
2:《翼切り/Clip Wings》
2:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
3:《奇妙な幕間/Eerie Interlude》
1:《神聖なる月光/Hallowed Moonlight》
2:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
1:《ウェストヴェイルの修道院/Westvale Abbey》
15 sideboard cards

*15位:エスパードラゴン プレイヤー:Ali Aintrazi
5:《島/Island》
1:《平地/Plains》
3:《沼/Swamp》
4:《詰まった河口/Choked Estuary》
4:《進化する未開地/Evolving Wilds》
3:《大草原の川/Prairie Stream》
3:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
4:《窪み渓谷/Sunken Hollow》
27 lands

4:《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai》
2:《龍王シルムガル/Dragonlord Silumgar》
4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
10 creatures

1:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》
1:《死の宿敵、ソリン/Sorin, Grim Nemesis》
2:《苦渋の破棄/Anguished Unmaking》
3:《忌呪の発動/Foul-Tongue Invocation》
2:《闇の掌握/Grasp of Darkness》
2:《オジュタイの命令/Ojutai’s Command》
4:《シルムガルの嘲笑/Silumgar’s Scorn》
2:《衰滅/Languish》
4:《苦い真理/Painful Truths》
2:《精神背信/Transgress the Mind》
23 other spells

2:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
4:《冷酷な軍族/Pitiless Horde》
1:《悪性の疫病/Virulent Plague》
1:《闇の掌握/Grasp of Darkness》
2:《否認/Negate》
1:《風への散乱/Scatter to the Winds》
1:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》
1:《闇の誓願/Dark Petition》
1:《衰滅/Languish》
1:《破滅の道/Ruinous Path》
15 sideboard cards

その他上位者リストはこちらから。

クラシック(モダン)

1st Placeスケープシフト(オーメン・ヴァラクート)
プレイヤー:Daryl Ayers
2nd Place黒赤緑
プレイヤー:Adonnys Medrano
3rd Place感染
プレイヤー:Dennis Weinbrecht
4th Place赤緑アグロ
プレイヤー:Patrick Older
5th Placeマーフォーク
プレイヤー:Joshua Everly
6th Place感染
プレイヤー:Adam St. Clair
7th Placeスケープシフト(《白日の下に》型)
プレイヤー:Nick Hyler
8th Place白黒緑カンパニー
プレイヤー:Kazu Negri
1位:オーメン・ヴァラクート プレイヤー:Daryl Ayers
1:《森/Forest》
3:《島/Island》
1:《山/Mountain》
1:《繁殖池/Breeding Pool》
4:《溢れかえる果樹園/Flooded Grove》
4:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4:《蒸気孔/Steam Vents》
4:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
4:《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》
26 lands

4:《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》
4 creatures

4:《虹色の前兆/Prismatic Omen》
4:《謎めいた命令/Cryptic Command》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
4:《差し戻し/Remand》
4:《探検/Explore》
2:《遥か見/Farseek》
4:《風景の変容/Scapeshift》
4:《血清の幻視/Serum Visions》
30 other spells

3:《強情なベイロス/Obstinate Baloth》
1:《ムル・ダヤの巫女/Oracle of Mul Daya》
2:《払拭/Dispel》
2:《自然の要求/Nature’s Claim》
2:《突然のショック/Sudden Shock》
3:《祖先の幻視/Ancestral Vision》
2:《粉砕の嵐/Shatterstorm》
15 sideboard cards

*10位:グリクシスコントロール プレイヤー:Matthew Nester
2:《島/Island》
1:《山/Mountain》
1:《沼/Swamp》
1:《黒割れの崖/Blackcleave Cliffs》
1:《血の墓所/Blood Crypt》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
2:《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》
1:《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》
1:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
2:《蒸気孔/Steam Vents》
2:《硫黄の滝/Sulfur Falls》
1:《湿った墓/Watery Grave》
23 lands

3:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2:《氷の中の存在/Thing in the Ice》
3:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
2:《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》
2:《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
12 creatures

1:《四肢切断/Dismember》
3:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
2:《マナ漏出/Mana Leak》
3:《終止/Terminate》
1:《思考掃き/Thought Scour》
4:《祖先の幻視/Ancestral Vision》
4:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
3:《血清の幻視/Serum Visions》
25 other spells

1:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1:《呪文滑り/Spellskite》
2:《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》
1:《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》
2:《血染めの月/Blood Moon》
1:《対抗呪文/Counterspell》
※《対抗突風》の記載ミス?
2:《払拭/Dispel》
1:《嵐の神、ケラノス/Keranos, God of Storms》
1:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
1:《滅び/Damnation》
1:《粉砕の嵐/Shatterstorm》
1:《汚損破/Vandalblast》
15 sideboard cards

その他上位者リストはこちらから。

クラシック(レガシー)

1st Place青黒緑続唱
プレイヤー:Tyler Bailey
2nd Place奇跡
プレイヤー:Brad Gutkin
3rd Place白黒緑タッチ赤
プレイヤー:Nick DiTizio
4th Placeデス&タックス
プレイヤー:Travis Cowley
5th Placeストーム
プレイヤー:Tom Hertfelder
6th Placeニックフィット
プレイヤー:Sean Griffith
7th Place白黒緑タッチ赤
プレイヤー:Kory Ponting
8th Placeクラウドポスト
プレイヤー:Joseph Milia
1位:スゥルタイ続唱 プレイヤー:Tyler Bailey
1:《森/Forest》
1:《沼/Swamp》
2:《Bayou》
1:《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
1:《Tropical Island》
4:《Underground Sea》
4:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
4:《不毛の大地/Wasteland》
22 lands

3:《悪意の大梟/Baleful Strix》
4:《断片無き工作員/Shardless Agent》
4:《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4:《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
15 creatures

1:《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
2:《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
4:《突然の衰微/Abrupt Decay》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
4:《Force of Will》
4:《祖先の幻視/Ancestral Vision》
3:《Hymn to Tourach》
1:《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
23 other spells

1:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
1:《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
1:《無のロッド/Null Rod》
1:《真髄の針/Pithing Needle》
1:《森の知恵/Sylvan Library》
2:《見栄え損ない/Disfigure》
1:《四肢切断/Dismember》
2:《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
1:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
2:《思考囲い/Thoughtseize》
1:《毒の濁流/Toxic Deluge》
15 sideboard cards

*6位:ニックフィット プレイヤー:Sean Griffith
3:《森/Forest》
2:《平地/Plains》
2:《沼/Swamp》
2:《Bayou》
1:《Savannah》
1:《Scrubland》
1:《Taiga》
3:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
3:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1:《Karakas》
2:《ファイレクシアの塔/Phyrexian Tower》
21 lands

2:《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
1:《永遠の証人/Eternal Witness》
1:《再利用の賢者/Reclamation Sage》
1:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
4:《包囲サイ/Siege Rhino》
4:《老練の探険者/Veteran Explorer》
1:《裏切り者グリッサ/Glissa, the Traitor》
1:《ネル・トース族のメーレン/Meren of Clan Nel Toth》
1:《鷺群れのシガルダ/Sigarda, Host of Herons》
16 creatures

2:《師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top》
3:《破滅的な行為/Pernicious Deed》
4:《突然の衰微/Abrupt Decay》
3:《流刑への道/Path to Exile》
4:《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
4:《緑の太陽の頂点/Green Sun’s Zenith》
1:《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
2:《苦い真理/Painful Truths》
23 other spells

1:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1:《真髄の針/Pithing Needle》
1:《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg》
1:《情け知らずのガラク/Garruk Relentless》
3:《殺戮遊戯/Slaughter Games》
3:《思考囲い/Thoughtseize》
1:《毒の濁流/Toxic Deluge》
1:《津波/Tsunami》
15 sideboard cards

*8位:クラウドポスト プレイヤー:Joseph Milia
1:《森/Forest》
1:《島/Island》
1:《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
1:《魂の洞窟/Cavern of Souls》
4:《雲上の座/Cloudpost》
1:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1:《Glacial Chasm》
4:《微光地/Glimmerpost》
1:《Maze of Ith》
1:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
3:《Tropical Island》
3:《ヴェズーヴァ/Vesuva》
2:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
1:《ウギンの目/Eye of Ugin》
1:《Karakas》
26 lands

4:《原始のタイタン/Primeval Titan》
1:《粗石の魔道士/Trinket Mage》
1:《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
1:《大いなる歪み、コジレック/Kozilek, the Great Distortion》
1:《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》
8 creatures

1:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
1:《Candelabra of Tawnos》
1:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
3:《探検の地図/Expedition Map》
3:《真髄の針/Pithing Needle》
4:《師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
3:《輪作/Crop Rotation》
2:《計略縛り/Trickbind》
4:《実物提示教育/Show and Tell》
26 other spells

1:《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
1:《白金の帝像/Platinum Emperion》
4:《虚空の力線/Leyline of the Void》
1:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
2:《Force of Will》
2:《クローサの掌握/Krosan Grip》
1:《一瞬の平和/Moment’s Peace》
1:《白鳥の歌/Swan Song》
2:《歪める嘆き/Warping Wail》
15 sideboard cards

その他上位者リストはこちらから。


106 コメント on SCGオープンinボルチモア(スタンダード):早くも新環境に適応したバントカンパニーが優勝

  1. [101] 名無しのイゼット団員 2016/04/13(水) 23:19:00 ID:ExMzY2ODE

    ※99
    クソ神話枠ハイドラがなんだって?

  2. [102] 名無しのイゼット団員 2016/04/14(木) 00:19:20 ID:A1NzY2MTM

    バントカンパニーに昂揚でウーズトークン出すやつ使いたいんだけど、昂揚と中隊ってやっぱ噛み合わないかな?

    緑器、ギデオン、群れの結集、ジェイスとかを入れてるんだけどやっぱクリーチャー主体じゃないときびしいかな?

  3. [103] 名無しのイゼット団員 2016/04/14(木) 06:13:07 ID:E2NDExMTc

    カンパニーよりもトークンの方が良いのでは?

  4. [104] 名無しのイゼット団員 2016/04/14(木) 18:57:22 ID:E5MzYxNzM

    ハイドラ=糞神話って勝手に決め付けてる奴がいるな
    今回のハイドラは間違いなくつよいしランプにも居場所がある

  5. [105] 名無しのイゼット団員 2016/04/15(金) 02:36:34 ID:c1MDc5MzE

    あのハイドラ、6マナのランパン要因なのに下手すればウラモグよりでかくなるからな
    正直、今当たり扱いされてる2マナゾンビやオリヴィアより全然環境に合ってると思う

  6. [106] 名無しのイゼット団員 2016/04/16(土) 00:32:02 ID:MzOTI5NDI

    トランプルがなくても実質アンブロなんだよなあ・・・

1 2 3

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




必ずガイドラインを確認、同意の上で送信ボタンを押してください。規約に違反すると判断された場合、削除・編集が行われる可能性がありますので紳士的な発言を心がけましょう。