SCGオープンinルイビル(モダン):優勝は《急送》親和 トップ8の半数がエルドラージを使用

 

アメリカの大手MTG通販サイト「StarCityGames.com」の主催する大規模イベント、オープンシリーズ(モダン)がケンタッキー州ルイビルにて開催されました。優勝は親和を使用したAustin Holcomb選手となっています。

トップ8に4名、トップ32に20名と常軌を逸した上位進出率を誇るエルドラージ系デッキ。果たしてこの勢いを止めるメタゲームの推移は起こりうるのでしょうか。

オープンシリーズ(モダン)

1st Place親和
プレイヤー:Austin Holcomb
2nd Place白青エルドラージ
プレイヤー:Kent Ketter
3rd Place青赤エルドラージ
プレイヤー:Jacob Dyer
4th Place赤緑エルドラージ
プレイヤー:Alex Zurawski
5th Placeキキジキ・コード
プレイヤー:Jeff Hoogland
6th Place親和
プレイヤー:Eric Flickinger
7th Place白青エルドラージ
プレイヤー:Andrew Tenjum
8th Placeマーフォーク
プレイヤー:Aaron Reed
1位:親和 プレイヤー:Austin Holcomb
4:《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》
1:《山/Mountain》
4:《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》
4:《空僻地/Glimmervoid》
4:《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》
17 lands

4:《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》
2:《刻まれた勇者/Etched Champion》
1:《エーテリウムの達人/Master of Etherium》
3:《メムナイト/Memnite》
4:《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》
4:《信号の邪魔者/Signal Pest》
1:《呪文滑り/Spellskite》
2:《鋼の監視者/Steel Overseer》
4:《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》
25 creatures

4:《頭蓋囲い/Cranial Plating》
4:《バネ葉の太鼓/Springleaf Drum》
2:《急送/Dispatch》
4:《感電破/Galvanic Blast》
4:《オパールのモックス/Mox Opal》
18 other spells

1:《虚空の杯/Chalice of the Void》
2:《罠の橋/Ensnaring Bridge》
1:《倦怠の宝珠/Torpor Orb》
1:《呪文滑り/Spellskite》
2:《ギラプールの霊気格子/Ghirapur AEther Grid》
3:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1:《四肢切断/Dismember》
2:《思考囲い/Thoughtseize》
2:《鞭打ち炎/Whipflare》
15 sideboard cards

*2位:白青エルドラージ プレイヤー:Kent Ketter
1:《島/Island》
1:《平地/Plains》
4:《アダーカー荒原/Adarkar Wastes》
2:《魂の洞窟/Cavern of Souls》
2:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
4:《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2:《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
4:《ウギンの目/Eye of Ugin》
1:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
25 lands

4:《希望を溺れさせるもの/Drowner of Hope》
4:《変位エルドラージ/Eldrazi Displacer》
4:《エルドラージのミミック/Eldrazi Mimic》
4:《空中生成エルドラージ/Eldrazi Skyspawner》
4:《果てしなきもの/Endless One》
4:《現実を砕くもの/Reality Smasher》
4:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
28 creatures

3:《四肢切断/Dismember》
4:《流刑への道/Path to Exile》
7 other spells

2:《安らかなる眠り/Rest in Peace》
3:《石のような静寂/Stony Silence》
2:《崇拝/Worship》
2:《解呪/Disenchant》
2:《はらわた撃ち/Gut Shot》
3:《頑固な否認/Stubborn Denial》
1:《ヴェズーヴァ/Vesuva》
15 sideboard cards

*4位:赤緑エルドラージ プレイヤー:Alex Zurawski
4:《森/Forest》
1:《山/Mountain》
4:《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple》
1:《幽霊街/Ghost Quarter》
4:《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
4:《カープルーザンの森/Karplusan Forest》
4:《ウギンの目/Eye of Ugin》
2:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
24 lands

4:《果てしなきもの/Endless One》
4:《作り変えるもの/Matter Reshaper》
2:《忘却蒔き/Oblivion Sower》
4:《現実を砕くもの/Reality Smasher》
4:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
4:《世界を壊すもの/World Breaker》
22 creatures

4:《精神石/Mind Stone》
2:《四肢切断/Dismember》
4:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
4:《古きものの活性/Ancient Stirrings》
14 other spells

1:《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
3:《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
1:《忘却蒔き/Oblivion Sower》
3:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
3:《稲妻/Lightning Bolt》
3:《自然のままに/Natural State》
1:《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》
15 sideboard cards

その他上位者リストはこちらから。

クラシック(スタンダード)

1st Place白青緑カンパニー
プレイヤー:Andy Ferguson
2nd Place赤緑エルドラージ
プレイヤー:Christopher OBryant
3rd Place白青赤タッチ黒
プレイヤー:Donnie Wise
4th Place白青黒緑ラリー
プレイヤー:Samuel Black
5th Place白青緑カンパニー
プレイヤー:Andrew Ziggas
6th Place白黒赤タッチ緑
プレイヤー:Patrick Narsavage
7th Place白青黒緑ラリー
プレイヤー:Levi Basham
8th Place赤緑エルドラージ
プレイヤー:David Koon
1位:バントカンパニー プレイヤー:Andy Ferguson
2:《森/Forest》
1:《島/Island》
3:《平地/Plains》
2:《梢の眺望/Canopy Vista》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《伐採地の滝/Lumbering Falls》
2:《大草原の川/Prairie Stream》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
1:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
2:《ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast》
25 lands

4:《跳ねる混成体/Bounding Krasis》
4:《死霧の猛禽/Deathmist Raptor》
2:《棲み家の防御者/Den Protector》
4:《反射魔道士/Reflector Mage》
3:《層雲の踊り手/Stratus Dancer》
4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
1:《始まりの木の管理人/Warden of the First Tree》
3:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
25 creatures

4:《集合した中隊/Collected Company》
4:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
2:《オジュタイの命令/Ojutai’s Command》
10 other spells

3:《アラシンの僧侶/Arashin Cleric》
1:《潮流の先駆け/Harbinger of the Tides》
2:《絹包み/Silkwrap》
3:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
3:《払拭/Dispel》
2:《勇敢な姿勢/Valorous Stance》
1:《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai》
15 sideboard cards

*2位:赤緑ランプ プレイヤー:Christopher OBryant
8:《森/Forest》
2:《山/Mountain》
2:《燃えがらの林間地/Cinder Glade》
4:《ウギンの聖域/Sanctum of Ugin》
4:《見捨てられた神々の神殿/Shrine of the Forsaken Gods》
1:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
25 lands

4:《エルフの幻想家/Elvish Visionary》
4:《爪鳴らしの神秘家/Rattleclaw Mystic》
4:《世界を壊すもの/World Breaker》
2:《龍王アタルカ/Dragonlord Atarka》
2:《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》
16 creatures

2:《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller》
2:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
3:《面晶体の記録庫/Hedron Archive》
4:《ニッサの誓い/Oath of Nissa》
4:《爆発的植生/Explosive Vegetation》
4:《ニッサの巡礼/Nissa’s Pilgrimage》
19 other spells

3:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
3:《垂直落下/Plummet》
1:《ムラーサの胎動/Pulse of Murasa》
1:《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller》
1:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
2:《塵への崩壊/Crumble to Dust》
4:《焙り焼き/Roast》
15 sideboard cards

その他上位者リストはこちらから。

クラシック(レガシー)

1st Place奇跡
プレイヤー:Joe Lossett
2nd Placeバーン
プレイヤー:Ali Aintrazi
3rd Placeデス&タックス
プレイヤー:Justin Herrell
4th Place感染
プレイヤー:Joshua Collier
5th Place青赤デルバー
プレイヤー:Thomas Schleyel
6th Placeマーヴェリック
プレイヤー:Cas Watson
7th Place青赤緑デルバー
プレイヤー:Robbie Coleman
8th Place青黒緑デルバー
プレイヤー:Matt Guido
1位:奇跡 プレイヤー:Joe Lossett
5:《島/Island》
1:《平地/Plains》
1:《乾燥台地/Arid Mesa》
2:《魂の洞窟/Cavern of Souls》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
2:《Tundra》
1:《Volcanic Island》
2:《Karakas》
22 lands

1:《僧院の導師/Monastery Mentor》
3:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
3:《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
2:《造物の学者、ヴェンセール/Venser, Shaper Savant》
9 creatures

3:《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4:《師範の占い独楽/Sensei’s Divining Top》
4:《相殺/Counterbalance》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
4:《Force of Will》
1:《紅蓮破/Pyroblast》
3:《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
2:《思案/Ponder》
4:《終末/Terminus》
29 other spells

1:《真髄の針/Pithing Needle》
1:《封じ込める僧侶/Containment Priest》
2:《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》
2:《安らかなる眠り/Rest in Peace》
3:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1:《紅蓮破/Pyroblast》
1:《赤霊破/Red Elemental Blast》
2:《水没/Submerge》
2:《摩耗+損耗/Wear+Tear》
15 sideboard cards

*2位:バーン プレイヤー:Ali Aintrazi
8:《山/Mountain》
4:《乾燥台地/Arid Mesa》
1:《蛮族のリング/Barbarian Ring》
2:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
20 lands

4:《ゴブリンの先達/Goblin Guide》
2:《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
4:《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
4:《大歓楽の幻霊/Eidolon of the Great Revel》
14 creatures

2:《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》
4:《火炎破/Fireblast》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
4:《発展の代価/Price of Progress》
4:《Chain Lightning》
4:《溶岩の撃ち込み/Lava Spike》
4:《裂け目の稲妻/Rift Bolt》
26 other spells

2:《罠の橋/Ensnaring Bridge》
3:《紅蓮光電の柱/Pyrostatic Pillar》
4:《焼尽の猛火/Searing Blaze》
2:《粉々/Smash to Smithereens》
4:《極上の炎技/Exquisite Firecraft》
15 sideboard cards

*5位:青赤デルバー プレイヤー:Thomas Schleyel
2:《島/Island》
2:《山/Mountain》
4:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
4:《Volcanic Island》
16 lands

4:《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4:《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
4:《嵐追いの魔道士/Stormchaser Mage》
12 creatures

4:《渦まく知識/Brainstorm》
4:《目くらまし/Daze》
4:《Force of Will》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
4:《発展の代価/Price of Progress》
2:《呪文貫き/Spell Pierce》
2:《二股の稲妻/Forked Bolt》
4:《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4:《思案/Ponder》
32 other spells

1:《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
1:《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》
2:《血染めの月/Blood Moon》
2:《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》
2:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1:《紅蓮破/Pyroblast》
2:《粉々/Smash to Smithereens》
1:《水没/Submerge》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《乱暴+転落/Rough+Tumble》
15 sideboard cards

その他上位者リストはこちらから。

117 コメント on SCGオープンinルイビル(モダン):優勝は《急送》親和 トップ8の半数がエルドラージを使用

  1. [101] 名無しのイゼット団員 2016/02/23(火) 09:47:34 ID:Y1MjM0NTk

    ワイ個人的には自分の手持ちデッキでどうやってエルドラージに勝てるか四苦八苦するのが楽しいから今の極端な環境もたまにはいいよ
    1年続くようならモダンに使ってた金をレガシーに流すわ

  2. [102] 名無しのイゼット団員 2016/02/23(火) 10:15:24 ID:kyMjIxMjc

    ※82
    ワイは使わんからってのが抜けてる。
    トロンにだけ勝てるデッキなんか流行るわけがない。
    自分が使わないデッキが強くなって叩いてるだけやん。

  3. [103] 名無しのイゼット団員 2016/02/23(火) 11:52:46 ID:Q2MjExODg

    目禁止でトロンも弱くなっていいじゃん。
    別に今も勝ってないけどあんなのトップメタに戻ってこなくていいよ。

  4. [104] MHF 会長 2016/02/23(火) 13:36:31 ID:E5NDYzMzM

    目や寺院は規制やむなしだけどそれやるとエムラが高コストのエルドラージ軍団従えて抗議しだす。低コストで強いエルドラージを作ったウィザーズが悪い!慈悲はない

  5. [105] 名無しのイゼット団員 2016/02/23(火) 16:40:12 ID:IwMzM4MDU

    モダンはクソ はっきりわかんだね

  6. [106] 名無しのイゼット団員 2016/02/23(火) 17:18:26 ID:kyMzQ3MjY

    スタン落ちしたお気に入りのカード使うにはモダンしかないんや…許して

  7. [107] 名無しのイゼット団員 2016/02/23(火) 19:27:12 ID:U5NTIzODU

    個人的には寺院禁止押しかなー。猿無しで2ターン目難題がなくなるのはでかい。
    目はミミック2体とか出てきても返し二股の稲妻で簡単に処理できるし、果てしなきものが一緒に出てきても1ターン目なら所詮金属ガエルだし。結局大型を高速で展開されるのがきついから重ね張りされる寺院の方がイヤ。

  8. [108] 名無しのイゼット団員 2016/02/23(火) 22:50:09 ID:AxNTY1OTQ

    モダン民だった俺、MTGから撤退して高みの見物\(^o^)/

  9. [109] 名無しのイゼット団員 2016/02/23(火) 22:57:06 ID:g0ODc3MjE

    目は禁止されそう
    寺院はレガシーのディグみたいに様子見でスルーかな

  10. [110] 名無しのイゼット団員 2016/02/24(水) 00:41:46 ID:Y1Mzc4NTk

    一個禁止一個様子見はありそうな線だな

  11. [111] 名無しのイゼット団員 2016/02/24(水) 07:54:29 ID:UyMDQyMzE

    そもそも、ガチで遊ぶと多かれ少なかれこんな結果しか残らないだろ

    ワイ、カジュアルEDH民高みの見物

  12. [112] 名無しのイゼット団員 2016/02/24(水) 11:44:42 ID:QyOTE1ODc

    EDHの自称カジュアルなんてまったく信用ならないのですがそれは

  13. [113] 名無しのイゼット団員 2016/02/24(水) 16:53:59 ID:UyMDQyMzE

    信用ってなんだww
    お前の信用なんか要らんわww

    高いカードは買わなきゃ良いだけだから、EDHは良いぞ

  14. [114] 名無しのイゼット団員 2016/02/24(水) 18:23:55 ID:QyOTE2MTg

    高いカードは買わなくてもいい(2ターン目に無限コンボ決めないとは言っていない)
    自称カジュアルEDH勢ってだいたいこんなイメージwww

  15. [115] 名無しのイゼット団員 2016/02/24(水) 19:17:37 ID:QyNDYyNjY

    モダンにしろレガシーにしろ下の環境はクソのぶつけ合いですやん

  16. [116] 名無しのイゼット団員 2016/02/24(水) 20:06:36 ID:g5MjYzODQ

    EDHは安いカードでも無限コンボし放題だし、無限コンボしないとダレるから結局無限コンボに行きつくクソゲーだぞ
    あと政治的要素が強くて、建前では当然ゲーム一つ一つが独立しているわけだけど「あいつ前回勝ったし今回は勝たせないようにしよっかなー」みたいなそのゲーム中の流れとは関係無い思考がプレイに介在したりする

  17. [117] 名無しのイゼット団員 2016/02/24(水) 20:26:55 ID:A0OTkwNDY

    モダンなけりゃスタン落ちしたカードどうなんだよ。レガシーなんて人口少ないのに、ただでさえドラフト用カードっていう開封した時だけのカードあんのにスタン落ちしたらカードの価値がゴミだらけになるぞ

1 2 3

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




必ずガイドラインを確認、同意の上で送信ボタンを押してください。規約に違反すると判断された場合、削除・編集が行われる可能性がありますので紳士的な発言を心がけましょう。