SSSチャンピオンシップ2016:優勝はSam Black選手 日本からは下河辺行洋選手が第3位入賞

 

2016年1月23-24日、世界各地のグランプリ・サイドイベントとして行われた予選大会・スーパーサンデーシリーズ(SSS)の優勝者が招待され最強を決定するイベント、スーパーサンデーシリーズチャンピオンシップ2016(フォーマット:『戦乱のゼンディカー』ブロック・ドラフト及びスタンダード)がウィザーズ・オブ・ザ・コースト本社会場にて開催されました。優勝はSamuel Black選手、準優勝はThiago Rodrigues選手となっています。また日本からはグランプリ・千葉2015のSSS覇者である下河辺行洋選手が見事第3位入賞を果たしました。

トップ8入賞選手

1st PlaceSamuel Black
2nd PlaceThiago Rodrigues
3rd Place下河辺行洋
4th PlaceLuis Salvatto
5th PlaceGustavo Coraiola
6th PlaceArchibal Raziel Sánchez Peralta
7th PlaceAlex Black
8th PlaceYiwen Chen

スタンダードラウンド上位成績デッキ(ピックアップ)

スタンダードラウンド全上位成績デッキはこちらから。

グリクシスミッドレンジ プレイヤー:Ignacio Barbero
2:《さまよう噴気孔/Wandering Fumarole》
1:《シヴの浅瀬/Shivan Reef》
2:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
3:《沼/Swamp》
2:《山/Mountain》
1:《島/Island》
2:《窪み渓谷/Sunken Hollow》
2:《燻る湿地/Smoldering Marsh》
25 lands

4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
3:《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
2:《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
2:《ゴブリンの闇住まい/Goblin Dark-Dwellers》
3:《遺跡潜り、ジョリー・エン/Jori En, Ruin Diver》
14 creatures

2:《龍語りのサルカン/Sarkhan, the Dragonspeaker》
1:《炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller》
1:《破滅の道/Ruinous Path》
1:《苦い真理/Painful Truths》
3:《強迫/Duress》
1:《骨読み/Read the Bones》
3:《焦熱の衝動/Fiery Impulse》
1:《乱撃斬/Wild Slash》
2:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
2:《時を越えた探索/Dig Through Time》
2:《闇の掌握/Grasp of Darkness》
2:《残忍な切断/Murderous Cut》
21 other spells

1:《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
2:《鞭打つ触手/Flaying Tendrils》
1:《否認/Negate》
2:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
2:《払拭/Dispel》
2:《無限の抹消/Infinite Obliteration》
1:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》
2:《焙り焼き/Roast》
2:《自傷疵/Self-Inflicted Wound》
15 sideboard cards

グリクシス果敢 プレイヤー:Chen Yiwen
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
2:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
2:《燻る湿地/Smoldering Marsh》
2:《窪み渓谷/Sunken Hollow》
2:《山/Mountain》
1:《島/Island》
1:《沼/Swamp》
4:《シヴの浅瀬/Shivan Reef》
22 lands

4:《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
4:《ケラル砦の修道院長/Abbot of Keral Keep》
4:《嵐追いの魔道士/Stormchaser Mage》
4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
16 creatures

3:《強迫/Duress》
2:《極上の炎技/Exquisite Firecraft》
2:《宝船の巡航/Treasure Cruise》
2:《促進/Expedite》
4:《タイタンの力/Titan’s Strength》
4:《乱撃斬/Wild Slash》
3:《ティムールの激闘/Temur Battle Rage》
2:《残忍な切断/Murderous Cut》
22 other spells

1:《ティムールの激闘/Temur Battle Rage》
1:《宝船の巡航/Treasure Cruise》
2:《払拭/Dispel》
1:《焦熱の衝動/Fiery Impulse》
1:《引き裂く流弾/Rending Volley》
2:《異常な忍耐/Unnatural Endurance》
1:《否認/Negate》
2:《焙り焼き/Roast》
4:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
15 sideboard cards

エスパーエルドラージ プレイヤー:下河辺 行洋
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3:《汚染された三角州/Polluted Delta》
1:《大草原の川/Prairie Stream》
1:《窪み渓谷/Sunken Hollow》
4:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
2:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
1:《沼/Swamp》
2:《平地/Plains》
2:《海門の残骸/Sea Gate Wreckage》
1:《オラン=リーフの廃墟/Ruins of Oran-Rief》
3:《崩壊する痕跡/Crumbling Vestige》
24 lands

4:《血に染まりし勇者/Bloodsoaked Champion》
4:《マルドゥの悲哀狩り/Mardu Woe-Reaper》
3:《永代巡礼者、アイリ/Ayli, Eternal Pilgrim》
3:《静寂を担うもの/Bearer of Silence》
2:《不毛の地の絞殺者/Wasteland Strangler》
4:《作り変えるもの/Matter Reshaper》
3:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
2:《変位エルドラージ/Eldrazi Displacer》
2:《反射魔道士/Reflector Mage》
27 creatures

2:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
4:《絹包み/Silkwrap》
3:《停滞の罠/Stasis Snare》
9 other spells

1:《不毛の地の絞殺者/Wasteland Strangler》
1:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
1:《停滞の罠/Stasis Snare》
2:《払拭/Dispel》
3:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
3:《精神背信/Transgress the Mind》
1:《正義のうねり/Surge of Righteousness》
1:《神聖なる月光/Hallowed Moonlight》
2:《自傷疵/Self-Inflicted Wound》
15 sideboard cards

ソース

2016 SUPER SUNDAY SERIES CHAMPIONSHIP – MTG米公式サイト

53 コメント on SSSチャンピオンシップ2016:優勝はSam Black選手 日本からは下河辺行洋選手が第3位入賞

  1. [51] 名無しのイゼット団員 2016/01/28(木) 23:48:00 ID:AzNTYyNTk

    アタルカレッドが怒涛ゴブリンでトークン戦略するのと激闘コンボとで別れるようだと単体除去構えるのにマナ立てたのが裏目になりにくいコジレックリターンがより使われるのかなあと思いました。

  2. [52] 名無し 2016/01/28(木) 23:54:12 ID:YyNjIzMjM

    たぶんこのグリクシス果敢だと2点で撃つことが多いと思う。3点だと自分が大きく巻き込まれ始めるし。
    となると収斂の数値を下げる必要が出てきてしまい、それは面倒な場合もあるので、インスタントである面も評価してコジレックの帰還を採用してるんだと思う。
    そもそもこの環境で3点全体火力がそんなに必要とされてないってのもあるかも。

  3. [53] 名無しのイゼット団員 2016/01/31(日) 11:08:03 ID:YwNzE4MDc

    優勝おめでとう。
    とがった構成だとやっぱり強いな~

1 2

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




必ずガイドラインを確認、同意の上で送信ボタンを押してください。規約に違反すると判断された場合、削除・編集が行われる可能性がありますので紳士的な発言を心がけましょう。