GPバーミンガム2017(モダン):《燃え上がる憤怒の祭殿》バーンが黒緑ロックを破り優勝

8月12日-13日、イギリスにて行われたグランプリ・バーミンガム2017(参加人数:1,743名)。優勝はバーンを使用したLoice Le Briand選手となりました。トップ8には合計8つのデッキタイプが出揃い、モダンらしく多様性あるトーナメントだったようです。

※写真はマジック米公式サイトより

トップ8選手&使用デッキ

1st Placeバーン
プレイヤー:Loice Le Briand
2nd Place黒緑ロック
プレイヤー:Steve Hatto
3rd Placeカウンターカンパニー
プレイヤー:Oscar Christensen
4th Placeアブザン
プレイヤー:Alberto Galcia
5th Placeランタンコントロール
プレイヤー:Piotr Glogowski
6th Place人間ナイトフォール
プレイヤー:Ivan De Castro Sanchez
7th Placeグリクシスシャドウ
プレイヤー:George Channing
8th Placeタイタンシフト
プレイヤー:Simon Nielsen

入賞者プロフィールはこちらから。

トップ8デッキリスト

1位:バーン プレイヤー:Loice Le Briand
4:《乾燥台地/Arid Mesa》
3:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
3:《感動的な眺望所/Inspiring Vantage》
3:《山/Mountain》
2:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
1:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
20 lands

4:《ゴブリンの先達/Goblin Guide》
4:《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
8 creatures

4:《溶岩の撃ち込み/Lava Spike》
4:《裂け目の稲妻/Rift Bolt》
4:《ボロスの魔除け/Boros Charm》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
4:《稲妻のらせん/Lightning Helix》
4:《焼尽の猛火/Searing Blaze》
4:《頭蓋割り/Skullcrack》
4:《燃え上がる憤怒の祭殿/Shrine of Burning Rage》
32 other spells

4:《破壊的な享楽/Destructive Revelry》
2:《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
2:《コーの火歩き/Kor Firewalker》
2:《流刑への道/Path to Exile》
3:《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
2:《破壊放題/Shattering Spree》
15 sideboard cards

2位:黒緑ロック プレイヤー:Steve Hatto
4:《花盛りの湿地/Blooming Marsh》
2:《森/Forest》
3:《幽霊街/Ghost Quarter》
3:《風切る泥沼/Hissing Quagmire》
1:《湿地の干潟/Marsh Flats》
2:《草むした墓/Overgrown Tomb》
1:《屍肉あさりの地/Scavenger Grounds》
3:《沼/Swamp》
4:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
23 lands

4:《闇の腹心/Dark Confidant》
2:《永遠の証人/Eternal Witness》
2:《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》
2:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
4:《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
2:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
16 creatures

3:《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
1:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
1:《集団的蛮行/Collective Brutality》
4:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
2:《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
3:《思考囲い/Thoughtseize》
3:《突然の衰微/Abrupt Decay》
3:《致命的な一押し/Fatal Push》
1:《喉首狙い/Go for the Throat》
21 other spells

1:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
1:《滅び/Damnation》
2:《鞭打つ触手/Flaying Tendrils》
4:《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》
2:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
1:《リリアナの敗北/Liliana’s Defeat》
2:《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
1:《ラムナプの採掘者/Ramunap Excavator》
1:《外科的摘出/Surgical Extraction》
15 sideboard cards

3位:カウンターカンパニー プレイヤー:Oscar Christensen
3:《森/Forest》
2:《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》
1:《神無き祭殿/Godless Shrine》
2:《地平線の梢/Horizon Canopy》
1:《草むした墓/Overgrown Tomb》
1:《剃刀境の茂み/Razorverge Thicket》
2:《寺院の庭/Temple Garden》
4:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
20 lands

4:《極楽鳥/Birds of Paradise》
4:《献身のドルイド/Devoted Druid》
4:《薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiter》
4:《永遠の証人/Eternal Witness》
3:《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》
4:《貴族の教主/Noble Hierarch》
2:《改革派の結集者/Renegade Rallier》
1:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
1:《臓物の予見者/Viscera Seer》
4:《療治の侍臣/Vizier of Remedies》
1:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
32 creatures

4:《召喚の調べ/Chord of Calling》
4:《集合した中隊/Collected Company》
8 other spells

1:《黄昏+払暁/Dusk+Dawn》
1:《弁論の幻霊/Eidolon of Rhetoric》
1:《戦争の報い、禍汰奇/Kataki, War’s Wage》
1:《静寂の守り手、リンヴァーラ/Linvala, Keeper of Silence》
1:《オルゾフの司教/Orzhov Pontiff》
4:《流刑への道/Path to Exile》
1:《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》
1:《無私の霊魂/Selfless Spirit》
1:《鷺群れのシガルダ/Sigarda, Host of Herons》
3:《罪の収集者/Sin Collector》
15 sideboard cards

4位:アブザン プレイヤー:Alberto Galcia
3:《花盛りの湿地/Blooming Marsh》
1:《森/Forest》
1:《神無き祭殿/Godless Shrine》
3:《湿地の干潟/Marsh Flats》
2:《草むした墓/Overgrown Tomb》
2:《沼/Swamp》
4:《地盤の際/Tectonic Edge》
1:《寺院の庭/Temple Garden》
2:《樹上の村/Treetop Village》
4:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
24 lands

3:《残忍な剥ぎ取り/Grim Flayer》
2:《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
3:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
4:《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
12 creatures

4:《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
3:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
4:《未練ある魂/Lingering Souls》
2:《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
3:《思考囲い/Thoughtseize》
2:《突然の衰微/Abrupt Decay》
2:《四肢切断/Dismember》
3:《致命的な一押し/Fatal Push》
1:《喉首狙い/Go for the Throat》
24 other spells

2:《集団的蛮行/Collective Brutality》
2:《滅び/Damnation》
1:《鞭打つ触手/Flaying Tendrils》
3:《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》
1:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
2:《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
2:《石のような静寂/Stony Silence》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
15 sideboard cards

5位:ランタンコントロール プレイヤー:Piotr Glogowski
2:《アカデミーの廃墟/Academy Ruins》
4:《花盛りの湿地/Blooming Marsh》
1:《森/Forest》
3:《幽霊街/Ghost Quarter》
4:《空僻地/Glimmervoid》
2:《発明博覧会/Inventors’ Fair》
1:《産業の塔/Spire of Industry》
1:《沼/Swamp》
18 lands

0 creatures

4:《古きものの活性/Ancient Stirrings》
1:《集団的蛮行/Collective Brutality》
1:《冥府の教示者/Infernal Tutor》
3:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
3:《思考囲い/Thoughtseize》
2:《突然の衰微/Abrupt Decay》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
4:《写本裁断機/Codex Shredder》
4:《罠の橋/Ensnaring Bridge》
2:《グール呼びの鈴/Ghoulcaller’s Bell》
4:《洞察のランタン/Lantern of Insight》
4:《ミシュラのガラクタ/Mishra’s Bauble》
4:《オパールのモックス/Mox Opal》
2:《真髄の針/Pithing Needle》
2:《伏魔殿のピュクシス/Pyxis of Pandemonium》
42 other spells

2:《集団的蛮行/Collective Brutality》
1:《真髄の針/Pithing Needle》
1:《外科的摘出/Surgical Extraction》
2:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
3:《神聖の力線/Leyline of Sanctity》
1:《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
1:《月の大魔術師/Magus of the Moon》
1:《自然の要求/Nature’s Claim》
1:《原基の印章/Seal of Primordium》
2:《溶接の壺/Welding Jar》
15 sideboard cards

6位:人間ナイトフォール プレイヤー:Ivan De Castro Sanchez
1:《繁殖池/Breeding Pool》
2:《魂の洞窟/Cavern of Souls》
2:《森/Forest》
1:《幽霊街/Ghost Quarter》
1:《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
1:《地平線の梢/Horizon Canopy》
1:《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run》
4:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1:《平地/Plains》
1:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
2:《寺院の庭/Temple Garden》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
21 lands

4:《アヴァシンの巡礼者/Avacyn’s Pilgrim》
4:《教区の勇者/Champion of the Parish》
2:《永遠の証人/Eternal Witness》
4:《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》
2:《アヴァブルックの町長/Mayor of Avabruck》
4:《貴族の教主/Noble Hierarch》
4:《反射魔道士/Reflector Mage》
4:《サリアの副官/Thalia’s Lieutenant》
1:《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
29 creatures

4:《集合した中隊/Collected Company》
4:《流刑への道/Path to Exile》
2:《珊瑚兜への撤退/Retreat to Coralhelm》
10 other spells

1:《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
2:《神聖な協力/Blessed Alliance》
2:《ブレンタンの炉の世話人/Burrenton Forge-Tender》
2:《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
2:《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》
2:《否認/Negate》
2:《石のような静寂/Stony Silence》
2:《ヴィティアの背教者/Vithian Renegades》
15 sideboard cards

7位:グリクシスシャドウ プレイヤー:George Channing
2:《血の墓所/Blood Crypt》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1:《島/Island》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1:《蒸気孔/Steam Vents》
1:《沼/Swamp》
2:《湿った墓/Watery Grave》
19 lands

4:《死の影/Death’s Shadow》
2:《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
4:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
4:《通りの悪霊/Street Wraith》
2:《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
16 creatures

2:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
4:《血清の幻視/Serum Visions》
4:《思考囲い/Thoughtseize》
4:《致命的な一押し/Fatal Push》
2:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
1:《稲妻/Lightning Bolt》
2:《頑固な否認/Stubborn Denial》
2:《終止/Terminate》
4:《思考掃き/Thought Scour》
25 other spells

2:《頑固な否認/Stubborn Denial》
2:《儀礼的拒否/Ceremonious Rejection》
1:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
1:《戦慄掘り/Dreadbore》
1:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1:《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》
2:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
3:《虚空の力線/Leyline of the Void》
1:《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
1:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
15 sideboard cards

8位:タイタンシフト プレイヤー:Simon Nielsen
1:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
3:《燃えがらの林間地/Cinder Glade》
2:《森/Forest》
6:《山/Mountain》
1:《隠れた茂み/Sheltered Thicket》
4:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
4:《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》
1:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
27 lands

1:《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》
4:《原始のタイタン/Primeval Titan》
4:《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》
1:《スラーグ牙/Thragtusk》
10 creatures

3:《探検/Explore》
3:《遥か見/Farseek》
2:《焙り焼き/Roast》
4:《風景の変容/Scapeshift》
4:《明日への探索/Search for Tomorrow》
1:《焼けつく双陽/Sweltering Suns》
3:《稲妻/Lightning Bolt》
2:《召喚士の契約/Summoner’s Pact》
1:《虹色の前兆/Prismatic Omen》
23 other spells

1:《スラーグ牙/Thragtusk》
1:《稲妻/Lightning Bolt》
1:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
1:《内にいる獣/Beast Within》
1:《自然の要求/Nature’s Claim》
3:《強情なベイロス/Obstinate Baloth》
1:《再利用の賢者/Reclamation Sage》
2:《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
1:《恨み唸り/Spitebellows》
2:《魔女封じの宝珠/Witchbane Orb》
15 sideboard cards

デッキリスト

9-32位/前日トライアル

配信(Twitch)

配信動画一覧

ソース

GRAND PRIX BIRMINGHAM 2017  – マジック米公式サイト

32 コメント on GPバーミンガム2017(モダン):《燃え上がる憤怒の祭殿》バーンが黒緑ロックを破り優勝

  1. [1] 名無しのイゼット団員 2017/08/14(月) 07:43:02 ID:UxOTEyOTY

    憤怒の祭殿とは懐かしい…
    世界選手権2011を思い出すなぁ

  2. [2] 名無しのイゼット団員 2017/08/14(月) 07:47:33 ID:A1Njg1OTM

    バーンの4積みリストさすがやなぁ。憤怒の祭典はスタンで使えた頃かなり苦戦させられた記憶がある。すみやかに除去できないと平気で10点とか持って行くし、無色の起動型能力だから防ぐのが難しい。
    やっぱ白力線必須だな

  3. [3] 名無しのイゼット団員 2017/08/14(月) 07:49:46 ID:k0MDMwNTM

    何が抜けてるんだろうとおもったら大歓楽か。確かに今の環境だとあまり活躍しにくいし、実際使ってて使いにくさが目立つんだよなあ。憤怒の祭殿は使ったことないけども、一度使ってみようかな

  4. [4] 名無しのイゼット団員 2017/08/14(月) 08:06:10 ID:AzMTA0MDE

    人間ナイトフォールとかいうデッキ名からしてクソかっこいいな
    しかもリストのメインサリア1、アヴァブルックの町長とか相当調整したんだろうな

  5. [5] 名無しのイゼット団員 2017/08/14(月) 08:06:57 ID:c4NjMzNDI

    4キルすることを考えると邪魔にも見えるけどどうなんだろう
    サイド後は4ターンじゃ殺せないし回復もされるから対策の上から焼き尽くそうってことか?

  6. [6] 名無しのイゼット団員 2017/08/14(月) 08:21:19 ID:g0NjcyMDc

    安定感は無いけど祭殿は序盤に引いて残れば二桁超えるダメージも頻繁に出るけど随分懐かしいカードが出てきたな

  7. [7] 名無しのイゼット団員 2017/08/14(月) 08:57:14 ID:U0MzQ1MzU

    地味に屍肉あさりの地がBGに採用されてるのな

  8. [8] 名無しのイゼット団員 2017/08/14(月) 09:02:38 ID:A1Njg1OTM

    ※5
    赤単バーンは早い段階で焼き切れなかった場合にジリ貧になって負ける場合が多いけど、祭殿があればゲームが長引いたときに「対処できなければ負け」というプレッシャーを相手に与え続けることができるから見た目以上に強いカードだぞ。自分はスタン当時コントロール使っててこれで20点食らったこともある。

  9. [9] 名無しのイゼット団員 2017/08/14(月) 09:26:58 ID:EzMzEyNTM

    今は蛮行流行ってるから抜かれない火力って意味もあるんだろうね
    実際これに甘えてると対処できずに死にそう

  10. [10] 名無しのイゼット団員 2017/08/14(月) 09:51:46 ID:AwNDYyNTk

    アブザンの地盤の際4も結構珍しい。
    流刑を諦めてまで採用してて最近増えてるタイタンシフトをかなり意識してる感

  11. [11] 名無しのイゼット団員 2017/08/14(月) 10:31:24 ID:U0MzU0OTQ

    裏目もあるけど代わりに30点ぐらい焼けそう

  12. [12] 名無しのイゼット団員 2017/08/14(月) 11:25:31 ID:c2NTQ4NjE

    1位のデッキ、ランタンコン以外全部に不利付きそうだけどよく優勝できたな

  13. [13] 名無しのイゼット団員 2017/08/14(月) 11:55:11 ID:QzNDk1NzA

    祭殿かー、メタ読みすげーな

    たしかに優秀な地上生物が多い現環境じゃ、幻霊よりこっちが有用な場合が多いかもしれん

    大歓楽の幻霊ってエルドラージトロンとかカンパニー系デッキとかだと、
    前者ではマナ域高いカード多すぎて使えない、地上クロックとして期待できない
    後者のデッキはマナ域低いカードが多いから効くように見えて、地上クロックとして全く使えないからダメ+向こうはカンパニーと調べで解決策持ってこれる
    とかであまり使えない

    シャドウが減って、エルドラージトロンが増えて、ストームアドグレが増えるまでメタが回るまではこのリストの方が強そう

  14. [14] 名無しのイゼット団員 2017/08/14(月) 11:59:25 ID:IxOTQ4MDI

    ほーん勉強になるンゴねぇ

  15. [15] 名無しのイゼット団員 2017/08/14(月) 12:07:10 ID:c5NDc5Mzc

    BGロックって普通のBG系のデッキと何が違うのかよく分からない

  16. [16] 名無しのイゼット団員 2017/08/14(月) 12:09:45 ID:E1MTUzODQ

    ※15
    黒緑ミッドレンジはThe Rockと呼称されることがある

  17. [17] 名無しのイゼット団員 2017/08/14(月) 12:11:07 ID:c5MTU4ODQ

    大歓楽やサリアはどっちかと言えばレガシー向けかもね

  18. [18] 名無しのイゼット団員 2017/08/14(月) 12:14:46 ID:IxOTYzOTM

    ※15
    2色になったことにより幽霊街と屍肉漁りの地を採用出来てトロンやドレッジ、死せる生にメインから対策出来るとかかな?
    あと永遠の証人で色んなのを使い回す?とにかく全体に対策出来てる

  19. [19] 名無しのイゼット団員 2017/08/14(月) 12:38:14 ID:U0MzU0OTQ

    固めるロックなのか、ロックンロールのロックなのか…

  20. [20] 名無しのイゼット団員 2017/08/14(月) 12:42:27 ID:E1MTIxOTg

    ※19
    ところがどっこい「The Rock and His Millions/ロック様とその100万のしもべ」、のロックだ

  21. [21] 名無しのイゼット団員 2017/08/14(月) 13:15:52 ID:EyMzU1NjY

    黒緑ロックって名前に一瞬プリズンデッキかと思ってときめいてしまった。

  22. [22] 名無しのイゼット団員 2017/08/14(月) 13:39:48 ID:AxNDcyMjM

    黒緑ロックって名前浸透してんの?かっこいいんだけど?

  23. [23] 名無しのイゼット団員 2017/08/14(月) 13:44:22 ID:A1MTYyMjA

    正確には黒緑ザロック

  24. [24] 名無しのイゼット団員 2017/08/14(月) 14:14:44 ID:A5OTU5NzI

    BGジャンクって感じなのね
    それにしてもメインは完全に土地とデカブツにさわれないけどよく勝てるな

  25. [25] 名無しのイゼット団員 2017/08/14(月) 14:42:52 ID:k1MDg0OTg

    ※24幽霊街とパルス入ってるように見えるんだけど、気のせい?

  26. [26] 名無しのイゼット団員 2017/08/14(月) 15:18:37 ID:gyNDk0NTc

    ランタンコン、霊気格子すら入らなくなって勝利手段がほぼ完全に「相手の心を折る」だけになってるな
    月の大魔術師で10回殴って勝つこともあるかもしれないが

  27. [27] 名無しのイゼット団員 2017/08/14(月) 17:20:58 ID:YzOTE0MDE

    心を折らなくても普通にLOで勝てるだろ?
    メイガスで殴ってる方が時間かかるまである

  28. [28] 名無しのイゼット団員 2017/08/14(月) 17:54:54 ID:EyMzAzODQ

    ランタンコンの基本的な勝ち方ってLoだよな…?よくサイドにとられる霊気格子だって基本的にプレイヤーじゃなくてクリーチャーやPWに打ち込むものだぜ。

  29. [29] 名無しのイゼット団員 2017/08/14(月) 19:18:16 ID:A5OTU5NzI

    ※25
    俺は何を見てたんだ
    2色だからメイン街なのか

  30. [30] 名無しのイゼット団員 2017/08/15(火) 02:34:09 ID:QwMjQyODQ

    BGロックの古き良きデッキ感
    殴って除去って終わりって感じがとても好き
    それに勝ったのがバーンというのもまた

  31. [31] 名無しのイゼット団員 2017/08/15(火) 10:50:15 ID:M0NTE5NjE

    憤怒の祭殿くっそなつい
    マジック始めた頃に活躍してたカードだからモダンで活躍してると何だか嬉しいわ

  32. [32] 名無しのイゼット団員 2017/08/17(木) 08:22:20 ID:U5Mzk3MDE

    隙間を縫って勝つバーンすき
    サイドにコーの炎歩き入れてるのちょっとわろた、バーン友達でもおるんかなw

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。