GPプロビデンス2016(スタンダード):優勝は黒緑昂揚を使用したYichen Wang選手に

 

2016年10月22-23日、アメリカ合衆国ロードアイランド州にてスタンダードフォーマットで行われたグランプリ・プロビデンス2016。優勝は黒緑昂揚を使用したYichen Wang選手となっています。

トップ8選手&使用デッキ

1st Place黒緑昂揚
プレイヤー:Yichen Wang
2nd Place黒緑昂揚
プレイヤー:Seth Manfield
3rd Place黒赤ゾンビ
プレイヤー:Jacky Wang
4th Place白赤機体
プレイヤー:Osyp Lebedowicz
5th Place白青フラッシュ
プレイヤー:Zachary Kiihne
6th Place黒緑昂揚
プレイヤー:Maxim Belanger
7th Place黒緑昂揚
プレイヤー:Dave Shiels
8th Place白赤機体
プレイヤー:Ian Bosley

トップ8選手プロフィールはこちらから。

トップ8デッキリスト

1位:黒緑昂揚 プレイヤー:Yichen Wang
4:《風切る泥沼/Hissing Quagmire》
4:《花盛りの湿地/Blooming Marsh》
1:《荒廃した湿原/Blighted Fen》
8:《沼/Swamp》
7:《森/Forest》
24 lands

4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
3:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
2:《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow》
2:《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
1:《害悪の機械巨人/Noxious Gearhulk》
1:《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End》
13 creatures

3:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
4:《ウルヴェンワルド横断/Traverse the Ulvenwald》
2:《精神背信/Transgress the Mind》
4:《過去との取り組み/Grapple with the Past》
4:《闇の掌握/Grasp of Darkness》
2:《殺害/Murder》
1:《餌食/To the Slaughter》
2:《発生の器/Vessel of Nascency》
1:《死の重み/Dead Weight》
23 other spells

1:《精神背信/Transgress the Mind》
1:《餌食/To the Slaughter》
1:《死の重み/Dead Weight》
1:《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End》
2:《鞭打つ触手/Flaying Tendrils》
2:《知恵の拝借/Pick the Brain》
1:《生命の力、ニッサ/Nissa, Vital Force》
1:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》
3:《人工物への興味/Appetite for the Unnatural》
1:《本質の摘出/Essence Extraction》
1:《失われた遺産/Lost Legacy》
15 sideboard cards

2位:黒緑昂揚 プレイヤー:Seth Manfield
4:《花盛りの湿地/Blooming Marsh》
1:《進化する未開地/Evolving Wilds》
7:《森/Forest》
7:《沼/Swamp》
4:《風切る泥沼/Hissing Quagmire》
23 lands

1:《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End》
4:《残忍な剥ぎ取り/Grim Flayer》
3:《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow》
2:《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
2:《精神壊しの悪魔/Mindwrack Demon》
2:《巡礼者の目/Pilgrim’s Eye》
1:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
1:《害悪の機械巨人/Noxious Gearhulk》
16 creatures

4:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
1:《破滅の道/Ruinous Path》
4:《ウルヴェンワルド横断/Traverse the Ulvenwald》
2:《過去との取り組み/Grapple with the Past》
4:《闇の掌握/Grasp of Darkness》
2:《殺害/Murder》
1:《死の重み/Dead Weight》
3:《発生の器/Vessel of Nascency》
21 other spells

1:《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End》
1:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
1:《死の重み/Dead Weight》
1:《人工物への興味/Appetite for the Unnatural》
1:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》
2:《鞭打つ触手/Flaying Tendrils》
2:《自然のままに/Natural State》
2:《知恵の拝借/Pick the Brain》
1:《餌食/To the Slaughter》
3:《精神背信/Transgress the Mind》
15 sideboard cards

3位:黒赤ゾンビ プレイヤー:Jacky Wang
10:《沼/Swamp》
5:《山/Mountain》
4:《燻る湿地/Smoldering Marsh》
4:《凶兆の廃墟/Foreboding Ruins》
23 lands

4:《墓所破り/Cryptbreaker》
2:《傲慢な新生子/Insolent Neonate》
4:《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger》
4:《秘蔵の縫合体/Prized Amalgam》
4:《憑依された死体/Haunted Dead》
4:《ヴォルダーレンの下層民/Voldaren Pariah》
22 creatures

4:《安堵の再会/Cathartic Reunion》
2:《稲妻の斧/Lightning Axe》
4:《癇しゃく/Fiery Temper》
1:《無許可の分解/Unlicensed Disintegration》
4:《密輸人の回転翼機/Smuggler’s Copter》
15 other spells

1:《稲妻の斧/Lightning Axe》
2:《無許可の分解/Unlicensed Disintegration》
2:《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
2:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
3:《膨らんだ意識曲げ/Distended Mindbender》
2:《精神背信/Transgress the Mind》
1:《街の鍵/Key to the City》
2:《集団的蛮行/Collective Brutality》
15 sideboard cards

4位:白赤機体 プレイヤー:Osyp Lebedowicz
4:《感動的な眺望所/Inspiring Vantage》
4:《鋭い突端/Needle Spires》
6:《山/Mountain》
10:《平地/Plains》
24 lands

4:《スレイベンの検査官/Thraben Inspector》
4:《模範的な造り手/Toolcraft Exemplar》
4:《無私の霊魂/Selfless Spirit》
4:《経験豊富な操縦者/Veteran Motorist》
4:《模範操縦士、デパラ/Depala, Pilot Exemplar》
2:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
2:《ピア・ナラー/Pia Nalaar》
24 creatures

3:《石の宣告/Declaration in Stone》
2:《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning》
4:《密輸人の回転翼機/Smuggler’s Copter》
3:《高速警備車/Fleetwheel Cruiser》
12 other spells

1:《領事の旗艦、スカイソブリン/Skysovereign, Consul Flagship》
3:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
1:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
2:《断片化/Fragmentize》
4:《流電砲撃/Galvanic Bombardment》
2:《停滞の罠/Stasis Snare》
15 sideboard cards

5位:白青フラッシュ プレイヤー:Zachary Kiihne
4:《港町/Port Town》
4:《大草原の川/Prairie Stream》
6:《島/Island》
9:《平地/Plains》
2:《ウェストヴェイルの修道院/Westvale Abbey》
25 lands

4:《スレイベンの検査官/Thraben Inspector》
4:《無私の霊魂/Selfless Spirit》
2:《鎖鳴らし/Rattlechains》
4:《呪文捕らえ/Spell Queller》
4:《反射魔道士/Reflector Mage》
4:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
22 creatures

4:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
1:《否認/Negate》
4:《密輸人の回転翼機/Smuggler’s Copter》
4:《停滞の罠/Stasis Snare》
13 other spells

2:《否認/Negate》
2:《断片化/Fragmentize》
2:《秘密の解明者、ジェイス/Jace, Unraveler of Secrets》
1:《燻蒸/Fumigate》
2:《折れた刃、ギセラ/Gisela, the Broken Blade》
2:《儀礼的拒否/Ceremonious Rejection》
2:《石の宣告/Declaration in Stone》
2:《即時却下/Summary Dismissal》
15 sideboard cards

6位:黒緑昂揚 プレイヤー:Maxim Belanger
4:《花盛りの湿地/Blooming Marsh》
2:《進化する未開地/Evolving Wilds》
6:《森/Forest》
4:《風切る泥沼/Hissing Quagmire》
8:《沼/Swamp》
24 lands

1:《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
3:《精神壊しの悪魔/Mindwrack Demon》
2:《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow》
1:《森の代言者/Sylvan Advocate》
1:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
1:《新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulk》
4:《残忍な剥ぎ取り/Grim Flayer》
2:《金線の使い魔/Filigree Familiar》
1:《膨らんだ意識曲げ/Distended Mindbender》
1:《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End》
17 creatures

4:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
1:《破滅の道/Ruinous Path》
4:《ウルヴェンワルド横断/Traverse the Ulvenwald》
3:《闇の掌握/Grasp of Darkness》
2:《殺害/Murder》
3:《過去との取り組み/Grapple with the Past》
2:《発生の器/Vessel of Nascency》
19 other spells

1:《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
1:《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow》
2:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
2:《人工物への興味/Appetite for the Unnatural》
2:《節くれ木のドライアド/Gnarlwood Dryad》
1:《失われた遺産/Lost Legacy》
1:《生命の力、ニッサ/Nissa, Vital Force》
1:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》
1:《知恵の拝借/Pick the Brain》
1:《餌食/To the Slaughter》
2:《精神背信/Transgress the Mind》
15 sideboard cards

7位:黒緑昂揚 プレイヤー:Dave Shiels
4:《花盛りの湿地/Blooming Marsh》
4:《風切る泥沼/Hissing Quagmire》
2:《進化する未開地/Evolving Wilds》
8:《沼/Swamp》
6:《森/Forest》
24 lands

4:《残忍な剥ぎ取り/Grim Flayer》
3:《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow》
2:《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
2:《巡礼者の目/Pilgrim’s Eye》
1:《膨らんだ意識曲げ/Distended Mindbender》
1:《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End》
1:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
14 creatures

4:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
4:《ウルヴェンワルド横断/Traverse the Ulvenwald》
2:《破滅の道/Ruinous Path》
4:《闇の掌握/Grasp of Darkness》
2:《殺害/Murder》
2:《過去との取り組み/Grapple with the Past》
4:《発生の器/Vessel of Nascency》
22 other spells

1:《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
2:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
2:《餌食/To the Slaughter》
2:《生命の力、ニッサ/Nissa, Vital Force》
2:《知恵の拝借/Pick the Brain》
3:《精神背信/Transgress the Mind》
1:《本質の摘出/Essence Extraction》
1:《人工物への興味/Appetite for the Unnatural》
1:《高木背の踏みつけ/Arborback Stomper》
15 sideboard cards

8位:白赤機体 プレイヤー:Ian Bosley
10:《平地/Plains》
6:《山/Mountain》
4:《感動的な眺望所/Inspiring Vantage》
4:《鋭い突端/Needle Spires》
24 lands

4:《模範的な造り手/Toolcraft Exemplar》
4:《スレイベンの検査官/Thraben Inspector》
4:《無私の霊魂/Selfless Spirit》
4:《経験豊富な操縦者/Veteran Motorist》
4:《模範操縦士、デパラ/Depala, Pilot Exemplar》
2:《ピア・ナラー/Pia Nalaar》
1:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
23 creatures

2:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
3:《石の宣告/Declaration in Stone》
2:《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning》
4:《密輸人の回転翼機/Smuggler’s Copter》
2:《高速警備車/Fleetwheel Cruiser》
13 other spells

1:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
1:《高速警備車/Fleetwheel Cruiser》
4:《流電砲撃/Galvanic Bombardment》
3:《空鯨捕りの一撃/Skywhaler’s Shot》
3:《稲妻織り/Weaver of Lightning》
2:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
1:《領事の旗艦、スカイソブリン/Skysovereign, Consul Flagship》
15 sideboard cards

ピックアップデッキ

10位:4色エネルギーアグロ プレイヤー:Julian Wildes
4:《霊気拠点/Aether Hub》
4:《植物の聖域/Botanical Sanctum》
1:《進化する未開地/Evolving Wilds》
4:《森/Forest》
3:《感動的な眺望所/Inspiring Vantage》
1:《島/Island》
1:《山/Mountain》
1:《平地/Plains》
3:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
22 lands

4:《牙長獣の仔/Longtusk Cub》
2:《反射魔道士/Reflector Mage》
4:《導路の召使い/Servant of the Conduit》
4:《呪文捕らえ/Spell Queller》
2:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
2:《新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulk》
4:《通電の喧嘩屋/Voltaic Brawler》
3:《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso》
4:《放浪する森林/Woodland Wanderer》
29 creatures

3:《実地研究者、タミヨウ/Tamiyo, Field Researcher》
4:《霊気との調和/Attune with Aether》
2:《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning》
9 other spells

1:《進化する未開地/Evolving Wilds》
1:《反射魔道士/Reflector Mage》
2:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
2:《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning》
1:《顕在的防御/Blossoming Defense》
3:《儀礼的拒否/Ceremonious Rejection》
2:《秘密の解明者、ジェイス/Jace, Unraveler of Secrets》
3:《否認/Negate》
15 sideboard cards

上位入賞者デッキリスト

9-64位入賞者デッキリストはこちらから。
前日トライアル突破選手デッキリストはこちらから。

メタゲームブレークダウン

初日突破デッキ比率はこちらから。

失格:Oliver Tiu選手

%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%a6(写真はマジック:ザ・ギャザリング日本公式サイトより)

第15ラウンド終了時点でOliver Tiu選手(所属:Hotsauce Games)に贈賄行為での失格が下されています。ヘッドジャッジによればOliver Tiu選手とその対戦相手がインターネット口座「PayPal」について話しているところを他のジャッジが目撃。調査の結果Oliver Tiu選手側がプロポイント獲得のために対戦相手にトスを要求、代わりに賞金を分与する相談をしていたことが発覚しました。詳しい情報や正式な裁定については公式声明記事をご確認ください。

動画配信

Grand Prix Providence – Twitch

ソース

GRAND PRIX PROVIDENCE 2016 – MTG米公式サイト


47 コメント on GPプロビデンス2016(スタンダード):優勝は黒緑昂揚を使用したYichen Wang選手に

  1. [1] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 09:37:57 ID:A3MTcxNDQ

    やっぱりメタは回ってるじゃないか(呆れ)

  2. [2] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 09:38:32 ID:M5ODQ1Nzg

    コプターニキー

  3. [3] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 09:41:10 ID:M5ODQ2NDA

    Yichenさん優勝おめでとうございます!

    やっぱスタンは面白いね
    いつも言ってる気がするけど、いい環境だよほんと

  4. [4] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 09:47:36 ID:M0NTQyNzE

    こっちは半分緑黒か
    地域性が出てて面白いね

  5. [5] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 09:49:24 ID:Q2ODgwNzM

    トップ8には残れなかったけどJulian Wildesの4色アグロは面白そうなデッキだった

  6. [6] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 09:52:45 ID:Q2MzMzOTE

    どっちだよ(混乱)

  7. [7] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 09:57:22 ID:k5NjgwMDk

    昂揚がドライアドとかコプター入れたアグロ型から従来のミッドレンジ〜コントロール型に回帰してるね。
    霊気池さえいなければやはり強いのか。
    そしてサイドからのハンデスモリモリには殺意を感じる。

  8. [8] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 10:02:59 ID:k5Njc0NjE

    エーテルワークスさえいなけりゃあこんなもんよby黒緑昂揚
    ギデオンコプターばっかりでスタンクソとか言ってた方、こっちはどう思います?

  9. [9] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 10:06:43 ID:kxOTM0NTc

    緑黒はみんなイシュカナがっつりだからこっちのほうがメタ早く回ってる感じするね

  10. [10] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 10:16:47 ID:I4NzE5MTE

    この結果を見て昨日スタンはクソと騒いでた人たちから意見を聞きたいね

  11. [11] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 10:23:30 ID:M5ODQ2MjI

    一位の残忍な剥ぎ取り不採用が面白い
    この環境だと殴れない&除去されるのがほとんどだからね

  12. [12] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 10:28:00 ID:M5ODQ2NDU

    こんなに見事にメタ回ってるのは久しぶりだなー
    個人的にはランプも見てみたいってか反チャン活躍してっ

  13. [13] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 10:31:51 ID:A5NzIwNDA

    黒系デッキはもう破滅の道積んでないんだね

  14. [14] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 10:32:27 ID:kxMjQxNTQ

    1位コプターどころか剥ぎ取りすら入ってないのか
    凄い構築力だ

  15. [15] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 10:42:45 ID:A3MTcxNDQ

    ※13
    いかんせんPW見ないし機体に刺さらないし隙がデカすぎるしでそんな強くない
    餌食のが強いまである

  16. [16] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 11:12:50 ID:A5NTk4MDE

    緑巨人くんも結局大部分は解雇されてしまったんだな
    しかしリリアナの採用率が凄い。スタンはリリアナVSギデオンかw

  17. [17] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 11:13:31 ID:UxODA1NTY

    1位のリスト凄いな…確かに黒緑昂揚のカラデシュで得たものとして一番は土地かもしれん
    トラッカーは積んでるけど、そのために未開地を入れてタップインはしたくないんかな
    あとライフレースを意識してかメインからカリタスを多く取ってるような

  18. [18] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 11:22:28 ID:cyMDk2Njg

    白ニキは霊気体

  19. [19] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 12:00:33 ID:EzMTkwMTA

    あのSeth Manfieldを破って優勝とか凄くないか?
    目立った成績は持ってないみたいだけど…Yichen Wang、一体何者

  20. [20] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 12:03:40 ID:k5Njc4NTg

    ※19
    そりゃあ《神の導き/Providence》でしょ

  21. [21] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 12:20:18 ID:U5MjM4NTU

    クアラルンプールと比べると面白い

  22. [22] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 12:28:20 ID:EzNDgwOTc

    カンパニーの時も一回トップにいなかっただけでドヤ顔してた人いたし総合的に見なきゃ
    勿論白青強すぎ論の方にも言えるけど

  23. [23] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 12:32:41 ID:k5NzY2OTk

    優勝こそ逃したものの相変わらずセス勝ってるな

  24. [24] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 12:42:07 ID:k5Njc5MzM

    1位の人みたいな明らかに長期戦見越した構築では、剥ぎ取りより代言者優先なのは納得。
    後半グラスプに引っ掛からなくてミラーにも強そうだし

  25. [25] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 14:21:24 ID:UxODE2NzU

    やっぱ横断有能

  26. [26] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 14:54:15 ID:IyMDE0NzA

    プロビデンスって確かラヴクラフトの出身地だったよな……エムラクール……

  27. [27] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 15:22:26 ID:QxMjY5NDM

    なんだ黒は死んでなかったじゃないか(手のひらコプター)

  28. [28] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 15:42:48 ID:IxMjcxNjg

    強いのが判明している白青を盲目的に使うアジアプロ、白青が多いのを見越してメタった昂揚を持ち込む北米プロ

  29. [29] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 16:32:57 ID:YzNTIwOTA

    どっちもそれぞれのGPで勝ってるんだよなあ

  30. [30] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 16:41:12 ID:k5NjM5NDA

    クアラルンプールのgpだって二番手勢力は黒緑昂揚だったんだよなあ…
    なんで青白フラッシュ側が黒緑昂揚を対策していた結果だと考えることができないのか

  31. [31] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 17:23:00 ID:UxODA1NTY

    アメリカのGPとアジアのGPってなると、アメリカのGPのがレベル高いんじゃないの?
    同等には見れんよ

  32. [32] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 17:26:10 ID:EzNDkyNjU

    一般プレイヤーのレベルの高低はさておいても、プロやセミプロとの遭遇率はアメリカの方が格段に高いだろうね
    自分がGPでセスマンなんかと当たったらちびっちまいそうだ(しかしサインはもらう

  33. [33] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 18:45:18 ID:k4MDg2NDI

    2日目進出率に占める青白の比率を見るに一般プレイヤーのレベルはアジアとそう変わらない

    ただ明確にそこをメタってトップ8を埋めてるあたり
    プロ・セミプロ層のレベルは北米が頭一つ抜けてる印象

  34. [34] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 18:47:55 ID:k4MDg2NDI

    ※32
    >なんで青白フラッシュ側が黒緑昂揚を対策していた結果だと考えることができないのか
    同型意識した青白が勝ってた形だからね
    クアラルンプールに持ち込まれた緑黒が青白メタに寄せ切れてなかった可能性の方が高い

  35. [35] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 18:48:41 ID:EzMzcwOTc

    オリバーくん…まさか罪のあるオリバーくんになってしまうだなんて…

  36. [36] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 18:54:26 ID:EzMzU5NTA

    黒緑昂揚の勝因はエムラクールだと思うな、青白側に停滞の罠が無ければ大体そのまま終わる

  37. [37] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 19:39:12 ID:M5ODQ2NDA

    デッキリストを見て安心した。
    しかし失格を見てがっかりした。

  38. [38] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 21:20:28 ID:A5Mjg2NDM

    オリバーくん……

  39. [39] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 21:20:40 ID:g0OTM2ODQ

    黒緑昂揚は森の代言者が入ったり入らなかったりして面白いな

  40. [40] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 21:41:10 ID:QzNjgwNTk

    アグロ/ミッドレンジ/コンボとランプ/コントロール/撹乱アグロの全部が存在してる以上、現状はデベロップ成功と言えるだろう。例えば青白が緑黒昂揚を倒すキーカードを見つけて一強になったりしたら別だけど

  41. [41] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 21:54:54 ID:AwOTY0ODE

    オリバー君は何したの?

  42. [42] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 22:20:48 ID:cyMTY4MjE

    オリバーティウ君まじか~!

  43. [43] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 22:30:26 ID:kwOTgzNzQ

    申し訳ないが《闇取引/Dark Deal》をリアルでやるのはNG

  44. [44] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 23:03:47 ID:cyMDk2Njg

    リアル袖の下かぁ…

  45. [45] 名無しのイゼット団員 2016/10/24(月) 23:06:32 ID:UwNzgyODE

    たかり屋はそのへんのゾンビよりよっぽどゾンビしてる
    ゾンビ現出デッキに入れてるけどいい感じだわ

  46. [46] 名無しのイゼット団員 2016/10/25(火) 07:50:27 ID:UxNzk2NTg

    オリバー君、やそさんにやられ続けてマッドネスに陥ってしまったか…

  47. [47] 名無しのイゼット団員 2016/10/25(火) 08:03:20 ID:U0MDcyODY

    青白フラッシュをメタった緑黒昂揚か、メタ回ってていいね

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




必ずガイドラインを確認、同意の上で送信ボタンを押してください。規約に違反すると判断された場合、削除・編集が行われる可能性がありますので紳士的な発言を心がけましょう。