Red Bull Untapped ロシアOnline予選(スタンダード):優勝はバントランプ、トップ8には赤単や緑単、ウィノータドッグなど

7月4-5日、マジックアリーナ上で行われたRed Bull Untapped ロシアOnline予選。優勝はバントランプを使用したAlexey Sukhikh選手となっています。

トップ8選手&使用デッキ

優勝 バントランプ
プレイヤー:Alexey Sukhikh
2nd 赤単アグロ
プレイヤー:Roman Kopytin
3rd スゥルタイランプ
プレイヤー:Eugene Nikiforov
4th バントランプ
プレイヤー:Arman Gabbasov
5th 緑単アグロ
プレイヤー:Maxim Salmin
6th 緑単アグロ
プレイヤー:Pasha MonoGreen
7th ウィノータドッグ
プレイヤー:Aleksandr Krivtsov
8th ラクドス騎士
プレイヤー:Dmitriy Bezruchenko

トップ8デッキリスト

優勝:バントランプ プレイヤー:Alexey Sukhikh
デッキリスト
4:《繁殖池/Breeding Pool》
4:《寓話の小道/Fabled Passage》
4:《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
4:《寺院の庭/Temple Garden》
3:《神秘の神殿/Temple of Mystery》
2:《森/Forest》
2:《島/Island》
2:《平地/Plains》
2:《啓蒙の神殿/Temple of Enlightenment》
1:《豊潤の神殿/Temple of Plenty》
28 lands


4:《自然の怒りのタイタン、ウーロ/Uro, Titan of Nature’s Wrath》
3:《ムウォンヴーリーの世捨て人、ジョルレイル/Jolrael, Mwonvuli Recluse》
2:《ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis》
1:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
10 creatures

4:《時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler》
3:《時の支配者、テフェリー/Teferi, Master of Time》
2:《世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the World》
1:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
4:《エルズペス、死に打ち勝つ/Elspeth Conquers Death》
2:《サメ台風/Shark Typhoon》
2:《空の粉砕/Shatter the Sky》
4:《成長のらせん/Growth Spiral》
22 other spells


2:《霊気の疾風/Aether Gust》
2:《敬虔な命令/Devout Decree》
2:《ドビンの拒否権/Dovin’s Veto》
2:《神秘の論争/Mystical Dispute》
2:《空の粉砕/Shatter the Sky》
2:《狼の友、トルシミール/Tolsimir, Friend to Wolves》
1:《覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils》
1:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
1:《ガラスの棺/Glass Casket》
15 sideboard cards


【MTGアリーナ用インポートファイル(バントランプ)】

2位:赤単アグロ プレイヤー:Roman Kopytin
デッキリスト
17:《山/Mountain》
4:《エンバレス城/Castle Embereth》
21 lands


4:《熱烈な勇者/Fervent Champion》
4:《焦がし吐き/Scorch Spitter》
4:《遁走する蒸気族/Runaway Steam-Kin》
4:《義賊/Robber of the Rich》
4:《鍛冶で鍛えられしアナックス/Anax, Hardened in the Forge》
4:《砕骨の巨人/Bonecrusher Giant》
3:《朱地洞の族長、トーブラン/Torbran, Thane of Red Fell》
2:《ブリキ通りの身かわし/Tin Street Dodger》
2:《リムロックの騎士/Rimrock Knight》
31 creatures

4:《エンバレスの宝剣/Embercleave》
4:《舞台照らし/Light Up the Stage》
8 other spells


4:《レッドキャップの乱闘/Redcap Melee》
4:《解き放たれた狂戦士/Unchained Berserker》
3:《溶岩コイル/Lava Coil》
2:《炎の侍祭、チャンドラ/Chandra, Acolyte of Flame》
2:《無頼な扇動者、ティボルト/Tibalt, Rakish Instigator》
15 sideboard cards


【MTGアリーナ用インポートファイル(赤単アグロ)】

3位:スゥルタイランプ プレイヤー:Eugene Nikiforov
デッキリスト
4:《湿った墓/Watery Grave》
4:《繁殖池/Breeding Pool》
4:《草むした墓/Overgrown Tomb》
4:《ゼイゴスのトライオーム/Zagoth Triome》
3:《島/Island》
3:《森/Forest》
3:《寓話の小道/Fabled Passage》
2:《沼/Swamp》
1:《神秘の神殿/Temple of Mystery》
28 lands


3:《樹上の草食獣/Arboreal Grazer》
3:《自然の怒りのタイタン、ウーロ/Uro, Titan of Nature’s Wrath》
3:《ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis》
2:《茨の騎兵/Cavalier of Thorns》
11 creatures

3:《覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils》
3:《世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the World》
2:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
2:《サメ台風/Shark Typhoon》
4:《耕作/Cultivate》
3:《戦争の犠牲/Casualties of War》
4:《成長のらせん/Growth Spiral》
21 other spells


3:《霊気の疾風/Aether Gust》
2:《否認/Negate》
2:《害悪な掌握/Noxious Grasp》
2:《肉儀場の叫び/Cry of the Carnarium》
2:《煤の儀式/Ritual of Soot》
1:《絶滅の契機/Extinction Event》
1:《茨の騎兵/Cavalier of Thorns》
1:《サメ台風/Shark Typhoon》
1:《思考のひずみ/Thought Distortion》
15 sideboard cards


【MTGアリーナ用インポートファイル(スゥルタイランプ)】

4位:バントランプ プレイヤー:Arman Gabbasov
デッキリスト
4:《寓話の小道/Fabled Passage》
4:《寺院の庭/Temple Garden》
4:《繁殖池/Breeding Pool》
4:《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
3:《神秘の神殿/Temple of Mystery》
2:《啓蒙の神殿/Temple of Enlightenment》
2:《平地/Plains》
2:《島/Island》
2:《森/Forest》
1:《豊潤の神殿/Temple of Plenty》
28 lands


3:《ムウォンヴーリーの世捨て人、ジョルレイル/Jolrael, Mwonvuli Recluse》
3:《自然の怒りのタイタン、ウーロ/Uro, Titan of Nature’s Wrath》
2:《ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis》
1:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
9 creatures

4:《時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler》
3:《時の支配者、テフェリー/Teferi, Master of Time》
2:《世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the World》
1:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
4:《エルズペス、死に打ち勝つ/Elspeth Conquers Death》
2:《サメ台風/Shark Typhoon》
3:《空の粉砕/Shatter the Sky》
4:《成長のらせん/Growth Spiral》
23 other spells


4:《敬虔な命令/Devout Decree》
3:《神秘の論争/Mystical Dispute》
2:《霊気の疾風/Aether Gust》
2:《ドビンの拒否権/Dovin’s Veto》
2:《狼の友、トルシミール/Tolsimir, Friend to Wolves》
1:《覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils》
1:《自然の怒りのタイタン、ウーロ/Uro, Titan of Nature’s Wrath》
15 sideboard cards


【MTGアリーナ用インポートファイル(バントランプ)】

5位:緑単アグロ プレイヤー:Maxim Salmin
デッキリスト
20:《森/Forest》
4:《ギャレンブリグ城/Castle Garenbrig》
24 lands


4:《石とぐろの海蛇/Stonecoil Serpent》
4:《恋煩いの野獣/Lovestruck Beast》
4:《生皮収集家/Pelt Collector》
4:《樹皮革のトロール/Barkhide Troll》
4:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
3:《探索する獣/Questing Beast》
3:《ギャレンブリグの領主、ヨルヴォ/Yorvo, Lord of Garenbrig》
3:《クロールの銛撃ち/Kraul Harpooner》
2:《水晶壊し/Gemrazer》
31 creatures

3:《アーク弓のレインジャー、ビビアン/Vivien, Arkbow Ranger》
2:《グレートヘンジ/The Great Henge》
5 other spells


4:《変容するケラトプス/Shifting Ceratops》
3:《強行突破/Ram Through》
3:《原初の力/Primal Might》
2:《水晶壊し/Gemrazer》
2:《解き放たれた者、ガラク/Garruk, Unleashed》
1:《グレートヘンジ/The Great Henge》
15 sideboard cards


【MTGアリーナ用インポートファイル(緑単アグロ)】

6位:緑単アグロ プレイヤー:Pasha MonoGreen
デッキリスト
4:《ギャレンブリグ城/Castle Garenbrig》
19:《森/Forest》
1:《カーンの拠点/Karn’s Bastion》
24 lands


4:《恋煩いの野獣/Lovestruck Beast》
4:《石とぐろの海蛇/Stonecoil Serpent》
4:《ネシアンの角甲虫/Nessian Hornbeetle》
4:《水晶壊し/Gemrazer》
3:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
3:《探索する獣/Questing Beast》
3:《ギャレンブリグの領主、ヨルヴォ/Yorvo, Lord of Garenbrig》
3:《ガラクの先触れ/Garruk’s Harbinger》
1:《鋭い目、ナイレア/Nylea, Keen-Eyed》
29 creatures

4:《ガラクの蜂起/Garruk’s Uprising》
3:《強行突破/Ram Through》
7 other spells


4:《変容するケラトプス/Shifting Ceratops》
4:《オークヘイムの敵対者/Oakhame Adversary》
3:《打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon》
3:《野獣の擁護者、ビビアン/Vivien, Champion of the Wilds》
1:《探索する獣/Questing Beast》
15 sideboard cards


【MTGアリーナ用インポートファイル(緑単アグロ)】

7位:ウィノータドッグ プレイヤー:Aleksandr Krivtsov
デッキリスト
8:《平地/Plains》
8:《山/Mountain》
4:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
4:《凱旋の神殿/Temple of Triumph》
24 lands


4:《無私の救助犬/Selfless Savior》
4:《歴戦の神聖刃/Seasoned Hallowblade》
4:《高山の犬師/Alpine Houndmaster》
4:《砕骨の巨人/Bonecrusher Giant》
3:《軍勢の戦親分/Legion Warboss》
3:《軍勢の切先、タージク/Tajic, Legion’s Edge》
2:《ジンジャーブルート/Gingerbrute》
2:《高山の番犬/Alpine Watchdog》
2:《炎血の野犬/Igneous Cur》
2:《軍団のまとめ役、ウィノータ/Winota, Joiner of Forces》
2:《石とぐろの海蛇/Stonecoil Serpent》
32 creatures

4:《エンバレスの宝剣/Embercleave》
4 other spells


4:《ガラスの棺/Glass Casket》
4:《レッドキャップの乱闘/Redcap Melee》
3:《解呪/Disenchant》
2:《封じ込める僧侶/Containment Priest》
2:《一心同体/Fight as One》
15 sideboard cards


【MTGアリーナ用インポートファイル(ウィノータドッグ)】

8位:ラクドス騎士 プレイヤー:Aitor Ubierna
デッキリスト
8:《山/Mountain》
8:《沼/Swamp》
4:《血の墓所/Blood Crypt》
2:《ロークスワイン城/Castle Locthwain》
2:《悪意の神殿/Temple of Malice》
24 lands


4:《熱烈な勇者/Fervent Champion》
4:《漆黒軍の騎士/Knight of the Ebon Legion》
4:《朽ちゆくレギサウルス/Rotting Regisaur》
4:《騒乱の落とし子/Spawn of Mayhem》
4:《嵐拳の聖戦士/Stormfist Crusader》
3:《どぶ骨/Gutterbones》
2:《黒槍の模範/Blacklance Paragon》
2:《残忍な騎士/Murderous Rider》
2:《義賊/Robber of the Rich》
29 creatures

4:《エンバレスの宝剣/Embercleave》
1:《影槍/Shadowspear》
2:《ドリルビット/Drill Bit》
7 other spells


3:《強迫/Duress》
3:《エンバレスの盾割り/Embereth Shieldbreaker》
2:《砕骨の巨人/Bonecrusher Giant》
2:《無情な行動/Heartless Act》
2:《狩り立てられた悪夢/Hunted Nightmare》
2:《悪ふざけの名人、ランクル/Rankle, Master of Pranks》
1:《影槍/Shadowspear》
15 sideboard cards


【MTGアリーナ用インポートファイル(ラクドス騎士)】

デッキリスト

デッキリスト

環境統計:1-32位

アーキタイプ 入賞数(TOP8) 入賞率
バントランプ 7(2) 21.8%
緑単アグロ 5(2) 15.6%
ラクドスサクリファイス 5 15.6%
スゥルタイランプ 4(1) 12.5%
ジャンドサクリファイス 3 9.37%
赤単アグロ 2(1) 6.25%
その他(使用者1名) 6(2) 18.7%
合計 32

ソース

Red Bull Untapped Online Qualifier Russia

14 コメント on Red Bull Untapped ロシアOnline予選(スタンダード):優勝はバントランプ、トップ8には赤単や緑単、ウィノータドッグなど

  1. [101] 名無しのイゼット団員 2020/07/07(火) 10:34:42 ID:M2Mzg3Mjc

    ※97
    舞台照らしがおるやろ
    これのお陰で序盤の安定性が跳ね上がるのもえらい

  2. [102] 名無しのイゼット団員 2020/07/07(火) 10:59:19 ID:U2OTAwNjQ

    92
    オーコが暴れたことについて話してないたとえ原野を赤単が駆逐しようがオーコが赤単を駆逐出来る
    オーコが環境にいれば本体火力あっても過剰なことはない

  3. [103] 名無しのイゼット団員 2020/07/07(火) 12:11:17 ID:M2Mzg3Mjc

    ※102
    何故そんな断言口調なのか

    少なくとも、当時の開発はオーコをそんな強いとは思ってなかったしな

  4. [104] 名無しのイゼット団員 2020/07/07(火) 12:18:38 ID:M3NTg1MjI

    ウーロ禁止なっちゃうのか?

  5. [105] 名無しのイゼット団員 2020/07/07(火) 12:20:35 ID:YxNjE1MDM

    オーコくらいになると、刷った後に開発も気づいて諦めてそう。万一禁止にならなかった時の保険に取り除きでも刷っとくか、くらいで。

  6. [106] 名無しのイゼット団員 2020/07/07(火) 12:27:59 ID:M2Mzg3NTA

    103
    オーコが強いことはわからないのに宝剣とライストが同居したらまずいかどうかは確実にわかるのか
    開発さんの判断力歪すぎるな

  7. [107] 名無しのイゼット団員 2020/07/07(火) 12:29:38 ID:M2Mzg3Mjc

    ※106
    それは俺の意見じゃないから知らんがな

  8. [108] 名無しのイゼット団員 2020/07/07(火) 12:34:02 ID:YxNjE1MDM

    てか、本体火力無いって言ってるけど、殺戮の火とかいう時代が時代なら一線級だったはずのカードがちゃんと用意されてるんだよなぁ

  9. [109] 名無しのイゼット団員 2020/07/07(火) 12:34:34 ID:YzMjgxMTU

    ウィノータドッグ、ウィノータ入りボロスアグロって感じで本来開発が想定してた使い方はこっちだったんだろうな……

  10. [110] 名無しのイゼット団員 2020/07/07(火) 12:36:22 ID:U2OTAwNjQ

    今本体火力あったらやりすぎかどうかって話だろ?
    本来はオーコ居る環境なんだからやりすぎでもなんでもないだろ
    オーコ居ない今だって暴れるかどうかなんてわからんと思うが

  11. [111] 名無しのイゼット団員 2020/07/07(火) 13:12:25 ID:M2Mzg3Mjc

    ※110
    オーコがいたらオーコいたら言ってるけど、オーコに対して開発が回答用意できるのはもっと先のセットだぞ?
    2021くらいまではもう作っちゃってるんだよ

  12. [112] 名無しのイゼット団員 2020/07/07(火) 15:52:23 ID:U3NzYyMjY

    ウギンが強いよね。
    あれ2色以上でよかっただろうに・・・。

  13. [113] 名無しのイゼット団員 2020/07/07(火) 17:45:00 ID:YyNDg2MjY

    赤の色の役割が変わっただの、オーコのせいでデザインが歪んだだの、わけのわからない話になってるけど、今本体火力が無い、っていう前提がそもそもおかしい。
    批判化刺殺、殺戮の火、ショック、踏みつけ。
    使われそうな水準の本体火力はちゃんと刷られていて、たまたま環境に合うのが少ないだけ。
    それとも、稲妻の一撃が常に存在しないと許せないのか?

  14. [114] 名無しのイゼット団員 2020/07/07(火) 18:35:27 ID:k4MzI3OTE

    俺は稲妻がほしいです(過激派)

    でもまあ実際ショック代わりに稲妻いれて赤単つかって友達のスタンのデッキ(バントランプとかティムールアドベンチャーとか)とやっても勝率別に良くならないし、本体火力を弱くしすぎな感はある。でも、今じゃアドベンチャーや再生が稲妻握るだけって考えるとやっぱりいらないとはおもう

1 2 3

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。