グランプリ神戸2015(スタンダード):優勝はアタルカレッドを使用した諸藤拓馬選手に

 

2015年11月21-22日、日本の兵庫県にてスタンダードフォーマットで行われたグランプリ・神戸2015。優勝はアタルカレッドを使用した諸藤拓馬選手、準優勝は白黒タッチ青戦士を使用したJoe Soh選手となりました。

ついに二日目進出デッキにおいて4割を超えたアブザン勢力(タッチ青やその他含む)でしたが、蓋を開けてみるとトップ8に使用者は1人のみ、その他は対アブザンをより意識したアーキタイプがずらりという結果に。特に印象的なのが白黒(大抵は青要素も含む)を選択したクリーチャー除去中心のアグロ~ミッドレンジの存在で、一部のプレイヤーがアブザンを使って不毛なミラーマッチを大量に繰り返すよりもより対アブザンに特化したデッキを選択する方向へとシフトし、それが功を奏したことが伺えます。今回入賞したSoh選手や高尾選手、大川選手のデッキはプレインズウォーカーや手札破壊、カウンターの採用によって対コントロール戦においても決して弱くなく、同じくアブザンを喰らうべく増加傾向にあったエスパードラゴンとも対等以上に渡り合えるという事実も注目すべき点の1つでしょう。

ちなみに管理人タソガレは1-3でドロップ。一緒に参加した友人が12-3とプロツアーにあと一歩で手が届く成績を残せたことが唯一の救いです。

トップ8選手&使用デッキ

1st Place赤緑アグロ
プレイヤー:諸藤 拓馬
2nd Place白黒タッチ青アグロ(戦士)
プレイヤー:Joe Soh
3rd Place白青黒コントロール(ドラゴン)
プレイヤー:千葉 晶生
4th Place白青黒ミッドレンジ
プレイヤー:高尾 翔太
5th Place白黒緑アグロ
プレイヤー:高平 俊輔
6th Place青緑ランプ
プレイヤー:Pavel Matousek
7th Place白黒タッチ青トークン
プレイヤー:大川 明宏
8th Place白青黒コントロール(ドラゴン)
プレイヤー:中村 修平

トップ8選手のプロフィールはこちらから。

トップ8デッキリスト

1位:アタルカレッド プレイヤー:諸藤 拓馬
8:《山/Mountain》
1:《森/Forest》
2:《燃えがらの林間地/Cinder Glade》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
2:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
21 lands

4:《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
3:《鐘突きのズルゴ/Zurgo Bellstriker》
2:《稲妻の狂戦士/Lightning Berserker》
4:《ケラル砦の修道院長/Abbot of Keral Keep》
13 creatures

4:《タイタンの力/Titan’s Strength》
3:《乱撃斬/Wild Slash》
2:《焦熱の衝動/Fiery Impulse》
4:《アタルカの命令/Atarka’s Command》
4:《ドラゴンの餌/Dragon Fodder》
3:《ティムールの激闘/Temur Battle Rage》
3:《軍族童の突発/Hordeling Outburst》
3:《強大化/Become Immense》
26 other spells

2:《カラデシュの火、チャンドラ/Chandra, Fire of Kaladesh》
4:《引き裂く流弾/Rending Volley》
1:《焦熱の衝動/Fiery Impulse》
4:《焙り焼き/Roast》
2:《反逆の行動/Act of Treason》
1:《軍族童の突発/Hordeling Outburst》
1:《前哨地の包囲/Outpost Siege》
15 sideboard cards

2位:白黒タッチ青戦士 プレイヤー:Joe Soh
4:《平地/Plains》
3:《沼/Swamp》
1:《大草原の川/Prairie Stream》
1:《窪み渓谷/Sunken Hollow》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
4:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
2:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
24 lands

4:《血に染まりし勇者/Bloodsoaked Champion》
4:《マルドゥの悲哀狩り/Mardu Woe-Reaper》
2:《アクロスの英雄、キテオン/Kytheon, Hero of Akros》
4:《血顎の憤怒鬼/Blood-Chin Rager》
4:《刃の隊長/Chief of the Edge》
4:《マルドゥの急襲指揮者/Mardu Strike Leader》
2:《不毛の地の絞殺者/Wasteland Strangler》
24 creatures

4:《絹包み/Silkwrap》
3:《勇敢な姿勢/Valorous Stance》
3:《停滞の罠/Stasis Snare》
2:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
12 other spells

1:《不毛の地の絞殺者/Wasteland Strangler》
3:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
2:《見えざるものの熟達/Mastery of the Unseen》
2:《荒野の確保/Secure the Wastes》
2:《精神背信/Transgress the Mind》
2:《究極の価格/Ultimate Price》
1:《否認/Negate》
1:《勇敢な姿勢/Valorous Stance》
1:《停滞の罠/Stasis Snare》
15 sideboard cards

3位:エスパードラゴン プレイヤー:千葉 晶生
1:《平地/Plains》
4:《島/Island》
2:《沼/Swamp》
2:《大草原の川/Prairie Stream》
4:《窪み渓谷/Sunken Hollow》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
1:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
4:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
1:《精霊龍の安息地/Haven of the Spirit Dragon》
27 lands

4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
4:《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai》
2:《漂う死、シルムガル/Silumgar, the Drifting Death》
10 creatures

4:《シルムガルの嘲笑/Silumgar’s Scorn》
2:《意思の激突/Clash of Wills》
2:《究極の価格/Ultimate Price》
4:《忌呪の発動/Foul-Tongue Invocation》
3:《風への散乱/Scatter to the Winds》
2:《苦い真理/Painful Truths》
3:《完全なる終わり/Utter End》
3:《時を越えた探索/Dig Through Time》
23 other spells

3:《アラシンの僧侶/Arashin Cleric》
3:《強迫/Duress》
2:《払拭/Dispel》
2:《正義のうねり/Surge of Righteousness》
1:《絹包み/Silkwrap》
1:《究極の価格/Ultimate Price》
1:《悪性の疫病/Virulent Plague》
2:《命運の核心/Crux of Fate》
15 sideboard cards

4位:エスパーメンター プレイヤー:高尾 翔太
2:《平地/Plains》
1:《島/Island》
2:《沼/Swamp》
2:《大草原の川/Prairie Stream》
1:《窪み渓谷/Sunken Hollow》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
1:《進化する未開地/Evolving Wilds》
4:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
4:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
25 lands

4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
4:《道の探求者/Seeker of the Way》
4:《僧院の導師/Monastery Mentor》
2:《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai》
14 creatures

4:《強迫/Duress》
2:《蔑み/Despise》
2:《勇敢な姿勢/Valorous Stance》
1:《絹包み/Silkwrap》
1:《究極の価格/Ultimate Price》
2:《破滅の道/Ruinous Path》
2:《残忍な切断/Murderous Cut》
2:《宝船の巡航/Treasure Cruise》
4:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
1:《真面目な訪問者、ソリン/Sorin, Solemn Visitor》
21 other spells

2:《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》
2:《層雲の踊り手/Stratus Dancer》
1:《払拭/Dispel》
2:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
2:《自傷疵/Self-Inflicted Wound》
2:《正義のうねり/Surge of Righteousness》
1:《見えざるものの熟達/Mastery of the Unseen》
1:《絹包み/Silkwrap》
1:《究極の価格/Ultimate Price》
1:《次元の激高/Planar Outburst》
15 sideboard cards

5位:アブザンアグロ プレイヤー:高平 俊輔
2:《平地/Plains》
2:《森/Forest》
2:《梢の眺望/Canopy Vista》
1:《窪み渓谷/Sunken Hollow》
1:《燻る湿地/Smoldering Marsh》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
4:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
2:《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》
26 lands

4:《始まりの木の管理人/Warden of the First Tree》
3:《棲み家の防御者/Den Protector》
3:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
4:《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost》
4:《包囲サイ/Siege Rhino》
2:《風番いのロック/Wingmate Roc》
20 creatures

3:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
1:《究極の価格/Ultimate Price》
4:《アブザンの魔除け/Abzan Charm》
2:《残忍な切断/Murderous Cut》
4:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
14 other spells

1:《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
2:《強迫/Duress》
3:《自傷疵/Self-Inflicted Wound》
3:《絹包み/Silkwrap》
3:《精神背信/Transgress the Mind》
1:《究極の価格/Ultimate Price》
1:《無限の抹消/Infinite Obliteration》
1:《苦い真理/Painful Truths》
15 sideboard cards

6位:青緑ランプ プレイヤー:Pavel Matousek
8:《森/Forest》
3:《島/Island》
1:《大草原の川/Prairie Stream》
3:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《伐採地の滝/Lumbering Falls》
4:《見捨てられた神々の神殿/Shrine of the Forsaken Gods》
23 lands

4:《葉光らせ/Leaf Gilder》
4:《爪鳴らしの神秘家/Rattleclaw Mystic》
2:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
4:《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》
14 creatures

3:《ニッサの巡礼/Nissa’s Pilgrimage》
4:《爆発的植生/Explosive Vegetation》
4:《ニッサの復興/Nissa’s Renewal》
4:《水の帳の分離/Part the Waterveil》
2:《時を越えた探索/Dig Through Time》
2:《深海の主、キオーラ/Kiora, Master of the Depths》
4:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
23 other spells

4:《ジャディの横枝/Jaddi Offshoot》
2:《破滅の伝導者/Conduit of Ruin》
1:《虚空の選別者/Void Winnower》
3:《払拭/Dispel》
4:《カル・シスマの風/Winds of Qal Sisma》
1:《ウギンの聖域/Sanctum of Ugin》
15 sideboard cards

7位:白黒タッチ青トークン プレイヤー:大川 明宏
4:《平地/Plains》
3:《沼/Swamp》
2:《大草原の川/Prairie Stream》
1:《窪み渓谷/Sunken Hollow》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
3:《コイロスの洞窟/Caves of Koilos》
4:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
1:《磨かれたやせ地/Scoured Barrens》
26 lands

4:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
4:《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》
3:《風番いのロック/Wingmate Roc》
11 creatures

4:《絹包み/Silkwrap》
3:《荒野の確保/Secure the Wastes》
1:《究極の価格/Ultimate Price》
2:《苦い真理/Painful Truths》
1:《破滅の道/Ruinous Path》
2:《完全なる終わり/Utter End》
3:《残忍な切断/Murderous Cut》
4:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
2:《真面目な訪問者、ソリン/Sorin, Solemn Visitor》
1:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》
23 other spells

3:《アラシンの僧侶/Arashin Cleric》
1:《龍王シルムガル/Dragonlord Silumgar》
3:《強迫/Duress》
2:《払拭/Dispel》
2:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
1:《否認/Negate》
1:《究極の価格/Ultimate Price》
1:《衰滅/Languish》
1:《対立の終結/End Hostilities》
15 sideboard cards

8位:エスパードラゴン プレイヤー:中村 修平
1:《平地/Plains》
5:《島/Island》
1:《沼/Swamp》
3:《大草原の川/Prairie Stream》
3:《窪み渓谷/Sunken Hollow》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
1:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
3:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
1:《精霊龍の安息地/Haven of the Spirit Dragon》
26 lands

4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
4:《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai》
2:《龍王シルムガル/Dragonlord Silumgar》
10 creatures

2:《強迫/Duress》
4:《シルムガルの嘲笑/Silumgar’s Scorn》
3:《絹包み/Silkwrap》
3:《忌呪の発動/Foul-Tongue Invocation》
1:《苦い真理/Painful Truths》
1:《破滅の道/Ruinous Path》
1:《風への散乱/Scatter to the Winds》
2:《完全なる終わり/Utter End》
2:《命運の核心/Crux of Fate》
4:《時を越えた探索/Dig Through Time》
1:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》
24 other spells

2:《アラシンの僧侶/Arashin Cleric》
1:《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
2:《強迫/Duress》
2:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
2:《自傷疵/Self-Inflicted Wound》
1:《絹包み/Silkwrap》
1:《正義のうねり/Surge of Righteousness》
1:《究極の価格/Ultimate Price》
3:《僧院の導師/Monastery Mentor》
15 sideboard cards

その他上位入賞デッキリストはこちらから。

ソース

グランプリ・神戸2015 – MTG公式サイト
『グランプリ・神戸2015』 本戦 1日目 – ニコニコ生放送
『グランプリ・神戸2015』 本戦 2日目 – ニコニコ生放送

65 コメント on グランプリ神戸2015(スタンダード):優勝はアタルカレッドを使用した諸藤拓馬選手に

  1. [51] 名無しのイゼット団員 2015/11/23(月) 22:41:56 ID:Q0MjEyNzQ

    アブザンアグロ1強とかいう界隈の情報操作が活きたGPだったな

  2. [52] 名無しのイゼット団員 2015/11/23(月) 23:40:46 ID:c2MjQ0MTI

    ※50
    普通にありえるでしょ。1日目圧倒的に多かったのがアブザンなんだから。
    逆にエスパーメンターなんて初日数%しかいなかったのに初日突破率は高い。
    例えば初日アブザンが4割いたと仮定すると初日突破率は約10%程度しかない。
    7割とかいう数字出してる時点で全然計算できてないんだろうけど。

  3. [53] 名無しのイゼット団員 2015/11/23(月) 23:57:16 ID:A5NDU0MTE

    案の定、三日月の神コメがあって安心したwおかげで準決勝が完全に食われてしまってたけど。

  4. [54] 名無しのイゼット団員 2015/11/24(火) 12:28:58 ID:IxMzY5NDA

    ※52
    アブザンは初日”突破”の4割やで

  5. [55] 名無しのイゼット団員 2015/11/24(火) 13:35:32 ID:g1OTU2NTM

    ※54
    初日に4割、二日目(初日突破)も4割なら、全体の人数が1/10になっててアブザン内の突破率も1/10って計算じゃない?全体と同じ率なら一強と言われてたほどの勝ち組ではないでしょ
    16位までやSSSのほうとかも興味深いデッキ多くて一見の価値ありだった

  6. [56] 名無しのイゼット団員 2015/11/24(火) 22:56:33 ID:k2ODUxODM

    ※54
    コメントをよく嫁

  7. [57] 名無しのイゼット団員 2015/11/24(火) 23:24:19 ID:Q3NjcwMDM

    アブザンが初日どれだけいたか不明なのに、なんでそんな「アブザンは初日突破率低いんだ!」ってことにしたがるのかね
    ヘイト撒き散らす暇があったら、この大会の上位陣みたいにアブザンに勝てるデッキを考えれば良いのに

  8. [58] 名無しのイゼット団員 2015/11/25(水) 11:47:59 ID:E3NDU5NTQ

    実際どう考えても初日突破率は低いでしょ

  9. [59] 名無しのイゼット団員 2015/11/25(水) 12:01:12 ID:A4MDI1MTQ

    だからその根拠は何なんだよ

  10. [60] 名無しのイゼット団員 2015/11/25(水) 13:40:18 ID:E3NDU5NTQ

    これは思考停止アブザンですわ

  11. [61] 名無しのイゼット団員 2015/11/25(水) 13:41:26 ID:E3NDU5NTQ

    仮に初日アブザン率が3割程度だとしても初日突破率はかなり低い
    実際はもっと多かっただろうしな

  12. [62] 名無しのイゼット団員 2015/11/25(水) 16:27:37 ID:Y2MjM3ODU

    とりあえず「アブザンの初日突破率が低い」って言いたいだけの人が居着いてるのは分かった

  13. [63] 名無しのイゼット団員 2015/11/27(金) 13:58:11 ID:g0OTkwNjY

    2日目に進めるのが全体の約10%
    2日目のアブザンは122人

    仮に1200人(約半数)が使っていても突破率10%くらいなんだから、低くはないでしょ
    高くもないけど

  14. [64] 名無しのイゼット団員 2015/11/28(土) 19:07:11 ID:AzMzI3MTc

    初日アブザン1300人以上いたのなら
    突破率低いということでOK?

  15. [65] 名無しのイゼット団員 2015/11/28(土) 20:06:29 ID:c5MjgyNjY

    エスパーメンターとかエスパードラゴンの方が圧倒的に高そう
    まぁメンターはダントツなんだろうけど

1 2

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。