MOチャレンジ(モダン):優勝はスゥルタイウルザ、トップ8にはタイタンシフトやドレッジ、5色白日ニヴやバーンなど

5月17日、マジックオンライン上で行われたモダンチャレンジ。優勝はスゥルタイウルザを使用したMRRAEB選手となっています。

トップ8選手&使用デッキ

優勝 スゥルタイウルザ
プレイヤー:MRRAEB
2nd タイタンシフト
プレイヤー:STORMQROW
3rd ドレッジ
プレイヤー:PRGJJAR
4th ラクドス果敢
プレイヤー:BANANOLAF
5th 4色コントロール
プレイヤー:LAVARIDGE
6th ボロスバーン
プレイヤー:COERT
7th ティムールスケープシフト
プレイヤー:BOBTHEDOG
8th 5色白日ニヴ
プレイヤー:JOETRU

トップ8デッキリスト

優勝:スゥルタイウルザ(ヨーリオン) プレイヤー:MRRAEB
デッキリスト
2:《繁殖池/Breeding Pool》
4:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
3:《神秘の聖域/Mystic Sanctuary》
1:《草むした墓/Overgrown Tomb》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
4:《虹色の眺望/Prismatic Vista》
1:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2:《冠雪の森/Snow-Covered Forest》
5:《冠雪の島/Snow-Covered Island》
1:《冠雪の沼/Snow-Covered Swamp》
1:《湿った墓/Watery Grave》
1:《ゼイゴスのトライオーム/Zagoth Triome》
29 lands


4:《湖に潜む者、エムリー/Emry, Lurker of the Loch》
4:《金のガチョウ/Gilded Goose》
4:《氷牙のコアトル/Ice-Fang Coatl》
4:《自然の怒りのタイタン、ウーロ/Uro, Titan of Nature’s Wrath》
4:《最高工匠卿、ウルザ/Urza, Lord High Artificer》
20 creatures

2:《突然の衰微/Abrupt Decay》
4:《謎めいた命令/Cryptic Command》
4:《致命的な一押し/Fatal Push》
3:《金属の叱責/Metallic Rebuke》
4:《アーカムの天測儀/Arcum’s Astrolabe》
4:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
4:《ミシュラのガラクタ/Mishra’s Bauble》
3:《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
3:《豊かな成長/Abundant Growth》
31 other spells


1:《空を放浪するもの、ヨーリオン/Yorion, Sky Nomad》
1:《突然の衰微/Abrupt Decay》
2:《霊気の疾風/Aether Gust》
2:《減衰球/Damping Sphere》
4:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
2:《見栄え損ない/Disfigure》
3:《払拭/Dispel》
15 sideboard cards

2位:タイタンシフト プレイヤー:STORMQROW
デッキリスト
4:《ギャレンブリグ城/Castle Garenbrig》
1:《燃えがらの林間地/Cinder Glade》
1:《死者の原野/Field of the Dead》
1:《森/Forest》
1:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
3:《山/Mountain》
1:《隠れた茂み/Sheltered Thicket》
1:《冠雪の森/Snow-Covered Forest》
3:《冠雪の山/Snow-Covered Mountain》
4:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
4:《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》
1:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
29 lands


3:《樹上の草食獣/Arboreal Grazer》
4:《イリーシア木立のドライアド/Dryad of the Ilysian Grove》
4:《原始のタイタン/Primeval Titan》
4:《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》
15 creatures

4:《遥か見/Farseek》
4:《風景の変容/Scapeshift》
4:《明日への探索/Search for Tomorrow》
4:《召喚士の契約/Summoner’s Pact》
16 other spells


2:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
2:《減衰球/Damping Sphere》
2:《稲妻/Lightning Bolt》
1:《強情なベイロス/Obstinate Baloth》
1:《再利用の賢者/Reclamation Sage》
2:《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
2:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
3:《夏の帳/Veil of Summer》
14 sideboard cards

3位:ドレッジ プレイヤー:PRGJJAR
デッキリスト
3:《乾燥台地/Arid Mesa》
2:《血の墓所/Blood Crypt》
2:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
2:《銅線の地溝/Copperline Gorge》
1:《ダクムーアの回収場/Dakmor Salvage》
2:《忘れられた洞窟/Forgotten Cave》
1:《宝石鉱山/Gemstone Mine》
2:《山/Mountain》
2:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
3:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
20 lands


3:《恐血鬼/Bloodghast》
3:《ゴルガリの凶漢/Golgari Thug》
3:《谷の商人/Merchant of the Vale》
4:《ナルコメーバ/Narcomoeba》
3:《アゴナスの雄牛/Ox of Agonas》
4:《秘蔵の縫合体/Prized Amalgam》
4:《臭い草のインプ/Stinkweed Imp》
24 creatures

4:《安堵の再会/Cathartic Reunion》
1:《燃焼/Conflagrate》
4:《這い寄る恐怖/Creeping Chill》
3:《壌土からの生命/Life from the Loam》
4:《叫び角笛/Shriekhorn》
16 other spells


1:《燃焼/Conflagrate》
2:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1:《爆発域/Blast Zone》
1:《血染めの月/Blood Moon》
2:《神聖の力線/Leyline of Sanctity》
3:《稲妻の斧/Lightning Axe》
2:《真髄の針/Pithing Needle》
1:《精神染み/Stain the Mind》
2:《思考囲い/Thoughtseize》
15 sideboard cards

4位:ラクドス果敢(ルールス) プレイヤー:BANANOLAF
デッキリスト
4:《黒割れの崖/Blackcleave Cliffs》
2:《血の墓所/Blood Crypt》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
3:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3:《冠雪の山/Snow-Covered Mountain》
1:《冠雪の沼/Snow-Covered Swamp》
2:《灼陽大峡谷/Sunbaked Canyon》
19 lands


4:《ケラル砦の修道院長/Abbot of Keral Keep》
4:《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
4:《損魂魔道士/Soul-Scar Mage》
12 creatures

2:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
2:《思考囲い/Thoughtseize》
4:《塵へのしがみつき/Cling to Dust》
2:《致命的な一押し/Fatal Push》
2:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
2:《溶岩の投げ矢/Lava Dart》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
4:《魔力変/Manamorphose》
4:《ミシュラのガラクタ/Mishra’s Bauble》
3:《炎の印章/Seal of Fire》
29 other spells


1:《夢の巣のルールス/Lurrus of the Dream-Den》
2:《致命的な一押し/Fatal Push》
2:《思考囲い/Thoughtseize》
4:《集団的蛮行/Collective Brutality》
2:《溶鉄の雨/Molten Rain》
2:《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
2:《発掘/Unearth》
15 sideboard cards

5位:4色コントロール(ルールス) プレイヤー:LAVARIDGE
デッキリスト
1:《血の墓所/Blood Crypt》
1:《繁殖池/Breeding Pool》
2:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1:《神秘の聖域/Mystic Sanctuary》
1:《草むした墓/Overgrown Tomb》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
4:《冠雪の島/Snow-Covered Island》
1:《冠雪の山/Snow-Covered Mountain》
1:《冠雪の沼/Snow-Covered Swamp》
1:《蒸気孔/Steam Vents》
1:《湿った墓/Watery Grave》
22 lands


4:《氷牙のコアトル/Ice-Fang Coatl》
3:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
7 creatures

2:《レンと六番/Wrenn and Six》
1:《戦慄掘り/Dreadbore》
2:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
1:《発掘/Unearth》
1:《突然の衰微/Abrupt Decay》
2:《大魔導師の魔除け/Archmage’s Charm》
1:《塵へのしがみつき/Cling to Dust》
2:《謎めいた命令/Cryptic Command》
4:《致命的な一押し/Fatal Push》
3:《否定の力/Force of Negation》
1:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
1:《マナ漏出/Mana Leak》
4:《アーカムの天測儀/Arcum’s Astrolabe》
1:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
4:《ミシュラのガラクタ/Mishra’s Bauble》
1:《炎の印章/Seal of Fire》
31 other spells


1:《夢の巣のルールス/Lurrus of the Dream-Den》
1:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
1:《暗殺者の戦利品/Assassin’s Trophy》
1:《儀礼的拒否/Ceremonious Rejection》
1:《集団的蛮行/Collective Brutality》
1:《塵への崩壊/Crumble to Dust》
1:《滅び/Damnation》
1:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
1:《嘘か真か/Fact or Fiction》
3:《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
2:《夏の帳/Veil of Summer》
1:《嵐の乗り切り/Weather the Storm》
15 sideboard cards

6位:ボロスバーン(ルールス) プレイヤー:COERT
デッキリスト
2:《乾燥台地/Arid Mesa》
2:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1:《焦熱島嶼域/Fiery Islet》
4:《感動的な眺望所/Inspiring Vantage》
3:《山/Mountain》
2:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
4:《灼陽大峡谷/Sunbaked Canyon》
2:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
20 lands


4:《大歓楽の幻霊/Eidolon of the Great Revel》
4:《ゴブリンの先達/Goblin Guide》
4:《僧院の速槍/Monastery Swiftspear》
12 creatures

4:《溶岩の撃ち込み/Lava Spike》
2:《裂け目の稲妻/Rift Bolt》
4:《批判家刺殺/Skewer the Critics》
4:《ボロスの魔除け/Boros Charm》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
2:《稲妻のらせん/Lightning Helix》
4:《焼尽の猛火/Searing Blaze》
2:《頭蓋割り/Skullcrack》
2:《炎の印章/Seal of Fire》
28 other spells


1:《夢の巣のルールス/Lurrus of the Dream-Den》
2:《頭蓋割り/Skullcrack》
4:《コーの火歩き/Kor Firewalker》
3:《流刑への道/Path to Exile》
3:《粉々/Smash to Smithereens》
2:《トーモッドの墓所/Tormod’s Crypt》
15 sideboard cards

7位:ティムールスケープシフト(ヨーリオン) プレイヤー:BOBTHEDOG
デッキリスト
1:《繁殖池/Breeding Pool》
1:《魂の洞窟/Cavern of Souls》
3:《ケトリアのトライオーム/Ketria Triome》
4:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
3:《神秘の聖域/Mystic Sanctuary》
2:《虹色の眺望/Prismatic Vista》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2:《冠雪の森/Snow-Covered Forest》
5:《冠雪の島/Snow-Covered Island》
1:《冠雪の山/Snow-Covered Mountain》
4:《蒸気孔/Steam Vents》
2:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
2:《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》
2:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
36 lands


4:《氷牙のコアトル/Ice-Fang Coatl》
4:《自然の怒りのタイタン、ウーロ/Uro, Titan of Nature’s Wrath》
8 creatures

4:《レンと六番/Wrenn and Six》
4:《風景の変容/Scapeshift》
4:《明日への探索/Search for Tomorrow》
4:《謎めいた命令/Cryptic Command》
4:《成長のらせん/Growth Spiral》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
4:《差し戻し/Remand》
4:《アーカムの天測儀/Arcum’s Astrolabe》
4:《豊かな成長/Abundant Growth》
36 other spells


1:《空を放浪するもの、ヨーリオン/Yorion, Sky Nomad》
2:《霊気の疾風/Aether Gust》
2:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
2:《炎の斬りつけ/Flame Slash》
3:《神秘の論争/Mystical Dispute》
3:《夏の帳/Veil of Summer》
2:《嵐の乗り切り/Weather the Storm》
15 sideboard cards

8位:5色白日ニヴ(ジェガンサ) プレイヤー:JOETRU
デッキリスト
1:《乾燥台地/Arid Mesa》
1:《血の墓所/Blood Crypt》
1:《繁殖池/Breeding Pool》
1:《神無き祭殿/Godless Shrine》
1:《インダサのトライオーム/Indatha Triome》
1:《草むした墓/Overgrown Tomb》
3:《パルンズの柱/Pillar of the Paruns》
2:《汚染された三角州/Polluted Delta》
4:《虹色の眺望/Prismatic Vista》
1:《冠雪の森/Snow-Covered Forest》
1:《冠雪の島/Snow-Covered Island》
1:《冠雪の山/Snow-Covered Mountain》
1:《冠雪の平地/Snow-Covered Plains》
1:《冠雪の沼/Snow-Covered Swamp》
1:《蒸気孔/Steam Vents》
1:《寺院の庭/Temple Garden》
2:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
25 lands


3:《ニヴ=ミゼット再誕/Niv-Mizzet Reborn》
3:《自然の怒りのタイタン、ウーロ/Uro, Titan of Nature’s Wrath》
6 creatures

2:《時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler》
3:《レンと六番/Wrenn and Six》
1:《アングラスの暴力/Angrath’s Rampage》
3:《白日の下に/Bring to Light》
1:《轟音のクラリオン/Deafening Clarion》
3:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
1:《漂流自我/Unmoored Ego》
2:《突然の衰微/Abrupt Decay》
4:《ケイヤの手管/Kaya’s Guile》
4:《稲妻のらせん/Lightning Helix》
1:《終止/Terminate》
4:《アーカムの天測儀/Arcum’s Astrolabe》
29 other spells


1:《湧き出る源、ジェガンサ/Jegantha, the Wellspring》
1:《轟音のクラリオン/Deafening Clarion》
1:《時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler》
1:《漂流自我/Unmoored Ego》
3:《沸騰/Boil》
3:《マグマのしぶき/Magma Spray》
3:《翻弄する魔道士/Meddling Mage》
2:《夏の帳/Veil of Summer》
15 sideboard cards

ピックアップデッキ

19位:ジャンドフィールド(ルールス) プレイヤー:TRAFT
デッキリスト
1:《血の墓所/Blood Crypt》
2:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1:《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
2:《死者の原野/Field of the Dead》
1:《森/Forest》
1:《幽霊街/Ghost Quarter》
1:《ゴルガリの腐敗農場/Golgari Rot Farm》
1:《山/Mountain》
2:《育成泥炭地/Nurturing Peatland》
2:《草むした墓/Overgrown Tomb》
1:《冠雪の森/Snow-Covered Forest》
1:《冠雪の沼/Snow-Covered Swamp》
1:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
1:《沼/Swamp》
4:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
1:《ウェストヴェイルの修道院/Westvale Abbey》
2:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
22 lands


4:《闇の腹心/Dark Confidant》
2:《金のガチョウ/Gilded Goose》
7 creatures

4:《レンと六番/Wrenn and Six》
4:《約束の刻/Hour of Promise》
3:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
3:《思考囲い/Thoughtseize》
4:《暗殺者の戦利品/Assassin’s Trophy》
4:《致命的な一押し/Fatal Push》
2:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
4:《ミシュラのガラクタ/Mishra’s Bauble》
1:《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
31 other spells


1:《夢の巣のルールス/Lurrus of the Dream-Den》
2:《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
2:《沸騰/Boil》
4:《集団的蛮行/Collective Brutality》
2:《減衰球/Damping Sphere》
2:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
2:《殺戮遊戯/Slaughter Games》
15 sideboard cards

デッキリスト

トップ32デッキリスト

環境統計:1-32位

アーキタイプ 入賞数(TOP8) 入賞率
ジャンド(ルールス) 5 15.6%
ボロスバーン(ルールス) 4(1) 12.5%
ティムールスケープシフト(ヨーリオン) 2(1) 6.25%
ラクドス果敢 2(1) 6.25%
エルドラージトロン 2 6.25%
呪禁オーラ 2 6.25%
5色白日ニヴ(ジェガンサ/ヨーリオン) 1(1)/1 6.25%
ミラクル(カヒーラ/ヨーリオン) 1/1 6.25%
その他(使用者1名) 11(4) 34.3%
合計 32

ソース

MODERN CHALLENGE – マジック米公式サイト

27 コメント on MOチャレンジ(モダン):優勝はスゥルタイウルザ、トップ8にはタイタンシフトやドレッジ、5色白日ニヴやバーンなど

  1. [101] 名無しのイゼット団員 2020/05/21(木) 17:26:23 ID:AzNzU4MjI

    調整チームのスタッフ変更になったんかwww
    外されたスタッフがインスタでお気持ち表明は負け犬すぎだろwww

  2. [102] 名無しのイゼット団員 2020/05/21(木) 17:27:48 ID:MxNzgyMjk

    >>96
    ここはモダンのページだからモダンの話に限定するけど、そこは了承してね。
    ルールスが最も簡単にアドバンテージを稼ぐ《ミシュラのガラクタ》とのコンボだけど、これをどれだけ再現できるかという意味で『状況の再現性』を定義したよ。
    他の相棒はコンボパーツが盤面にないと力を発揮できないから事前にハンデスや打ち消しである程度対応する事が可能だけど、墓地に落ちたパーツを回収するルールスに関して言えば、その手の対策はほとんど意味が無い。
    ルールスが場に出た時点で、優先権のルール上、確実に一回は墓地のカードを使い回す事が出来てしまう。
    相棒として唱えるまで常にキープできる以上、このコンボを防ぐ事は事実上不可能。
    出来る事があるとしたら墓地対策で墓地を空にする事だけど、常に相手の墓地を空にする置物は白の呪文でいくらでも対処できてしまう。
    そして黒の手札破壊があれば、ルールスに対処するための除去や打ち消しをルールスを唱える前に弾けてしまう。
    勿論、白と黒以外も使えるのだからルールスを守る手段は幾らでも存在する訳で。
    カラーパイの動きから見ても、『ルールスで《ミシュラのガラクタ》を使い回す動きはどんなゲームでも簡単に再現出来てしまう』事に異論はないと思う。
    勿論、他の相棒もアドバンテージを取る動きを再現するのは簡単だけど、ルールスに関してはそのハードルがあまりにも低すぎるのが問題。
    モダンで特に手札が増える訳でも無い《ギタクシア派の調査》が禁止された以上、ルールスも(いつになるかはともかく)許されないと考えるのは自然な事だと思うのだけど。

  3. [103] 名無しのイゼット団員 2020/05/21(木) 17:34:49 ID:A5NzAyODU

    プレイデザインのカス共クビってマ?
    残当だしもうMtGに関わらんで欲しいな。

  4. [104] 名無しのイゼット団員 2020/05/21(木) 17:47:03 ID:U0NTMwNjA

    むかむかオーコに相棒とやらかしたんだしクビは当然だな
    というかオーコの時点でクビにしないと

  5. [105] 名無しのイゼット団員 2020/05/21(木) 18:00:55 ID:I1OTU4NjU

    >>102
    長ったらしく色々書いてるけど一言で言えば『状況の再現性が高い』のではなく『ルールスの能力に対するマナコストが低過ぎる』と言うだけでは?
    ただ場に出た瞬間カードのテキスト通りの挙動を行う事を『状況の再現性が高い』と言うならルーツリー、ザーダ、オボシュ、ウモーリ、ケルーガ、ジャイルーダだって変わらんよ
    詰まる所ルールスは墓地と言う対策しづらい領域からリソースを得る行為の能力、相棒と言うメリット能力のマナコストを見誤って設定してしまったと言うだけだな
    て言うかデザイナークビは素直に草だ

  6. [106] 名無しのイゼット団員 2020/05/21(木) 18:11:07 ID:MxNzgyMjk

    >>105
    なんか再現性の高さを矮小化しようとしてない?
    流石にルールスの再現性の高さと他の相棒を同じレベルにするの詭弁が過ぎるぞ

  7. [107] 名無しのイゼット団員 2020/05/21(木) 18:13:07 ID:E4NjU4MDA

    ※102
    言いたいことはわかるけど、色に関しては混成なの含めて他も大差ないし、例えばヨーリオン相手でCIP終わった置物をわざわざ対処するのとルールス相手で墓地対策するのでは後者のほうが状況としてありそうなのでルールスだけが特化というのには完全に同意はできない
    ※105
    ルールスのコストが安いのは事実だが、102はそんな話は全くしてないように読んだけど?コストには触れてないし「テキスト通りの挙動=仕事をした」って話じゃないと思う。無論どっちが間違ってるってことではなくてね

  8. [108] 名無しのイゼット団員 2020/05/21(木) 18:26:52 ID:I1OTU4NjU

    >>106
    うん
    君の説明じゃルールスの遥か彼方までに卓越した再現性とやらが分からんもん
    早い段階で墓地のカードを釣り上げてアド装置になる事が問題なんでしょ?
    これならルールスはマナレシオがいかれてると言われた方がまだ納得出来る

  9. [109] 名無しのイゼット団員 2020/05/21(木) 18:31:20 ID:MxNzgyMjk

    >>108
    >>早い段階で墓地のカードを釣り上げてアド装置になる事が問題なんでしょ?

    あの、真面目な質問なのですが、モダン環境で実際にルールスデッキと対戦した経験はどれくらいあるのでしょうか……
    少なくとも私は事前準備も無しに最速でルールスを相棒領域からブッパするようなプレイヤーと対戦した覚えが本当に無いのですが……

  10. [110] 名無しのイゼット団員 2020/05/21(木) 19:15:01 ID:YwMDQyNzc

    相手の手札が1、2枚増えただけで発狂するのがイゼ速民だ

  11. [111] 名無しのイゼット団員 2020/05/21(木) 19:18:20 ID:U1MjA4OTE

    >>109
    あの、ミシュラのガラクタとのコンボと再現性が高い話は何処へ行ったのでしょうか……

  12. [112] 名無しのイゼット団員 2020/05/21(木) 19:26:35 ID:U3MzUxNDk

    相手の手札が増えるのはいかんでしょ

  13. [113] 名無しのイゼット団員 2020/05/21(木) 19:42:48 ID:YyNTg0NDg

    その1枚が虎の子の一手だから問題だ
    単純な1枚格差とは違う価値ある1枚
    ランダムなドロー1枚分の差じゃねぇからなぁ・・・

  14. [114] 名無しのイゼット団員 2020/05/21(木) 19:47:39 ID:MxNzgyMjk

    >>111
    いや、普通に今のモダン環境をプレイしてる人なら『早い段階でアド装置として使えるのが問題』なんて発想が出るとは思えなかったので、大変失礼ながらスタンダード専門でプレイされてる人なのかと……
    もしそうならモダン環境の基準で話をしても噛み合う訳ないので、もう意見のやり取りは終わりにするべきかなと……
    早い段階どころか、むしろお互いに除去やら打消しやら手札破壊の応酬で手札が尽きた所に手札外からルールスが出てきて手札を補充、そのアド差で相手を圧倒する流れの作り易さ(これを指して『再現性の高さ』という言葉を使っています)こそがルールスの真の強さであり問題な訳で。
    本来なら尽きるリソースの中にルールスも含まれる筈なのに、手札の外にキープしておける相棒システムのおかげでいつまでも温存する事が可能という。
    この『リソースが尽きた状態から一方的に復帰する』という流れ作りが、相棒の中でも墓地のカードを利用するルールスが断トツでやり易い。※次点はヨーリオン
    この流れの再現性の高さ故に、ルールス(ヨーリオン)デッキと非相棒デッキがやりあうとアド差の違いを思い知らされ、アド差をものともしないコンボ系デッキで対抗するしかない、というのが最近のモダン環境ではないでしょうか。

  15. [115] 名無しのイゼット団員 2020/05/21(木) 20:45:58 ID:U1MjA4OTE

    >>114
    早い段階で使えるアド装置は土地をギリギリまで切り詰めたハンド消費が激しいバーンやクロパでも手軽に使えるリソース補充手なんだから危険に決まってるでしょ
    これが5マナとかだったら今とは大分使い勝手が違うしレガシーヴィンテで禁止されてない
    やはりあなたの意見は確定で出せるアド装置が3マナなのはおかしいと言うだけであって再現性の問題ではないかと
    ルールスやヨーリオンは予め用意したリソースを再利用する使い道しかないのだから使い易いのは当然、同じ様な役割のケルーガも構築難易度が高いだけであなたの言う「手札破壊の応酬で手札が尽きた所に手札外から手札を補充、そのアド差で相手を圧倒する流れの作り易さ」に当てはまる
    出たターンにゲームが終わり得るフィニッシャーの役割のオボシュザーダジャイルーダウモーリ等相棒全てが再現性を高くするパーツなのは変わらないかと

  16. [116] 名無しのイゼット団員 2020/05/21(木) 21:06:31 ID:E0Njk2MjY

    全然関係ないけど、この前買ったバンドルセットからヨーリオン出たゾ
    要らねぇ・・・ビオランテ欲しかったのに

  17. [117] 名無しのイゼット団員 2020/05/21(木) 21:17:08 ID:MxNzgyMjk

    >>115
    『3マナ』がおかしいんじゃなくて『確定で出せる』アド装置がおかしいって話ですよ。
    確定で手札外の領域から出せてしまうから非相棒デッキに対して一方的なゲーム展開になり、ルールスはそれを簡単に再現できてしまうから問題なんです。
    勿論、それにあたり3マナという軽さが後押ししている事は否定しません。※だから5マナのヨーリオンが次点という評価
    しかしルールスは『3マナ生物が墓地活用できる』からマズいのではなく、『手札外の領域にキープでき、好きなタイミングで使える』生物がその能力を持っているからマズいんです。
    問題の本質はマナコストではなく、引きムラに左右されない確実性にこそあります。
    仮にルールスが相棒システムを持っていなければ単なる強カード(それでもオーコ以下なのは確実)で終わっていたでしょう。
    そして、デッキ構築の難易度が違うだけで相棒はどれも変わらない、というのは流石に詭弁でしかない。
    ウモーリを同列に挙げている時点で、相棒のカードパワーの差を正確に理解されてるとは正直思えません。
    一度でもウモーリでモダン構築級のデッキを組もうとした経験があれば、口が裂けてもルールスと同列に並べようなんて思える訳がない。
    後、ここはモダンの大会結果のページなのでそれ以外の環境について論じても仕方ないでしょう。

  18. [118] 名無しのイゼット団員 2020/05/21(木) 22:46:55 ID:U1MjA4OTE

    >>117
    あの、再現性の話は何処へ行ったのでしょうか……
    ケルーガにもその理論が当てはまりますが、あなたの意見は相棒にアド能力があるのがおかしいと言うことでよろしいのでしょうか……?
    確実にアドが稼げた所で直接ゲームの勝敗とは関係ないし定義がおかしいだけで状況再現の高さの問題とは別の話だったな
    そしてしれっとウモーリ入り巨像ストームデッキdisられてて泣いた

  19. [119] 名無しのイゼット団員 2020/05/21(木) 22:52:13 ID:E4NDQyMjY

    モダンの禁止いつになるやら

  20. [120] 名無しのイゼット団員 2020/05/22(金) 00:26:55 ID:E2MDM5MTM

    ※117
    ※118
    解釈の違いというか差?であって、どちらもめちゃくちゃわかる気がする
    「再現性」っていうのも定義が人それぞれだし、それはまぁでいいんじゃない?
    ルールスはもちろん、相棒システムがぶっ壊れで、既存のMTGが崩壊したことは間違いない訳だし

  21. [121] 名無しのイゼット団員 2020/05/22(金) 17:32:40 ID:IwNDgxOTI

    普通にマナコストも再現性の高さもアド稼ぐ能力も全部がおかしいでFAなのでは?
    (神ジェイスやオーコのの忠誠度能力でどれが一番壊れてるか選手権並に不毛な議論は)やめようね!

  22. [122] 名無しのイゼット団員 2020/05/22(金) 17:44:38 ID:gxMDMyNTg

    eスポーツとして推していくのなら再現性の高さはむしろより競技志向になる良い要素だけどね
    モダン関係ないけど

  23. [123] 名無しのイゼット団員 2020/05/23(土) 02:08:00 ID:k5MDkyODE

    イゼ速で長文で会話してるの見ると論点が合ってる合ってない関係なく笑ってしまう内容読む気もでないし

  24. [124] 名無しのイゼット団員 2020/05/23(土) 04:52:32 ID:A3MDUyODc

    結局再現性って何なんだろうな
    公式が分散性について言及しているがそれとは全く意味合いが違うらしいし

  25. [125] 名無しのイゼット団員 2020/05/23(土) 11:19:29 ID:Y0OTU0OTU

    言葉通りなら同じ条件で実験した時に同一の結果が得られる程度のことだろうけど、それだとカードゲームの再現性とか介入できないランダム要素多過ぎてめちゃくちゃ低いしな。タイプ0は例外だが
    まあもとの再現性が低いとはいえ、バベルに比べれば普通のデッキの方が同一の結果を得やすいだろうと想像はできるけど

  26. [126] 名無しのイゼット団員 2020/05/23(土) 15:26:47 ID:UxNzA0MDQ

    一番感じるのは土地事故かな、マナフラしないのはやっぱり強いよー
    ガラクタフェッチの疑似占術&デッキ圧縮もよくよく考えたらおかしい。。。

  27. [127] 名無しのイゼット団員 2020/05/26(火) 01:36:31 ID:c0ODAzODc

    「他の相棒を使用しない」を条件にした土地の相棒を各1基本地形分作ってくれ。
    相棒はクリーチャーだけってんなら、故郷とかに名前変えてくれていいから。

1 2 3

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。