SCGオープン(スタンダード):優勝は新チャンドラ採用型の赤単、トップ8にバントミッドなど | イゼ速。:Izzet MTG News Flash

SCGオープン(スタンダード):優勝は新チャンドラ採用型の赤単、トップ8にバントミッドなど

5月4-5日、アメリカ・リッチモンドにて行われたStarCityGames.com主催のオープンシリーズ(スタンダード)。優勝は赤単アグロデッキを使用したWill Pulliam選手となりました。

オープンシリーズ:スタンダード

1st Place 赤単アグロ
プレイヤー:Will Pulliam
2nd Place 赤単アグロ
プレイヤー:Collins Mullen
3rd Place 赤単アグロ
プレイヤー:Ethan Gaieski
4th Place エスパーコントロール
プレイヤー:Zach Allen
5th Place 白緑トークン
プレイヤー:Zachary Kiihne
6th Place バントミッドレンジ
プレイヤー:Harlan Firer
7th Place エスパーコントロール
プレイヤー:Edgar Magalhaes
8th Place バントミッドレンジ
プレイヤー:Rudy Briksza
参加者数 460名
デッキリスト 2日目進出者
メタゲーム 2日目デッキ統計
Twitch配信 動画一覧
1位:赤単アグロ プレイヤー:Will Pulliam
デッキリスト
20:《山/Mountain》
20 lands

4:《狂信的扇動者/Fanatical Firebrand》
4:《ギトゥの溶岩走り/Ghitu Lavarunner》
4:《ゴブリンの鎖回し/Goblin Chainwhirler》
4:《遁走する蒸気族/Runaway Steam-Kin》
4:《ヴィーアシーノの紅蓮術師/Viashino Pyromancer》
20 creatures

4:《炎の職工、チャンドラ/Chandra, Fire Artisan》
4:《稲妻の一撃/Lightning Strike》
4:《ショック/Shock》
2:《魔術師の稲妻/Wizard’s Lightning》
4:《舞台照らし/Light Up the Stage》
2:《批判家刺殺/Skewer the Critics》
20 other spells

2:《凶兆艦隊の向こう見ず/Dire Fleet Daredevil》
2:《軍勢の戦親分/Legion Warboss》
2:《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》
3:《危険因子/Risk Factor》
2:《無頼な扇動者、ティボルト/Tibalt, Rakish Instigator》
4:《溶岩コイル/Lava Coil》
15 sideboard cards

*6位:バントミッドレンジ プレイヤー:Harlan Firer
デッキリスト
3:《森/Forest》
4:《繁殖池/Breeding Pool》
2:《氷河の城砦/Glacial Fortress》
4:《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
4:《内陸の湾港/Hinterland Harbor》
3:《陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove》
4:《寺院の庭/Temple Garden》
24 lands

2:《拘留代理人/Deputy of Detention》
4:《エリマキ神秘家/Frilled Mystic》
4:《成長室の守護者/Growth-Chamber Guardian》
4:《ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis》
4:《培養ドルイド/Incubation Druid》
2:《秋の騎士/Knight of Autumn》
4:《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》
3:《永遠神オケチラ/God-Eternal Oketra》
2:《豊潤の声、シャライ/Shalai, Voice of Plenty》
29 creatures

3:《時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler》
4:《野獣の擁護者、ビビアン/Vivien, Champion of the Wilds》
7 other spells

1:《拘留代理人/Deputy of Detention》
1:《秋の騎士/Knight of Autumn》
3:《不可解な終焉/Baffling End》
2:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
2:《ドビンの拒否権/Dovin’s Veto》
2:《黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer》
2:《ビビアン・リード/Vivien Reid》
2:《時の一掃/Time Wipe》
15 sideboard cards

クラシック:スタンダード

1st Place バントネクサス
プレイヤー:Mitchell Castaldini
2nd Place グリクシスコントロール
プレイヤー:Chris Johnson
3rd Place グリクシスコントロール
プレイヤー:Jacob Neighbors
4th Place エスパーコントロール
プレイヤー:Aiden Brier
5th Place 白単タッチ青アグロ
プレイヤー:Gavin Wen
6th Place 青黒コントロール
プレイヤー:Timothy Madsen
7th Place マルドゥアグロ
プレイヤー:Justin Parnell
8th Place ナヤフェザー
プレイヤー:Drew Kobus
参加人数 130名
デッキリスト 1-16位
1位:バントネクサス プレイヤー:Mitchell Castaldini
デッキリスト
1:《森/Forest》
1:《島/Island》
1:《オラーズカの拱門/Arch of Orazca》
2:《爆発域/Blast Zone》
4:《繁殖池/Breeding Pool》
3:《氷河の城砦/Glacial Fortress》
4:《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
4:《内陸の湾港/Hinterland Harbor》
3:《陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove》
3:《寺院の庭/Temple Garden》
26 lands

0 creatures

3:《伝承の収集者、タミヨウ/Tamiyo, Collector of Tales》
3:《ドミナリアの英雄、テフェリー/Teferi, Hero of Dominaria》
4:《荒野の再生/Wilderness Reclamation》
4:《薬術師の眼識/Chemister’s Insight》
4:《成長のらせん/Growth Spiral》
4:《運命のきずな/Nexus of Fate》
4:《活力回復/Revitalize》
4:《根の罠/Root Snare》
3:《アズカンタの探索/Search for Azcanta》
1:《無神経な放逐/Callous Dismissal》
34 other spells

3:《ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis》
2:《秋の騎士/Knight of Autumn》
1:《イクサランの束縛/Ixalan’s Binding》
3:《ドビンの拒否権/Dovin’s Veto》
2:《永遠神ケフネト/God-Eternal Kefnet》
2:《黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer》
2:《時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler》
15 sideboard cards

*2位:グリクシスコントロール プレイヤー:Chris Johnson
デッキリスト
2:《沼/Swamp》
4:《血の墓所/Blood Crypt》
4:《竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit》
4:《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》
3:《蒸気孔/Steam Vents》
4:《硫黄の滝/Sulfur Falls》
4:《湿った墓/Watery Grave》
25 lands

4:《破滅の龍、ニコル・ボーラス/Nicol Bolas, the Ravager》
4 creatures

2:《戦慄衆の将軍、リリアナ/Liliana, Dreadhorde General》
2:《覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils》
4:《龍神、ニコル・ボーラス/Nicol Bolas, Dragon-God》
1:《人知を超えるもの、ウギン/Ugin, the Ineffable》
2:《豪奢+誤認/Bedeck+Bedazzle》
4:《魔性/Bedevil》
2:《アングラスの暴力/Angrath’s Rampage》
2:《肉儀場の叫び/Cry of the Carnarium》
4:《発見+発散/Discovery+Dispersal》
2:《永遠神の投入/Enter the God-Eternals》
2:《煤の儀式/Ritual of Soot》
4:《思考消去/Thought Erasure》
31 other spells

4:《軍勢の戦親分/Legion Warboss》
2:《渇望の時/Moment of Craving》
2:《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》
1:《肉儀場の叫び/Cry of the Carnarium》
3:《強迫/Duress》
1:《永遠神の投入/Enter the God-Eternals》
2:《漂流自我/Unmoored Ego》
15 sideboard cards

*7位:マルドゥアリストクラッツ プレイヤー:Justin Parnell
デッキリスト
2:《沼/Swamp》
4:《血の墓所/Blood Crypt》
1:《断崖の避難所/Clifftop Retreat》
4:《竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit》
4:《神無き祭殿/Godless Shrine》
3:《孤立した礼拝堂/Isolated Chapel》
4:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
22 lands

4:《残酷な祝賀者/Cruel Celebrant》
4:《戦慄衆の解体者/Dreadhorde Butcher》
3:《火刃の芸術家/Fireblade Artist》
4:《脚光の悪鬼/Footlight Fiend》
2:《不気味な修練者/Grim Initiate》
2:《どぶ骨/Gutterbones》
2:《真夜中の死神/Midnight Reaper》
4:《徴税人/Tithe Taker》
4:《災いの歌姫、ジュディス/Judith, the Scourge Diva》
29 creatures

2:《復讐に燃えた血王、ソリン/Sorin, Vengeful Bloodlord》
4:《心火/Heartfire》
2:《屈辱/Mortify》
1:《英雄的援軍/Heroic Reinforcements》
9 other spells

3:《トカートリの儀仗兵/Tocatli Honor Guard》
3:《灯の燼滅/Despark》
3:《ショック/Shock》
2:《無頼な扇動者、ティボルト/Tibalt, Rakish Instigator》
4:《強迫/Duress》
15 sideboard cards

*8位:ナヤフェザー プレイヤー:Drew Kobus
デッキリスト
1:《山/Mountain》
2:《平地/Plains》
4:《断崖の避難所/Clifftop Retreat》
1:《根縛りの岩山/Rootbound Crag》
4:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
4:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
3:《陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove》
4:《寺院の庭/Temple Garden》
23 lands

4:《アダントの先兵/Adanto Vanguard》
4:《戦慄衆の秘儀術師/Dreadhorde Arcanist》
2:《グルールの呪文砕き/Gruul Spellbreaker》
4:《第10管区の軍団兵/Tenth District Legionnaire》
4:《贖いし者、フェザー/Feather, the Redeemed》
18 creatures

2:《争闘+壮大/Collision+Colossus》
4:《果敢な一撃/Defiant Strike》
4:《無謀な怒り/Reckless Rage》
2:《サムトの疾走/Samut’s Sprint》
4:《ショック/Shock》
1:《強撃+脅威/Thrash+Threat》
2:《戦いの覚悟/Gird for Battle》
19 other spells

3:《秋の騎士/Knight of Autumn》
2:《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》
4:《トカートリの儀仗兵/Tocatli Honor Guard》
4:《燃えがら蔦/Cindervines》
2:《溶岩コイル/Lava Coil》
15 sideboard cards

クラシック:モダン

1st Place 5色人間
プレイヤー:Adonnys Medrano
2nd Place 青赤フェニックス
プレイヤー:Chris Castro-Rappel
3rd Place 青赤フェニックス
プレイヤー:Tariq Patel
4th Place 緑単トロン
プレイヤー:Adeet Phanse
5th Place 青赤フェニックス
プレイヤー:Andy Vorel
6th Place 赤単プリズン
プレイヤー:Jacob deQuack
7th Place 赤単ホロウフェニックス
プレイヤー:Jared Calabrese
8th Place アミュレットタイタン
プレイヤー:Andrew Collins
参加人数 147名
デッキリスト 1-16位
1位:5色人間 プレイヤー:Adonnys Medrano
デッキリスト
1:《冠雪の島/Snow-Covered Island》
1:《冠雪の平地/Snow-Covered Plains》
4:《古代の聖塔/Ancient Ziggurat》
4:《魂の洞窟/Cavern of Souls》
4:《地平線の梢/Horizon Canopy》
1:《金属海の沿岸/Seachrome Coast》
4:《手付かずの領土/Unclaimed Territory》
19 lands

4:《教区の勇者/Champion of the Parish》
3:《帆凧の掠め盗り/Kitesail Freebooter》
4:《カマキリの乗り手/Mantis Rider》
4:《翻弄する魔道士/Meddling Mage》
4:《貴族の教主/Noble Hierarch》
4:《幻影の像/Phantasmal Image》
4:《反射魔道士/Reflector Mage》
4:《サリアの副官/Thalia’s Lieutenant》
4:《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
2:《異端聖戦士、サリア/Thalia, Heretic Cathar》
37 creatures

4:《霊気の薬瓶/AEther Vial》
4 other spells

2:《減衰球/Damping Sphere》
1:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
4:《オーリオックのチャンピオン/Auriok Champion》
2:《拘留代理人/Deputy of Detention》
1:《秋の騎士/Knight of Autumn》
2:《民兵のラッパ手/Militia Bugler》
2:《つむじ風のならず者/Whirler Rogue》
1:《四肢切断/Dismember》
15 sideboard cards

*4位:緑単トロン プレイヤー:Adeet Phanse
デッキリスト
4:《森/Forest》
1:《爆発域/Blast Zone》
1:《幽霊街/Ghost Quarter》
1:《ウギンの聖域/Sanctum of Ugin》
4:《ウルザの鉱山/Urza’s Mine》
4:《ウルザの魔力炉/Urza’s Power Plant》
4:《ウルザの塔/Urza’s Tower》
19 lands

2:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
3:《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》
1:《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》
6 creatures

4:《解放された者、カーン/Karn Liberated》
4:《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》
2:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
4:《彩色の宝球/Chromatic Sphere》
4:《彩色の星/Chromatic Star》
4:《探検の地図/Expedition Map》
2:《忘却石/Oblivion Stone》
2:《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
1:《外科的摘出/Surgical Extraction》
4:《古きものの活性/Ancient Stirrings》
4:《森の占術/Sylvan Scrying》
35 other spells

1:《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
1:《罠の橋/Ensnaring Bridge》
1:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
1:《マイコシンスの格子/Mycosynth Lattice》
1:《忘却石/Oblivion Stone》
1:《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
1:《三なる宝球/Trinisphere》
1:《魔女封じの宝珠/Witchbane Orb》
2:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
2:《スラーグ牙/Thragtusk》
1:《幻触落とし/Deglamer》
2:《自然の要求/Nature’s Claim》
15 sideboard cards

ソース

RICHMOND OPEN WEEKEND – StarCityGames.com

7 コメント on SCGオープン(スタンダード):優勝は新チャンドラ採用型の赤単、トップ8にバントミッドなど

  1. [101] 名無しのイゼット団員 2019/05/08(水) 12:22:54 ID:gxMDU5OTM

    3マナテフェリーまじ許されない性能してるけど、こいついないとネクサスが絶対止まらないんで必要悪になってんだよね
    ネクサスと一緒に消えて欲しいが、消えるにしてもネクサスだけだろうなぁ

  2. [102] 名無しのイゼット団員 2019/05/08(水) 12:57:51 ID:c5ODcxMDE

    出て1週間も経ってないのに消えろは草

  3. [103] 名無しのイゼット団員 2019/05/08(水) 13:01:08 ID:gyNzI1NjM

    出る前から来るなって言われてたからセーフ

  4. [104] 名無しのイゼット団員 2019/05/08(水) 15:56:02 ID:YwOTQ3Mjc

    デザイナーの誰かがタミヨウかテフェリーの案出しちゃって、それに対抗する形でもう一枚の方ができてしまったんじゃない

    明らかにタミヨウはネクサス専用デザインやし

  5. [105] 名無しのイゼット団員 2019/05/08(水) 16:09:03 ID:E1MjgwODc

    ネクサスと言うよりはコンボ専用やね
    相手からハンドを守り、欲しいカードにアクセスする様はまさにコンボの守護神

  6. [106] 名無しのイゼット団員 2019/05/08(水) 21:57:11 ID:AwMTE2MTM

    タミヨウはコントロールで使っても強いぞ
    ハンデスや打ち消しを探したり使いまわしたりできるからコントロール力高い
    特に墓地から思考消去拾って次のターンに使ってから諜報で見えたカードをプラスで宣言する動きがゲロ強い

  7. [107] 名無しのイゼット団員 2019/05/08(水) 22:41:04 ID:EyOTY4MTI

    常在付いてるpw放置したくても圧感じるから嫌い

1 2 3

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。