GPニュージャージー2018(スタンダード):優勝はジェスカイコンを使用したEli Kassis選手に

10月27-28日、アメリカ合衆国にてスタンダードフォーマットで行われたグランプリ・ニュージャージー2018本戦(参加者:1,213名)。優勝はジェスカイコントロールを使用したEli Kassis選手となりました。

※写真はマジック米公式サイトより

トップ8選手&使用デッキ

1st Placeジェスカイコントロール
プレイヤー:Eli Kassis
2nd Place白赤天使
プレイヤー:Brad Nelson
3rd Place白赤教導
プレイヤー:Nizar Sarhan
4th Place白緑天使
プレイヤー:Kellen Pastore
5th Place白緑トークン
プレイヤー:Zac Turgeon
6th Place青赤フェニックス
プレイヤー:Eduardo Sajgalik
7th Placeジェスカイコントロール
プレイヤー:Lirek Kulik
8th Placeジェスカイコントロール
プレイヤー:Fernando David Gonzalez

入賞者プロフィールはこちらから。

トップ8デッキリスト

1位:ジェスカイコントロール プレイヤー:Eli Kassis
デッキリスト
4:《断崖の避難所/Clifftop Retreat》
4:《氷河の城砦/Glacial Fortress》
3:《島/Island》
1:《山/Mountain》
3:《平地/Plains》
4:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
4:《蒸気孔/Steam Vents》
4:《硫黄の滝/Sulfur Falls》
27 lands

0 creatures

4:《ドミナリアの英雄、テフェリー/Teferi, Hero of Dominaria》
1:《苦悩火/Banefire》
4:《轟音のクラリオン/Deafening Clarion》
2:《予言/Divination》
1:《絶滅の星/Star of Extinction》
1:《薬術師の眼識/Chemister’s Insight》
1:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
4:《発展+発破/Expansion+Explosion》
3:《イオン化/Ionize》
2:《残骸の漂着/Settle the Wreckage》
1:《ショック/Shock》
2:《中略/Syncopate》
4:《アゾールの門口/Azor’s Gateway》
3:《封じ込め/Seal Away》
33 other spells

1:《苦悩火/Banefire》
1:《浄化の輝き/Cleansing Nova》
2:《神聖の発動/Invoke the Divine》
1:《イクサランの束縛/Ixalan’s Binding》
1:《溶岩コイル/Lava Coil》
1:《黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer》
1:《原初の潮流、ネザール/Nezahal, Primal Tide》
1:《パルン、ニヴ=ミゼット/Niv-Mizzet, Parun》
2:《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》
2:《活力回復/Revitalize》
2:《不滅の太陽/The Immortal Sun》
15 sideboard cards

2位:白赤天使 プレイヤー:Brad Nelson
デッキリスト
3:《ボロスのギルド門/Boros Guildgate》
4:《断崖の避難所/Clifftop Retreat》
5:《山/Mountain》
9:《平地/Plains》
4:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
25 lands

4:《アダントの先兵/Adanto Vanguard》
3:《正義の模範、オレリア/Aurelia, Exemplar of Justice》
3:《黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer》
4:《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》
4:《輝かしい天使/Resplendent Angel》
4:《トカートリの儀仗兵/Tocatli Honor Guard》
22 creatures

4:《溶岩コイル/Lava Coil》
1:《裁きの一撃/Justice Strike》
2:《ショック/Shock》
4:《ベナリア史/History of Benalia》
2:《イクサランの束縛/Ixalan’s Binding》
13 other spells

1:《イクサランの束縛/Ixalan’s Binding》
3:《轟音のクラリオン/Deafening Clarion》
4:《凶兆艦隊の向こう見ず/Dire Fleet Daredevil》
2:《火による戦い/Fight with Fire》
3:《封じ込め/Seal Away》
2:《不滅の太陽/The Immortal Sun》
15 sideboard cards

3位:白赤教導 プレイヤー:Nizar Sarhan
デッキリスト
4:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
4:《断崖の避難所/Clifftop Retreat》
8:《平地/Plains》
8:《山/Mountain》
24 lands

3:《速太刀の擁護者/Swiftblade Vindicator》
4:《民兵のラッパ手/Militia Bugler》
3:《軍勢の戦親分/Legion Warboss》
4:《アダントの先兵/Adanto Vanguard》
2:《軍勢の切先、タージク/Tajic, Legion’s Edge》
3:《正義の模範、オレリア/Aurelia, Exemplar of Justice》
2:《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》
1:《凶兆艦隊の向こう見ず/Dire Fleet Daredevil》
1:《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》
1:《報奨密偵/Bounty Agent》
1:《トカートリの儀仗兵/Tocatli Honor Guard》
25 creatures

4:《溶岩コイル/Lava Coil》
2:《裁きの一撃/Justice Strike》
1:《完全+間隙/Integrity+Intervention》
1:《ショック/Shock》
3:《軍団の上陸/Legion’s Landing》
11 other spells

1:《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》
1:《報奨密偵/Bounty Agent》
3:《トカートリの儀仗兵/Tocatli Honor Guard》
1:《裁きの一撃/Justice Strike》
1:《完全+間隙/Integrity+Intervention》
1:《議事会の裁き/Conclave Tribunal》
1:《轟音のクラリオン/Deafening Clarion》
1:《防御牝馬/Shield Mare》
1:《悔恨する僧侶/Remorseful Cleric》
1:《ヴァンスの爆破砲/Vance’s Blasting Cannons》
2:《火による戦い/Fight with Fire》
1:《黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer》
15 sideboard cards

4位:白緑天使 プレイヤー:Kellen Pastore
デッキリスト
1:《オラーズカの拱門/Arch of Orazca》
5:《森/Forest》
9:《平地/Plains》
4:《陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove》
4:《寺院の庭/Temple Garden》
23 lands

3:《アダントの先兵/Adanto Vanguard》
3:《善意の騎士/Knight of Grace》
3:《黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer》
4:《輝かしい天使/Resplendent Angel》
3:《豊潤の声、シャライ/Shalai, Voice of Plenty》
3:《茨の副官/Thorn Lieutenant》
4:《トカートリの儀仗兵/Tocatli Honor Guard》
23 creatures

3:《暴君への敵対者、アジャニ/Ajani, Adversary of Tyrants》
2:《ビビアン・リード/Vivien Reid》
3:《開花+華麗/Flower+Flourish》
1:《確証+確立/Assure+Assemble》
4:《ベナリア史/History of Benalia》
1:《イクサランの束縛/Ixalan’s Binding》
12 other spells

1:《ビビアン・リード/Vivien Reid》
2:《殺戮の暴君/Carnage Tyrant》
1:《浄化の輝き/Cleansing Nova》
1:《議事会の裁き/Conclave Tribunal》
2:《秋の騎士/Knight of Autumn》
2:《封じ込め/Seal Away》
2:《残骸の漂着/Settle the Wreckage》
2:《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》
2:《若葉のドライアド/Tendershoot Dryad》
15 sideboard cards

5位: 白緑トークン プレイヤー:Zac Turgeon
デッキリスト
1:《オラーズカの拱門/Arch of Orazca》
4:《森/Forest》
8:《平地/Plains》
4:《陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove》
4:《寺院の庭/Temple Garden》
21 lands

3:《協約の魂、イマーラ/Emmara, Soul of the Accord》
2:《豊潤の声、シャライ/Shalai, Voice of Plenty》
4:《茨の副官/Thorn Lieutenant》
3:《不和のトロスターニ/Trostani Discordant》
4:《敬慕されるロクソドン/Venerated Loxodon》
16 creatures

4:《開花+華麗/Flower+Flourish》
4:《苗木の移牧/Saproling Migration》
4:《大集団の行進/March of the Multitudes》
4:《議事会の裁き/Conclave Tribunal》
4:《ベナリア史/History of Benalia》
3:《軍団の上陸/Legion’s Landing》
23 other spells

1:《確証+確立/Assure+Assemble》
1:《殺戮の暴君/Carnage Tyrant》
1:《一斉検挙/Citywide Bust》
2:《秋の騎士/Knight of Autumn》
4:《無効皮のフェロックス/Nullhide Ferox》
2:《封じ込め/Seal Away》
2:《従者の献身/Squire’s Devotion》
2:《不滅の太陽/The Immortal Sun》
15 sideboard cards

6位:青赤フェニックス プレイヤー:Eduardo Sajgalik
デッキリスト
6:《島/Island》
7:《山/Mountain》
4:《蒸気孔/Steam Vents》
4:《硫黄の滝/Sulfur Falls》
21 lands

4:《弧光のフェニックス/Arclight Phoenix》
4:《弾けるドレイク/Crackling Drake》
4:《奇怪なドレイク/Enigma Drake》
12 creatures

1:《標の稲妻/Beacon Bolt》
4:《航路の作成/Chart a Course》
4:《突破/Crash Through》
1:《溶岩コイル/Lava Coil》
2:《最大速度/Maximize Velocity》
3:《苦しめる声/Tormenting Voice》
4:《大将軍の憤怒/Warlord’s Fury》
4:《選択/Opt》
4:《ショック/Shock》
27 other spells

1:《標の稲妻/Beacon Bolt》
2:《溶岩コイル/Lava Coil》
2:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
2:《潜水/Dive Down》
3:《焦熱の連続砲撃/Fiery Cannonade》
2:《火想者の研究/Firemind’s Research》
2:《パルン、ニヴ=ミゼット/Niv-Mizzet, Parun》
1:《呪文貫き/Spell Pierce》
15 sideboard cards

7位:ジェスカイコントロール プレイヤー:Lirek Kulik
デッキリスト
4:《断崖の避難所/Clifftop Retreat》
4:《氷河の城砦/Glacial Fortress》
4:《島/Island》
3:《山/Mountain》
4:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
4:《蒸気孔/Steam Vents》
4:《硫黄の滝/Sulfur Falls》
27 lands

4:《弾けるドレイク/Crackling Drake》
4 creatures

4:《ドミナリアの英雄、テフェリー/Teferi, Hero of Dominaria》
1:《浄化の輝き/Cleansing Nova》
4:《轟音のクラリオン/Deafening Clarion》
4:《薬術師の眼識/Chemister’s Insight》
2:《本質の散乱/Essence Scatter》
2:《発展+発破/Expansion+Explosion》
4:《イオン化/Ionize》
2:《裁きの一撃/Justice Strike》
2:《稲妻の一撃/Lightning Strike》
2:《中略/Syncopate》
2:《アズカンタの探索/Search for Azcanta》
29 other spells

2:《裁きの一撃/Justice Strike》
2:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
3:《溶岩コイル/Lava Coil》
2:《黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer》
3:《否認/Negate》
1:《原初の潮流、ネザール/Nezahal, Primal Tide》
1:《パルン、ニヴ=ミゼット/Niv-Mizzet, Parun》
1:《残骸の漂着/Settle the Wreckage》
15 sideboard cards

8位:ジェスカイコントロール プレイヤー:Fernando David Gonzalez
デッキリスト
3:《断崖の避難所/Clifftop Retreat》
4:《氷河の城砦/Glacial Fortress》
5:《島/Island》
1:《山/Mountain》
4:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
4:《蒸気孔/Steam Vents》
4:《硫黄の滝/Sulfur Falls》
25 lands

2:《弾けるドレイク/Crackling Drake》
2 creatures

1:《イゼット副長、ラル/Ral, Izzet Viceroy》
3:《ドミナリアの英雄、テフェリー/Teferi, Hero of Dominaria》
1:《浄化の輝き/Cleansing Nova》
4:《轟音のクラリオン/Deafening Clarion》
3:《薬術師の眼識/Chemister’s Insight》
1:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
2:《本質の散乱/Essence Scatter》
2:《発展+発破/Expansion+Explosion》
4:《選択/Opt》
4:《活力回復/Revitalize》
4:《悪意ある妨害/Sinister Sabotage》
1:《中略/Syncopate》
2:《封じ込め/Seal Away》
1:《アズカンタの探索/Search for Azcanta》
33 other spells

1:《弾けるドレイク/Crackling Drake》
1:《浄化の輝き/Cleansing Nova》
1:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
1:《封じ込め/Seal Away》
1:《神聖の発動/Invoke the Divine》
1:《イクサランの束縛/Ixalan’s Binding》
3:《軍勢の戦親分/Legion Warboss》
2:《否認/Negate》
2:《パルン、ニヴ=ミゼット/Niv-Mizzet, Parun》
2:《絶滅の星/Star of Extinction》
15 sideboard cards

環境統計:1-32位

アーキタイプ入賞数入賞率
ジェスカイコントロール721.9%
白赤天使515.6%
黒緑ミッドレンジ515.6%
白緑トークン39.4%
白緑探検26.3%
白赤教導26.3%
白緑ミッドレンジ26.3%
白単アグロ26.3%
(使用者1名以下)412.5%
合計32

上位デッキリスト

1-8位/9-32位

ソース

GRAND PRIX NEW JERSEY 2018 – マジック米公式サイト

48 コメント on GPニュージャージー2018(スタンダード):優勝はジェスカイコンを使用したEli Kassis選手に

  1. [101] 名無しのイゼット団員 2018/10/31(水) 05:51:07 ID:IzMDMwMjE

    今の環境トカートリの儀仗兵めちゃくちゃ強いな
    ゴルガリ減ってもサイドに積まれるだろうし今より下がらなそう…

  2. [102] 名無しのイゼット団員 2018/10/31(水) 06:45:36 ID:gxMzM5ODc

    ※30
    青黒諜報俺もやってるけど勝てないね~
    少なくとも虚報活動とかやってる場合じゃないという事はわかったが…
    思い切ってデーモン抜いて1マナの諜報壁と2マナの諜報ドレイン人間
    入れたほうが勝てたくらいだからなw

  3. [103] 名無しのイゼット団員 2018/10/31(水) 13:16:38 ID:I1ODM4MzU

    ※60
    プログラムは所詮人間がプログラムしたことしかできないから、人間が軽く言う「適当に」や「無作為に」を実行することが難しい
    プラグラムによる乱数は、乱数に見えるように特定の法則で計算しているに過ぎない
    そんな人間の概念の紛い物が人間に勝る訳ないだろう

    プログラムは嘘をつかないから人間より信じられる、という意味なら分からんでもないけど

  4. [104] 名無しのイゼット団員 2018/10/31(水) 13:55:29 ID:YxMDg5NDI

    例えば、土地1から24、他カード25〜60まで番号を付けたとしよう。一回目にシャッフルして引いたカードが1.2.3.4.5.6.7の土地で(事故)と判断したとする。次にシャッフルして1,3.5.11.16.19.24の土地を引いたとき、見た目は同じ土地7枚なのに事故ってうように見えてしまう。つまり、無作為にシャッフルされていたとしても、それを人間が事故と決めてしまう以上は意味を成さないんだよね

  5. [105] 名無しのイゼット団員 2018/10/31(水) 13:55:37 ID:E1Njk1Mjk

    プログラムによる無作為化と、人力による無作為化のどっちが信用できるかと言えば断然プログラムなんだけどね
    単純にデッキ枚数分だけランダム配列作るだけの処理をしていれば人によって多少なりともやり方が異なる人力シャッフルよりは作為性は少ないから

  6. [106] 名無しのイゼット団員 2018/10/31(水) 19:09:36 ID:E1Njg3Njg

    ※103
    乱数の理屈についてはそうなんだけど
    人間の方が無作為化できるというのは大きな間違い
    人間がシャッフルした方がより「均質に」分布しているんだったら
    そこには作為が介在しているんだよ
    「無作為化」されているのは並びが「均質」ということじゃない
    事故らないシャッフルはむしろ無作為化できてない

  7. [107] 名無しのイゼット団員 2018/10/31(水) 19:51:48 ID:AxMjA4NDU

    米105
    「完全に無作為」でシャッフルする場合、極端な話、土地が全て上半分に集まることも起こりうるんだよね
    人間の手によるシャッフルはそういうのを回避して「出来るだけ偏らないようにする」という形での偏向を持たせてる

    まじめな話、カードゲームに求められてきたのは「次に何を引くのかは分からず、それでいてカードの種類が偏らずにバラけている状態」だったんだろう
    ゲームバランスもプレイヤーの経験則や期待するプレイもそれを前提にしてきたから、完全ランダムでやったら妙なことになってしまう、と

  8. [108] 名無しのイゼット団員 2018/10/31(水) 23:32:46 ID:YyNDM2MjI

    みなさん、ちゃんと”無作為”と言えるくらいシャッフルしましょう

  9. [109] 名無しのイゼット団員 2018/10/31(水) 23:41:12 ID:E0NDk3OTg

    デジタルTCGとアナログTCGはやはり別ゲー
    一方は完璧な無作為
    もう一方は無作為っぽい何か

  10. [110] 名無しのイゼット団員 2018/10/31(水) 23:54:20 ID:gxMzY5NDM

    多分、ここで言ってるデジタルとアナログのシャッフルの違いって、実際のサイコロと乱数で振ったサイコロの違い程度だと思うけどな。そうじゃ無い人は、シャッフルが甘いか、ただの認知的な問題。とどのつまり、気のせい。土地事故等は記憶に残りやすいからね

  11. [111] 名無しのイゼット団員 2018/11/01(木) 01:21:13 ID:E2NDkxNTE

    完全ランダムだと2シグマ3シグマの外の区間の手札(土地7枚とかスペル7枚とか)も来てしまうけど、我々はそういう極端な部分はマリガンで回避してるから、案外いつも作為的な手札でゲームを開始してると言えなくはない。マリガンをするかしないかの判断は我々の作為(意志)が入っているので。

  12. [112] 名無しのイゼット団員 2018/11/01(木) 02:10:04 ID:EyOTA0NTg

    マリガンが作為とかそういう話じゃないと思うけど

  13. [113] 名無しのイゼット団員 2018/11/01(木) 02:47:25 ID:A4NjU4Mzk

    デュエル開始前のそこそこ時間かけるシャッフルならともかく
    デュエル中の数秒のファローシャッフルは、デジタルと比べたら無作為っぽいなにか過ぎんじゃろ

  14. [114] 名無しのイゼット団員 2018/11/01(木) 08:12:49 ID:EyOTMxNzY

    デジタルならデッキ構成以外に引きの安定性を左右する要素を無くし得るから、そこのところが気になる人に対する受け皿としてもデジタルの方を発展させていくのが大事なんやで
    まぁ大会にたくさん出たいならそんなことも言ってられないのだけど

  15. [115] 名無しのイゼット団員 2018/11/01(木) 08:50:29 ID:A3NDk4NDE

    米107
    全て上に土地が来ることは起こりうるけれども、限りなく0(土地が24枚なら、7.4×10^-59)なので、起こりうるけれども実質起こらないんですよ。無作為だからって何でもかんでも起こるとは限らないです。なので、人のシャッフルが偏らせないようにしているわけではないですし、仮にそうしている人がいるなら、それはジャッジ案件ですよ

  16. [116] 名無しのイゼット団員 2018/11/01(木) 08:55:54 ID:A3NDk4NDE

    115の続き
    世界の人口は6×9乗なので、一人あたり10^50回ゲームすれば起こる可能性がありますね

  17. [117] 名無しのイゼット団員 2018/11/01(木) 12:15:07 ID:EzNTA4Nzc

    ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/?action=repository_action_common_download&item_id=73008&item_no=1&attribute_id=1&file_no=1
    ここで各シャッフルを可視化したデータがあるぞ

  18. [118] 名無しのイゼット団員 2018/11/01(木) 14:45:17 ID:k3OTI1NTI

    「現実的に起こることを考える必要はない」くらいの話を「ありえない」「起こらない」とか言っちゃってるのが諸悪の根源

  19. [119] 名無しのイゼット団員 2018/11/01(木) 15:47:52 ID:k4NzU5OTE

    Eli Kassis氏「イゼ速の俺の優勝記事のコメントめっちゃ伸びてるやん。デッキリストの議論かな?」ポチー
    Eli Kassis氏「ええ…」

  20. [120] 名無しのイゼット団員 2018/11/01(木) 18:58:27 ID:EyOTA0NTg

    ※115
    全ての土地が上に来ることはまずないけど
    初手7枚がすべて土地とか土地以外の確率はそれなりにあるやん
    それをデジタルのシャッフラーのせいにしていたのが話の発端だよ
    それが起こらない(起こりにくい)シャッフルを紙でしているなら作為のせいだろと

  21. [121] 名無しのイゼット団員 2018/11/01(木) 19:58:18 ID:E5NTk4Mjc

    質問なんですが、ゲーム途中の相手側デッキのシャッフルで適当に3つの束位に分けて上、中、下で入れ替える位で済ませてるんですけどちゃんとシャッフルしないとダメでしょうか?ゲーム中なのであまり時間かけたくないのと相手のデッキを傷付けるのもやなので簡単に済ませてるのですが…。

  22. [122] 名無しのイゼット団員 2018/11/01(木) 20:05:46 ID:g2NjM3NzA

    ※120
    作為があるからってのは既に否定されてるんですけどね
    (土地24枚の時)前者なら約2.16%後者なら約0.09%の確率で起こりうる
    デジタルのシャッフルならこの通りになるが、紙のシャッフルでは無作為化が不十分だからこの数字通りにはならないでしょって話

  23. [123] 名無しのイゼット団員 2018/11/01(木) 20:15:40 ID:g2NjM3NzA

    ※121
    厳密にはシャッフルは無作為かつ2種類以上の方法を組み合わせて行う必要がある
    ※117のシャッフルデータを見れば分かるがカットだけじゃ殆どシャッフルされてない、ほぼ無作為化するシャッフルは7回程度のリフルシャッフルとオーバーハンドシャッフル(ヒンズーシャッフルの亜種)が適当らしい

  24. [124] 名無しのイゼット団員 2018/11/02(金) 01:02:06 ID:IxOTQ2NjE

    しかし、同じシャッフルを全員が行うとそれは無作為ではなくなるよね

  25. [125] 名無しのイゼット団員 2018/11/02(金) 06:38:01 ID:Q5NDM0MjI

    どんな状態からでも7回リフルやってオーバーハンド1回やれば、無作為と言っていい状態になるのだから、むしろ、適切にやれば、誰がやっても無作為になるよ

  26. [126] 名無しのイゼット団員 2018/11/02(金) 07:49:45 ID:gwMjc5Mzk

    ※122
    無作為化が不十分でもシャッフルする前の状態に作為がなければそれに近似した数値になるよ
    あえて土地とそれ以外が固まらないようにばらしてカードを積んでおいてから、不十分な無作為化を行うからそれよりも明確に低い確率になるんだよ
    そういうのは、そうなること期待してやっている人が大半だし、そこには作為が介在しているって言ってるの

  27. [127] 名無しのイゼット団員 2018/11/02(金) 08:17:37 ID:g0OTQyMzU

    紙でやるなら自他ともにシャッフルを十分に行う
    面倒な人はデジタルでやる
    これで終わる話だ
    紙でやる場合はシャッフルする相手がいつも同じじゃないし、毎度毎度丁寧にシャッフルするわけではないからデジタルと感覚の違いが出るという程度よ

  28. [128] 名無しのイゼット団員 2018/11/02(金) 09:52:32 ID:E1NTI0MjE

    体感だけどやっぱデジタルよりアナログのが偏りが少ない=無作為でない
    のは感じるな

  29. [129] 名無しのイゼット団員 2018/11/02(金) 11:12:30 ID:I0NjA0MTU

    ・「無作為」の認識が違う(無作為≠偏りがない)
    ・人はシャッフルで不正を行う可能性があるから信用できない
    で論点が混ざってるっぽいな
    後者の理由でデジタルの方が信用できると言うなら、MOだけやってろとしか

  30. [130] 名無しのイゼット団員 2018/11/02(金) 11:36:44 ID:I0NjA0MTU

    あと
    ・「充分なシャッフル≒無作為化」の定義が曖昧
    ・失敗したことほど印象に残りやすい(マーフィーの法則)
    もあるか

  31. [131] 名無しのイゼット団員 2018/11/02(金) 12:15:04 ID:gwMjc5Mzk

    ※130
    デジタルの方が信用できるとかそういう話じゃないけどな
    あくまで、「オールランド&ノーランドがデジタルの方が起こりやすい」と主張するなら、そこには作為が介在しているって言ってるだけ
    機械の作る乱数と人間がやるシャッフルはどうしても差が出るけど、それが期待値に与える影響が特定の方向に偏る場合は、何か作為が介在しなきゃならないよ
    この場合は、あらかじめディールシャッフルとかで土地の連続性を切っておいてから、十分ではないシャッフルをすることで、最初のディールシャッフルの並びをある程度維持する手法の事を言ってる
     
    >後者の理由でデジタルの方が信用できると言うなら、MOだけやってろとしか
    「人は不正を行う可能性があるから信用できない」じゃなくて
    「紙ではオールランドやノーランドが起き難い、ほぼ起きない」と主張していて
    その原因を「デジタルとアナログのシャッフルの違い」と言い訳しているような人間が信用できないだけだ

  32. [132] 名無しのイゼット団員 2018/11/02(金) 12:25:34 ID:c3ODIyOTA

    完全に無作為なシャッフルができるならデジタルもアナログも一緒
    デジタルはプログラムに問題があれば完全な無作為にならない
    アナログは不適切・不十分な方法であれば完全に無作為にならない
    それだけ

  33. [133] 名無しのイゼット団員 2018/11/02(金) 14:47:06 ID:c2ODE5MTE

    ※125
    それって有名な論文で使われてよく勘違いされてるけど、発生しうる全ての組み合わせを生じさせるために必要なシャッフル回数の最小が7回ってだけで、7回シャッフルを行えば適切に無作為化できるとは全く書いてないんだよね

  34. [134] 名無しのイゼット団員 2018/11/02(金) 15:10:14 ID:QzODMwMzA

    だから「ほぼ無作為」だとか「無作為と言っていい状態」って言ってるんやろ
    ほんで「ほぼ無作為なんだからノーランド、ノースペルハンドなんて確率通り起こる訳ないやろ派」と「ほぼ無作為を言い訳に積み込み(所謂マナ織り込み)を正当化してんやろ派」がいる訳やな

  35. [135] 名無しのイゼット団員 2018/11/02(金) 15:40:54 ID:gwMjc5Mzk

    ※133
    そりゃ完璧とは言わないけど
    たとえばノーランドの確率が2.16%から1%割るようになったりの極端な低下は起こらんだろ

  36. [136] 名無しのイゼット団員 2018/11/02(金) 16:28:38 ID:c2ODE5MTE

    ※135
    完璧とかそういう話ですらなく、
    そもそも7回ファローシャッフルすると十分うんぬんは人間が無作為化を行うために発生した話ですらないから、
    >>どんな状態からでも7回リフルやってオーバーハンド1回やれば、無作為と言っていい状態になるってのは明確に嘘
    ただ全ての組み合わせを発生させて、デジタル上でそれを利用して乱数を作れるとかその程度の話

  37. [137] 名無しのイゼット団員 2018/11/02(金) 16:35:21 ID:gwMjc5Mzk

    いやそれはわかるけども
    それって計算上の無作為な状態と比較して、土地枚数の分布とかそこまで極端に違った値を取るもの?

  38. [138] 名無しのイゼット団員 2018/11/03(土) 07:15:44 ID:I1ODM4MzU

    ※131
    >「紙ではオールランドやノーランドが起き難い、ほぼ起きない」と主張していて
    これはただの経験則だし
    >その原因を「デジタルとアナログのシャッフルの違い」と
    これは根拠がないというか、根拠を提示するのが難しいよね

    無作為だからこそ手札事故が起きるんだけど、
    人の手で行うシャッフルは普通は(特に最初に行うディールシャッフルなどで)偏りをなくそうとするから
    厳密な意味で無作為にはしていないってこと…か?

    もう麻雀の洗牌みたいに全カードをぶち撒けてわちゃわちゃした後にヒンズーシャッフルを10回ぐらいやればいいんじゃないかな(適当)

  39. [139] 名無しのイゼット団員 2018/11/03(土) 13:06:48 ID:U0NzM4Njg

    ちゃんと無作為化できていればこそ偏りもするし事故も起こる。
    逆に全く・ほとんど起こらない場合は作為的な不正のシャッフルをしている証拠ってだけのことなのに、コメ伸び過ぎじゃね?

  40. [140] 名無しのイゼット団員 2018/11/03(土) 13:32:12 ID:MzNjE5NjU

    実際、初期手札7枚が全部土地ってのはMOでしか見たことないかも
    リアルだと無作為化出来てないってことなんだろな

  41. [141] 名無しのイゼット団員 2018/11/03(土) 14:27:27 ID:AxNTEzMjI

    作為的な不正のシャッフルって何?
    上で言われている規定通りリフル7回オーバーハンドシャッフルしても完全な無作為化にはならないよねーって話でしょ?

  42. [142] 名無しのイゼット団員 2018/11/03(土) 16:26:08 ID:E1MDA4MDA

    わざわざジャッジ呼んで咎めたりしてないけど
    FNMとかでもディールしたあとにそんなにシャッフルしてない人結構いる
    そういうのだよ

  43. [143] 名無しのイゼット団員 2018/11/03(土) 20:58:45 ID:AxNTEzMjI

    そういういざこざはここじゃなくて当人同士で解決すればいいのでは…
    ここで語られてるのは規定通りのシャッフルしてる事前提の話でしょ
    …だよね?

  44. [144] 名無しのイゼット団員 2018/11/04(日) 00:31:23 ID:cxODQwMjI

    反語が下手というか、最後の疑問符こそが答えなのわかってるよね
    少なくとも※63からの流れを見てきたのなら

  45. [145] 名無しのイゼット団員 2018/11/04(日) 07:47:04 ID:A1OTIzNDU

    71と82を見るに最初の発言者は規定通りシャッフルしてるじゃん
    最後のは反語じゃなくて他にリアルだと偏り難いとか言ってる人達への質問

  46. [146] 名無しのイゼット団員 2018/11/04(日) 12:16:11 ID:YxNTMzMDE

    ※145
    土地26枚の60枚デッキで、
    呪文7土地0の確率は約1.4%
    呪文0土地6の確率は約0.5%
    どっちも起こり得ない程の確率じゃないし、MTGやってる人なら「たまにある 事」くらいに認識していることを「起こり得ない」と発言したのがきっかけ。
    どんなシャッフルしてるのか実際にやってるのを見ることはできんけど、上の確率より大きく外れる様なら、そのシャッフルは無作為化になってないってこと。

  47. [147] 名無しのイゼット団員 2018/11/04(日) 14:56:20 ID:A1OTIzNDU

    ※146
    うん、上でやってたのは人のやるシャッフルは完全な無作為化になってるかどうかって話でしょ
    その人達が規定通りのシャッフルして語ってるかどうかは知らんから断定出来ないってだけ
    関係ないけど元の話はノーランド引いた後オールランド引く確率じゃね?
    まあどちらにせよ起こりえない事はないんだけどね(笑)

  48. [148] 名無しのイゼット団員 2018/11/06(火) 03:47:57 ID:E5MDM4MTU

    優勝デッキすげえ〜って話をしようとしたらなんかシャッフルの話題しかなくてしょんぼりしてしまった。

1 2 3

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。