GPデンバー2018(チームリミテッド):優勝はBaugh・Dobbin・Tenjum選手チームに

10月13-14日、アメリカ合衆国にてチームリミテッドで行われたグランプリ・デンバー2018(参加者数:506チーム)。優勝はJacob Baugh選手(写真中央)、Jack Dobbin選手(写真左)、Andrew Tenjum選手(写真右)チームとなりました。

TOP4チーム

1st PlaceJacob Baugh – Jack Dobbin – Andrew Tenjum
2nd PlaceBrandon Ayers – Peter Yeh – John Rolf
3rd PlaceFrank Skarren – Steve Rubin – Pete Ingram
4th PlaceChris Spear – Max Margolis – Matthew Del Guosso

トップ4チームプロフィールはこちらから。

優勝チームデッキリスト(決勝戦チームドラフト)

青赤タッチ白 プレイヤー:Jacob Baugh
デッキリスト
6:《島/Island》
5:《山/Mountain》
1:《平地/Plains》
2:《ボロスのギルド門/Boros Guildgate》
1:《ギルド門通りの公有地/Gateway Plaza》
1:《イゼットのギルド門/Izzet Guildgate》
1:《蒸気孔/Steam Vents》
17 lands

1:《正義の模範、オレリア/Aurelia, Exemplar of Justice》
1:《光線分割の魔道士/Beamsplitter Mage》
1:《弾けるドレイク/Crackling Drake》
1:《ゴブリンの電術師/Goblin Electromancer》
1:《真火の隊長/Truefire Captain》
1:《小柄な竜装者/Wee Dragonauts》
2:《初々しい補充兵/Fresh-Faced Recruit》
1:《静電場/Electrostatic Field》
1:《恐れなき矛槍兵/Fearless Halberdier》
10 creatures

1:《直流/Direct Current》
1:《最大高度/Maximize Altitude》
1:《溶岩コイル/Lava Coil》
1:《最大速度/Maximize Velocity》
2:《反転+観点/Invert+Invent》
2:《高熱仮説/Hypothesizzle》
2:《音波攻撃/Sonic Assault》
2:《確実な一撃/Sure Strike》
1:《実験の狂乱/Experimental Frenzy》
13 other spells

1:《地底街のネクロリスク/Undercity Necrolisk》
1:《悪意ある噂/Vicious Rumors》
1:《宇宙粒子波/Cosmotronic Wave》
1:《重力殴打/Gravitic Punch》
1:《樹木園の精霊/Arboretum Elemental》
1:《活胞子ワーム/Vigorspore Wurm》
1:《虚報活動/Disinformation Campaign》
1:《薙ぎ払いの巨人/Swathcutter Giant》
1:《地底街の反乱/Undercity Uprising》
1:《ディミーアのロケット/Dimir Locket》
1:《背骨のワンド/Wand of Vertebrae》
1:《禁制品潰し/Crush Contraband》
1:《ロクソドンの修復者/Loxodon Restorer》
2:《天空の斥候/Skyline Scout》
1:《刎頸の友/Sworn Companions》
1:《第10管区の守備兵/Tenth District Guard》
Sideboard cards

緑多色 プレイヤー:Jack Dobbin
デッキリスト
5:《森/Forest》
2:《平地/Plains》
2:《沼/Swamp》
1:《ディミーアのギルド門/Dimir Guildgate》
1:《ギルド門通りの公有地/Gateway Plaza》
2:《ゴルガリのギルド門/Golgari Guildgate》
1:《イゼットのギルド門/Izzet Guildgate》
2:《セレズニアのギルド門/Selesnya Guildgate》
16 lands

1:《門番のガーゴイル/Gatekeeper Gargoyle》
1:《ケンタウルスの仲裁者/Centaur Peacemaker》
1:《レーデヴの勇者/Ledev Champion》
1:《世界魂の巨像/Worldsoul Colossus》
1:《ヴァーナーディーの盾仲間/Vernadi Shieldmate》
1:《ロクソドンの修復者/Loxodon Restorer》
1:《敬慕されるロクソドン/Venerated Loxodon》
1:《泥棒ネズミ/Burglar Rat》
1:《夜の子/Child of Night》
2:《気前のいい野良猫/Generous Stray》
1:《絡み合うモウセンゴケ/Grappling Sundew》
1:《落とし格子の蔦/Portcullis Vine》
13 creatures

1:《詭謀+奇策/Connive+Concoct》
1:《開花+華麗/Flower+Flourish》
1:《仲間意識/Camaraderie》
1:《致命的な訪問/Deadly Visit》
1:《確証+確立/Assure+Assemble》
1:《席次+石像/Status+Statue》
1:《ギルドパクトの大剣/Glaive of the Guildpact》
1:《ギルド会談/Guild Summit》
1:《死の重み/Dead Weight》
2:《都市の楽園/Urban Utopia》
11 other spells

1:《落とし格子の蔦/Portcullis Vine》
1:《包囲ワーム/Siege Wurm》
1:《活胞子ワーム/Vigorspore Wurm》
1:《デヴカリンの造反者/Devkarin Dissident》
1:《悪意ある噂/Vicious Rumors》
1:《重力殴打/Gravitic Punch》
1:《薬術師の眼識/Chemister’s Insight》
1:《静かな隠し矢/Silent Dart》
1:《往時軍の強兵/Erstwhile Trooper》
1:《盾連携/Join Shields》
1:《腐れ巨人/Molderhulk》
1:《よろめく根茎/Rhizome Lurcher》
1:《音波攻撃/Sonic Assault》
Sideboard cards

青黒 プレイヤー:Andrew Tenjum
デッキリスト
7:《島/Island》
9:《沼/Swamp》
1:《ディミーアのギルド門/Dimir Guildgate》
17 lands

1:《正気泥棒/Thief of Sanity》
1:《冷酷なゴルゴン/Pitiless Gorgon》
1:《囁く工作員/Whisper Agent》
1:《霧から見張るもの/Watcher in the Mist》
1:《張り出し櫓のコウモリ/Bartizan Bats》
1:《泥棒ネズミ/Burglar Rat》
3:《雇われた毒殺者/Hired Poisoner》
1:《感情化粧師/Moodmark Painter》
1:《物盗りインプ/Pilfering Imp》
1:《背骨ムカデ/Spinal Centipede》
1:《隠された影/Veiled Shade》
13 creatures

1:《なかったことに/Never Happened》
1:《煤の儀式/Ritual of Soot》
1:《巧みな叩き伏せ/Artful Takedown》
2:《眩惑の光/Dazzling Lights》
1:《悪賢い隠蔽/Devious Cover-Up》
1:《原因不明の消失/Unexplained Disappearance》
1:《名声の代価/Price of Fame》
1:《捕獲球/Capture Sphere》
1:《死の重み/Dead Weight》
10 other spells

1:《切断された糸/Severed Strands》
1:《嵐の行使/Command the Storm》
1:《宇宙粒子波/Cosmotronic Wave》
2:《鋼胴の甲虫/Ironshell Beetle》
2:《捕食/Prey Upon》
1:《包囲ワーム/Siege Wurm》
1:《追われる証人/Hunted Witness》
1:《レーデヴの守護者/Ledev Guardian》
1:《光明の縛め/Luminous Bonds》
1:《正義の一撃/Righteous Blow》
2:《賽銭ガニ/Wishcoin Crab》
1:《奨励/Take Heart》
1:《ゴルガリのギルド門/Golgari Guildgate》
1:《イゼットのギルド門/Izzet Guildgate》
1:《背骨のワンド/Wand of Vertebrae》
1:《往時軍の強兵/Erstwhile Trooper》
1:《槌落とし/Hammer Dropper》
1:《よろめく根茎/Rhizome Lurcher》
15 sideboard cards

デッキリスト

チームドラフト:決勝

ソース

GRAND PRIX DENVER 2018 – マジック米公式サイト

11 コメント on GPデンバー2018(チームリミテッド):優勝はBaugh・Dobbin・Tenjum選手チームに

  1. [1] 名無しのイゼット団員 2018/10/15(月) 22:27:06 ID:kyMDI4Mzg

    真ん中のデッキマジで全く意味がわからんのだが!?

  2. [2] 名無しのイゼット団員 2018/10/15(月) 23:06:01 ID:I3NTk3NTY

    出たな!門デッキ!

  3. [3] 名無しのイゼット団員 2018/10/15(月) 23:20:41 ID:g4Mzg2NzY

    第6のアーキタイプ五色ゲートという強カード使い放題で門シナジーまである理論上最強デッキ

    うまい人だと成立するのか

  4. [4] 名無しのイゼット団員 2018/10/16(火) 00:12:16 ID:A5Njg0NTE

    毒殺者3は殺意高すぎて草

  5. [5] 名無しのイゼット団員 2018/10/16(火) 07:42:54 ID:M3NzM2NTQ

    1つ目のデッキは青赤タッチ白では

  6. [6] 名無しのイゼット団員 2018/10/16(火) 07:52:30 ID:g4MjgzNDM

    5CG(ファイブカラーゲート)、生きていたのか…

  7. [7] 名無しのイゼット団員 2018/10/16(火) 08:59:41 ID:g4MjkxNDE

    門スペシャルの良いところはカットしたカードが全部有効稗になるところ
    特にチームドラフトだと上下両方が敵だけに大きい

  8. [8] 名無しのイゼット団員 2018/10/16(火) 11:02:09 ID:QyNTg5NzE

    ドビン…ローテ落ちしたはずでは!?(人違い

  9. [9] 名無しのイゼット団員 2018/10/17(水) 00:06:16 ID:QyMzM1MzU

    門デッキ……そういうのもあるのか……

  10. [10] 名無しのイゼット団員 2018/10/17(水) 22:53:07 ID:U4MDkyMTU

    一つ目のデッキは、青赤タッチ白ですよ。
    って、コメント数少ない記事は、管理人も見てないのかな?

  11. [11] タソガレ@管理人 2018/10/17(水) 23:00:55 ID:QxMjA2Nzc

    ※10
    修正させていただきました。ご指摘ありがとうございます。

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。