GPメキシコシティ2018(リミテッド):優勝は青黒タッチ緑を組み上げたMark Jacobson選手

10月6-7日、メキシコ合衆国にてリミテッドフォーマットで行われたグランプリ・メキシコシティ2018本戦(参加人数:415名)。優勝は決勝ドラフトにて青黒タッチ緑デッキを組み上げたMark Jacobson選手となりました。

またトップ4にハースストーンの有名配信者であり、最近はMTG Arenaの配信も行っている“Amaz”ことJason Chan選手が入賞を果たしています。

※写真はマジック米公式Twitterアカウントより

トップ8選手&使用デッキ

1st Place青黒タッチ緑
プレイヤー:Mark Jacobson
2nd Place青赤
プレイヤー:Logan Nettles
3rd Place白赤
プレイヤー:Jason Chan
4th Place青黒
プレイヤー:Francisco Sifuentes
5th Place白緑タッチ黒
プレイヤー:Steve Rubin
6th Place白緑タッチ赤
プレイヤー:Martin Juza
7th Place白赤
プレイヤー:Carlos Pal
8th Place青赤
プレイヤー:Felix Grezes

入賞者プロフィールはこちらから。

優勝者デッキリスト

1位:青黒タッチ緑 プレイヤー:Mark Jacobson
デッキリスト
7:《島/Island》
6:《沼/Swamp》
1:《ディミーアのギルド門/Dimir Guildgate》
3:《ゴルガリのギルド門/Golgari Guildgate》
17 lands

1:《囁く工作員/Whisper Agent》
1:《夜帷の捕食者/Nightveil Predator》
1:《思考繋ぎの幻/Thoughtbound Phantasm》
1:《骨の障壁/Barrier of Bones》
1:《クロールの群れ/Kraul Swarm》
3:《雇われた毒殺者/Hired Poisoner》
8 creatures

1:《採取+最終/Find+Finality》
1:《思考消去/Thought Erasure》
1:《概念の雨/Notion Rain》
1:《地底街の反乱/Undercity Uprising》
3:《致命的な訪問/Deadly Visit》
1:《席次+石像/Status+Statue》
1:《巧みな叩き伏せ/Artful Takedown》
1:《原因不明の消失/Unexplained Disappearance》
1:《急進思想/Radical Idea》
1:《虚報活動/Disinformation Campaign》
1:《捕獲球/Capture Sphere》
2:《死の重み/Dead Weight》
15 other spells

プレイオフのデッキリストはこちらから。

ソース

GRAND PRIX MEXICO CITY 2018 – マジック米公式サイト

11 コメント on GPメキシコシティ2018(リミテッド):優勝は青黒タッチ緑を組み上げたMark Jacobson選手

  1. [1] 名無しのイゼット団員 2018/10/08(月) 19:21:30 ID:k4MTc0MjY

    毒殺者3枚出されたらはげそう

  2. [2] 名無しのイゼット団員 2018/10/08(月) 19:54:28 ID:UwMTk4OTg

    MTGから始まったトレーディングカードゲームという文化が、ハースストーンを産み、ハースストーンからまた新たなプレイヤーが名を連ねるか。
    これも時代の流れか…

  3. [3] 名無しのイゼット団員 2018/10/08(月) 19:54:36 ID:cxODE1NDg

    クリーチャー8……
    除去単みたいなデッキ成立するんだなあ
    感服

  4. [4] 名無しのイゼット団員 2018/10/08(月) 20:17:24 ID:YxNjA5ODM

    誰もゴルガリやってないやん

  5. [5] 名無しのイゼット団員 2018/10/08(月) 20:19:30 ID:Q4NjYxOTI

    クロールの群れのおかげでクリーチャー減らしてもいけるんやね

  6. [6] 名無しのイゼット団員 2018/10/08(月) 20:55:02 ID:g3NDAyNzQ

    ゴルガリまじで弱いよね

  7. [7] 名無しのイゼット団員 2018/10/09(火) 07:46:58 ID:Y3OTY1NzY

    ゴルガリだけ唯一自分達の色でシナジー形成できんからなあいつら

  8. [8] 名無しのイゼット団員 2018/10/09(火) 09:25:34 ID:YyOTQ3MzE

    マナサポート弱い環境だと不人気色独り占めして強いデッキ作れたりするけどそれすらないからなぁ
    ゴルガリの強いカードは他のギルドがタッチで持っていって、トップ8にもいるような青黒t緑とか白緑t黒とかになってしまう

  9. [9] 名無しのイゼット団員 2018/10/09(火) 09:57:50 ID:M4NTI5NjQ

    M19で素晴らしい墓地肥やし手段を刷ってしまったので今回は見送られた説
    まぁメカニズムそのものに墓地肥やしを伴わせると発掘みたいに暴れかねないという懸念はあったのだろう
    諜報の方はそれそのものは墓地利用するメカニズムではないし、普通に使うとそんなにガッツリ肥やすわけではないので許されている感はある

  10. [10] 名無しのイゼット団員 2018/10/09(火) 10:04:32 ID:U3NDU3MTU

    Amazいるのかよワロタww

  11. [11] 名無しのイゼット団員 2018/10/09(火) 11:45:53 ID:IxNjExNDU

    クロールの群れ間違いなく強いんだけど生物捨てないといけないのがネック
    青黒強いんだけどボロスのブンに耐えれるかが分かれ目だから骨の障壁が結構刺さる

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。