GPロサンゼルス2018(スタンダード):優勝は赤黒アグロを使用したLogan Nettles選手に

8月18-19日、アメリカ合衆国カリフォルニア州にてスタンダードで行われたグランプリ・ロサンゼルス2018本戦(参加者:1,072名)。優勝は赤黒アグロを使用した電子世界の強豪・JaberwockiことLogan Nettles選手となりました。

※写真はマジック米公式サイトより

トップ8選手&使用デッキ

1st Place赤黒アグロ
プレイヤー:Logan Nettles
2nd Place青黒ミッドレンジ
プレイヤー:Ben Friedman
3rd Place白青ギフト
プレイヤー:Chris Ferber
4th Placeターボフォグ
プレイヤー:Eric Froehlich
5th Place白青コントロール(副陽)
プレイヤー:Alex Bertoncini
6th Place赤黒アグロ
プレイヤー:Larry Li
7th Place黒緑カウンター
プレイヤー:Steven Solis
8th Placeグリクシスミッドレンジ
プレイヤー:Mitchell Tamblyn

入賞者プロフィールはこちらから。

トップ8デッキリスト

1位:赤黒アグロ プレイヤー:Logan Nettles
デッキリスト
2:《霊気拠点/Aether Hub》
4:《泥濘の峡谷/Canyon Slough》
4:《竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit》
14:《山/Mountain》
1:《沼/Swamp》
25 lands

4:《ボーマットの急使/Bomat Courier》
2:《栄光をもたらすもの/Glorybringer》
4:《ゴブリンの鎖回し/Goblin Chainwhirler》
2:《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》
2:《航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴ/Kari Zev, Skyship Raider》
2:《ピア・ナラー/Pia Nalaar》
2:《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》
4:《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger》
2:《損魂魔道士/Soul-Scar Mage》
24 creatures

3:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
2:《木端+微塵/Cut+Ribbons》
2:《削剥/Abrade》
2:《無許可の分解/Unlicensed Disintegration》
2:《キランの真意号/Heart of Kiran》
11 other spells

1:《削剥/Abrade》
1:《沼/Swamp》
4:《強迫/Duress》
3:《チャンドラの敗北/Chandra’s Defeat》
3:《マグマのしぶき/Magma Spray》
1:《大災厄/Doomfall》
2:《嘲笑+負傷/Insult+Injury》
15 sideboard cards

2位:青黒ミッドレンジ プレイヤー:Ben Friedman
デッキリスト
4:《霊気拠点/Aether Hub》
4:《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》
4:《異臭の池/Fetid Pools》
3:《廃墟の地/Field of Ruin》
5:《島/Island》
6:《沼/Swamp》
26 lands

4:《機知の勇者/Champion of Wits》
4:《光袖会の収集者/Glint-Sleeve Siphoner》
2:《人質取り/Hostage Taker》
3:《スカラベの神/The Scarab God》
2:《奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk》
15 creatures

1:《死の権威、リリアナ/Liliana, Death’s Majesty》
3:《大災厄/Doomfall》
2:《検閲/Censor》
1:《暗記+記憶/Commit+Memory》
2:《本質の散乱/Essence Scatter》
4:《致命的な一押し/Fatal Push》
4:《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》
2:《アルゲールの断血/Arguel’s Blood Fast》
19 other spells

1:《大災厄/Doomfall》
2:《強迫/Duress》
1:《本質の摘出/Essence Extraction》
2:《冥府の報い/Infernal Reckoning》
2:《ジェイスの敗北/Jace’s Defeat》
1:《渇望の時/Moment of Craving》
1:《否認/Negate》
1:《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》
1:《呪文貫き/Spell Pierce》
1:《多面相の侍臣/Vizier of Many Faces》
2:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
15 sideboard cards

3位:白青ギフト プレイヤー:Chris Ferber
デッキリスト
2:《霊気拠点/Aether Hub》
1:《廃墟の地/Field of Ruin》
4:《氷河の城砦/Glacial Fortress》
2:《イプヌの細流/Ipnu Rivulet》
3:《灌漑農地/Irrigated Farmland》
6:《島/Island》
5:《平地/Plains》
23 lands

4:《発明の天使/Angel of Invention》
1:《賞罰の天使/Angel of Sanctions》
4:《機知の勇者/Champion of Wits》
4:《査問長官/Minister of Inquiries》
2:《陽光鞭の勇者/Sunscourge Champion》
15 creatures

4:《航路の作成/Chart a Course》
2:《燻蒸/Fumigate》
4:《復元/Refurbish》
4:《巧みな軍略/Strategic Planning》
4:《王神の贈り物/God-Pharaoh’s Gift》
2:《排斥/Cast Out》
1:《飛行機械による拘束/Thopter Arrest》
1:《アズカンタの探索/Search for Azcanta》
22 other spells

1:《賞罰の天使/Angel of Sanctions》
1:《飛行機械による拘束/Thopter Arrest》
2:《領事の権限/Authority of the Consuls》
1:《遵法長、バラル/Baral, Chief of Compliance》
1:《断片化/Fragmentize》
2:《ジェイスの敗北/Jace’s Defeat》
2:《黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer》
3:《否認/Negate》
1:《残骸の漂着/Settle the Wreckage》
1:《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》
15 sideboard cards

4位:ターボフォグ プレイヤー:Eric Froehlich
デッキリスト
1:《廃墟の地/Field of Ruin》
4:《森/Forest》
3:《氷河の城砦/Glacial Fortress》
4:《内陸の湾港/Hinterland Harbor》
4:《灌漑農地/Irrigated Farmland》
4:《島/Island》
4:《まばらな木立ち/Scattered Groves》
2:《陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove》
26 lands

0 creatures

1:《自然に仕える者、ニッサ/Nissa, Steward of Elements》
1:《ウルザの後継、カーン/Karn, Scion of Urza》
4:《ドミナリアの英雄、テフェリー/Teferi, Hero of Dominaria》
4:《航路の作成/Chart a Course》
1:《カーンの経時隔離/Karn’s Temporal Sundering》
2:《天才の片鱗/Glimmer of Genius》
4:《花粉のもや/Haze of Pollen》
4:《運命のきずな/Nexus of Fate》
3:《根の罠/Root Snare》
2:《残骸の漂着/Settle the Wreckage》
1:《至高の意志/Supreme Will》
4:《楽園の贈り物/Gift of Paradise》
3:《アズカンタの探索/Search for Azcanta》
34 other spells

3:《遵法長、バラル/Baral, Chief of Compliance》
1:《浄化の輝き/Cleansing Nova》
1:《造反者の解放/Dissenter’s Deliverance》
2:《ジェイスの敗北/Jace’s Defeat》
1:《黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer》
2:《刻み角/Manglehorn》
4:《否認/Negate》
1:《原初の潮流、ネザール/Nezahal, Primal Tide》
15 sideboard cards

5位:白青コントロール(副陽) プレイヤー:Alex Bertoncini
デッキリスト
2:《廃墟の地/Field of Ruin》
2:《イプヌの細流/Ipnu Rivulet》
2:《天才の記念像/Memorial to Genius》
4:《灌漑農地/Irrigated Farmland》
4:《氷河の城砦/Glacial Fortress》
5:《島/Island》
8:《平地/Plains》
27 lands

0 creatures

4:《ドミナリアの英雄、テフェリー/Teferi, Hero of Dominaria》
2:《副陽の接近/Approach of the Second Sun》
2:《燻蒸/Fumigate》
1:《否認/Negate》
2:《中略/Syncopate》
2:《本質の散乱/Essence Scatter》
2:《一瞬/Blink of an Eye》
3:《残骸の漂着/Settle the Wreckage》
2:《天才の片鱗/Glimmer of Genius》
4:《不許可/Disallow》
3:《排斥/Cast Out》
2:《アズカンタの探索/Search for Azcanta》
4:《封じ込め/Seal Away》
33 other spells

2:《否認/Negate》
1:《残骸の漂着/Settle the Wreckage》
3:《ベナリア史/History of Benalia》
1:《ギデオンの介入/Gideon’s Intervention》
2:《黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer》
1:《威厳あるカラカル/Regal Caracal》
1:《遵法長、バラル/Baral, Chief of Compliance》
3:《奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk》
1:《俗物の放棄/Forsake the Worldly》
15 sideboard cards

6位:赤黒アグロ プレイヤー:Larry Li
デッキリスト
2:《霊気拠点/Aether Hub》
4:《泥濘の峡谷/Canyon Slough》
4:《竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit》
14:《山/Mountain》
1:《沼/Swamp》
25 lands

4:《ボーマットの急使/Bomat Courier》
2:《栄光をもたらすもの/Glorybringer》
4:《ゴブリンの鎖回し/Goblin Chainwhirler》
1:《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》
2:《航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴ/Kari Zev, Skyship Raider》
2:《ピア・ナラー/Pia Nalaar》
4:《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》
4:《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger》
1:《損魂魔道士/Soul-Scar Mage》
24 creatures

2:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
2:《木端+微塵/Cut+Ribbons》
3:《削剥/Abrade》
2:《無許可の分解/Unlicensed Disintegration》
2:《キランの真意号/Heart of Kiran》
11 other spells

1:《栄光をもたらすもの/Glorybringer》
2:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
3:《チャンドラの敗北/Chandra’s Defeat》
4:《強迫/Duress》
1:《栄光の刻/Hour of Glory》
1:《嘲笑+負傷/Insult+Injury》
2:《マグマのしぶき/Magma Spray》
1:《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》
15 sideboard cards

7位:黒緑カウンター プレイヤー:Steven Solis
デッキリスト
4:《霊気拠点/Aether Hub》
4:《花盛りの湿地/Blooming Marsh》
8:《森/Forest》
4:《沼/Swamp》
4:《森林の墓地/Woodland Cemetery》
24 lands

4:《光袖会の収集者/Glint-Sleeve Siphoner》
4:《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》
3:《貪欲なチュパカブラ/Ravenous Chupacabra》
3:《ピーマの改革派、リシュカー/Rishkar, Peema Renegade》
2:《茨の副官/Thorn Lieutenant》
4:《打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon》
4:《新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulk》
4:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
4:《巻きつき蛇/Winding Constrictor》
32 creatures

3:《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》
1:《ビビアン・リード/Vivien Reid》
4 other spells

1:《ビビアン・リード/Vivien Reid》
1:《喪心/Cast Down》
4:《強迫/Duress》
3:《致命的な一押し/Fatal Push》
2:《造命師の動物記/Lifecrafter’s Bestiary》
1:《生命の力、ニッサ/Nissa, Vital Force》
2:《蔦草牝馬/Vine Mare》
1:《秘宝探究者、ヴラスカ/Vraska, Relic Seeker》
15 sideboard cards

8位:グリクシスミッドレンジ プレイヤー:Mitchell Tamblyn
デッキリスト
4:《竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit》
4:《泥濘の峡谷/Canyon Slough》
1:《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》
4:《異臭の池/Fetid Pools》
4:《硫黄の滝/Sulfur Falls》
2:《沼/Swamp》
2:《山/Mountain》
1:《島/Island》
1:《進化する未開地/Evolving Wilds》
3:《霊気拠点/Aether Hub》
1:《廃墟の地/Field of Ruin》
27 lands

3:《破滅の龍、ニコル・ボーラス/Nicol Bolas, the Ravager》
3:《スカラベの神/The Scarab God》
1:《奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk》
2:《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》
3:《光袖会の収集者/Glint-Sleeve Siphoner》
1:《呼び覚ます者イザレス/Isareth the Awakener》
1:《機知の勇者/Champion of Wits》
1:《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso》
15 creatures

2:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
2:《死の権威、リリアナ/Liliana, Death’s Majesty》
2:《大災厄/Doomfall》
1:《焼けつく双陽/Sweltering Suns》
1:《木端+微塵/Cut+Ribbons》
1:《至高の意志/Supreme Will》
4:《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》
3:《削剥/Abrade》
1:《致命的な一押し/Fatal Push》
1:《暗記+記憶/Commit+Memory》
1:《アルゲールの断血/Arguel’s Blood Fast》
19 other spells

1:《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》
1:《アルゲールの断血/Arguel’s Blood Fast》
1:《焼けつく双陽/Sweltering Suns》
2:《バントゥ最後の算段/Bontu’s Last Reckoning》
1:《失われた遺産/Lost Legacy》
2:《強迫/Duress》
2:《否認/Negate》
2:《ジェイスの敗北/Jace’s Defeat》
1:《冥府の報い/Infernal Reckoning》
2:《チャンドラの敗北/Chandra’s Defeat》
15 sideboard cards

上位デッキリスト

9-16位

環境統計:1-16位

アーキタイプ入賞数入賞率
赤黒アグロ637.5%
青黒ミッドレンジ212.5%
白青ギフト212.5%
ターボフォグ212.5%
(使用者1名以下)425.0%
合計16

動画配信(Twitch)

動画一覧はこちらから。

ソース

GRAND PRIX LOS ANGELES 2018 – マジック米公式サイト

39 コメント on GPロサンゼルス2018(スタンダード):優勝は赤黒アグロを使用したLogan Nettles選手に

  1. [1] 名無しのイゼット団員 2018/08/20(月) 19:42:41 ID:M2NTY1MjY

    はい赤黒

  2. [2] 名無しのイゼット団員 2018/08/20(月) 19:45:54 ID:M4NTUzMzI

    カラデシュスタン落ちはよ、

  3. [3] 名無しのイゼット団員 2018/08/20(月) 19:46:44 ID:M4NTM5MzA

    良い奴そう

  4. [4] 名無しのイゼット団員 2018/08/20(月) 19:57:12 ID:AwMDI2NDY

    緑単系が完全に終わったことはわかる

  5. [5] 名無しのイゼット団員 2018/08/20(月) 20:00:37 ID:M5ODQ2Mzc

    リード・デュークのいとこなんだよな

  6. [6] 名無しのイゼット団員 2018/08/20(月) 20:17:03 ID:QzMDQ0NDA

    まわるまわるよメタがまわる

  7. [7] 名無しのイゼット団員 2018/08/20(月) 20:25:33 ID:M4NTI1NDE

    赤黒アグロは直近3つのGPと1つのMOで支配率3割/1位をキープ
    これはこれは

  8. [8] 名無しのイゼット団員 2018/08/20(月) 20:27:17 ID:EzMjE1MjM

    あるじゃない緑黒!

  9. [9] 名無しのイゼット団員 2018/08/20(月) 21:00:16 ID:gwMDIyOTg

    さすがJaberwocki先生

  10. [10] 名無しのイゼット団員 2018/08/20(月) 21:02:03 ID:M4OTE0MjM

    緑単はほとんどのパーツが残るからラヴニカ来てからが本番やぞ!
    新しいデッキ相手に哀しみを背負うことになるかもしれんけど。

  11. [11] 名無しのイゼット団員 2018/08/20(月) 21:04:35 ID:E1NDE4MTU

    ラヴニカはおそらく多色やし単色系は今だけ感

  12. [12] 名無しのイゼット団員 2018/08/20(月) 21:07:56 ID:E1NTU1ODQ

    このコメント見飽きたと言われるけどあえて言うわ。

    はい鎖回し禁止ね。

  13. [13] 名無しのイゼット団員 2018/08/20(月) 21:15:37 ID:M4MDIxODc

    Jaberwockiやん

  14. [14] 名無しのイゼット団員 2018/08/20(月) 21:23:36 ID:M4NTUzMTU

    正直禁止の条件は鎖回しは十分満たしてるような
    特定の戦術を完全否定する:トークンの息の根を止めた。
    環境を支配する:上位連発、優勝も多数
    あと色拘束が強いから入るデッキは限られる点も。

  15. [15] 名無しのイゼット団員 2018/08/20(月) 21:26:55 ID:QxNDc3ODY

    対策されても勝てるデッキってやばいよね。

  16. [16] 名無しのイゼット団員 2018/08/20(月) 21:28:41 ID:Q4NTU2ODQ

    鎖回しは損魂魔導士とのコンビでアグロ全般に強いのがね
    相手クリーチャーのサイズを一方的にサイズダウンして3/3先制ボディは鬼畜

  17. [17] 名無しのイゼット団員 2018/08/20(月) 21:36:04 ID:EzMTk0MTQ

    5thのAlex Bertonciniはイカサマで有名なプレイヤーじゃないか

  18. [18] 名無しのイゼット団員 2018/08/20(月) 21:43:48 ID:QzMDY1Mzg

    やっぱり最強デッキがほぼ決まっちゃう環境ってのがなあ。次のラヴニカに期待したい。

  19. [19] 名無しのイゼット団員 2018/08/20(月) 21:50:49 ID:A3NzA2MTU

    フェロキドンくんがおいでおいでしてる

  20. [20] 名無しのイゼット団員 2018/08/20(月) 22:18:27 ID:M3NjExNTE

    トップ8に2人なのに禁止される必要あるか?
    次でハゾレトグロブリたかり屋その他落ちるしな

  21. [21] 名無しのイゼット団員 2018/08/20(月) 22:28:59 ID:M2NTIyNzE

    ローテーションで変わる言われてるが、多色環境な上に、マナ基盤の磐石さに定評があるラヴニカが加わるから二色デッキなら赤さえ入れば出張してくる地獄が予測できる。

  22. [22] 名無しのイゼット団員 2018/08/20(月) 22:59:19 ID:cyMzM3OTE

    白赤鎖回し、青赤鎖回し、黒赤鎖回し、緑赤鎖回し、赤単鎖回し…。どの鎖回しが最強なんだ?って環境になる可能性も微レ存…。

  23. [23] 名無しのイゼット団員 2018/08/20(月) 23:23:02 ID:M1NTc2ODI

    ※21
    新旧ラヴニカは2色環境にするために幽霊街が居たから、今度のラヴニカ3部作でも幽霊街が入る可能性は高い。
    二色地形を割られた場合に、トリシンの鎖回しを出すため山を持ってこれば、黒いカードが手札に腐る。
    テンポ命のアグロで手札が詰まるのは致命傷になるから、赤タッチ黒は駆逐されて、赤単か、ハッキリしたラクドス(トリシンの鎖回し抜き)かのいずれかへ寄せることになると予測する。

  24. [24] 名無しのイゼット団員 2018/08/20(月) 23:25:19 ID:M2NTIyNzE

    ※22
    ラヴニカの傾向から考えたらボロス鎖回しはウィニーで相性は良さそうだが、鎖回しが対面したら鎖回ししか生き延びない予感。
    イゼット鎖回しはコントロールとビートを混ぜるから扱いが大変そう。
    ラクドス鎖回しは多分今の状況に似た感じ
    グルール鎖回しは多分味方のタフネスの質も良いし、マナ加速に優良なのが出そう。更に元祖、回帰共にキーワードでの前のめりさが強いから今より地獄になるかも。
    まあ、どうあがいても地獄絵図だ。

  25. [25] 名無しのイゼット団員 2018/08/20(月) 23:27:28 ID:EwODk0MzA

    廃墟の地「・・・」

  26. [26] 名無しのイゼット団員 2018/08/20(月) 23:36:48 ID:EwMzMyOTE

    緑単って強かった時代一度でもあったのかね

  27. [27] 名無しのイゼット団員 2018/08/20(月) 23:37:06 ID:cyMzM3NjQ

    アグロ相手に幽霊街?

  28. [28] 名無しのイゼット団員 2018/08/20(月) 23:49:11 ID:QwOTkxMTk

    私達は鎖回しを禁止する代わりにフェロキドンを解禁することで鎖回しに代わる選択肢を増やすことにしました。
    暴れ回るフェロキドンは解禁となります。

  29. [29] 名無しのイゼット団員 2018/08/20(月) 23:51:43 ID:Q4NTU2ODQ

    現状の赤黒鎖回しの黒要素って無色のたかり屋とファクトシナジーありきの無許可の分解とサイドの脅迫が大部分を占めてるから黒にさほど依存してないでしょ

  30. [30] 名無しのイゼット団員 2018/08/20(月) 23:55:11 ID:EwODk0MzA

    ※26
    オッサンで悪いが、ウルザブロック時代の緑単ストンピィはかなり強かったぞ。
    あとテーロス~タルキール期の緑単信心も結構活躍してた気がする。

  31. [31] 名無しのイゼット団員 2018/08/21(火) 00:07:36 ID:IxMjE4MTE

    これイザレスでボーラス復活させた場合にPWにはなれるの?

  32. [32] 名無しのイゼット団員 2018/08/21(火) 00:17:38 ID:YyOTIwOTM

    米29
    そのどれもが重要な役割を果たしてるんですけどね

  33. [33] 名無しのイゼット団員 2018/08/21(火) 01:03:47 ID:Y5MjUyNjE

    9位に青緑おるやん
    青緑は緑黒に比べて何がいいんだ?ガルタすらヌケテるしコントロールメタ?

  34. [34] 名無しのイゼット団員 2018/08/21(火) 02:53:04 ID:Y1OTQzNzc

    イゼット鎖回しは青赤ウィザードでしょ
    ローテで損魂落ちるのは辛いが同時に多色地形と新規パーツ入るし普通に強そう

  35. [35] 名無しのイゼット団員 2018/08/21(火) 07:04:22 ID:U2NDk3MDc

    赤黒が1番強くて母数も多いから勝つのは分かった
    ただあまりにも安定しなくてその中で常に勝つ人になる事が全然できない。
    ベストデッキが不安定だから使いたいと思わないし今のスタンがつまらないなーと思ってしまう理由だなー

  36. [36] 名無しのイゼット団員 2018/08/21(火) 07:48:05 ID:c2OTY0NzE

    青黒サイドの冥府の報いはたかり屋専用っておもってていいんかな
    一応キランにも刺さるけどサイド後抜けるイメージなんだが

  37. [37] 名無しのイゼット団員 2018/08/21(火) 11:40:21 ID:U2NTE4MDI

    ※24
    鎖回しはトリシンだから。
    そこを忘れて、どの二色に入るか考えてもね。
    4ターン目以降に出てきて強いカードではないし、鎖回しはラヴニカ以降は単色デッキにしか入らなくなるだろう。

  38. [38] 名無しのイゼット団員 2018/08/21(火) 11:59:12 ID:gwNjE4NDY

    土地が4-5枚までストレートに伸びてそこでピタリと止まる赤黒は文句なく最強だけどドロー操作なしにそれをやらないといけないからなあ
    GPにたくさんの人が持ち込めば一部がバカ勝ちするのはわかるけど下振れも激しいデッキではある

  39. [39] 名無しのイゼット団員 2018/08/21(火) 12:49:13 ID:gwNjIyNzY

    緑黒は赤単に強い、赤黒は互角(尚リシュカー入りなら有利)
    が、ネクサスに絶望的に弱い(今回姿を消してる理由)

    緑青は赤単に有利、赤黒に微不利(速度が若干遅いうえに追放除去がない)
    カウンターがある分ネクサスへの対抗手段ある(今回再び姿を現した理由)

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。