GPサンパウロ2018(モダン):優勝はマルドゥパイロマンサーを使用したJose Echeverria選手

7月7-8日、ブラジルのサンパウロ州にてモダンフォーマットで行われたグランプリ・サンパウロ2018(参加者:1,470名)。優勝はマルドゥパイロマンサーを使用したJose Luis Echeverria Paredes選手となりました。

※写真はマジック米公式サイトより

トップ8選手&使用デッキ

1st Placeマルドゥパイロマンサー
プレイヤー:Jose Luis Echeverria Paredes
2nd Placeアブザントラヴァース
プレイヤー:Leonardo Giucci
3rd Placeアイアンワークス
プレイヤー:Sebastian Pozzo
4th Place緑単トロン
プレイヤー:Thiago Casassanta
5th Place親和
プレイヤー:Vinicius Karam
6th Placeアミュレットタイタン
プレイヤー:Daniel Caixeta
7th Place赤緑エルドラージ
プレイヤー:Breno Magalhães
8th Placeマルドゥパイロマンサー
プレイヤー:Fernando Gonzalez

入賞者プロフィールはこちらから。

トップ8デッキリスト

1位:マルドゥパイロマンサー プレイヤー:Jose Luis Echeverria Paredes
4:《黒割れの崖/Blackcleave Cliffs》
2:《血の墓所/Blood Crypt》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
4:《湿地の干潟/Marsh Flats》
2:《山/Mountain》
2:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
2:《沼/Swamp》
20 lands

4:《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
4:《騒乱の歓楽者/Bedlam Reveler》
8 creatures

1:《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
2:《集団的蛮行/Collective Brutality》
1:《戦慄掘り/Dreadbore》
4:《信仰無き物あさり/Faithless Looting》
4:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
4:《未練ある魂/Lingering Souls》
3:《思考囲い/Thoughtseize》
2:《致命的な一押し/Fatal Push》
3:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
1:《魔力変/Manamorphose》
1:《終止/Terminate》
2:《血染めの月/Blood Moon》
32 other spells

1:《集団的蛮行/Collective Brutality》
2:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
2:《ゴブリンの熟練扇動者/Goblin Rabblemaster》
2:《配分の領事、カンバール/Kambal, Consul of Allocation》
3:《溶鉄の雨/Molten Rain》
1:《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
2:《摩耗+損耗/Wear+Tear》
15 sideboard cards

2位:アブザントラヴァース プレイヤー:Leonardo Giucci
1:《平地/Plains》
1:《森/Forest》
1:《沼/Swamp》
2:《草むした墓/Overgrown Tomb》
1:《神無き祭殿/Godless Shrine》
1:《寺院の庭/Temple Garden》
1:《樹上の村/Treetop Village》
1:《幽霊街/Ghost Quarter》
4:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
2:《花盛りの湿地/Blooming Marsh》
2:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
2:《湿地の干潟/Marsh Flats》
19 lands

4:《残忍な剥ぎ取り/Grim Flayer》
4:《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
2:《包囲サイ/Siege Rhino》
1:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
11 creatures

3:《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
1:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
4:《未練ある魂/Lingering Souls》
3:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
3:《思考囲い/Thoughtseize》
3:《ウルヴェンワルド横断/Traverse the Ulvenwald》
1:《集団的蛮行/Collective Brutality》
3:《致命的な一押し/Fatal Push》
2:《突然の衰微/Abrupt Decay》
2:《流刑への道/Path to Exile》
1:《忌まわしい回収/Grisly Salvage》
4:《ミシュラのガラクタ/Mishra’s Bauble》
30 other spells

1:《最後のトロール、スラーン/Thrun, the Last Troll》
2:《滅び/Damnation》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
2:《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》
1:《戦争の報い、禍汰奇/Kataki, War’s Wage》
1:《ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg》
1:《弁論の幻霊/Eidolon of Rhetoric》
1:《叫び大口/Shriekmaw》
1:《再利用の賢者/Reclamation Sage》
1:《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
1:《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
14 sideboard cards

3位:アイアンワークス プレイヤー:Sebastian Pozzo
4:《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》
2:《霊気拠点/Aether Hub》
3:《埋没した廃墟/Buried Ruin》
2:《森/Forest》
4:《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
3:《発明博覧会/Inventors’ Fair》
18 lands

2:《マイアの回収者/Myr Retriever》
4:《屑鉄さらい/Scrap Trawler》
6 creatures

4:《古きものの活性/Ancient Stirrings》
3:《彩色の宝球/Chromatic Sphere》
4:《彩色の星/Chromatic Star》
3:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
4:《胆液の水源/Ichor Wellspring》
4:《クラーク族の鉄工所/Krark-Clan Ironworks》
4:《精神石/Mind Stone》
4:《オパールのモックス/Mox Opal》
2:《黄鉄の呪文爆弾/Pyrite Spellbomb》
4:《テラリオン/Terrarion》
36 other spells

4:《自然の要求/Nature’s Claim》
3:《耳障りな反応/Guttural Response》
1:《内にいる獣/Beast Within》
1:《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》
1:《ギラプールの霊気格子/Ghirapur AEther Grid》
2:《稲妻/Lightning Bolt》
1:《感電破/Galvanic Blast》
1:《紅蓮地獄/Pyroclasm》
1:《防御の光網/Defense Grid》
15 sideboard cards

4位:緑単トロン プレイヤー:Thiago Casassanta
4:《ウルザの塔/Urza’s Tower》
4:《ウルザの魔力炉/Urza’s Power Plant》
4:《ウルザの鉱山/Urza’s Mine》
1:《幽霊街/Ghost Quarter》
1:《廃墟の地/Field of Ruin》
2:《ウギンの聖域/Sanctum of Ugin》
3:《森/Forest》
19 lands

1:《世界を壊すもの/World Breaker》
3:《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》
2:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
2:《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》
8 creatures

2:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
4:《解放された者、カーン/Karn Liberated》
4:《古きものの活性/Ancient Stirrings》
4:《森の占術/Sylvan Scrying》
1:《四肢切断/Dismember》
4:《忘却石/Oblivion Stone》
2:《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
4:《彩色の宝球/Chromatic Sphere》
4:《彩色の星/Chromatic Star》
4:《探検の地図/Expedition Map》
33 other spells

1:《全ては塵/All Is Dust》
1:《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
3:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
3:《自然の要求/Nature’s Claim》
3:《スラーグ牙/Thragtusk》
2:《次元の歪曲/Spatial Contortion》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
15 sideboard cards

5位:親和 プレイヤー:Vinicius Karam
4:《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》
4:《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》
1:《空僻地/Glimmervoid》
4:《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》
1:《島/Island》
3:《産業の塔/Spire of Industry》
17 lands

4:《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》
4:《エーテリウムの達人/Master of Etherium》
3:《メムナイト/Memnite》
4:《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》
4:《信号の邪魔者/Signal Pest》
4:《鋼の監視者/Steel Overseer》
4:《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》
27 creatures

2:《感電破/Galvanic Blast》
4:《頭蓋囲い/Cranial Plating》
4:《オパールのモックス/Mox Opal》
4:《バネ葉の太鼓/Springleaf Drum》
2:《ウルザの後継、カーン/Karn, Scion of Urza》
16 other spells

2:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
2:《減衰球/Damping Sphere》
3:《刻まれた勇者/Etched Champion》
2:《ギラプールの霊気格子/Ghirapur AEther Grid》
1:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
2:《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1:《溶接の壺/Welding Jar》
2:《鞭打ち炎/Whipflare》
15 sideboard cards

6位:アミュレットタイタン プレイヤー:Daniel Caixeta
4:《シミックの成長室/Simic Growth Chamber》
3:《グルールの芝地/Gruul Turf》
1:《セレズニアの聖域/Selesnya Sanctuary》
1:《ボロスの駐屯地/Boros Garrison》
1:《ヴェズーヴァ/Vesuva》
1:《カルニの庭/Khalni Garden》
1:《幽霊街/Ghost Quarter》
1:《光輝の泉/Radiant Fountain》
1:《処刑者の要塞/Slayers’ Stronghold》
1:《軍の要塞、サンホーム/Sunhome, Fortress of the Legion》
3:《トレイリア西部/Tolaria West》
3:《宝石鉱山/Gemstone Mine》
2:《魂の洞窟/Cavern of Souls》
1:《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
2:《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
2:《森/Forest》
28 lands

4:《原始のタイタン/Primeval Titan》
4:《迷える探求者、梓/Azusa, Lost but Seeking》
4:《桜族の斥候/Sakura-Tribe Scout》
1:《再利用の賢者/Reclamation Sage》
1:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
14 creatures

4:《探検/Explore》
4:《古きものの活性/Ancient Stirrings》
4:《召喚士の契約/Summoner’s Pact》
1:《否定の契約/Pact of Negation》
4:《精力の護符/Amulet of Vigor》
1:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
18 other spells

1:《否定の契約/Pact of Negation》
1:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1:《幽霊街/Ghost Quarter》
3:《削剥/Abrade》
3:《自然の要求/Nature’s Claim》
2:《炎渦竜巻/Firespout》
1:《殴打頭蓋/Batterskull》
1:《女王スズメバチ/Hornet Queen》
1:《自由なる者ルーリク・サー/Ruric Thar, the Unbowed》
1:《トーモッドの墓所/Tormod’s Crypt》
15 sideboard cards

7位:赤緑エルドラージ プレイヤー:Breno Magalhães
3:《魂の洞窟/Cavern of Souls》
4:《エルドラージの寺院/Eldrazi Temple》
2:《森/Forest》
4:《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
4:《カープルーザンの森/Karplusan Forest》
1:《ケッシグの狼の地/Kessig Wolf Run》
1:《山/Mountain》
1:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
2:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
22 lands

3:《ボリアルのドルイド/Boreal Druid》
4:《貴族の教主/Noble Hierarch》
4:《エルドラージの寸借者/Eldrazi Obligator》
4:《作り変えるもの/Matter Reshaper》
4:《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》
1:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
4:《難題の予見者/Thought-Knot Seer》
4:《現実を砕くもの/Reality Smasher》
28 creatures

4:《古きものの活性/Ancient Stirrings》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
2:《四肢切断/Dismember》
10 other spells

2:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1:《炎の斬りつけ/Flame Slash》
2:《自然のままに/Natural State》
2:《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
2:《削剥/Abrade》
2:《減衰球/Damping Sphere》
2:《歪める嘆き/Warping Wail》
1:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
1:《真髄の針/Pithing Needle》
15 sideboard cards

8位:マルドゥパイロマンサー プレイヤー:Fernando Gonzalez
4:《湿地の干潟/Marsh Flats》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
4:《黒割れの崖/Blackcleave Cliffs》
2:《血の墓所/Blood Crypt》
2:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
2:《山/Mountain》
2:《沼/Swamp》
20 lands

4:《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
4:《騒乱の歓楽者/Bedlam Reveler》
8 creatures

2:《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
4:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
3:《思考囲い/Thoughtseize》
4:《信仰無き物あさり/Faithless Looting》
2:《集団的蛮行/Collective Brutality》
2:《戦慄掘り/Dreadbore》
4:《未練ある魂/Lingering Souls》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
2:《致命的な一押し/Fatal Push》
3:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
2:《血染めの月/Blood Moon》
32 other spells

1:《集団的蛮行/Collective Brutality》
3:《配分の領事、カンバール/Kambal, Consul of Allocation》
3:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《罠の橋/Ensnaring Bridge》
2:《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》
2:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
2:《摩耗+損耗/Wear+Tear》
15 sideboard cards

環境統計:1-16位

アーキタイプ入賞数入賞率
タイタンシフト318.8%
マルドゥパイロマンサー212.5%
バーン212.5%
(使用者1名以下)956.3%
合計16

上位デッキリスト

9-16位

動画配信(Twitch)

動画一覧はこちらから。

ソース

GRAND PRIX SÃO PAULO 2018 – マジック米公式サイト

7 コメント on GPサンパウロ2018(モダン):優勝はマルドゥパイロマンサーを使用したJose Echeverria選手

  1. [101] 名無しのイゼット団員 2018/07/11(水) 13:23:25 ID:E4NzI3MTU

    まぁ本来ジェイスだって解禁する必要なかったけど解禁したし
    最近のウィザーズなら解禁してダメそうなら再度収監する位やりかねない

  2. [102] 名無しのイゼット団員 2018/07/11(水) 13:29:54 ID:U5MTc4MjE

    解禁して、環境荒らして、また禁止なんて流れは一番叩かれ放題なパターンやん
    そんなんするのも期待するのもアホ

  3. [103] 名無しのイゼット団員 2018/07/11(水) 13:30:40 ID:Q4OTYyNzI

    ※99
    今は無理でも今後もカードプールは広がり続けて、環境も変わっていくからね。
    これまでの解禁理由のように前はダメだったけど今の環境なら大丈夫ということも今後当然あるわけで。

    制定当初の禁止ははたしかにもう永久追放っぽいものが多いけど、個人的に十手は永久追放ではないだろうと思ってるよ。

  4. [104] 名無しのイゼット団員 2018/07/11(水) 13:58:49 ID:Y5MzkzMjY

    ※102
    イニ影で超強化されたせいで再禁止になった墓トロールすら叩かれたのに変なコンボパーツ解禁なんてもうあり得ないよね
    ※103
    十手が解禁されるってたぶんそれモダンにコンボとコントロール以外死滅したときだと思うよ
    生物デッキが先置き十手ゲーになるからね
    そんな時代が来るならきっと解禁されるだろうな、今後ウィザーズがスペル偏重環境にシフトするなんてあり得ないけど

  5. [105] 名無しのイゼット団員 2018/07/12(木) 00:02:36 ID:A1MjI1MTA

    もういっそ殻を解禁しようぜ☆(叶わぬ夢)

  6. [106] 名無しのイゼット団員 2018/07/12(木) 23:50:23 ID:I3NjQ3ODg

    新しいセットが出るたびに凶悪になっていくカードがなんだって?(前のめり)

  7. [107] 名無しのイゼット団員 2018/07/13(金) 13:48:51 ID:UyODM0Mzc

    モダンも壊れカード多いなぁ
    最近MTGまとめしか見なくなってしまった 笑
    モダンプールでパウパーみたいの公式から出ないかな

1 2 3

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。