SCGオープン(3人チーム構築戦):優勝は白青コントロール、人間、白赤デスタク使用チームに

4月28-29日、アメリカ合衆国ジョージア州アトランタにて3人チーム構築戦で行われたStarCityGames.com主催のオープンシリーズ。優勝はRudy Briksza選手・Brian Basoco選手・Jonathan Job選手チームとなりました。

オープンシリーズ (3人チーム構築)

1st Place白青コントロール – 人間 – 白赤デス&タックス
Rudy Briksza – Brian Basoco – Jonathan Job
2nd Place黒赤アグロ – バントスピリット – ターボデプス
Kwame Gunn – Kat Light – Will Pulliam
3rd Placeスゥルタイカウンター – 人間 – 赤単プリズン
Luke Browning – Kyle Palmer – Justin Gebing
4th Place黒赤アグロ – 親和 – グリクシスデルバー
Dan Jessup – Andrew Jessup – Brad Carpenter
5th Place黒赤アグロ – ストーム – ストーム
Julian John – Paul Muller – Caleb Scherer
6th Place赤単アグロ – 人間 – 無色エルドラージ
John Phillip – Jessy Hefner – Travis Gibson
7th Place白青コントロール – 親和 – グリクシスデルバー
Austin Collins – Benjamin Ragan – Rio Trevathan
8th Place赤単アグロ – 人間 – グリクシスデルバー
Phil Smith  – Todd Anderson – Will Cruse
備考スタンダード – モダン – レガシーの順に表記。
参加者数879名(293チーム)
デッキリスト1-28位
メタゲーム初日突破者分析
Twitch配信1日目/2日目
[1位チーム] スタンダード:白青コントロール プレイヤー:Rudy Briksza
6:《島/Island》
7:《平地/Plains》
4:《廃墟の地/Field of Ruin》
4:《氷河の城砦/Glacial Fortress》
1:《イプヌの細流/Ipnu Rivulet》
4:《灌漑農地/Irrigated Farmland》
26 lands

4:《奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk》
4 creatures

3:《ドミナリアの英雄、テフェリー/Teferi, Hero of Dominaria》
2:《排斥/Cast Out》
3:《封じ込め/Seal Away》
2:《一瞬/Blink of an Eye》
2:《暗記+記憶/Commit+Memory》
4:《不許可/Disallow》
3:《本質の散乱/Essence Scatter》
4:《天才の片鱗/Glimmer of Genius》
1:《否認/Negate》
4:《残骸の漂着/Settle the Wreckage》
1:《アズカンタの探索/Search for Azcanta》
2:《燻蒸/Fumigate》
31 other spells

1:《排斥/Cast Out》
1:《イクサランの束縛/Ixalan’s Binding》
1:《封じ込め/Seal Away》
3:《俗物の放棄/Forsake the Worldly》
1:《ジェイスの敗北/Jace’s Defeat》
3:《否認/Negate》
3:《黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer》
2:《ウルザの後継、カーン/Karn, Scion of Urza》
15 sideboard cards

[1位チーム] モダン:人間 プレイヤー:Brian Basoco
1:《平地/Plains》
4:《古代の聖塔/Ancient Ziggurat》
4:《魂の洞窟/Cavern of Souls》
4:《地平線の梢/Horizon Canopy》
2:《金属海の沿岸/Seachrome Coast》
4:《手付かずの領土/Unclaimed Territory》
19 lands

4:《教区の勇者/Champion of the Parish》
1:《ケッシグの不満分子/Kessig Malcontents》
4:《帆凧の掠め盗り/Kitesail Freebooter》
4:《カマキリの乗り手/Mantis Rider》
4:《翻弄する魔道士/Meddling Mage》
4:《貴族の教主/Noble Hierarch》
4:《幻影の像/Phantasmal Image》
4:《反射魔道士/Reflector Mage》
1:《修復の天使/Restoration Angel》
4:《サリアの副官/Thalia’s Lieutenant》
3:《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
37 creatures

4:《霊気の薬瓶/AEther Vial》
4 other spells

2:《減衰球/Damping Sphere》
2:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
2:《オーリオックのチャンピオン/Auriok Champion》
2:《人質取り/Hostage Taker》
1:《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》
1:《再利用の賢者/Reclamation Sage》
1:《無私の霊魂/Selfless Spirit》
1:《罪の収集者/Sin Collector》
1:《ザスリッドの屍術師/Xathrid Necromancer》
1:《四肢切断/Dismember》
1:《戦争の報い、禍汰奇/Kataki, War’s Wage》
15 sideboard cards

[1位チーム] レガシー:白赤デス&タックス プレイヤー:Jonathan Job
3:《平地/Plains》
3:《魂の洞窟/Cavern of Souls》
2:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3:《Plateau》
4:《リシャーダの港/Rishadan Port》
4:《不毛の大地/Wasteland》
2:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
3:《カラカス/Karakas》
24 lands

2:《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
2:《凶兆艦隊の向こう見ず/Dire Fleet Daredevil》
3:《ちらつき鬼火/Flickerwisp》
2:《月の大魔術師/Magus of the Moon》
4:《ルーンの母/Mother of Runes》
2:《護衛募集員/Recruiter of the Guard》
4:《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic》
1:《ヴリンの翼馬/Vryn Wingmare》
1:《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》
4:《スレイベンの守護者、サリア/Thalia, Guardian of Thraben》
25 creatures

4:《霊気の薬瓶/AEther Vial》
1:《殴打頭蓋/Batterskull》
1:《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》
4:《剣を鍬に/Swords to Plowshares》
1:《梅澤の十手/Umezawa’s Jitte》
11 other spells

2:《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》
1:《封じ込める僧侶/Containment Priest》
1:《レオニンの遺物囲い/Leonin Relic-Warder》
1:《護衛募集員/Recruiter of the Guard》
2:《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2:《精神壊しの罠/Mindbreak Trap》
3:《流刑への道/Path to Exile》
1:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
2:《議会の採決/Council’s Judgment》
15 sideboard cards

クラシック(スタンダード)

1st Place黒緑カウンター
プレイヤー:Charles Porges
2nd Place白青ミッドレンジ
プレイヤー:William Heise
3rd Place白青コントロール(副陽)
プレイヤー:Rajarshi Kolaventy
4th Place白青コントロール
プレイヤー:John Farrow
5th Place白青コントロール
プレイヤー:Brennan DeCandio
6th Place赤単アグロ
プレイヤー:Joseph Anderson
7th Place赤単ギフト
プレイヤー:Robert Vaughan
8th Placeバントコントロール(副陽)
プレイヤー:Aaron Larsen
参加人数154名
デッキリスト1-16位

クラシック(モダン)

1st Placeカウンターカンパニー
プレイヤー:Kendall Burdette
2nd Place黒赤ホロウ
プレイヤー:Jake Durshimer
3rd Placeグリクシスシャドウ
プレイヤー:Camron Neighbours
4th Placeカウンターカンパニー
プレイヤー:Daniel Hamblen
5th Placeブルームーン(裂け目の突破)
プレイヤー:DaeHan Hardesty
6th Place白緑呪禁
プレイヤー:Brian Lee
7th Placeジャンド
プレイヤー:Miles Phillips
8th Placeサヒーリコンボ
プレイヤー:Jay Lansdaal
参加人数248名
デッキリスト1-16位

クラシック(レガシー)

1st Place奇跡
プレイヤー:Dakotah Cotton
2nd Placeスニーク・ショー
プレイヤー:Jeff Johnson
3rd Placeグリクシスデルバー
プレイヤー:Jeremy Hsu
4th Place奇跡
プレイヤー:Thomas Berkemeier
5th Placeマーヴェリック(罰する火)
プレイヤー:Christopher Minor
6th Placeデス&タックス
プレイヤー:Clint Neal
7th Placeマーヴェリック
プレイヤー:Jeff Hunter
8th Placeグリクシスデルバー
プレイヤー:John Holland
参加人数128名
デッキリスト1-16位

15 コメント on SCGオープン(3人チーム構築戦):優勝は白青コントロール、人間、白赤デスタク使用チームに

  1. [101] 名無しのイゼット団員 2018/05/02(水) 12:30:21 ID:A3MTI3Mjg

    ドミが出る前、此処の連中やツイやつべ、ニコニコの奴等が盤面に触れないから弱い!って思考停止して考えていたけど
    無色でどんなデッキにも入るポテンシャルを軽視してたのが今の結果なんだろうね
    冷静に考えれば無色になるだけでドビンですら強カードになれるし

  2. [102] 名無しのイゼット団員 2018/05/02(水) 12:52:10 ID:Q3NjU3NDc

    ・無色なのでどんなデッキにも入りうるし、本来ドローが強くない色でもドローできる
    ・無駄牌2枚ならライブラリー掘り進められたことになるし、有効牌2枚なら手札に即有効牌入る。1枚ずつだとそのターンは無駄牌だけになるけど次のターンで回収できる
    ・構築物トークンも、純粋なアーティファクト以外でも機体や飛行機械トークン・たかり屋・ボーマット・バリスタ等でサイズが上がるので構築次第では思いのほかサイズがでかくなる(赤黒とか)
    そりゃ使われるわな。極端なアグロ以外なら何でも採用余地あるでしょ

  3. [103] 名無しのイゼット団員 2018/05/02(水) 12:56:40 ID:IzNjA2Mzc

    scg見たけどモダンでは青はジェイスだし白はギデオンだしジャンドはチアミンだから使われないことはないけどカーン使うデッキそんなに増えない気がするわ

  4. [104] 名無しのイゼット団員 2018/05/02(水) 13:05:11 ID:Q5NzY3MjA

    ※103
    使われるのはテゼレッターか親和かランタンくらいかなあ
    スタンで使うつもりはないから今の値段はお祭り価格だろうししばらくはスルーかな

  5. [105] 名無しのイゼット団員 2018/05/02(水) 13:37:30 ID:Q0NjU5MjQ

    ※103
    それな
    スタンなら強いけど、その辺の4マナ域のカードを押しのけるのは流石に不可能
    下環境じゃマナベースも強いから無色の意味も薄いし

  6. [106] 名無しのイゼット団員 2018/05/02(水) 15:08:20 ID:I5MDI4NjA

    カーンの+で強いのは土地土地めくれた時だわ
    2ターンのムダヅモを回避してるだけで強い

  7. [107] 名無しのイゼット団員 2018/05/02(水) 19:41:54 ID:IxMjkyODU

    ※61
    プロの意見としては十分理解できるが、大多数はカジュアル寄りのプレイヤーであることを思えば残当

  8. [108] 名無しのイゼット団員 2018/05/02(水) 19:55:19 ID:Q0NDI1NjM

    いい加減、スタンは本気で競技やったらお金がかかるもんなんだって理解してね

  9. [109] 名無しのイゼット団員 2018/05/02(水) 20:12:20 ID:g3NTkzNTA

    カーンが入らないデッキにはハゾレトやチャンドラやテフェリーあたりがゴロゴロいるから行った先でお金かかるのは変わらない。
    自分がどのデッキ使いたいかが全てじゃぞ?

  10. [110] 名無しのイゼット団員 2018/05/02(水) 20:58:41 ID:Q3MTIwNTQ

    カーン高いの嫌ならドアグロ組めばいいかと。ウィザードとかパーツが全体的に安いからお勧め

  11. [111] 名無しのイゼット団員 2018/05/02(水) 21:05:33 ID:Q1MzY5NjQ

    人間の修復の天使は同型含めたアグロ対決で強そ~、ホロウワンが少ないのはチームだからかな?
    この環境ならジャンドとかジェスカイとかグリコンとか強そうだけど2日目3人しかいないんだね
    初日のデッキ分布が気になる

  12. [112] 名無しのイゼット団員 2018/05/03(木) 06:37:07 ID:Q5OTc1NDY

    カーンって初期忠誠度の高さが強さそのものな部分があるよなあ
    硬いから戦場に長く残りやすい、硬いから相手に無駄なアクションをさせやすい、突破されても戦場にいたターンの分だけアドバンテージを稼げてる(これはPW全般に当てはまることだけど)って具合でそういう部分で強いカードの要件満たしてるとは思う
    カーンの能力自体は平凡で見るからに強力とは特段思わなかったけどスタンでの4マナPWが反チャン以外に選択肢がない以上はそりゃ高騰するよねって…
    でも、モダン以下ので需要は小さいと感じるしスタンでの活躍止まりで終えそうな気もするけどなあ

  13. [113] 名無しのイゼット団員 2018/05/03(木) 08:17:13 ID:MwNjk0OTA

    まぁそれでも4マナ域で競合するアド源がない色なら使われるかもってのは分からないでもない
    トロンとかでも常に入る1枚ではないだろうけど、新カーン出すことで有利になる局面もあるとは思うし、1、2枚くらいなら持っておいても完全に無駄にはならないんじゃない?

  14. [114] 名無しのイゼット団員 2018/05/04(金) 12:31:48 ID:M4MTQ4NDY

    ライラくじとか仰ってるここの人達はよくわからないことを言うのであてになりませんな

  15. [115] 名無しのイゼット団員 2018/05/04(金) 19:47:27 ID:Q5NTM4OTk

    ライラくじとか言っちゃってるのは一人だけだからセーフ

1 2 3

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。