GPシアトル2018(スタンダード):優勝は赤単アグロデッキを使用したGan Yan選手に

4月7-8日、アメリカ合衆国ワシントン州にてスタンダードフォーマットで行われたグランプリ・シアトル2018(参加人数:1,509名)。優勝は赤単アグロを使用したGan Yan選手となりました。

※写真はマジック米公式サイトより
※ダブル・グランプリのためレガシーの2日目とスタンダードの1日目が同時に進行

トップ8選手&使用デッキ

1st Place赤単アグロ
プレイヤー:Gan Yan
2nd Place青赤ギフト
プレイヤー:Grayson Roberts
3rd Place青赤ギフト
プレイヤー:Jeremy Frye
4th Place黒赤アグロ
プレイヤー:Gerry Thompson
5th Place青赤ギフト
プレイヤー:Charles Wong
6th Placeスゥルタイカウンター
プレイヤー:Slater Claudel
7th Place黒赤アグロ
プレイヤー:Matthew Dimaggio
8th Placeマルドゥ機体
プレイヤー:Andrew Shain

入賞者プロフィールはこちらから。

トップ8デッキリスト

1位:赤単アグロ プレイヤー:Gan Yan
3:《絡みつく砂丘/Grasping Dunes》
18:《山/Mountain》
3:《屍肉あさりの地/Scavenger Grounds》
24 lands

4:《アン一門の壊し屋/Ahn-Crop Crasher》
4:《ボーマットの急使/Bomat Courier》
4:《地揺すりのケンラ/Earthshaker Khenra》
4:《狂信的扇動者/Fanatical Firebrand》
4:《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》
2:《航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴ/Kari Zev, Skyship Raider》
1:《ピア・ナラー/Pia Nalaar》
4:《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》
27 creatures

2:《削剥/Abrade》
4:《稲妻の一撃/Lightning Strike》
3:《ショック/Shock》
9 other spells

1:《ピア・ナラー/Pia Nalaar》
2:《削剥/Abrade》
2:《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester》
2:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
2:《凶兆艦隊の向こう見ず/Dire Fleet Daredevil》
2:《栄光をもたらすもの/Glorybringer》
1:《カーリ・ゼヴの巧技/Kari Zev’s Expertise》
1:《街の鍵/Key to the City》
2:《マグマのしぶき/Magma Spray》
15 sideboard cards

2位:青赤ギフト プレイヤー:Grayson Roberts
4:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
4:《イプヌの細流/Ipnu Rivulet》
4:《霊気拠点/Aether Hub》
3:《島/Island》
5:《山/Mountain》
2:《廃墟の地/Field of Ruin》
22 lands

4:《ボーマットの急使/Bomat Courier》
4:《査問長官/Minister of Inquiries》
4:《狂信的扇動者/Fanatical Firebrand》
4:《戦凧の匪賊/Warkite Marauder》
4:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
4:《機知の勇者/Champion of Wits》
4:《戦闘の祝賀者/Combat Celebrant》
2:《戦利品の魔道士/Trophy Mage》
2:《多面相の侍臣/Vizier of Many Faces》
32 creatures

4:《来世への門/Gate to the Afterlife》
2:《王神の贈り物/God-Pharaoh’s Gift》
6 other spells

3:《削剥/Abrade》
3:《沈黙の墓石/Silent Gravestone》
2:《発明の領事、パディーム/Padeem, Consul of Innovation》
2:《呪文貫き/Spell Pierce》
2:《焼けつく双陽/Sweltering Suns》
2:《否認/Negate》
1:《ジェイスの敗北/Jace’s Defeat》
15 sideboard cards

3位:青赤ギフト プレイヤー:Jeremy Frye
4:《霊気拠点/Aether Hub》
4:《イプヌの細流/Ipnu Rivulet》
5:《島/Island》
5:《山/Mountain》
4:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
22 lands

4:《ボーマットの急使/Bomat Courier》
4:《機知の勇者/Champion of Wits》
4:《戦闘の祝賀者/Combat Celebrant》
4:《狂信的扇動者/Fanatical Firebrand》
4:《査問長官/Minister of Inquiries》
2:《戦利品の魔道士/Trophy Mage》
2:《多面相の侍臣/Vizier of Many Faces》
4:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
4:《戦凧の匪賊/Warkite Marauder》
32 creatures

4:《来世への門/Gate to the Afterlife》
2:《王神の贈り物/God-Pharaoh’s Gift》
6 other spells

3:《削剥/Abrade》
2:《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester》
2:《ジェイスの敗北/Jace’s Defeat》
2:《発明の領事、パディーム/Padeem, Consul of Innovation》
2:《沈黙の墓石/Silent Gravestone》
2:《呪文貫き/Spell Pierce》
2:《焼けつく双陽/Sweltering Suns》
15 sideboard cards

4位:黒赤アグロ プレイヤー:Gerry Thompson
2:《泥濘の峡谷/Canyon Slough》
4:《竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit》
1:《イフニルの死界/Ifnir Deadlands》
9:《山/Mountain》
1:《屍肉あさりの地/Scavenger Grounds》
4:《産業の塔/Spire of Industry》
3:《沼/Swamp》
24 lands

4:《ボーマットの急使/Bomat Courier》
1:《栄光をもたらすもの/Glorybringer》
2:《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》
4:《発明者の見習い/Inventor’s Apprentice》
3:《ピア・ナラー/Pia Nalaar》
1:《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》
4:《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger》
4:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
23 creatures

3:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
4:《削剥/Abrade》
3:《無許可の分解/Unlicensed Disintegration》
3:《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester》
13 other spells

1:《栄光をもたらすもの/Glorybringer》
1:《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》
1:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
1:《泥濘の峡谷/Canyon Slough》
2:《アルゲールの断血/Arguel’s Blood Fast》
4:《大災厄/Doomfall》
2:《致命的な一押し/Fatal Push》
3:《焼けつく双陽/Sweltering Suns》
15 sideboard cards

5位:青赤ギフト プレイヤー:Charles Wong
4:《霊気拠点/Aether Hub》
2:《廃墟の地/Field of Ruin》
4:《イプヌの細流/Ipnu Rivulet》
2:《島/Island》
6:《山/Mountain》
4:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
22 lands

4:《ボーマットの急使/Bomat Courier》
4:《機知の勇者/Champion of Wits》
4:《戦闘の祝賀者/Combat Celebrant》
4:《狂信的扇動者/Fanatical Firebrand》
4:《査問長官/Minister of Inquiries》
2:《戦利品の魔道士/Trophy Mage》
2:《多面相の侍臣/Vizier of Many Faces》
4:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
4:《戦凧の匪賊/Warkite Marauder》
32 creatures

4:《来世への門/Gate to the Afterlife》
2:《王神の贈り物/God-Pharaoh’s Gift》
6 other spells

3:《削剥/Abrade》
2:《栄光をもたらすもの/Glorybringer》
2:《ジェイスの敗北/Jace’s Defeat》
3:《沈黙の墓石/Silent Gravestone》
3:《呪文貫き/Spell Pierce》
2:《焼けつく双陽/Sweltering Suns》
15 sideboard cards

6位:スゥルタイカウンター プレイヤー:Slater Claudel
4:《霊気拠点/Aether Hub》
4:《花盛りの湿地/Blooming Marsh》
4:《植物の聖域/Botanical Sanctum》
3:《異臭の池/Fetid Pools》
3:《森/Forest》
2:《穢れた果樹園/Foul Orchard》
2:《ハシェプのオアシス/Hashep Oasis》
1:《イフニルの死界/Ifnir Deadlands》
1:《沼/Swamp》
24 lands

4:《逆毛ハイドラ/Bristling Hydra》
4:《光袖会の収集者/Glint-Sleeve Siphoner》
3:《ピーマの改革派、リシュカー/Rishkar, Peema Renegade》
4:《導路の召使い/Servant of the Conduit》
3:《新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulk》
4:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
4:《巻きつき蛇/Winding Constrictor》
26 creatures

2:《顕在的防御/Blossoming Defense》
2:《致命的な一押し/Fatal Push》
3:《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》
3:《ハダーナの登臨/Hadana’s Climb》
10 other spells

2:《致命的な一押し/Fatal Push》
1:《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》
1:《アルゲールの断血/Arguel’s Blood Fast》
2:《野望のカルトーシュ/Cartouche of Ambition》
3:《強迫/Duress》
2:《本質の散乱/Essence Scatter》
1:《否認/Negate》
3:《打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon》
15 sideboard cards

7位:黒赤アグロ プレイヤー:Matthew Dimaggio
2:《霊気拠点/Aether Hub》
1:《泥濘の峡谷/Canyon Slough》
4:《竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit》
2:《イフニルの死界/Ifnir Deadlands》
12:《山/Mountain》
3:《沼/Swamp》
24 lands

4:《ボーマットの急使/Bomat Courier》
4:《地揺すりのケンラ/Earthshaker Khenra》
4:《狂信的扇動者/Fanatical Firebrand》
3:《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》
3:《ピア・ナラー/Pia Nalaar》
3:《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》
4:《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger》
25 creatures

1:《大災厄/Doomfall》
4:《削剥/Abrade》
2:《マグマのしぶき/Magma Spray》
2:《無許可の分解/Unlicensed Disintegration》
2:《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester》
11 other spells

2:《大災厄/Doomfall》
1:《炎鎖のアングラス/Angrath, the Flame-Chained》
2:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
1:《焦熱の連続砲撃/Fiery Cannonade》
2:《栄光をもたらすもの/Glorybringer》
2:《無情な略奪/Heartless Pillage》
1:《栄光の刻/Hour of Glory》
1:《スカラベの饗宴/Scarab Feast》
1:《屍肉あさりの地/Scavenger Grounds》
2:《焼けつく双陽/Sweltering Suns》
15 sideboard cards

8位:マルドゥ機体 プレイヤー:Andrew Shain
3:《泥濘の峡谷/Canyon Slough》
4:《秘密の中庭/Concealed Courtyard》
3:《竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit》
4:《感動的な眺望所/Inspiring Vantage》
3:《山/Mountain》
2:《平地/Plains》
4:《産業の塔/Spire of Industry》
1:《沼/Swamp》
24 lands

4:《ボーマットの急使/Bomat Courier》
3:《熱烈の神ハゾレト/Hazoret the Fervent》
2:《ピア・ナラー/Pia Nalaar》
1:《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》
4:《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger》
4:《模範的な造り手/Toolcraft Exemplar》
4:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
22 creatures

1:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
2:《木端+微塵/Cut+Ribbons》
3:《削剥/Abrade》
4:《無許可の分解/Unlicensed Disintegration》
4:《キランの真意号/Heart of Kiran》
14 other spells

1:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
1:《炎鎖のアングラス/Angrath, the Flame-Chained》
1:《アルゲールの断血/Arguel’s Blood Fast》
2:《領事の権限/Authority of the Consuls》
1:《排斥/Cast Out》
1:《チャンドラの敗北/Chandra’s Defeat》
3:《強迫/Duress》
2:《致命的な一押し/Fatal Push》
1:《不敬の行進/Profane Procession》
2:《残骸の漂着/Settle the Wreckage》
15 sideboard cards

上位デッキリスト

9-16位

映像配信(Twitch)

2日目

ソース

GRAND PRIX SEATTLE 2018 STANDARD – マジック米公式サイト


18 コメント on GPシアトル2018(スタンダード):優勝は赤単アグロデッキを使用したGan Yan選手に

  1. [1] 名無しのイゼット団員 2018/04/09(月) 12:49:26 ID:Y4MTcxNzk

    18-0!?

  2. [2] 名無しのイゼット団員 2018/04/09(月) 12:52:15 ID:AzOTI5Mzg

    青赤ギフトってどっから出てきたの…
    MOかなんかで勝ってた?

  3. [3] 名無しのイゼット団員 2018/04/09(月) 12:53:55 ID:AwMTQ2NjE

    ※2
    一ヶ月前から地味にMOで勝ってたデッキで、このリストはここ1週間の間に固まった最新版だね

  4. [4] 名無しのイゼット団員 2018/04/09(月) 12:56:43 ID:A0MzgzNDg

    青赤ギフト面白いな
    生物強いしギフトは青赤に限らずいろんな色で組めるからいいね

  5. [5] 名無しのイゼット団員 2018/04/09(月) 12:59:33 ID:AzOTI5Mzg

    ※3
    ありがとう。
    しかし発明の天使抜く発想はすごいな…

  6. [6] 名無しのイゼット団員 2018/04/09(月) 12:59:40 ID:Q4MTA3MjI

    青赤ギフトとかトーナメントシーンで活躍できるデッキだとは思ってなかった
    ボーマットの急使でギフト追放しちゃいそうで怖いんだけど

  7. [7] 名無しのイゼット団員 2018/04/09(月) 13:00:33 ID:g1MDg5NDM

    赤青ギフト、戦闘の祝賀者が連鎖して捲るモードもあるのか…実に面白い

  8. [8] 名無しのイゼット団員 2018/04/09(月) 13:03:11 ID:k5OTM1MjY

    青赤ギフト、MOではたまに当たったがリアルでは見かけたことなかったな

  9. [9] 名無しのイゼット団員 2018/04/09(月) 13:03:25 ID:UyNDQ2Njg

    赤系ギフトは戦闘の祝賀者の督励でギフトを連続誘発させるのが本当にエグい

  10. [10] 名無しのイゼット団員 2018/04/09(月) 13:05:20 ID:UyOTMyNjA

    青赤ギフトか…
    そういえばグリクシス系のデッキあんまり見ないなやっぱり安定性とかで青黒に取って代わられたんだろうか

  11. [11] 名無しのイゼット団員 2018/04/09(月) 13:09:34 ID:kwODM0MzQ

    珍しくスカラベ0やん

  12. [12] 名無しのイゼット団員 2018/04/09(月) 13:36:37 ID:AwMjE4Nzg

    赤青ギフトのサイドにパティムか、、、ええやん!なんぼなんでも?

  13. [13] 名無しのイゼット団員 2018/04/09(月) 14:16:48 ID:c5MTcyMTk

    ほんとこの環境でスタンのプロツアーが無かったのが惜しい
    赤単筆頭に高速アグロから始まり青黒系ミッドレンジの台頭、それをメタって横並べのできる吸血鬼や白緑のデッキの増加、環境終盤に新デッキ青赤王神の登場
    もう少しメタの流れが速ければ閉塞感も少なかっただろうに

  14. [14] 名無しのイゼット団員 2018/04/09(月) 14:59:40 ID:QyNDYxMTc

    ちょっと前はまたセスマンおるやんって言ってたけど
    最近はゲリトンがそんな感じ

  15. [15] 名無しのイゼット団員 2018/04/09(月) 18:33:50 ID:QyMzkxODc

    ※13
    でもPTがなかったおかげで環境解明されずに済んだからこそグリクシス系が強いと言われつつもコントロールありミッドレンジありアグロあり、時たまコンボありといい環境が続いたとも言える

  16. [16] 名無しのイゼット団員 2018/04/09(月) 19:24:44 ID:Y4MzE5MjA

    14
    セスマンもゲリトンも殿堂入りありそうなレベルだから追い込みだろうなぁ

  17. [17] 名無しのイゼット団員 2018/04/09(月) 20:02:44 ID:gzODg5OTk

    警戒がちょっと薄れたところに純粋な赤単
    マナカーブの頂点に神とフェニックスフル投入という高級神束ゲーすき

  18. [18] 名無しのイゼット団員 2018/04/09(月) 20:43:26 ID:c2NTI3MTk

    赤単が勝ち切ったのも青赤ギフトがこんだけ勝ち残ってるのもびっくり

    青赤ギフトのマッチアップごとの相性気になるな

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。