MOCSマンスリー(モダン):最上位ラインにブルームーンや土地破壊、黒赤ホロウなどが入賞

1月7日、参加費35QPを支払った計136名によって開催された月次のMOチャンピオンシップシリーズ(モダン)。以下が最上位ラインである7-1以上の成績を記録したプレイヤーとそのデッキリストです。

上位ラインデッキ

7-1:ブルームーン(向こう見ずな実験型) プレイヤー:TSPJendrek
2:《僻地の灯台/Desolate Lighthouse》
2:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
6:《島/Island》
1:《山/Mountain》
2:《汚染された三角州/Polluted Delta》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2:《蒸気孔/Steam Vents》
3:《硫黄の滝/Sulfur Falls》
22 lands

2:《白金の帝像/Platinum Emperion》
4:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2:《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
8 creatures

4:《向こう見ずな実験/Madcap Experiment》
4:《血清の幻視/Serum Visions》
3:《謎めいた命令/Cryptic Command》
1:《電解/Electrolyze》
1:《イゼットの魔除け/Izzet Charm》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
4:《選択/Opt》
4:《差し戻し/Remand》
2:《呪文嵌め/Spell Snare》
3:《血染めの月/Blood Moon》
30 other spells

2:《削剥/Abrade》
1:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
2:《払拭/Dispel》
1:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1:《幻惑の旋律/Entrancing Melody》
1:《論理の結び目/Logic Knot》
2:《否認/Negate》
4:《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
15 sideboard cards

7-1:赤緑土地破壊 プレイヤー:TheSpellWeaver
9:《森/Forest》
1:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1:《山/Mountain》
3:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
22 lands

4:《東屋のエルフ/Arbor Elf》
2:《極楽鳥/Birds of Paradise》
1:《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》
2:《高原の狩りの達人/Huntmaster of the Fells》
2:《業火のタイタン/Inferno Titan》
1:《強情なベイロス/Obstinate Baloth》
2:《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》
1:《嵐の息吹のドラゴン/Stormbreath Dragon》
4:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
19 creatures

2:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
1:《ゼンディカーの代弁者、ニッサ/Nissa, Voice of Zendikar》
3:《ムウォンヴーリーの酸苔/Mwonvuli Acid-Moss》
1:《原初の命令/Primal Command》
4:《石の雨/Stone Rain》
4:《血染めの月/Blood Moon》
4:《楽園の拡散/Utopia Sprawl》
19 other spells

1:《削剥/Abrade》
1:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
2:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
1:《耳障りな反応/Guttural Response》
3:《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》
2:《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
3:《粉砕の嵐/Shatterstorm》
2:《三なる宝球/Trinisphere》
15 sideboard cards

7-1:ジェスカイトラフト プレイヤー:qbturtle15
4:《天界の列柱/Celestial Colonnade》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2:《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
3:《島/Island》
1:《山/Mountain》
1:《平地/Plains》
1:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2:《蒸気孔/Steam Vents》
2:《硫黄の滝/Sulfur Falls》
24 lands

3:《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft》
4:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
4:《呪文捕らえ/Spell Queller》
11 creatures

4:《血清の幻視/Serum Visions》
4:《謎めいた命令/Cryptic Command》
3:《電解/Electrolyze》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
3:《稲妻のらせん/Lightning Helix》
3:《論理の結び目/Logic Knot》
4:《流刑への道/Path to Exile》
25 other spells

1:《稲妻のらせん/Lightning Helix》
1:《削剥/Abrade》
1:《天界の粛清/Celestial Purge》
2:《塵への崩壊/Crumble to Dust》
1:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
1:《払拭/Dispel》
1:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1:《瞬間凍結/Flashfreeze》
1:《否認/Negate》
1:《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》
2:《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1:《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1:《摩耗+損耗/Wear+Tear》
15 sideboard cards

7-1:マルドゥパイロマンサー プレイヤー:JMM
4:《黒割れの崖/Blackcleave Cliffs》
2:《血の墓所/Blood Crypt》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
4:《湿地の干潟/Marsh Flats》
3:《山/Mountain》
1:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
2:《沼/Swamp》
20 lands

4:《騒乱の歓楽者/Bedlam Reveler》
4:《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
8 creatures

1:《先駆ける者、ナヒリ/Nahiri, the Harbinger》
2:《集団的蛮行/Collective Brutality》
1:《戦慄掘り/Dreadbore》
4:《信仰無き物あさり/Faithless Looting》
2:《二股の稲妻/Forked Bolt》
4:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
4:《未練ある魂/Lingering Souls》
3:《思考囲い/Thoughtseize》
3:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
2:《終止/Terminate》
2:《血染めの月/Blood Moon》
32 other spells

1:《集団的蛮行/Collective Brutality》
3:《致命的な一押し/Fatal Push》
2:《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
4:《溶鉄の雨/Molten Rain》
3:《外科的摘出/Surgical Extraction》
2:《摩耗+損耗/Wear+Tear》
15 sideboard cards

7-1:黒赤ホロウ プレイヤー:Blinkmoth-Nexus
1:《黒割れの崖/Blackcleave Cliffs》
4:《血の墓所/Blood Crypt》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
3:《山/Mountain》
3:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
2:《沼/Swamp》
18 lands

4:《恐血鬼/Bloodghast》
4:《炎刃の達人/Flameblade Adept》
3:《炎跡のフェニックス/Flamewake Phoenix》
4:《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
4:《虚ろな者/Hollow One》
4:《通りの悪霊/Street Wraith》
23 creatures

4:《燃え立つ調査/Burning Inquiry》
1:《冥界への呼び声/Call to the Netherworld》
3:《安堵の再会/Cathartic Reunion》
4:《信仰無き物あさり/Faithless Looting》
2:《ゴブリンの知識/Goblin Lore》
2:《癇しゃく/Fiery Temper》
3:《稲妻/Lightning Bolt》
19 other spells

2:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
2:《大物狙い/Big Game Hunter》
2:《血染めの月/Blood Moon》
2:《稲妻の斧/Lightning Axe》
3:《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
1:《紅蓮地獄/Pyroclasm》
3:《思考囲い/Thoughtseize》
15 sideboard cards

7-1:アブザン プレイヤー:Butakov
3:《花盛りの湿地/Blooming Marsh》
1:《森/Forest》
1:《神無き祭殿/Godless Shrine》
3:《湿地の干潟/Marsh Flats》
2:《草むした墓/Overgrown Tomb》
1:《平地/Plains》
2:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
1:《活発な野生林/Stirring Wildwood》
2:《沼/Swamp》
1:《寺院の庭/Temple Garden》
4:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
2:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
23 lands

3:《残忍な剥ぎ取り/Grim Flayer》
2:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
2:《包囲サイ/Siege Rhino》
4:《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
2:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
13 creatures

3:《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
1:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
1:《集団的蛮行/Collective Brutality》
3:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
4:《未練ある魂/Lingering Souls》
1:《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
3:《思考囲い/Thoughtseize》
2:《突然の衰微/Abrupt Decay》
3:《致命的な一押し/Fatal Push》
3:《流刑への道/Path to Exile》
24 other spells

1:《集団的蛮行/Collective Brutality》
1:《滅び/Damnation》
1:《鞭打つ触手/Flaying Tendrils》
3:《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》
2:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
2:《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
3:《石のような静寂/Stony Silence》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
15 sideboard cards

ソース

MODERN MOCS – マジック米公式サイト


58 コメント on MOCSマンスリー(モダン):最上位ラインにブルームーンや土地破壊、黒赤ホロウなどが入賞

  1. [51] 名無しのイゼット団員 2018/01/10(水) 14:34:53 ID:M3MTkwNDU

    ※51
    ホロウはレイス以外安いしとりあえずモダンやってみたいならおすすめ
    オールインに飽きたらスクイーとゾンビの横行入れたり復讐蔦入れたりいろいろ面白いこと出来るし

  2. [52] 名無しのイゼット団員 2018/01/10(水) 14:55:21 ID:cxNzkxMDI

    通りの悪霊ってモダマスにコモンで再録されたから安くなったのかと思ってたけど、いまだに結構高いんだな…

  3. [53] 名無しのイゼット団員 2018/01/10(水) 17:10:11 ID:EzNTI0Njc

    レイス再録は初代モダマスだからもう再録されたって時期は過ぎてるでしょ

  4. [54] 名無しのイゼット団員 2018/01/10(水) 18:19:44 ID:A1MjE1OTA

    半端にスタン追いかけるならモダンの方がコスパいいよな

  5. [55] 名無しのイゼット団員 2018/01/10(水) 19:50:21 ID:M2ODM1NDE

    悪霊は再録前と後で値段はほとんど変わってない(元からワンコイン)
    アモンケットでのサイクリング復活でリビングエンドが強化された影響で一気に上がった

  6. [56] 名無しのイゼット団員 2018/01/10(水) 20:00:35 ID:cxNzc0ODA

    死の影ジャンドで値上がったと思うんですが

  7. [57] 名無しのイゼット団員 2018/01/10(水) 20:29:58 ID:ExNTIxMDI

    モダンの大会記事で言うのもあれだけど霊気池、サヒーリ、カンパニーまで含めて最近のスタンで技術介入度が低くて下らない環境ってしばらく無かったような気がする(他の要因で下らないというのはまぁ納得できる)
    機体、霊気池、現赤単はメインこそ馬鹿でも勝てるハンドが存在するけどサイドボードやミラーマッチはすごい腕出たと思うし実際人によって違うプランを取ることもあった
    結局は好みだしプレイ感が違うことは良いことだと思う

  8. [58] 名無しのイゼット団員 2018/01/10(水) 22:42:58 ID:YwNDQyMzM

    まつがんがおふざけでマンドリル1ターン目に出そうとしてSuper Crazy Zoo組んで以降死の影と一緒に値段が上がり続けて、死の影ジャンドの開発とギタ調禁止が決定打になった
    単純な0マナキャントリップはモダンだとこの2択だったし(秋の際は土地割るからなしとして)

1 2

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。