SCGオープンinダラス(モダン):優勝はジャンド死の影、5位に土地破壊型白緑カンパニー

2017年3月11-12日、StarCityGames.com主催のオープンシリーズ・モダンがテキサス州ダラスにて開催されました(参加人数:857名)。優勝者はジャンド死の影を使用したAustin Bursavich選手となっています。

オープンシリーズ(モダン)

1st Place黒赤緑死の影
プレイヤー:Austin Bursavich
2nd Placeバーン
プレイヤー:Trent Avera
3rd Place黒赤緑死の影
プレイヤー:Aaron Rubin
4th Placeマーフォーク
プレイヤー:Austin Grady
5th Place白緑カンパニー
プレイヤー:Todd Stevens
6th Placeバーン
プレイヤー:Kenny Hudman
7th Place白青緑エルドラージ
プレイヤー:Kaider Sheen
8th Placeアド・グレイス
プレイヤー:Ricky Linn
1位:ジャンド死の影 プレイヤー:Austin Bursavich
1:《森/Forest》
1:《沼/Swamp》
1:《血の墓所/Blood Crypt》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
2:《草むした墓/Overgrown Tomb》
1:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
4:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
18 lands

4:《死の影/Death’s Shadow》
1:《ゴーア族の暴行者/Ghor-Clan Rampager》
4:《通りの悪霊/Street Wraith》
4:《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
13 creatures

1:《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
2:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
4:《ミシュラのガラクタ/Mishra’s Bauble》
1:《突然の衰微/Abrupt Decay》
1:《四肢切断/Dismember》
3:《致命的な一押し/Fatal Push》
2:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
1:《ティムールの激闘/Temur Battle Rage》
4:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
4:《思考囲い/Thoughtseize》
4:《ウルヴェンワルド横断/Traverse the Ulvenwald》
2:《タール火/Tarfire》
29 other spells

2:《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
3:《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》
2:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1:《致命的な一押し/Fatal Push》
1:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
1:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
2:《集団的蛮行/Collective Brutality》
1:《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
1:《苦い真理/Painful Truths》
15 sideboard cards

*5位:白緑カンパニー プレイヤー:Todd Stevens
4:《森/Forest》
2:《平地/Plains》
1:《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》
4:《幽霊街/Ghost Quarter》
2:《地平線の梢/Horizon Canopy》
3:《寺院の庭/Temple Garden》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
3:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
23 lands

2:《極楽鳥/Birds of Paradise》
4:《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》
4:《貴族の教主/Noble Hierarch》
2:《改革派の結集者/Renegade Rallier》
2:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
4:《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
1:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
3:《復活の声/Voice of Resurgence》
4:《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》
1:《迷える探求者、梓/Azusa, Lost but Seeking》
27 creatures

1:《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
4:《集合した中隊/Collected Company》
1:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
4:《流刑への道/Path to Exile》
10 other spells

1:《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
2:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1:《エイヴンの思考検閲者/Aven Mindcensor》
1:《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》
1:《囁きの森の精霊/Whisperwood Elemental》
3:《石のような静寂/Stony Silence》
3:《神聖な協力/Blessed Alliance》
3:《外科的摘出/Surgical Extraction》
15 sideboard cards

その他の上位入賞者リストはこちらから。

動画配信(Twitch)

1日目/2日目

サイドイベント:クラシック(スタンダード)

1st Place赤緑エネルギー
プレイヤー:Josh Newell
2nd Placeティムール電招
プレイヤー:Mac Blanchard
3rd Place白青赤緑コピーキャット
プレイヤー:Jason Reyes
4th Place白黒赤機体(歩行バリスタ型)
プレイヤー:Jeremy Hahn
5th Place白黒赤機体(歩行バリスタ型)
プレイヤー:Eugene Pappan
6th Place白黒赤機体(歩行バリスタ型)
プレイヤー:Drew Iafrate
7th Place白青赤コントロール
プレイヤー:Austin Mowrey
8th Place白青赤コピーキャット
プレイヤー:David Barnes
1位:赤緑エネルギー プレイヤー:Josh Newell
10:《森/Forest》
4:《山/Mountain》
4:《霊気拠点/Aether Hub》
2:《獲物道/Game Trail》
20 lands

4:《静電気式打撃体/Electrostatic Pummeler》
4:《逆毛ハイドラ/Bristling Hydra》
4:《牙長獣の仔/Longtusk Cub》
4:《導路の召使い/Servant of the Conduit》
2:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
4:《通電の喧嘩屋/Voltaic Brawler》
22 creatures

4:《顕在的防御/Blossoming Defense》
2:《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning》
2:《暴力の激励/Invigorated Rampage》
3:《アドレナリン作用/Rush of Adrenaline》
4:《霊気との調和/Attune with Aether》
3:《気宇壮大/Larger Than Life》
18 other spells

1:《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester》
2:《造命師の動物記/Lifecrafter’s Bestiary》
1:《ラスヌーのヘリオン/Lathnu Hellion》
1:《英雄的介入/Heroic Intervention》
3:《自然廃退/Natural Obsolescence》
2:《ショック/Shock》
1:《ヴァラクートの涙/Tears of Valakut》
2:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
2:《グレムリン解放/Release the Gremlins》
15 sideboard cards

*3位:4色コピーキャット プレイヤー:Jason Reyes
5:《森/Forest》
1:《島/Island》
1:《山/Mountain》
1:《平地/Plains》
4:《霊気拠点/Aether Hub》
4:《植物の聖域/Botanical Sanctum》
2:《伐採地の滝/Lumbering Falls》
3:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
21 lands

1:《雲先案内人/Cloudblazer》
4:《守護フェリダー/Felidar Guardian》
4:《ならず者の精製屋/Rogue Refiner》
4:《導路の召使い/Servant of the Conduit》
3:《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso》
16 creatures

3:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
4:《サヒーリ・ライ/Saheeli Rai》
3:《パンハモニコン/Panharmonicon》
4:《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning》
2:《チャンドラの誓い/Oath of Chandra》
4:《ニッサの誓い/Oath of Nissa》
3:《霊気との調和/Attune with Aether》
23 other spells

2:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
2:《領事の権限/Authority of the Consuls》
2:《熱病の幻視/Fevered Visions》
1:《自然のままに/Natural State》
2:《否認/Negate》
1:《実地研究者、タミヨウ/Tamiyo, Field Researcher》
2:《グレムリン解放/Release the Gremlins》
15 sideboard cards

その他の上位入賞者リストはこちらから。

サイドイベント:クラシック(モダン)

1st Placeリビングエンド
プレイヤー:Jody Keith
2nd Place純鋼ストーム
プレイヤー:David Daniel
3rd Place白黒緑コード
プレイヤー:Sam Berkenbile
4th Place親和
プレイヤー:Karttik Patel
5th Placeタイタン・シフト
プレイヤー:Ryan Kirk
6th Place純鋼ストーム
プレイヤー:Alex Bell
7th Placeタイタン・シフト
プレイヤー:Zachary Ray
8th Place無色エルドラージトロン
プレイヤー:Gilbert Davilla
1位:リビングエンド プレイヤー:Jody Keith
1:《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》
2:《森/Forest》
1:《山/Mountain》
2:《沼/Swamp》
2:《黒割れの崖/Blackcleave Cliffs》
1:《血の墓所/Blood Crypt》
2:《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
1:《草むした墓/Overgrown Tomb》
1:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
4:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
2:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
18 lands

2:《なだれ乗り/Avalanche Riders》
4:《死の一撃のミノタウルス/Deadshot Minotaur》
2:《フェアリーの忌み者/Faerie Macabre》
4:《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》
4:《巨怪なオサムシ/Monstrous Carabid》
2:《青ざめた出家蜘蛛/Pale Recluse》
3:《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》
4:《通りの悪霊/Street Wraith》
1:《よじれた嫌悪者/Twisted Abomination》
27 creatures

2:《血染めの月/Blood Moon》
2:《内にいる獣/Beast Within》
4:《暴力的な突発/Violent Outburst》
3:《悪魔の戦慄/Demonic Dread》
1:《カーリ・ゼヴの巧技/Kari Zev’s Expertise》
3:《死せる生/Living End》
15 other spells

2:《斑の猪/Brindle Boar》
2:《フェアリーの忌み者/Faerie Macabre》
2:《鋳塊かじり/Ingot Chewer》
1:《クローサの掌握/Krosan Grip》
2:《ムラーサの胎動/Pulse of Murasa》
2:《跳ね返りの罠/Ricochet Trap》
2:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
2:《殺戮遊戯/Slaughter Games》
15 sideboard cards

*2位:純鋼ストーム プレイヤー:David Daniel
2:《平地/Plains》
1:《乾燥台地/Arid Mesa》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1:《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
1:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
4:《金属海の沿岸/Seachrome Coast》
3:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
16 lands

4:《純鋼の聖騎士/Puresteel Paladin》
4:《上級建設官、スラム/Sram, Senior Edificer》
8 creatures

4:《調和者隊の盾/Accorder’s Shield》
3:《骨の鋸/Bone Saw》
4:《聖戦士の盾/Cathar’s Shield》
4:《極楽のマントル/Paradise Mantle》
4:《蜘蛛糸の網/Spidersilk Net》
2:《有毒の蘇生/Noxious Revival》
4:《撤収/Retract》
2:《白鳥の歌/Swan Song》
4:《オパールのモックス/Mox Opal》
1:《ぶどう弾/Grapeshot》
4:《血清の幻視/Serum Visions》
36 other spells

1:《ギラプールの霊気格子/Ghirapur AEther Grid》
4:《神聖の力線/Leyline of Sanctity》
3:《残響する真実/Echoing Truth》
1:《逆説的な結果/Paradoxical Outcome》
4:《沈黙/Silence》
2:《白鳥の歌/Swan Song》
15 sideboard cards

*4位:親和 プレイヤー:Karttik Patel
4:《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》
1:《島/Island》
4:《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》
1:《空僻地/Glimmervoid》
4:《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》
3:《産業の塔/Spire of Industry》
17 lands

4:《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》
2:《刻まれた勇者/Etched Champion》
2:《エーテリウムの達人/Master of Etherium》
2:《メムナイト/Memnite》
4:《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》
4:《信号の邪魔者/Signal Pest》
4:《鋼の監視者/Steel Overseer》
4:《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》
4:《光り物集めの鶴/Glint-Nest Crane》
30 creatures

4:《頭蓋囲い/Cranial Plating》
4:《バネ葉の太鼓/Springleaf Drum》
1:《溶接の壺/Welding Jar》
4:《オパールのモックス/Mox Opal》
13 other spells

1:《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
2:《刻まれた勇者/Etched Champion》
1:《呪文滑り/Spellskite》
1:《グレイブディガー/Gravedigger》
※記載ミスの可能性大
1:《ギラプールの霊気格子/Ghirapur AEther Grid》
2:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
2:《急送/Dispatch》
2:《呪文貫き/Spell Pierce》
2:《思考囲い/Thoughtseize》
1:《鞭打ち炎/Whipflare》
15 sideboard cards

その他の上位入賞者リストはこちらから。

62 コメント on SCGオープンinダラス(モダン):優勝はジャンド死の影、5位に土地破壊型白緑カンパニー

  1. [51] 名無しのイゼット団員 2017/03/13(月) 23:25:45 ID:c3NDM5NDg

    わたし金属モックス解禁熱望兄貴だけど猿ですら禁止とか言われてる現状だと夢のまた夢みたいですね……

  2. [52] 名無しのイゼット団員 2017/03/13(月) 23:53:17 ID:UwNTEyNjM

    ポスト使いたいならレガシーやろう!
    (多色にしないなら)安くて強いぞぅ

  3. [53] 名無しのイゼット団員 2017/03/14(火) 00:00:45 ID:AyMTE1NDY

    MMは各フォーマットで禁止だけど、チャリスが禁止されない理由って何かあるっけ?

  4. [54] 名無しのイゼット団員 2017/03/14(火) 00:06:37 ID:kzMTY1OTE

    ※53
    チャリスが禁止される理由って何かあるっけ?

  5. [55] 名無しのイゼット団員 2017/03/14(火) 00:09:14 ID:AyMTE1NDY

    ※54
    いや、他の0・1マナ呪文を咎めすぎでしょ

  6. [56] 名無しのイゼット団員 2017/03/14(火) 00:12:21 ID:E4NDgxOTU

    とりあえず全フォーマット変更無かったね

  7. [57] 名無しのイゼット団員 2017/03/14(火) 00:14:34 ID:A0NDc4MTQ

    電招が出たから静観とかほざいてて草
    前回といい思考ブレ過ぎだろ

  8. [58] 名無しのイゼット団員 2017/03/14(火) 00:16:18 ID:MxOTkzMDE

    チャリスって咎めすぎと言われるほど使われてなくない?
    メインから積んでるデッキは多くないし、チャリスが環境にあるから1マナ呪文は積まないのが当たり前、みたいにでもならないと禁止する理由が無いと思うが。

  9. [59] 名無しのイゼット団員 2017/03/14(火) 00:44:27 ID:kzMTY1OTE

    ※55
    それはないわ・・・
    0マナ呪文封じられて動けないデッキなんてモダンやレガシーじゃめったにないし、X=1のチャリスを2マナで置く動きもそこまで支配的じゃない
    試しに自分でチャリス使ってみたら?それでも禁止されるべきだって思うなら感性の違いだろうね

  10. [60] 名無しのイゼット団員 2017/03/14(火) 04:09:28 ID:c1MjE2Nzk

    レガシーやヴィンテの話になってしまうがチャリスが強いのは2マナランドからの1ターン目におけるからであって・・・
    レガシーならともかくモダンで禁止はありえない
    それでもレガシーで許さているのは青がチャリスを使うデッキよりも支配的だからなぁ

  11. [61] 名無しのイゼット団員 2017/03/14(火) 05:26:06 ID:c3MDg3NDE

    チャリスx=1で設置するデッキは自分も小回りの効くコスト1採用しにくい相応のリスクがあるから

  12. [62] 名無しのイゼット団員 2017/03/14(火) 20:51:55 ID:Q0NTg1MzM

    モダン禁止前のエルドラージとかそうだけれどチャリスx=1で設置するデッキが支配的になるとミラーで腐るからメインから抜けていくんだよね。

1 2

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。