GPピッツバーグ2017(スタンダード):優勝は黒緑アグロを使用したRyan Hare選手に

2017年2月11-12日、アメリカ合衆国ペンシルベニア州にてスタンダードフォーマットで行われたグランプリ・ピッツバーグ2017(参加人数:1334名)。優勝は黒緑アグロを使用したRyan Hare選手となりました。

トップ8選手&使用デッキ

1st Place黒緑アグロ
プレイヤー:Ryan Hare
2nd Place白黒赤機体
プレイヤー:Bronson Gervasi
3rd Place白黒赤機体
プレイヤー:Matthew Long
4th Place黒緑エネルギー
プレイヤー:Robert Beatty
5th Place黒緑昂揚
プレイヤー:Adam Van Fleet
6th Place白青赤コピーキャット
プレイヤー:Daniel Fournier
7th Place黒緑昂揚
プレイヤー:Anand Khare
8th Place黒緑アグロ
プレイヤー:Hunter Cochran

トップ8選手プロフィールはこちらから。

トップ8デッキリスト

1位:黒緑アグロ プレイヤー:Ryan Hare
4:《風切る泥沼/Hissing Quagmire》
4:《花盛りの湿地/Blooming Marsh》
9:《森/Forest》
7:《沼/Swamp》
24 lands

4:《巻きつき蛇/Winding Constrictor》
4:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
3:《ピーマの改革派、リシュカー/Rishkar, Peema Renegade》
2:《地下墓地の選別者/Catacomb Sifter》
4:《新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulk》
21 creatures

3:《ゼンディカーの代弁者、ニッサ/Nissa, Voice of Zendikar》
3:《闇の掌握/Grasp of Darkness》
4:《致命的な一押し/Fatal Push》
1:《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester》
4:《ニッサの誓い/Oath of Nissa》
15 other spells

1:《人工物への興味/Appetite for the Unnatural》
2:《膨らんだ意識曲げ/Distended Mindbender》
2:《鞭打つ触手/Flaying Tendrils》
2:《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
1:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》
1:《破滅の道/Ruinous Path》
3:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
3:《精神背信/Transgress the Mind》
15 sideboard cards

2位:マルドゥ機体 プレイヤー:Bronson Gervasi
2:《霊気拠点/Aether Hub》
3:《山/Mountain》
4:《平地/Plains》
1:《鋭い突端/Needle Spires》
4:《感動的な眺望所/Inspiring Vantage》
4:《産業の塔/Spire of Industry》
4:《秘密の中庭/Concealed Courtyard》
1:《凶兆の廃墟/Foreboding Ruins》
23 lands

2:《発明者の見習い/Inventor’s Apprentice》
4:《スレイベンの検査官/Thraben Inspector》
4:《模範的な造り手/Toolcraft Exemplar》
4:《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger》
4:《経験豊富な操縦者/Veteran Motorist》
2:《ピア・ナラー/Pia Nalaar》
2:《異端聖戦士、サリア/Thalia, Heretic Cathar》
22 creatures

3:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
2:《致命的な一押し/Fatal Push》
1:《ショック/Shock》
4:《無許可の分解/Unlicensed Disintegration》
3:《キランの真意号/Heart of Kiran》
2:《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester》
15 other spells

1:《致命的な一押し/Fatal Push》
1:《ショック/Shock》
1:《鋭い突端/Needle Spires》
1:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
2:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
1:《断片化/Fragmentize》
2:《燻蒸/Fumigate》
2:《グレムリン解放/Release the Gremlins》
2:《無私の霊魂/Selfless Spirit》
1:《領事の旗艦、スカイソブリン/Skysovereign, Consul Flagship》
1:《空鯨捕りの一撃/Skywhaler’s Shot》
15 sideboard cards

3位:マルドゥ機体 プレイヤー:Matthew Long
1:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
3:《霊気拠点/Aether Hub》
3:《平地/Plains》
4:《山/Mountain》
4:《産業の塔/Spire of Industry》
4:《秘密の中庭/Concealed Courtyard》
4:《感動的な眺望所/Inspiring Vantage》
23 lands

1:《模範操縦士、デパラ/Depala, Pilot Exemplar》
2:《ピア・ナラー/Pia Nalaar》
3:《経験豊富な操縦者/Veteran Motorist》
4:《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger》
4:《模範的な造り手/Toolcraft Exemplar》
4:《スレイベンの検査官/Thraben Inspector》
18 creatures

2:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
1:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
2:《焼夷流/Incendiary Flow》
4:《無許可の分解/Unlicensed Disintegration》
2:《致命的な一押し/Fatal Push》
1:《領事の旗艦、スカイソブリン/Skysovereign, Consul Flagship》
1:《高速警備車/Fleetwheel Cruiser》
2:《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester》
4:《キランの真意号/Heart of Kiran》
19 other spells

1:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
2:《致命的な一押し/Fatal Push》
1:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
1:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
1:《グレムリン解放/Release the Gremlins》
1:《鋭い突端/Needle Spires》
1:《先駆ける者、ナヒリ/Nahiri, the Harbinger》
1:《鑽火の輝き/Immolating Glare》
2:《燻蒸/Fumigate》
2:《博覧会場の警備員/Fairgrounds Warden》
2:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
15 sideboard cards

4位:黒緑エネルギー プレイヤー:Robert Beatty
4:《花盛りの湿地/Blooming Marsh》
3:《風切る泥沼/Hissing Quagmire》
4:《霊気拠点/Aether Hub》
6:《森/Forest》
3:《沼/Swamp》
20 lands

4:《緑地帯の暴れ者/Greenbelt Rampager》
4:《光袖会の収集者/Glint-Sleeve Siphoner》
4:《巻きつき蛇/Winding Constrictor》
3:《牙長獣の仔/Longtusk Cub》
3:《ピーマの改革派、リシュカー/Rishkar, Peema Renegade》
4:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
3:《新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulk》
25 creatures

4:《ゼンディカーの代弁者、ニッサ/Nissa, Voice of Zendikar》
4:《霊気との調和/Attune with Aether》
4:《致命的な一押し/Fatal Push》
3:《顕在的防御/Blossoming Defense》
15 other spells

1:《自然のままに/Natural State》
1:《自然廃退/Natural Obsolescence》
1:《人工物への興味/Appetite for the Unnatural》
2:《造命師の動物記/Lifecrafter’s Bestiary》
2:《高速警備車/Fleetwheel Cruiser》
3:《闇の掌握/Grasp of Darkness》
3:《精神背信/Transgress the Mind》
2:《破滅の道/Ruinous Path》
15 sideboard cards

5位:黒緑昂揚 プレイヤー:Adam Van Fleet
4:《風切る泥沼/Hissing Quagmire》
4:《花盛りの湿地/Blooming Marsh》
4:《進化する未開地/Evolving Wilds》
6:《沼/Swamp》
5:《森/Forest》
23 lands

4:《巻きつき蛇/Winding Constrictor》
4:《残忍な剥ぎ取り/Grim Flayer》
2:《才気ある霊基体/Gifted Aetherborn》
3:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
3:《ピーマの改革派、リシュカー/Rishkar, Peema Renegade》
2:《新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulk》
4:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
1:《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow》
3:《精神壊しの悪魔/Mindwrack Demon》
26 creatures

4:《ウルヴェンワルド横断/Traverse the Ulvenwald》
4:《致命的な一押し/Fatal Push》
3:《闇の掌握/Grasp of Darkness》
11 other spells

1:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
1:《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow》
2:《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
1:《造命師の動物記/Lifecrafter’s Bestiary》
1:《自然廃退/Natural Obsolescence》
2:《自然のままに/Natural State》
2:《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger》
2:《餌食/To the Slaughter》
3:《精神背信/Transgress the Mind》
15 sideboard cards

6位:ジェスカイコピーキャット プレイヤー:Daniel Fournier
4:《感動的な眺望所/Inspiring Vantage》
4:《霊気拠点/Aether Hub》
2:《鋭い突端/Needle Spires》
6:《島/Island》
2:《平地/Plains》
3:《港町/Port Town》
4:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
1:《さまよう噴気孔/Wandering Fumarole》
26 lands

4:《守護フェリダー/Felidar Guardian》
3:《奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk》
7 creatures

4:《サヒーリ・ライ/Saheeli Rai》
1:《燻蒸/Fumigate》
4:《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning》
4:《天才の片鱗/Glimmer of Genius》
4:《予期/Anticipate》
2:《ショック/Shock》
1:《手酷い失敗/Horribly Awry》
2:《鑽火の輝き/Immolating Glare》
3:《否認/Negate》
2:《不許可/Disallow》
27 other spells

1:《燻蒸/Fumigate》
1:《鑽火の輝き/Immolating Glare》
1:《否認/Negate》
1:《不許可/Disallow》
1:《払拭/Dispel》
2:《断片化/Fragmentize》
2:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
1:《保護者、リンヴァーラ/Linvala, the Preserver》
1:《隔離の場/Quarantine Field》
4:《呪文捕らえ/Spell Queller》
15 sideboard cards

7位:黒緑昂揚 プレイヤー:Anand Khare
4:《風切る泥沼/Hissing Quagmire》
4:《進化する未開地/Evolving Wilds》
4:《花盛りの湿地/Blooming Marsh》
6:《沼/Swamp》
5:《森/Forest》
23 lands

4:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
3:《才気ある霊基体/Gifted Aetherborn》
4:《残忍な剥ぎ取り/Grim Flayer》
3:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
1:《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow》
4:《巻きつき蛇/Winding Constrictor》
2:《新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulk》
3:《ピーマの改革派、リシュカー/Rishkar, Peema Renegade》
24 creatures

4:《ウルヴェンワルド横断/Traverse the Ulvenwald》
1:《闇の掌握/Grasp of Darkness》
4:《致命的な一押し/Fatal Push》
1:《自然廃退/Natural Obsolescence》
2:《殺害/Murder》
1:《死の重み/Dead Weight》
13 other spells

1:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
1:《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow》
1:《自然廃退/Natural Obsolescence》
1:《豪華の王、ゴンティ/Gonti, Lord of Luxury》
1:《自然のままに/Natural State》
2:《害悪の機械巨人/Noxious Gearhulk》
2:《屑鉄場のたかり屋/Scrapheap Scrounger》
2:《餌食/To the Slaughter》
4:《精神背信/Transgress the Mind》
15 sideboard cards

8位:黒緑アグロ プレイヤー:Hunter Cochran
8:《沼/Swamp》
5:《森/Forest》
4:《風切る泥沼/Hissing Quagmire》
4:《花盛りの湿地/Blooming Marsh》
3:《進化する未開地/Evolving Wilds》
24 lands

4:《才気ある霊基体/Gifted Aetherborn》
4:《巻きつき蛇/Winding Constrictor》
2:《森の代言者/Sylvan Advocate》
3:《ピーマの改革派、リシュカー/Rishkar, Peema Renegade》
2:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
2:《豪華の王、ゴンティ/Gonti, Lord of Luxury》
4:《新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulk》
4:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
25 creatures

4:《致命的な一押し/Fatal Push》
2:《闇の掌握/Grasp of Darkness》
1:《殺害/Murder》
3:《霊気圏の収集艇/Aethersphere Harvester》
1:《造命師の動物記/Lifecrafter’s Bestiary》
11 other spells

2:《造命師の動物記/Lifecrafter’s Bestiary》
4:《精神背信/Transgress the Mind》
4:《光袖会の収集者/Glint-Sleeve Siphoner》
2:《自然廃退/Natural Obsolescence》
2:《餌食/To the Slaughter》
1:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》
15 sideboard cards

ピックアップデッキ

27位:4色コピーキャット プレイヤー:Devon Giles
4:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
1:《山/Mountain》
5:《森/Forest》
2:《島/Island》
1:《平地/Plains》
4:《植物の聖域/Botanical Sanctum》
4:《霊気拠点/Aether Hub》
21 lands

4:《つむじ風の巨匠/Whirler Virtuoso》
4:《導路の召使い/Servant of the Conduit》
4:《ならず者の精製屋/Rogue Refiner》
4:《守護フェリダー/Felidar Guardian》
3:《老いたる深海鬼/Elder Deep-Fiend》
19 creatures

1:《実地研究者、タミヨウ/Tamiyo, Field Researcher》
4:《サヒーリ・ライ/Saheeli Rai》
4:《霊気との調和/Attune with Aether》
4:《蓄霊稲妻/Harnessed Lightning》
2:《霊気池の驚異/Aetherworks Marvel》
4:《ニッサの誓い/Oath of Nissa》
1:《チャンドラの誓い/Oath of Chandra》
20 other spells

1:《実地研究者、タミヨウ/Tamiyo, Field Researcher》
2:《バラルの巧技/Baral’s Expertise》
2:《逆毛ハイドラ/Bristling Hydra》
2:《コジレックの帰還/Kozilek’s Return》
2:《自然のままに/Natural State》
3:《否認/Negate》
1:《グレムリン解放/Release the Gremlins》
2:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
15 sideboard cards

上位入賞者デッキリスト

9-32位/前日トライアル

動画配信(Twitch)

1日目(前半)/1日目(後半)/2日目/決勝ラウンド

ソース

GRAND PRIX PITTSBURGH 2017 – MTG米公式サイト

70 コメント on GPピッツバーグ2017(スタンダード):優勝は黒緑アグロを使用したRyan Hare選手に

  1. [51] 名無しのイゼット団員 2017/02/14(火) 12:28:50 ID:cxMDQxOTk

    サヒーリはハゲ、黒緑(昂揚)はエムラ、機体はコプターを禁止されてるからバランスがいいんじゃないかな(適当)

  2. [52] 名無しのイゼット団員 2017/02/14(火) 14:00:05 ID:k3OTI2NTg

    ※49
    それはさすがに曲解なのでは…
    何度読んでもそういった意図には読めない

  3. [53] 名無しのイゼット団員 2017/02/14(火) 15:02:57 ID:k3Mzg1OTk

    まぁ八十岡さんみたいなビルダー気質のひとにとってはこのまんま三竦みが回り続けて所謂ローグのつけこむ隙のなさそうなつまらなさはあるんでしょう
    しかし、革新的なデッキを一個たりとも世に出したことない一般的な競技プレイヤー的にはそこそこ楽しいよーな気がするけどね
    プレイ差や細部の採択、サイドプランでかなり勝ち負けを決めることになるし黒緑や4cはチューニング的な意味での構築のしがいがまだありそう

  4. [54] 名無しのイゼット団員 2017/02/14(火) 15:29:59 ID:QzNTc0MzU

    プレイヤーかビルダーかチューナーかで環境の面白さの尺度も分かれるのね

  5. [55] 名無しのイゼット団員 2017/02/14(火) 18:47:55 ID:Y1NDQ0NjE

    ヤソはカラデシュプロツアー前のローグ環境にもコントロールできてないモダンって言って文句言ってたから

  6. [56] 名無しのイゼット団員 2017/02/14(火) 23:24:47 ID:AxNDAxMzY

    やはり単色や無色の強力カードを刷るのはメタが固定化されやすいんだなぁ。

  7. [57] 名無しのイゼット団員 2017/02/15(水) 09:10:43 ID:Y1ODUzMjg

    ※52
    つまらないとする理由は書かず、悲惨な成績で終わったPTでつまらないと言ってる時点で『勝てないからつまらない』と言ってるも同義なんだが
    デッキビルダーならAAさんやマツガンさんのようなセンスを見せて欲しいもんだ

  8. [58] 名無しのイゼット団員 2017/02/15(水) 11:16:06 ID:IxODE2MzM

    まあ負けた後で環境に文句を言うのは正直負け惜しみにしか見えないから良くないわな・・・
    カラデシュの時みたいに勝った上で言うなら説得力もあるけど

  9. [59] 名無しのイゼット団員 2017/02/15(水) 16:36:20 ID:QwNDY4Njg

    今回のヤソの発言にはかなりガッカリさせられたね‥
    勝って「詰まらない」なら格好良いんだが今のヤソは完全に負け惜しみ
    自分がボロ負けして文句言うのはさすがに無いわ
    ただの負けじゃなくボロ負けだったから尚更悔しいんだろうけどさ

  10. [60] 名無しのイゼット団員 2017/02/15(水) 23:55:22 ID:U2NzA5MjQ

    別にそこまでは思わなかったけどなあ
    PTでもうデッキ全部出そろっちゃったし、この環境から頭一つ抜け出たデッキが出ればそれこそ禁止
    結局三竦みで週ごとに勝ち組が変わるだけってのもつまらない
    公式記事だからしゃーなしでいい環境って持ち上げてるより、変なフォローとかなしにバッサリ言ってる分好感持てたけどな

  11. [61] 名無しのイゼット団員 2017/02/16(木) 01:45:38 ID:ExNDg2NTQ

    ヤソからすると使うデッキないんやろね
    しかしキャラ的にジェスカイ似合わないな

  12. [62] 名無しのイゼット団員 2017/02/16(木) 04:02:11 ID:E5NDcwOTA

    今のWotCがこの体たらくだから文句も言いたくなるわ
    とりあえず今のスタン環境は気に入らんから別のフォーマットに行く

  13. [63] 名無しのイゼット団員 2017/02/16(木) 04:40:54 ID:g5MzkwNjg

    ボロ負けする→悔しい(分かる)
    ボロ負けする→つまらない(分からない)
    負けてつまらないのはマナスクとマナフラでゲームにならなかった時ぐらいでしょ。

  14. [64] 名無しのイゼット団員 2017/02/16(木) 10:12:32 ID:k2NTAxNTI

    ※60
    デッキが出そろったとか言ってる時点で、そいつデッキビルダーとしてオワコンだろ

  15. [65] 名無しのイゼット団員 2017/02/17(金) 00:00:01 ID:QzMzYzNDA

    負けたからとか、デッキの種類が少ないからつまらないとか言うタマじゃないでしょ。
    問題はメタの多様性より、先攻有利、出し得過ぎるのと、理不尽に強いギミック。
    ナベもこないだのミラー戦とかにこれ見てMtgやりたがるのかって苦言吐いてたし、その辺は共通認識なんでしょ。

  16. [66] 名無しのイゼット団員 2017/02/17(金) 17:17:54 ID:I3MTQ5NzY

    ※65
    この間のミラー戦を見て『サイドボードが如何に面白いか』を理解出来ない奴にはMTG向いてないんじゃね

  17. [67] 名無しのイゼット団員 2017/02/17(金) 23:51:55 ID:E5NTk5OTg

    プロプレイヤーとして高みを目指す存在として向いてないって言うならまだ分かるけど、その程度でMTG向いてないは寒すぎて草も生えない。

  18. [68] 名無しのイゼット団員 2017/02/20(月) 12:34:24 ID:M5NDE0NDU

    サイドボードよりメインがおもしろいほうがいいな。今だと黒単フレンズが瀬畑のマルドゥ倒した動画とか面白い。

  19. [69] 名無しのイゼット団員 2017/02/20(月) 12:40:11 ID:IwNjk0MjM

    面白そうと思わせるのは特定状況のディテールじゃなくて
    単純にデッキ、カードの多様性とプレイの駆け引きがTCGの大きな魅力なんだから
    そこ台無しにしてんのに初心者が寄り付くわけないわ…それを向いてないって……

  20. [70] 名無しのイゼット団員 2017/02/22(水) 10:14:15 ID:E1MjcxNTg

    >そこ台無しにしてんのに

    勝てない理由をデッキの所為にする人間が台無しにしてると言ってるだけだろ

1 2

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。