SCGオープンinリッチモンド(スタンダード):優勝はバントカンパニー、3位にエスパーコン

 

アメリカの大手MTGショップ「StarCityGames.com」の主催する大規模イベント、オープンシリーズ(スタンダード)がバージニア州リッチモンドにて開催されました。優勝はバントカンパニーを使用したTed Felicetti選手となっています。

オープンシリーズ(スタンダード)

1st Place白青緑カンパニー
プレイヤー:Ted Felicetti
2nd Place青緑クラッシュ
プレイヤー:Jacob Hagen
3rd Place白青黒コントロール
プレイヤー:Shaheen Soorani
4th Place青赤緑現出
プレイヤー:Todd Anderson
5th Place黒緑ミッドレンジ
プレイヤー:Gavin Schobar
6th Place白単人間
プレイヤー:Cedric Phillips
7th Place青赤緑現出
プレイヤー:Noah Walker
8th Place青黒緑現出
プレイヤー:Frank Skarren
1位:バントカンパニー プレイヤー:Ted Felicetti
4:《森/Forest》
1:《島/Island》
4:《平地/Plains》
4:《進化する未開地/Evolving Wilds》
3:《要塞化した村/Fortified Village》
2:《伐採地の滝/Lumbering Falls》
4:《大草原の川/Prairie Stream》
3:《ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast》
25 lands

3:《薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiter》
4:《反射魔道士/Reflector Mage》
3:《無私の霊魂/Selfless Spirit》
4:《呪文捕らえ/Spell Queller》
4:《森の代言者/Sylvan Advocate》
3:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
2:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
2:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
2:《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》
27 creatures

4:《集合した中隊/Collected Company》
1:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
1:《オジュタイの命令/Ojutai’s Command》
2:《石の宣告/Declaration in Stone》
8 other spells

2:《首絞め/Noose Constrictor》
1:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
2:《意思の激突/Clash of Wills》
2:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
1:《オジュタイの命令/Ojutai’s Command》
1:《即時却下/Summary Dismissal》
1:《大天使アヴァシン/Archangel Avacyn》
2:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
1:《実地研究者、タミヨウ/Tamiyo, Field Researcher》
2:《悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance》
15 sideboard cards

*3位:エスパーコントロール プレイヤー:Shaheen Soorani
2:《島/Island》
1:《平地/Plains》
5:《沼/Swamp》
4:《詰まった河口/Choked Estuary》
2:《進化する未開地/Evolving Wilds》
4:《大草原の川/Prairie Stream》
4:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
4:《窪み渓谷/Sunken Hollow》
26 lands

1:《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End》
4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
5 creatures

2:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
2:《卓絶のナーセット/Narset Transcendent》
1:《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited》
2:《死の宿敵、ソリン/Sorin, Grim Nemesis》
1:《苦渋の破棄/Anguished Unmaking》
4:《闇の掌握/Grasp of Darkness》
1:《シルムガルの命令/Silumgar’s Command》
1:《究極の価格/Ultimate Price》
4:《ジェイスの誓い/Oath of Jace》
2:《闇の誓願/Dark Petition》
1:《罪人への急襲/Descend upon the Sinful》
4:《衰滅/Languish》
1:《破滅の道/Ruinous Path》
3:《精神背信/Transgress the Mind》
29 other spells

1:《血統の呼び出し/Call the Bloodline》
1:《殺害/Murder》
2:《否認/Negate》
1:《オジュタイの命令/Ojutai’s Command》
1:《龍王シルムガル/Dragonlord Silumgar》
1:《約束された終末、エムラクール/Emrakul, the Promised End》
2:《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet》
1:《久遠の闇からの誘引/Coax from the Blind Eternities》
1:《強迫/Duress》
1:《無限の抹消/Infinite Obliteration》
1:《知恵の拝借/Pick the Brain》
1:《破滅の道/Ruinous Path》
1:《精神背信/Transgress the Mind》
15 sideboard cards

その他の上位入賞者リストはこちらから。

クラシック(モダン)

1st Place白青赤コントロール
プレイヤー:Benjamin Nikolich
2nd Placeタイタン・ブリーチ
プレイヤー:Daniel Zorko
3rd Place上陸ヴァラクート
プレイヤー:Jeff Hoogland
4th Placeバーン
プレイヤー:Ben Reichard
5th Placeバーン
プレイヤー:Hoang Bui
6th Place聖遺撤退
プレイヤー:Shawn Becker
7th Place白青赤コントロール
プレイヤー:Peter Villarrubia
8th Place感染
プレイヤー:Hunter Harding
1位:ジェスカイコントロール プレイヤー:Benjamin Nikolich
2:《島/Island》
1:《山/Mountain》
1:《平地/Plains》
4:《天界の列柱/Celestial Colonnade》
1:《僻地の灯台/Desolate Lighthouse》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2:《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
1:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2:《蒸気孔/Steam Vents》
2:《硫黄の滝/Sulfur Falls》
24 lands

4:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
1:《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
1:《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
6 creatures

4:《先駆ける者、ナヒリ/Nahiri, the Harbinger》
1:《謎めいた命令/Cryptic Command》
1:《電解/Electrolyze》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
3:《稲妻のらせん/Lightning Helix》
2:《マナ漏出/Mana Leak》
4:《流刑への道/Path to Exile》
3:《差し戻し/Remand》
2:《呪文嵌め/Spell Snare》
1:《祖先の幻視/Ancestral Vision》
4:《血清の幻視/Serum Visions》
1:《機を見た援軍/Timely Reinforcements》
30 other spells

1:《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》
2:《安らかなる眠り/Rest in Peace》
2:《石のような静寂/Stony Silence》
1:《払拭/Dispel》
1:《否認/Negate》
1:《摩耗+損耗/Wear+Tear》
1:《嵐の神、ケラノス/Keranos, God of Storms》
1:《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》
2:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
1:《塵への崩壊/Crumble to Dust》
1:《至高の評決/Supreme Verdict》
1:《機を見た援軍/Timely Reinforcements》
15 sideboard cards

*3位:上陸ヴァラクート プレイヤー:Jeff Hoogland
1:《森/Forest》
1:《山/Mountain》
4:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
1:《飛翔する海崖/Soaring Seacliff》
4:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
1:《寺院の庭/Temple Garden》
4:《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》
3:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
4:《トロウケアの敷石/Flagstones of Trokair》
27 lands

4:《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》
4:《板金鎧の土百足/Plated Geopede》
4:《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》
12 creatures

4:《虹色の前兆/Prismatic Omen》
4:《魔力変/Manamorphose》
4:《流刑への道/Path to Exile》
4:《探検/Explore》
1:《遥か見/Farseek》
4:《風景の変容/Scapeshift》
21 other spells

3:《罠の橋/Ensnaring Bridge》
3:《石のような静寂/Stony Silence》
3:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
4:《爆裂+破綻/Boom+Bust》
1:《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
1:《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》
15 sideboard cards

*6位:レリカリーリトリート プレイヤー:Shawn Becker
3:《森/Forest》
1:《平地/Plains》
1:《繁殖池/Breeding Pool》
1:《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》
2:《幽霊街/Ghost Quarter》
1:《神無き祭殿/Godless Shrine》
1:《地平線の梢/Horizon Canopy》
2:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1:《草むした墓/Overgrown Tomb》
2:《寺院の庭/Temple Garden》
3:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
22 lands

1:《呪文滑り/Spellskite》
1:《エイヴンの思考検閲者/Aven Mindcensor》
2:《極楽鳥/Birds of Paradise》
2:《永遠の証人/Eternal Witness》
4:《残忍な剥ぎ取り/Grim Flayer》
4:《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》
1:《翻弄する魔道士/Meddling Mage》
4:《貴族の教主/Noble Hierarch》
2:《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》
1:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
1:《無私の霊魂/Selfless Spirit》
1:《呪文捕らえ/Spell Queller》
2:《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》
26 creatures

3:《珊瑚兜への撤退/Retreat to Coralhelm》
2:《召喚の調べ/Chord of Calling》
4:《集合した中隊/Collected Company》
3:《流刑への道/Path to Exile》
12 other spells

1:《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》
2:《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》
1:《翻弄する魔道士/Meddling Mage》
1:《目覚ましヒバリ/Reveillark》
1:《呪文捕らえ/Spell Queller》
1:《石のような静寂/Stony Silence》
1:《太陽と月の輪/Wheel of Sun and Moon》
1:《引き裂く突風/Fracturing Gust》
1:《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost》
1:《戦争の報い、禍汰奇/Kataki, War’s Wage》
1:《静寂の守り手、リンヴァーラ/Linvala, Keeper of Silence》
1:《シルヴォクののけ者、メリーラ/Melira, Sylvok Outcast》
1:《ボジューカの沼/Bojuka Bog》
15 sideboard cards

その他の上位入賞者リストはこちらから。

クラシック(レガシー)

1st Placeドレッジ
プレイヤー:Damon Whitby
2nd Place奇跡
プレイヤー:Ryan Aucoin
3rd Place青黒赤デルバー
プレイヤー:Ed Demicco
4th Place青赤デルバー
プレイヤー:Lyle Rolfes
5th Place青黒赤緑デルバー
プレイヤー:Jarvus Yu
6th Place青黒赤デルバー
プレイヤー:Justin Parnell
7th Place無色エルドラージ
プレイヤー:Ryan Dail
8th Place奇跡
プレイヤー:Joe Lossett
1位:ドレッジ プレイヤー:Damon Whitby
4:《セファリッドの円形競技場/Cephalid Coliseum》
1:《真鍮の都/City of Brass》
4:《宝石鉱山/Gemstone Mine》
4:《マナの合流点/Mana Confluence》
13 lands

4:《ゴルガリの墓トロール/Golgari Grave-Troll》
4:《ゴルガリの凶漢/Golgari Thug》
3:《イチョリッド/Ichorid》
4:《ナルコメーバ/Narcomoeba》
2:《秘蔵の縫合体/Prized Amalgam》
1:《朽ちゆくインプ/Putrid Imp》
4:《臭い草のインプ/Stinkweed Imp》
22 creatures

4:《ライオンの瞳のダイアモンド/Lion’s Eye Diamond》
4:《黄泉からの橋/Bridge from Below》
1:《炎の嵐/Firestorm》
4:《打開/Breakthrough》
4:《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
4:《入念な研究/Careful Study》
4:《信仰無き物あさり/Faithless Looting》
25 other spells

1:《灰燼の乗り手/Ashen Rider》
4:《静寂/Serenity》
2:《炎の嵐/Firestorm》
4:《意志の力/Force of Will》
2:《戦慄の復活/Dread Return》
2:《暴露/Unmask》
15 sideboard cards

その他の上位入賞者リストはこちらから。

17 コメント on SCGオープンinリッチモンド(スタンダード):優勝はバントカンパニー、3位にエスパーコン

  1. [1] 名無しのイゼット団員 2016/09/05(月) 12:19:24 ID:A4NTIzNDY

    レガシー1位がストームになってますよ

  2. [2] 名無しのイゼット団員 2016/09/05(月) 12:21:22 ID:EwMjA4NjY

    クラッシュってなんだ?

  3. [3] 名無しのイゼット団員 2016/09/05(月) 12:24:18 ID:I2ODI1ODY

    押し潰す触手のこと
    まさかアーキタイプの看板背負うとは思わなんだ

  4. [4] 名無しのイゼット団員 2016/09/05(月) 12:26:03 ID:I2ODI1ODY

    そして緑黒系の定番になりつつある残忍な剥ぎ取りくん

  5. [5] タソガレ@管理人 2016/09/05(月) 12:33:32 ID:E2NjQ2OTI

    ※1
    修正致しました、ご指摘ありがとうございます。

  6. [6] 名無しのイゼット団員 2016/09/05(月) 12:34:08 ID:gxMTI3OTU

    バントカンパニーが優勝してるけど
    かなりバラけてるね…

  7. [7] 名無しのイゼット団員 2016/09/05(月) 12:49:23 ID:IwMTY0NDI

    エスパーコン、長いラウンド戦ってたら1回くらいソリンでエムラシュートしてたりしそうで良い

  8. [8] 名無しのイゼット団員 2016/09/05(月) 13:08:21 ID:c4MjEzNjY

    盲信者も復活もないドレッジが1位なのか

  9. [9] 名無しのイゼット団員 2016/09/05(月) 13:14:39 ID:gwMjMyNzU

    ヤ中1

  10. [10] 名無しのイゼット団員 2016/09/05(月) 13:41:42 ID:gxMTI0MTA

    レガシードレッジに縫合体とウィル入ってるな

  11. [11] 名無しのイゼット団員 2016/09/05(月) 17:20:01 ID:I0OTE1NTU

    4Cカンパニーにまで残忍な剥ぎ取り入るのか(困惑)
    この構成だと昂揚満たすの難しそうだけどサボタージュ能力だけで十分有用ってことなんかね
    確かに中隊とライブラリー操作は相性良いな

  12. [12] 名無しのイゼット団員 2016/09/05(月) 17:51:07 ID:E3NzI2NDM

    キキコードで有名なJeffがまた変なデッキ使ってる……w

  13. [13] 名無しのイゼット団員 2016/09/05(月) 18:41:25 ID:E3ODg3NDg

    Jeffのデッキかなり前にだけどイゼ速で取り上げられてたよね
    双子禁止直後くらいかな、確か

  14. [14] 名無しのイゼット団員 2016/09/05(月) 19:29:07 ID:E3NzMxNTk

    ※12
    遠回しにキキコードを変なデッキ呼ばわりするのはNG

  15. [15] 名無しのイゼット団員 2016/09/05(月) 20:25:40 ID:A4MDg4OTE

    ※11
    コンボに重きを置いた構成に見える。
    剥ぎ取りで落としたパーツを永遠の証人で引き上げるんだろね。
    ある程度パワーあって墓地肥やせるクリーチャーがモダンだと他にいないからなぁ。

  16. [16] 名無しのイゼット団員 2016/09/05(月) 20:28:36 ID:A4MDg4OTE

    剥ぎ取りの効果勘違いしてたわ。
    これは強い(確信)

  17. [17] 名無しのイゼット団員 2016/09/05(月) 23:10:39 ID:A4NDA1MDI

    レガシーでデスタクがいないな、意外だ

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。