Magic Story『マルコフ荘園の謎』:ジェイスの精神に干渉する謎の記憶と、ある女性の日誌

 

日本時間の3月31日、米マジック:ザ・ギャザリング公式サイトより背景世界記事であるMagic Story『マルコフ荘園の謎』が公開されました。

ソリンの手掛かりを見つけるためマルコフ荘園を訪れたジェイス。しかし彼を出迎えたのは破壊され尽くした廃墟と、謎の幻視――記憶の断片でした。

あらすじ

ジェイスが訪れた時、マルコフ荘園は既に廃墟だった。引き裂かれた壁、ねじ曲がった柱……ソリンがこれをやったのだろうか。すると突然脳内にかつての荘園の姿が浮かんだ。周囲に術者の存在は察知できない。彼は訝しみながらも先へ進む。

浮遊する建造物の残骸をパズルのように動かし、その上を乗り継ぎつつ入り口へとたどり着く。「何故ここに来た?」意図せず行われる自問自答。自らの心を探るも、逃げられてしまう。どうやら度々見る幻視は少し前にここを訪れた人物の、あるいは場所に残った思考――記憶のようだった。記憶の中には、本を抱えた一人の人物がいた。その人物の目線の先には扉があった。導かれている。

金属音をけたたましく鳴らす扉を開いた。「逃げないと」。熟練の精神魔道士であるジェイスの防壁を安々と突破し、自分ではない者の声が心のなかに響く。大広間にたどり着くと、おびただしい数の吸血鬼が壁に埋め込まれるように死んでいた。突如飢えた吸血鬼に取り囲まれ、引き裂かれる――という記憶がよぎる。その中心に位置する吸血鬼の祖、エドガー・マルコフ。もう少し自分が早くここにたどり着いていたなら、本当に自分が引き裂かれていただろう。ある小部屋で自分の顔を見つけた――違う、これは記憶の主だ。吸血鬼の中のただ一人の人間。彼だったものは、この次元に不釣合いな青い装丁の本を抱えていた。

本を手に取ると、月のように白く輝く顔が、彼女が「謎の石」と呼ぶ何かについて説明を始めた。再び記憶が再現される。男にはわからなかったかもしれないが、自分には分かる。彼女は神河次元のムーンフォーク、そしてプレインズウォーカーだ。本を後ろからめくると、記憶の男、ジェンリクが途中でこの本……日誌を引き継いでいることがわかった。危険を感じ来た道を戻る――戻っていなかった。明らかに精神に干渉されている。もしくはこの場所がもたらす強烈な何かか。礼拝堂のような場所にたどり着くジェイス。そこには何十人もの人間と、中心に捕らえられた天使がいて――という記憶。彼らはナイフで天使の血管を切り裂き、その銀色の血を飲んでいる。どうやら吸血鬼という種が生まれた瞬間を追想しているらしい。「何故ここにいる」再び声が響く「これを取りに来た」本を開くジェイス。そこには大天使アヴァシンについて先ほどの彼女が調べたであろう委細が記されていた。ソリンの被造物であることや、その目的など……「天使は狂ってしまった」自分でない自分の声が響く。ジェイスは二つの仮説を立てた。「その1、ソリンが荘園を破壊し、人々へとアヴァシンを敵対ささせた。」「その2、ソリンの敵対するものが荘園を破壊し、人々へと敵対させた。」その両方が恐ろしいものだった。

この本には天使の狂気についての研究が記されてある。「これがソリンを見つける助けになる」果たしてこれは自分の声だろうか。この城の至るところに記憶の残滓が満ちている。おそらくジェンリクは日誌を持ってここへ来て、運悪く吸血鬼に捕われ――何者かの虐殺に巻き込まれたのだ。帰りの道は先ほどのように朧気でなく、はっきりとしていた。ジェイスは最後に一度だけ振り返り、マルコフ荘園を後にした。

用語解説

エドガー・マルコフ/Edgar Markov[人物、吸血鬼]
イニストラード四大血統の一つ、マルコフ家の始祖でありソリンの祖父。錬金術士であり血魔術の使い手。数千年前イニストラードに訪れた未曾有の飢餓を緩和すべく、人間の血を糧とする吸血鬼なる種を創りだした張本人。だがそれは建前で、真の目的は自身とソリンを不死の存在へと昇華させることだった。その儀式の際の精神的ショックによってソリンのプレインズウォーカーの灯が点灯することに。

アイキャッチ

神河/Kamigawa[次元]
定命の者が住まう「現し世」、そして神の住む「隠り世」の二つの世界からなる次元。人々は万物に宿る神、精霊を崇め暮らしていた。だがある男の手によって帳の神が貶められた時、その怒りが隠り世までもを崩壊させてしまう。2004年から2005年にかけて発売されたセット『神河物語』『神河謀叛』『神河救済』の舞台。

空民

ムーンフォーク/Moonfolk[種族]
「空民」と呼ばれる、神河次元に住まう亜人種。秘密主義かつ知的好奇心に溢れ、神河の超物理的な現象に関する膨大な知識と、男性の名前を「~ク」、女性の名前を「~ヨウ」で統一する文化を持つ。プレインズウォーカーであるタミヨウの種族。

関連リンク

『イニストラードを覆う影』物語アーカイブ – MTG米公式サイト
次元概略:イニストラード – MTG米公式サイト

ソース

マルコフ荘園の謎 – 米MTG公式サイト


51 コメント on Magic Story『マルコフ荘園の謎』:ジェイスの精神に干渉する謎の記憶と、ある女性の日誌

  1. [51] 名無しのイゼット団員 2016/04/05(火) 10:35:45 ID:Y1Nzc0NjA

    上手く日本語的に意訳するのが翻訳家の仕事だよ。
    元の言語だけにある単語や慣用句だったりを上手く日本語に落とし込む、あるいは日本の別の慣用句に当てはめてしまったり。
    少なくとも物語の本を直訳ってないんじゃないだろうか。しちゃうと読めたもんじゃないし。

1 2

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




必ずガイドラインを確認、同意の上で送信ボタンを押してください。規約に違反すると判断された場合、削除・編集が行われる可能性がありますので紳士的な発言を心がけましょう。