SCGオープンinフィラデルフィア:スタンダードにて放浪する森林入りのアブザンブルーが準優勝

 

アメリカの大手MTG通販サイト「StarCityGames.com」の主催する大規模大会Open Seriesがペンシルベニア州フィラデルフィアにて開催されました。優勝はスタンダード部門(Open Series)がMatt Tumavitch選手のアブザンアグロ、モダン部門(Premier IQ)がJoshua Everly選手の親和、レガシー部門(Premier IQ)がJacob Saracino選手のグリクシスデルバーとなっています。

スタンダード(Open Series)

1st Place白黒緑
プレイヤー:Matt Tumavitch
2nd Place白黒緑タッチ青
プレイヤー:Hunter Nance
3rd Place白黒緑
プレイヤー:Aaron Sorrells
4th Place白黒緑
プレイヤー:Jared Bauer
5th Place白青緑大変異
プレイヤー:Jamie Collier
6th Place赤緑ランプ
プレイヤー:Tyler Barnett
7th Place白青赤タッチ黒コントロール
プレイヤー:Todd Anderson
8th Place白青赤タッチ黒
プレイヤー:Erik Smith
1位:アブザン プレイヤー:Matt Tumavitch
2:《森/Forest》
2:《平地/Plains》
2:《梢の眺望/Canopy Vista》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2:《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》
4:《乱脈な気孔/Shambling Vent》
1:《燻る湿地/Smoldering Marsh》
1:《窪み渓谷/Sunken Hollow》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
26 lands

3:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
3:《棲み家の防御者/Den Protector》
4:《包囲サイ/Siege Rhino》
4:《始まりの木の管理人/Warden of the First Tree》
2:《風番いのロック/Wingmate Roc》
4:《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost》
20 creatures

4:《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》
1:《絹包み/Silkwrap》
4:《アブザンの魔除け/Abzan Charm》
4:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
1:《残忍な切断/Murderous Cut》
14 other spells

1:《風番いのロック/Wingmate Roc》
2:《絹包み/Silkwrap》
2:《究極の価格/Ultimate Price》
1:《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
1:《真面目な訪問者、ソリン/Sorin, Solemn Visitor》
2:《強迫/Duress》
2:《自傷疵/Self-Inflicted Wound》
1:《悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance》
3:《精神背信/Transgress the Mind》
15 sideboard cards

*2位:アブザンブルー プレイヤー:Hunter Nance
2:《森/Forest》
1:《平地/Plains》
2:《沼/Swamp》
2:《梢の眺望/Canopy Vista》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3:《汚染された三角州/Polluted Delta》
1:《大草原の川/Prairie Stream》
1:《燻る湿地/Smoldering Marsh》
1:《窪み渓谷/Sunken Hollow》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
4:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
25 lands

4:《搭載歩行機械/Hangarback Walker》
2:《棲み家の防御者/Den Protector》
4:《包囲サイ/Siege Rhino》
4:《始まりの木の管理人/Warden of the First Tree》
2:《風番いのロック/Wingmate Roc》
3:《放浪する森林/Woodland Wanderer》
4:《先頭に立つもの、アナフェンザ/Anafenza, the Foremost》
23 creatures

4:《アブザンの魔除け/Abzan Charm》
3:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
3:《残忍な切断/Murderous Cut》
2:《頑固な否認/Stubborn Denial》
12 other spells

2:《棲み家の防御者/Den Protector》
1:《風番いのロック/Wingmate Roc》
3:《絹包み/Silkwrap》
1:《悪性の疫病/Virulent Plague》
2:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
2:《払拭/Dispel》
1:《ドロモカの命令/Dromoka’s Command》
1:《真面目な訪問者、ソリン/Sorin, Solemn Visitor》
2:《悲劇的な傲慢/Tragic Arrogance》
15 sideboard cards

*7位:ダークジェスカイコントロール プレイヤー:Todd Anderson
1:《島/Island》
2:《山/Mountain》
2:《平地/Plains》
1:《沼/Swamp》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
3:《神秘の僧院/Mystic Monastery》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
2:《大草原の川/Prairie Stream》
2:《燻る湿地/Smoldering Marsh》
1:《窪み渓谷/Sunken Hollow》
26 lands

2:《竜使いののけ者/Dragonmaster Outcast》
3:《魂火の大導師/Soulfire Grand Master》
4:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
9 creatures

2:《絹包み/Silkwrap》
4:《はじける破滅/Crackling Doom》
4:《時を越えた探索/Dig Through Time》
1:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
4:《焦熱の衝動/Fiery Impulse》
2:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
2:《否認/Negate》
3:《オジュタイの命令/Ojutai’s Command》
2:《完全なる終わり/Utter End》
1:《次元の激高/Planar Outburst》
25 other spells

2:《アラシンの僧侶/Arashin Cleric》
1:《フェリダーの仔/Felidar Cub》
1:《見えざるものの熟達/Mastery of the Unseen》
1:《悪性の疫病/Virulent Plague》
1:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
1:《払拭/Dispel》
1:《消去/Erase》
3:《無限の抹消/Infinite Obliteration》
2:《苦い真理/Painful Truths》
2:《光輝の炎/Radiant Flames》
15 sideboard cards

その他上位者リストはこちらから。

モダン(Premier IQ)

1st Place親和
プレイヤー:Joshua Everly
2nd Placeストーム
プレイヤー:Andrew Shrout
3rd Place青単タイムワープ
プレイヤー:Joshua Bova
4th Place赤緑トロン
プレイヤー:Christopher Cogliati
5th Placeスケープシフト
プレイヤー:Nick Hyler
6th Place感染
プレイヤー:David Reed
7th Place白黒緑
プレイヤー:Ben Weiner
8th Place青黒赤ツイン
プレイヤー:Brett Young
1位:親和 プレイヤー:Joshua Everly
4:《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》
1:《山/Mountain》
4:《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》
4:《空僻地/Glimmervoid》
4:《墨蛾の生息地/Inkmoth Nexus》
17 lands

4:《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》
4:《刻まれた勇者/Etched Champion》
2:《メムナイト/Memnite》
4:《羽ばたき飛行機械/Ornithopter》
4:《信号の邪魔者/Signal Pest》
2:《呪文滑り/Spellskite》
3:《鋼の監視者/Steel Overseer》
4:《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》
27 creatures

4:《頭蓋囲い/Cranial Plating》
4:《バネ葉の太鼓/Springleaf Drum》
4:《感電破/Galvanic Blast》
4:《オパールのモックス/Mox Opal》
16 other spells

1:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
2:《血染めの月/Blood Moon》
1:《ギラプールの霊気格子/Ghirapur AEther Grid》
2:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1:《四肢切断/Dismember》
3:《呪文貫き/Spell Pierce》
1:《摩耗+損耗/Wear+Tear》
2:《思考囲い/Thoughtseize》
2:《鞭打ち炎/Whipflare》
15 sideboard cards

*3位:青単タイムワープ プレイヤー:Joshua Bova
20:《島/Island》
1:《石灰の池/Calciform Pools》
1:《戦慄艦の浅瀬/Dreadship Reef》
1:《幽霊街/Ghost Quarter》
1:《海の中心、御心/Mikokoro, Center of the Sea》
24 lands

1:《海の神、タッサ/Thassa, God of the Sea》
1 creatures

1:《ジェイス・ベレレン/Jace Beleren》
1:《不死の霊薬/Elixir of Immortality》
1:《吠えたける鉱山/Howling Mine》
4:《クルフィックスの指図/Dictate of Kruphix》
2:《謎めいた命令/Cryptic Command》
2:《万の眠り/Gigadrowse》
4:《差し戻し/Remand》
2:《呪文嵌め/Spell Snare》
2:《時間の把握/Telling Time》
1:《水の帳の分離/Part the Waterveil》
4:《血清の幻視/Serum Visions》
4:《時間の熟達/Temporal Mastery》
4:《時間のねじれ/Time Warp》
3:《永劫での歩み/Walk the Aeons》
35 other spells

1:《研究室の偏執狂/Laboratory Maniac》
1:《霊気化/AEtherize》
1:《払拭/Dispel》
2:《冬眠/Hibernation》
3:《ハーキルの召還術/Hurkyl’s Recall》
1:《応じ返し/Snapback》
2:《呪文貫き/Spell Pierce》
2:《蒸気の絡みつき/Vapor Snag》
2:《拭い捨て/Wipe Away》
15 sideboard cards

*5位:スケープシフト プレイヤー:Nick Hyler
2:《森/Forest》
3:《島/Island》
1:《山/Mountain》
1:《沼/Swamp》
2:《繁殖池/Breeding Pool》
1:《燃えがらの林間地/Cinder Glade》
1:《伐採地の滝/Lumbering Falls》
4:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4:《蒸気孔/Steam Vents》
4:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
2:《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》
1:《湿った墓/Watery Grave》
26 lands

4:《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》
1:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
1:《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》
6 creatures

4:《謎めいた命令/Cryptic Command》
2:《電解/Electrolyze》
2:《イゼットの魔除け/Izzet Charm》
4:《差し戻し/Remand》
2:《俗世の相談/Worldly Counsel》
1:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
4:《白日の下に/Bring to Light》
2:《遥か見/Farseek》
3:《風景の変容/Scapeshift》
4:《明日への探索/Search for Tomorrow》
28 other spells

1:《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》
3:《強情なベイロス/Obstinate Baloth》
1:《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
1:《ジャンドの魔除け/Jund Charm》
2:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
1:《クローサの掌握/Krosan Grip》
2:《否認/Negate》
1:《殺戮の契約/Slaughter Pact》
1:《ピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaar》
1:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
1:《粉砕の嵐/Shatterstorm》
15 sideboard cards

*8位:グリクシスツイン プレイヤー:Brett Young
3:《島/Island》
1:《山/Mountain》
1:《沼/Swamp》
1:《血の墓所/Blood Crypt》
2:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1:《闇滑りの岸/Darkslick Shores》
1:《僻地の灯台/Desolate Lighthouse》
3:《汚染された三角州/Polluted Delta》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2:《蒸気孔/Steam Vents》
2:《硫黄の滝/Sulfur Falls》
1:《湿った墓/Watery Grave》
22 lands

3:《詐欺師の総督/Deceiver Exarch》
2:《やっかい児/Pestermite》
4:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
2:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
2:《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
13 creatures

3:《欠片の双子/Splinter Twin》
1:《謎めいた命令/Cryptic Command》
1:《払拭/Dispel》
2:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
2:《マナ漏出/Mana Leak》
1:《残忍な切断/Murderous Cut》
2:《差し戻し/Remand》
1:《呪文貫き/Spell Pierce》
2:《呪文嵌め/Spell Snare》
2:《終止/Terminate》
4:《血清の幻視/Serum Visions》
25 other spells

2:《呪文滑り/Spellskite》
2:《血染めの月/Blood Moon》
1:《対抗変転/Counterflux》
1:《四肢切断/Dismember》
1:《瞬間凍結/Flashfreeze》
2:《否認/Negate》
1:《引き裂く流弾/Rending Volley》
1:《ザルファーの魔道士、テフェリー/Teferi, Mage of Zhalfir》
1:《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
1:《嵐の神、ケラノス/Keranos, God of Storms》
1:《悪夢の織り手、アショク/Ashiok, Nightmare Weaver》
1:《魂の洞窟/Cavern of Souls》
15 sideboard cards

その他上位者リストはこちらから。

レガシー(Premier IQ)

1st Place青黒赤デルバー
プレイヤー:Jacob Saracino
2nd Place白青黒緑デス・ブレード
プレイヤー:Paul Lynch
3rd Place青黒赤デルバー
プレイヤー:Ed Demicco
4th PlaceMUD
プレイヤー:Michael Gibson
5th Place青黒緑デルバー
プレイヤー:Ryan Seawell
6th Place黒赤緑
プレイヤー:Michael McDermott
7th Place感染
プレイヤー:Steven Sherwin
8th Placeエルフ
プレイヤー:Max Williams
1位:グリクシスデルバー プレイヤー:Jacob Saracino
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1:《Tropical Island》
2:《Underground Sea》
3:《Volcanic Island》
4:《不毛の大地/Wasteland》
18 lands

4:《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4:《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
2:《グルマグのアンコウ/Gurmag Angler》
2:《若き紅蓮術士/Young Pyromancer》
12 creatures

4:《渦まく知識/Brainstorm》
4:《目くらまし/Daze》
4:《Force of Will》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
4:《もみ消し/Stifle》
2:《陰謀団式療法/Cabal Therapy》
4:《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4:《思案/Ponder》
30 other spells

1:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
1:《無のロッド/Null Rod》
1:《イゼットの静電術師/Izzet Staticaster》
1:《夜の戦慄/Dread of Night》
1:《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》
1:《古えの遺恨/Ancient Grudge》
1:《暗黒破/Darkblast》
1:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1:《水流破/Hydroblast》
2:《紅蓮破/Pyroblast》
1:《ラクドスの魔除け/Rakdos Charm》
2:《水没/Submerge》
1:《外科的摘出/Surgical Extraction》
15 sideboard cards

*4位:MUD プレイヤー:Michael Gibson
4:《古えの墳墓/Ancient Tomb》
3:《裏切り者の都/City of Traitors》
4:《雲上の座/Cloudpost》
1:《水晶鉱脈/Crystal Vein》
4:《微光地/Glimmerpost》
4:《ミシュラの工廠/Mishra’s Factory》
4:《ヴェズーヴァ/Vesuva》
24 lands

1:《荒廃鋼の巨像/Blightsteel Colossus》
4:《カルドーサの鍛冶場主/Kuldotha Forgemaster》
4:《磁石のゴーレム/Lodestone Golem》
4:《金属細工師/Metalworker》
1:《マイアの戦闘球/Myr Battlesphere》
1:《白金の天使/Platinum Angel》
1:《鋼のヘルカイト/Steel Hellkite》
1:《隔離するタイタン/Sundering Titan》
2:《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》
19 creatures

2:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
4:《虚空の杯/Chalice of the Void》
4:《厳かなモノリス/Grim Monolith》
1:《稲妻のすね当て/Lightning Greaves》
1:《イシュ・サーの背骨/Spine of Ish Sah》
1:《威圧の杖/Staff of Domination》
4:《三なる宝球/Trinisphere》
17 other spells

1:《殴打頭蓋/Batterskull》
1:《護法の宝珠/Orbs of Warding》
3:《真髄の針/Pithing Needle》
2:《漸増爆弾/Ratchet Bomb》
1:《ニンの杖/Staff of Nin》
4:《アメジストのとげ/Thorn of Amethyst》
2:《トーモッドの墓所/Tormod’s Crypt》
1:《全ては塵/All Is Dust》
15 sideboard cards

*6位:パニッシングジャンド プレイヤー:Michael McDermott
1:《森/Forest》
1:《沼/Swamp》
3:《Badlands》
2:《Bayou》
3:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
4:《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
4:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
3:《不毛の大地/Wasteland》
2:《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
1:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》
24 lands

3:《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》
3:《闇の腹心/Dark Confidant》
4:《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4:《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
14 creatures

3:《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》
1:《森の知恵/Sylvan Library》
4:《突然の衰微/Abrupt Decay》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
3:《罰する火/Punishing Fire》
3:《Hymn to Tourach》
3:《思考囲い/Thoughtseize》
1:《毒の濁流/Toxic Deluge》
22 other spells

2:《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
1:《真髄の針/Pithing Needle》
1:《Chains of Mephistopheles》
1:《窒息/Choke》
2:《破滅的な行為/Pernicious Deed》
1:《ゴルガリの魔除け/Golgari Charm》
1:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
3:《精神壊しの罠/Mindbreak Trap》
3:《赤霊破/Red Elemental Blast》
15 sideboard cards

その他上位者リストはこちらから。

130 コメント on SCGオープンinフィラデルフィア:スタンダードにて放浪する森林入りのアブザンブルーが準優勝

  1. [101] 名無しのイゼット団員 2015/11/11(水) 11:15:47 ID:I4MzgxNTA

    今の環境、近年では最高に楽しんでる

  2. [102] 名無しのイゼット団員 2015/11/11(水) 12:56:56 ID:EzNjU5MTI

    多色環境の次のパックでメカニズムや推しがトーナメントレベルにならず、失敗すると悲惨な事になるんだなぁって。
    そう考えるとテーロスは相当上手くやったんだろうなぁ。
    今の環境問題なのは、プレイしててギミックやら駆け引きもクソもない所だと思う。
    なんかハースストーンみたいなんだよな。順番にカード叩きつけてGGみたいな。
    強さは圧倒的だったけど、まだカウブレードとかの時期の方が今より駆け引きがあったな。

  3. [103] 名無しのイゼット団員 2015/11/11(水) 14:11:15 ID:QxNjc3NDI

    ※102
    開発がミッドレンジ推しな上に、今の環境はインスタントの除去や打ち消しが弱いからね
    ソーサリータイミングでマナカーブ沿いに動くだけだから、駆け引きが少ない

  4. [104] 名無しのイゼット団員 2015/11/11(水) 22:15:07 ID:AwMDQ2NTE

    ※93
    わかります。
    でもそこで止まらず、「今の環境強迫メインとか面白そうだな…」とか進みだせば、また違う視点もあるんじゃないかとも思います。この結果が今のスタンダードの行き詰まりとは思いませんし、我々が見落としてるカードは必ずあると思いますね。

  5. [105] 名無しのイゼット団員 2015/11/11(水) 22:31:14 ID:I5MjYyODQ

    ベターであるべきデッキがベストとかいう残念環境
    イニストラヴニカくらいトチ狂ったデッキが出ないのは単純に面白強いカードがないからだよな……

  6. [106] 名無しのイゼット団員 2015/11/12(木) 00:33:04 ID:Q1ODgxNTI

    同じタルキールを含んだスタンダードでこうも評価が変わるものかと

  7. [107] 名無しのイゼット団員 2015/11/12(木) 07:34:20 ID:AwMzE2NTg

    多色環境は好きなんだけど、アブザンっていう嫌いなデッキ一強っていうのがね…

  8. [108] 名無しのイゼット団員 2015/11/12(木) 10:04:56 ID:M5ODczNjc

    イゼット団員はアブザン嫌いそうだよな。色全然被ってないし

  9. [109] 名無しのイゼット団員 2015/11/12(木) 11:25:33 ID:U0MTI5MTc

    イゼット団員だがジェスカイは好き
    ただし純正ジェスカイじゃないとダメ
    黒入ってたらなんかダメ

  10. [110] 名無しのイゼット団員 2015/11/12(木) 16:41:31 ID:U1ODU4OTI

    アブザンガンメタでええやないの

  11. [111] 名無しのイゼット団員 2015/11/12(木) 17:08:36 ID:cxNzU2ODM

    そのアブザンをガンメタできるのがアブザンなんだよなあ…言っている自分が混乱しそうだけど

  12. [112] 名無しのイゼット団員 2015/11/12(木) 18:56:05 ID:AwMzE2NTg

    アナフェンザ、サイ、アブザンチャーム
    要するにこの3つのカードに今の環境は支配されているわけか

  13. [113] 名無しのイゼット団員 2015/11/12(木) 21:26:18 ID:U0NzU5MDU

    そしてそれらが強い理由として素のスペックが高いことと、
    もうひとつ共通してるのが

    三つとも搭載歩行機械に強い
    ってことやな

  14. [114] 名無しのイゼット団員 2015/11/12(木) 21:32:32 ID:AwMzE2NTg

    そりゃ、その3つの呪文を唱えられる、緑、白、黒すなわちアブザンが最強だわな

  15. [115] 名無しのイゼット団員 2015/11/12(木) 21:37:55 ID:MyODkwMzY

    環境を定義するカードは上で挙げられてるのだけど、
    後、異常に影響力が高いのはドロコマかな。メインからナチュラルに入りながら火力、エンチャを捌ける丸さが凄まじい。
    さりげなく環境を絞ってるカードの1枚だと思う。

  16. [116] 名無しのイゼット団員 2015/11/12(木) 22:32:38 ID:MyODczNzM

    ラリーとかカンパニーとかソリンとかタシグルとかギデオンとかニッサとかリリアナとか
    なんかもう構築の主役張れるカードがやたらと揃っているのがアブザン

  17. [117] 原住民 2015/11/12(木) 22:42:58 ID:AwMzI3MTY

    ※112
    ドロコマ「よし!!俺は許されたな」

  18. [118] 名無しのイゼット団員 2015/11/12(木) 22:48:25 ID:UxNjY4MDA

    アブザン使っても、プレイへたならいくらでも負ける。

  19. [119] 名無しのイゼット団員 2015/11/13(金) 02:33:04 ID:c0OTQ4NzI

    >>86
    愛知の一部で流行ってる多人数戦
    GPTやPPTQ会場で遊んでる人達を何度か見たけど、大声出すしうるさくてマナーが悪い

  20. [120] 名無しのイゼット団員 2015/11/13(金) 09:03:49 ID:YzODYzODA

    http://lmcc.jimdo.com/2015/11/09/トップ8デッキリスト/
    一地方の大会とはいえ結果出してるアブザン以外のデッキある
    環境つまらんニキは自分の構築とプレイング反省して、どうぞ

  21. [121] 名無しのイゼット団員 2015/11/13(金) 12:38:34 ID:k2MzAyNDE

    いや、アブザンかアブザンメタのデッキしか無いじゃんそのTOP8

  22. [122] 名無しのイゼット団員 2015/11/13(金) 12:53:41 ID:A4NjY5NzY

    アブザン絶対殺すマン的なメタカードがあるとまだいいんだが…
    カードパワーが高いからメタるのも一苦労

  23. [123] 名無しのイゼット団員 2015/11/13(金) 13:10:05 ID:YzODYzODA

    アブザンメタれるなら環境回せるんじゃない?
    アブザンキライニキが何使ってるか知らんけど工夫が足りないと思う

  24. [124] 名無しのイゼット団員 2015/11/13(金) 17:15:20 ID:MyMzc3ODc

    アブザンメタ…ジェイス?

  25. [125] 名無しのイゼット団員 2015/11/13(金) 18:57:10 ID:A4NjAwMzY

    アブザンガンメタって具体的には何入れりゃいいんだろ。勇敢な姿勢4、影響力の行使4とか?

  26. [126] 名無しのイゼット団員 2015/11/13(金) 21:51:45 ID:YzMzc0MTc

    サイもアナフェンザも初期対応が悪い

  27. [127] 名無しのイゼット団員 2015/11/13(金) 21:58:21 ID:A0ODAxMDU

    ※126
    勇敢な姿勢はいいよね
    アブザンはもちろんアタルカレッドだって大きくなったとこを一応狙える
    コントロール相手にも最低限仕事できるし

    だけど白絡みのアグロと言うと・・・

  28. [128] 名無しのイゼット団員 2015/11/13(金) 23:21:22 ID:YzODYzODA

    PTの玉田さんのデッキが姿勢4だったな

  29. [129] 名無しのイゼット団員 2015/11/13(金) 23:51:20 ID:A4NjY5MzE

    ジェスカイ使うときはメインサイド姿勢4とかしてるけど結局ロックがきつくなるんだよね…
    主要カードのメタカードがそれぞれ微妙にずれてるのもアブザンの強みだね

  30. [130] 名無しのイゼット団員 2015/11/14(土) 01:38:27 ID:Q0NTA5ODE

    米125
    アタルカレッドt黒使ってるけど、周りがアブザンだらけだから大会では自傷疵
    メインから2枚入れてる

1 2 3

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




必ずガイドラインを確認、同意の上で送信ボタンを押してください。規約に違反すると判断された場合、削除・編集が行われる可能性がありますので紳士的な発言を心がけましょう。