SCGオープン(スタンダード):優勝はジェスカイウォーカーズ、2位にエスパーウォーカーズ入賞 | イゼ速。:Izzet MTG News Flash

SCGオープン(スタンダード):優勝はジェスカイウォーカーズ、2位にエスパーウォーカーズ入賞

5月18-19日、アメリカ・シラキュースにて行われたStarCityGames.com主催のオープンシリーズ(スタンダード)。優勝はジェスカイウォーカーズを使用したZan Syed選手となりました。

オープンシリーズ:スタンダード

1st Place ジェスカイウォーカーズ
プレイヤー:Zan Syed
2nd Place エスパーウォーカーズ
プレイヤー:Oliver Tomajko
3rd Place ジェスカイウォーカーズ
プレイヤー:Abe Corrigan
4th Place 赤単アグロ
プレイヤー:Harlan Firer
5th Place 赤単アグロ
プレイヤー:Ben Katz
6th Place 赤単アグロ
プレイヤー:Alex Watt
7th Place ジェスカイウォーカーズ
プレイヤー:Kazu Negri
8th Place エスパーミッドレンジ
プレイヤー:Kenta Hiroki
参加者数 447名
デッキリスト 2日目進出者
メタゲーム 2日目デッキ統計
Twitch配信 動画一覧
1位:ジェスカイウォーカーズ プレイヤー:Zan Syed
デッキリスト
1:《断崖の避難所/Clifftop Retreat》
3:《氷河の城砦/Glacial Fortress》
4:《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
4:《次元間の標/Interplanar Beacon》
2:《総動員地区/Mobilized District》
4:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
4:《蒸気孔/Steam Vents》
3:《硫黄の滝/Sulfur Falls》
25 lands

0 creatures

2:《ウルザの後継、カーン/Karn, Scion of Urza》
4:《覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils》
3:《崇高な工匠、サヒーリ/Saheeli, Sublime Artificer》
4:《主無き者、サルカン/Sarkhan the Masterless》
1:《ドミナリアの英雄、テフェリー/Teferi, Hero of Dominaria》
4:《時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler》
1:《稲妻の一撃/Lightning Strike》
4:《選択/Opt》
4:《ショック/Shock》
3:《呪文貫き/Spell Pierce》
2:《モックス・アンバー/Mox Amber》
3:《轟音のクラリオン/Deafening Clarion》
35 other spells

4:《軍勢の戦親分/Legion Warboss》
3:《牢獄領域/Prison Realm》
3:《ドビンの拒否権/Dovin’s Veto》
2:《黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer》
1:《轟音のクラリオン/Deafening Clarion》
2:《溶岩コイル/Lava Coil》
15 sideboard cards

クラシック:スタンダード

1st Place 赤緑ミッドレンジ
プレイヤー:Davies Clarke
2nd Place エスパーミッドレンジ
プレイヤー:Stephen Dykman
3rd Place 白単タッチ青アグロ
プレイヤー:Erdong Xia
4th Place 赤単アグロ
プレイヤー:Adam Bink
5th Place 赤単アグロ
プレイヤー:Mark Gabriele
6th Place 赤単アグロ
プレイヤー:Pedram Moazen-Sayad
7th Place 青緑ネクサス
プレイヤー:Alexander Chen
8th Place エスパーミッドレンジ
プレイヤー:Stephen Snelson
参加人数 116名
デッキリスト 1-16位
1位:赤緑ミッドレンジ プレイヤー:Davies Clarke
デッキリスト
7:《森/Forest》
6:《山/Mountain》
2:《総動員地区/Mobilized District》
4:《根縛りの岩山/Rootbound Crag》
4:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
23 lands

4:《成長室の守護者/Growth-Chamber Guardian》
4:《グルールの呪文砕き/Gruul Spellbreaker》
2:《クロールの銛撃ち/Kraul Harpooner》
4:《軍勢の戦親分/Legion Warboss》
4:《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》
4:《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》
22 creatures

3:《炎の職工、チャンドラ/Chandra, Fire Artisan》
3:《ボーラスの壊乱者、ドムリ/Domri, Anarch of Bolas》
3:《主無き者、サルカン/Sarkhan the Masterless》
1:《野獣の擁護者、ビビアン/Vivien, Champion of the Wilds》
1:《争闘+壮大/Collision+Colossus》
1:《稲妻の一撃/Lightning Strike》
3:《ショック/Shock》
15 other spells

2:《生体性軟泥/Biogenic Ooze》
3:《貪る死肉あさり/Deathgorge Scavenger》
2:《凶兆艦隊の向こう見ず/Dire Fleet Daredevil》
2:《打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon》
1:《燃えがら蔦/Cindervines》
2:《焦熱の連続砲撃/Fiery Cannonade》
2:《溶岩コイル/Lava Coil》
1:《総動員地区/Mobilized District》
15 sideboard cards

クラシック:モダン

1st Place 白青コントロール
プレイヤー:Jeremy Bertarioni
2nd Place 親和
プレイヤー:Paul Mendez
3rd Place 白青スピリット
プレイヤー:Andre Segarra
4th Place バーン
プレイヤー:Antonio Espada
5th Place ドレッジ
プレイヤー:Alex Thorston
6th Place 白青コントロール
プレイヤー:Robert Seder
7th Place 5色人間
プレイヤー:Abraham Stein
8th Place 白単エルドラージタックス
プレイヤー:Tom Medvec
参加人数 157名
デッキリスト 1-16位
1位:白青コントロール プレイヤー:Jeremy Bertarioni
デッキリスト
6:《島/Island》
2:《平地/Plains》
1:《爆発域/Blast Zone》
3:《天界の列柱/Celestial Colonnade》
4:《廃墟の地/Field of Ruin》
4:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2:《氷河の城砦/Glacial Fortress》
2:《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
1:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
25 lands

3:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
1:《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》
4 creatures

2:《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4:《覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils》
2:《ドミナリアの英雄、テフェリー/Teferi, Hero of Dominaria》
1:《時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler》
1:《拘留の宝球/Detention Sphere》
2:《謎めいた命令/Cryptic Command》
2:《ドビンの拒否権/Dovin’s Veto》
1:《ヒエログリフの輝き/Hieroglyphic Illumination》
1:《論理の結び目/Logic Knot》
4:《選択/Opt》
4:《流刑への道/Path to Exile》
1:《呪文嵌め/Spell Snare》
1:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《失脚/Oust》
1:《血清の幻視/Serum Visions》
2:《至高の評決/Supreme Verdict》
1:《神の怒り/Wrath of God》
31 other spells

1:《激変の機械巨人/Cataclysmic Gearhulk》
2:《修復の天使/Restoration Angel》
1:《呪文捕らえ/Spell Queller》
2:《安らかなる眠り/Rest in Peace》
1:《石のような静寂/Stony Silence》
1:《天界の粛清/Celestial Purge》
1:《儀礼的拒否/Ceremonious Rejection》
1:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
1:《払拭/Dispel》
1:《ドビンの拒否権/Dovin’s Veto》
1:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer》
1:《機を見た援軍/Timely Reinforcements》
15 sideboard cards

ソース

SYRACUSE OPEN WEEKEND – StarCityGames.com

12 コメント on SCGオープン(スタンダード):優勝はジェスカイウォーカーズ、2位にエスパーウォーカーズ入賞

  1. [51] 名無しのイゼット団員 2019/05/21(火) 18:38:10 ID:Y2Mzk1OTc

    アリーナでつくってみようかな。
    しかしこれメイン赤単に勝てなさそう

  2. [52] 名無しのイゼット団員 2019/05/21(火) 19:25:46 ID:IzNTc1MzM

    次元間の標で回復しまくれば間に合うと思う

  3. [53] 名無しのイゼット団員 2019/05/21(火) 21:03:02 ID:YwMDQyODE

    既に
    酷い環境で

  4. [54] 名無しのイゼット団員 2019/05/21(火) 21:33:25 ID:M2NTEzNTg

    どいつもこいつも思考消去からハゲかボーラス適当にぶん投げてきて盤面完全制圧で草枯れる。楽しくないししばらく休むか

  5. [55] 名無しのイゼット団員 2019/05/22(水) 10:05:32 ID:c3NzkwMzg

    2ターン目思考消去の確率はマジで半端ないw
    自分が使ってるのがジェスカイフェザーだから、
    序盤のクリーチャー抜かれると割とそのまま終わったりするなぁ

  6. [56] 名無しのイゼット団員 2019/05/22(水) 12:10:45 ID:c5ODk5Nzk

    結局PWの対策カードが中途半端すぎてアドをとれない時点で
    開発側がPWを贔屓してるのは分かるんだけど、

    それならせめてPWというカードをもう少し面白くデザインして欲しいといいたい

  7. [57] 名無しのイゼット団員 2019/05/23(木) 01:43:03 ID:IxNDI2MjY

    個人的にはパーミッション嫌いだから今のミッドレンジよりの環境の方が好きなんだけどなあ
    あとサルカンとナーセットを一緒に入れてデッキ組めるのもなんかいい

  8. [58] 名無しのイゼット団員 2019/05/23(木) 13:50:21 ID:I3ODMxMjA

    赤単消えるとやばいことになるな(既になってる)

  9. [59] 名無しのイゼット団員 2019/05/23(木) 18:22:56 ID:MzNzU1MzA

    ※57
    これはミッドレンジってーか、タップアウトコンなんじゃねぇかな
    てかPWコンが流行るとミッドレンジが締め出されるからミッドレンジ好きには今の環境は地獄だと思うんだけど

  10. [60] 名無しのイゼット団員 2019/05/24(金) 11:32:38 ID:UyMTQxNzA

    ナーセットとハゲが強すぎる
    アグロだと殴ってもライフゲインされてるのといっしょだし除去してる間に全除去飛んでくるし火力もアド損だしキツすぎ

  11. [61] 名無しのイゼット団員 2019/05/25(土) 21:11:08 ID:U5MzExNTE

    イゼフェニ「PWがクソだってなら俺使えよ」

  12. [62] 名無しのイゼット団員 2019/05/26(日) 16:25:22 ID:AwNzcwODc

    イゼフェニはナーセット置くだけで積むじゃん
    どう擁護しようが結局PWゲーよ

1 2

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。