MO競技リーグ(モダン):1キル型グリショールなど、『灯争大戦』カード採用デッキが複数5-0

4月30日公開のMO競技リーグ(モダン)5-0デッキ一覧より、『灯争大戦』新カード採用アーキタイプのご紹介です。

昨日はスタンダードでしたが、今回はモダンでの初回発表。多数の新カード採用リストの中から、とりわけ特徴的、ないし実用的と思われる4デッキを掲載いたします。

ロンドンマリガン試験実装中の結果になります。

目次

緑単トロン
イルハグシュート
ステューピッドグリショール
アークボウドルイド
他新カード採用デッキ

※デッキ名は暫定となります。

デッキリスト(赤文字は新カード)

5-0:緑単トロン プレイヤー:Ambulance
デッキリスト
4:《森/Forest》
1:《幽霊街/Ghost Quarter》
1:《ウギンの聖域/Sanctum of Ugin》
4:《ウルザの鉱山/Urza’s Mine》
4:《ウルザの魔力炉/Urza’s Power Plant》
4:《ウルザの塔/Urza’s Tower》
18 lands

2:《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》
4:《ワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engine》
6 creatures

4:《解放された者、カーン/Karn Liberated》
4:《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》
2:《人知を超えるもの、ウギン/Ugin, the Ineffable》
2:《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》
4:《古きものの活性/Ancient Stirrings》
4:《森の占術/Sylvan Scrying》
4:《彩色の宝球/Chromatic Sphere》
4:《彩色の星/Chromatic Star》
4:《探検の地図/Expedition Map》
2:《忘却石/Oblivion Stone》
2:《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
36 other spells

1:《忘却石/Oblivion Stone》
1:《虚空の杯/Chalice of the Void》
1:《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》
1:《防御の光網/Defense Grid》
1:《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
1:《マイコシンスの格子/Mycosynth Lattice》
3:《自然の要求/Nature’s Claim》
1:《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》
1:《呪文滑り/Spellskite》
2:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《倦怠の宝珠/Torpor Orb》
1:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
15 sideboard cards

5-0:イルハグシュート プレイヤー:Finalnub
デッキリスト
3:《黒割れの崖/Blackcleave Cliffs》
2:《血の墓所/Blood Crypt》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
4:《山/Mountain》
1:《汚染された三角州/Polluted Delta》
5:《沼/Swamp》
19 lands

3:《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
4:《グリセルブランド/Griselbrand》
3:《猪の祟神、イルハグ/Ilharg, the Raze-Boar》
2:《核の占い師、ジン=ギタクシアス/Jin-Gitaxias, Core Augur》
4:《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》
16 creatures

3:《集団的蛮行/Collective Brutality》
4:《信仰無き物あさり/Faithless Looting》
4:《夜の囁き/Night’s Whisper》
2:《苦しめる声/Tormenting Voice》
4:《御霊の復讐/Goryo’s Vengeance》
4:《裂け目の突破/Through the Breach》
4:《五元のプリズム/Pentad Prism》
25 other spells

1:《猪の祟神、イルハグ/Ilharg, the Raze-Boar》
1:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
2:《血染めの月/Blood Moon》
2:《バントゥ最後の算段/Bontu’s Last Reckoning》
3:《虚空の杯/Chalice of the Void》
1:《反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defiance》
1:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1:《虚空の力線/Leyline of the Void》
1:《引き裂く流弾/Rending Volley》
1:《破壊放題/Shattering Spree》
1:《粉砕の嵐/Shatterstorm》
15 sideboard cards

5-0:ステューピッドグリショール プレイヤー:RagingTiltMonster
デッキリスト
4:《植物の聖域/Botanical Sanctum》
4:《繁殖池/Breeding Pool》
1:《森/Forest》
1:《宝石鉱山/Gemstone Mine》
1:《島/Island》
4:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
15 lands

4:《アロサウルス乗り/Allosaurus Rider》
2:《土着のワーム/Autochthon Wurm》
4:《絡み森の大長/Chancellor of the Tangle》
2:《グリセルブランド/Griselbrand》
1:《研究室の偏執狂/Laboratory Maniac》
4:《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》
1:《野生の朗詠者/Wild Cantor》
18 creatures

4:《異界の進化/Eldritch Evolution》
4:《新生化/Neoform》
4:《血清の幻視/Serum Visions》
2:《手練/Sleight of Hand》
4:《魔力変/Manamorphose》
4:《滋養の群れ/Nourishing Shoal》
1:《有毒の蘇生/Noxious Revival》
4:《召喚士の契約/Summoner’s Pact》
27 other spells

3:《虚空の杯/Chalice of the Void》
2:《残響する真実/Echoing Truth》
4:《神聖の力線/Leyline of Sanctity》
1:《自然の要求/Nature’s Claim》
4:《否定の契約/Pact of Negation》
1:《再利用の賢者/Reclamation Sage》
15 sideboard cards

参考:「ステューピッド・グリショール」調整録(Atsushi Ito, Note)

5-0:アークボウドルイド プレイヤー:Laplasjan
デッキリスト
2:《花盛りの湿地/Blooming Marsh》
3:《森/Forest》
1:《ガヴォニーの居住区/Gavony Township》
2:《地平線の梢/Horizon Canopy》
2:《草むした墓/Overgrown Tomb》
1:《平地/Plains》
2:《剃刀境の茂み/Razorverge Thicket》
1:《沼/Swamp》
2:《寺院の庭/Temple Garden》
3:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
3:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
22 lands

4:《極楽鳥/Birds of Paradise》
4:《献身のドルイド/Devoted Druid》
1:《薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiter》
2:《永遠の証人/Eternal Witness》
1:《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》
1:《秋の騎士/Knight of Autumn》
3:《貴族の教主/Noble Hierarch》
2:《貪欲なチュパカブラ/Ravenous Chupacabra》
3:《修復の天使/Restoration Angel》
1:《目覚ましヒバリ/Reveillark》
1:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
1:《豊潤の声、シャライ/Shalai, Voice of Plenty》
1:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
4:《療治の侍臣/Vizier of Remedies》
29 creatures

1:《異界の進化/Eldritch Evolution》
4:《召喚の調べ/Chord of Calling》
4:《ビビアンのアーク弓/Vivien’s Arkbow》
9 other spells

2:《漁る軟泥/Scavenging Ooze》
1:《不屈の追跡者/Tireless Tracker》
1:《突然の衰微/Abrupt Decay》
2:《暗殺者の戦利品/Assassin’s Trophy》
2:《減衰球/Damping Sphere》
2:《致命的な一押し/Fatal Push》
1:《大爆発の魔道士/Fulminator Mage》
1:《戦争の報い、禍汰奇/Kataki, War’s Wage》
2:《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》
1:《罪の収集者/Sin Collector》
6 sideboard cards

他新カード採用デッキ

青単コントロール
メイン:《爆発域》2枚
赤緑エルドラージ
メイン:《爆発域》1枚
スゥルタイコントロール
メイン:《爆発域》1枚、《負傷者の手当て》1枚
サイド:《夢を引き裂く者、アショク》
ランタンコントロール
メイン:《大いなる創造者、カーン》2枚
唸りプリズン
サイド:《大いなる創造者、カーン》3枚
滋養シュート
サイド:《猪の祟神、イルハグ》1枚
白青コントロール
メイン:《時を解す者、テフェリー》1枚
バントプレインズウォーカー
メイン:《時を解す者、テフェリー》1枚、《寛大なる者、アジャニ》1枚

ソース

COMPETITIVE MODERN CONSTRUCTED LEAGUE – マジック米公式サイト

10 コメント on MO競技リーグ(モダン):1キル型グリショールなど、『灯争大戦』カード採用デッキが複数5-0

  1. [251] 名無しのイゼット団員 2019/05/03(金) 19:47:07 ID:QwODg0NTU

    なんとかして1つ乗るカウンターをどうにか出来ればなぁ
    それであってもすごく強い土地だと思うけど

  2. [252] 名無しのイゼット団員 2019/05/03(金) 19:55:41 ID:g5OTc4MzE

    BGデプスとか土地単、ローム、マーベリックみたいな輪作とか聖遺の騎士の入ったデッキなら爆発域を演劇の舞台でコピーしてカウンター0個運用できるかな

  3. [253] 名無しのイゼット団員 2019/05/04(土) 06:44:12 ID:YzOTQyMDI

    新生化のテキスト読んでると
    異界の進化っていうより殻を思い出す

    まぁいずれにせよ、この系統のカード使うなら
    グリセルもいいけどやっぱり修復の天使を出したくなるね

  4. [254] 名無しのイゼット団員 2019/05/05(日) 19:07:03 ID:U3OTkxMDM

    マリガンが元に戻ってたけど、やっぱこっちの方が楽しいわ
    当然のように飛んできた1ターン目ハンデスもコンボの最適ムーブも、心なしか減ったように感じる
    というか心の持ちようが違う
    自分が手札事故したときはロンドンマリガンの機能性はスゴかったなとは思うけど、今のまともにMTGしてる感に比べたらゴマ粒程度でしかないぜ

  5. [255] 名無しのイゼット団員 2019/05/05(日) 19:37:19 ID:M5Mjk5Mzg

    そういう意見はこんなところに書き捨てず公式に言ってやってくれ
    公式にそういう意見が届かないと、最終的にロンドンマリガンが採用されることになるぞ

  6. [256] 名無しのイゼット団員 2019/05/05(日) 23:22:51 ID:g3MjAwMzc

    アロサウルスは古いカードな上にグリショール以外への影響が皆無に等しいからなぁ。
    禁止するならこれが妥当でしょうね。

  7. [257] 名無しのイゼット団員 2019/05/07(火) 08:28:10 ID:QwODQ3MzI

    ※256
    WotCがコンボを完全に消すつもりなら新生化ban。
    アロサウルスbanだと瞬殺にこだわらなければコンボ自体が生き残る。
    グリセルを8/8でサーチできるだけで強い気もする。
    7枚引きながらライフも増えるってどういう事やねん。
    個人的にはグリセルbanを希望
    冷静に見て、バーゲンを(B)(B)分重くしたら7/7飛行絆魂生物になりましたってオーバースペックに見えるので(しかも通常ドロー可能)
    現にこのデッキでは仮に0/1でも1キルできるし
    4/4飛行位でよかった

  8. [258] 名無しのイゼット団員 2019/05/07(火) 11:31:26 ID:Y1MDcyMDQ

    アロサウルスの代わりだと親和寄りにしてマイアの処罰者とかでもいけるね

  9. [259] 名無しのイゼット団員 2019/05/07(火) 20:12:00 ID:g5OTUzNzA

    まあどんなに希望してもグリセル禁止は流石に無さそう
    グリショールのコンボ自体は前からある(そして特に問題を起こしてない)ものなんで、そっちより安定した速度の方を問題にされる可能性が高そうだし、そうなればアミュレットブルームの花盛りの夏のように起爆剤になるアロサウルスが逝くんじゃないかな
    結局このデッキが今後も暴れ続けるか次第ではあるけど

  10. [260] 名無しのイゼット団員 2019/05/07(火) 20:14:58 ID:Q0MzMwNzY

    ※257
    冷静に考えたら瞬殺されないならコンボは生き残ってよいですね
    頭を冷やしましょう

    ※258
    マイアの処罰者や水銀のビヒモスに加えて新生化や異界の進化を同ターン中に唱えるために何枚の手札が必要なのか考えたら3ターンキルすら怪しいけど

1 4 5 6

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。