【MF横浜目前】「マジックフェスト」へようこそ!飛び入り参加でも楽しむポイントをご紹介

こんにちは!「横浜らへん出身」を主張する神奈川県民のスガワラです。

いよいよ今月19から21日にかけて、パシフィコ横浜にてマジックフェスト・横浜2019が開催されます。地元近くということで、少しくらい寝坊しても大丈夫個人的にもテンション上がりまくりです!

メインの大型大会であるグランプリ本戦の受付は既に締め切っていますが、マジックフェストは当日参加イベントも負けず劣らず面白い!そこで本記事では、本戦に参加しない人がマジックフェストを楽しむためのポイントをお伝えしてまいります。

特に、今までイベントに参加したことがないという方のお役に立てれば幸いです!

 

そもそもマジックフェストって何?

マジックフェストとは、その名の通り世界各国で行われている「マジックのお祭り」です。カードゲームのイベントというとガチガチの競技大会をイメージする方も多いかもしれませんが、マジックフェストの醍醐味は競技だけではありません

※画像はマジック日本公式サイトより

「お祭り」というだけあってお楽しみイベントが盛りだくさん。中にはクイズ大会サイン会といったものもあり、たとえ対戦が苦手でも楽しめますよ!

▲昨年は開発部の偉い人「マロー」ことMark Rosewater氏のしゃべるパネルも出現しました

しかも入場は無料!マジックが好きなら、興味があるなら、会場を見て回るだけでもきっと楽しめます。マジックをやり込んでいる人はもちろん、対戦形式のイベントに行くのはまだちょっと不安、という人にこそオススメです!

 

どんなことをやってるの?

では、具体的にマジックフェストでのイベントをご紹介。
 


 

見どころ① グランプリ
通称「本戦」。優勝者に7,000ドルの賞金とグランプリ王者の名誉が与えられる、プレイヤーたちの一大イベントです。とはいえ既に参加受付は締め切り済みですので、詳しいご紹介はまたの機会に。

強豪のプレイを間近で見ることができるのも、マジックフェストの醍醐味ですね!

※画像はマジック日本公式サイトより
 


 

見どころ② 当日参加の大会
グランプリ本戦以外にも、ほぼ常時何かしらの大会が開かれています。参加するだけでイベント限定のプロモカードが貰えるものも多く、物凄く雑に言えば出得

プロモカードの詳細は過去の記事にまとめているのでこちらもご参照ください。

▲左下、コレクターナンバーの隣には「MagicFest」の文字が。5種類の基本土地はそれぞれ別の次元を示しています。《平地》はチャンドラやドビンの故郷であるカラデシュ次元。

▲《稲妻》はテキストレス、つまり効果の文章すら省略された全面イラスト!もちろん、「対象に3ダメージ」として使えます。

中には、ふだんあまり見かけない「大乱闘戦」や「双頭巨人シールド」といった特殊ルールの大会も。時間が決まっているものと、人数が集まり次第何度も行われるものがあります。イベント特設ページのスケジュール表をチェックしておきましょう。
 


 

見どころ③ ステージイベント
特殊ルールでの大会よりも、さらにぶっ飛んだ?楽しさに満ちているのがステージイベントです。

Bigweb掲載記事より引用

クイズ大会お絵かき対決、果てはチームメイトがフラフープを回している間しかターンが続かないバトルなどなど、趣向を凝らしたバラエティ番組的な面白イベントが多数用意されています。

3月に京都で開催された際の様子が主催であるBIGMAGIC様のウェブサイトにて掲載されているので、百聞は一見に如かず!ハチャメチャな盛り上がりの一端をぜひご覧ください。


 

見どころ④ ギルドミッション
過去2回、国内でのマジックフェストで実施されて盛り上がっているのがギルドミッション!

参加費と引き換えにパックを受け取り、出てきた「」のギルドに所属。現地のプレイヤーと協力してミッションに挑んでいくゲームです。知らない人に声を掛けるのはちょっと緊張しますが、マジック仲間を増やすにも良い機会になりそうですね!

どうやら横浜では、「スパークラリー」と名前も新たにパワーアップするようですが…!?
(4/16 新名称発表に伴い追記しました)

僕も参加予定ですが、これ『ラヴニカの献身』のパックを使うとどうやってもイゼット団に所属できませんね……。


 

見どころ⑤ 販売・買取
もちろん物販コーナーも充実!国内の大手ショップが一堂に会します。

特に名物として恒例になっているのがくじどのショップも趣向を凝らしたくじ引きが実施されていて、まんまと財布の紐が緩む緩む。昔のレアパックや限定サプライ、超高額カードが当たることもあってついチャレンジしちゃうんですよね。

と、お財布にダメージを受けたら買い取りで不要カードを換金しちゃいましょう!

そう、マジックフェスト会場では現在カード買取も実施しているんです!カードをゲットして、使わない分を換金して、それでまたカードをゲットして……この錬金術、無限ループでは!?

ちなみに僕はガラガラくじを回さないと死んでしまう病気なので、当日は暇さえあればくじを回すハムスター状態になっている予定です。
 


 

見どころ⑥ アーティストブース
マジックの魅力の一つが美麗なアート。皆さんも、「絵が好きなカード」ってありますよね?そんなアートを手掛けた先生方と出会えるのがアーティストブースです。実を言うと、個人的には一番の楽しみだったりします。

というわけで、ちょっとここ語るオタクになりますよ!お付き合いください。

▲昨年は、来日されたHoward Lyon先生からサインをいただきました!キレイ!

基本的には時間を区切って、先着または抽選でアーティストの先生方と交流やサインの依頼ができます。サインをお願いする際の価格はアーティストごとに違いますが、おおむね300~500円。使用する色数に応じて変動するイメージで考えておくと良いでしょう(基本的に2色以上のサインだと少し値上がりします)。

▲こちらはAdam Paquette先生のサイン。黒を影にした「シャドーサイン」は少し値上がりしますが、立体感がクールです!

ちなみに、サインのインクがうっかり他のカードやスリーブに貼り付いてしまうと大惨事に。カードを立てかけられる仕切りを取り付けたストレージボックスやタッパーなど、表面に触れずに乾かせる小道具があると良いですよ!

……と、ここまでサイン会のように紹介してきましたが、実のところアーティストブースはサインだけではありません。アーティスト特製のオリジナルトークン複製原画など、ファン垂涎のアイテムが買えたり、中には拡張アート……つまりアートを描き足してくれるアーティストも……!?(※競技で使用する際にはあらかじめジャッジに確認しましょう)

今回の横浜には、

・Alayna Danner先生

Image (12)

担当カード一覧

・Jeff Laubenstein先生

担当カード一覧

・Johannes Voss先生

担当カード一覧

・Mark Tedin先生

担当カード一覧

の4名が来日予定です。

当たり前なのですが、皆さん普段は海外にお住まいなので、次にサインをお願いできる機会はいつになるか分かりません。好みのアートがある方は、この機会にぜひアーティストブースに足を運んでみてください!

 

マジックが好きなら間違いなくオススメ!

というわけで、マジックフェストの見どころをご紹介させていただきました。

繰り返しになってしまいますが、実はものすごーく気軽に遊びに行けるイベントですので、「大会ってちょっと怖そう」「ルールまだうろ覚えだし……」という方でも、マジックが好きという気持ちがあれば楽しめること間違いなし!

皆さんと会場でお会いできるのを楽しみにしております!

 

3 コメント on 【MF横浜目前】「マジックフェスト」へようこそ!飛び入り参加でも楽しむポイントをご紹介

  1. [51] 名無しのイゼット団員 2019/04/17(水) 08:47:29 ID:A1MjI3OTQ

    グランプリ初めてなんですがリミテのサイドイベントに出たい時基本土地の貸し出しってありますか?

  2. [52] 名無しのイゼット団員 2019/04/18(木) 20:53:07 ID:gxMDQ3NzM

    貸し出しはあるよ
    終了後はほかの人も使うからスリーブは忘れないようにね

  3. [53] 名無しのイゼット団員 2019/04/19(金) 16:12:27 ID:E3MzIzMTI

    アドバイスありがとうございます!

1 2

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。