MO競技リーグ(モダン):《荒野の再生》コンなど『ラヴニカの献身』カード採用5-0デッキ4選

1月29日公開のMO競技リーグモダン5-0リストより、『ラヴニカの献身』収録カード採用デッキのご紹介です。前回記事に引き続き、最新セットのカードを採用したデッキの中から特徴的なものをピックアップしています。

紹介デッキ目次

スゥルタイコントロール
バントランプ
ブリッジヴァイン
ガルガドンバランス

スゥルタイコントロール

スゥルタイコントロール プレイヤー:Ftzz
デッキリスト
3:《繁殖池/Breeding Pool》
2:《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》
1:《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》
1:《廃墟の地/Field of Ruin》
1:《溢れかえる果樹園/Flooded Grove》
1:《森/Forest》
2:《内陸の湾港/Hinterland Harbor》
4:《島/Island》
3:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
1:《沼/Swamp》
2:《湿った墓/Watery Grave》
25 lands

3:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
3 creatures

1:《突然の衰微/Abrupt Decay》
1:《暗殺者の戦利品/Assassin’s Trophy》
1:《青の太陽の頂点/Blue Sun’s Zenith》
4:《謎めいた命令/Cryptic Command》
1:《肉貪り/Devour Flesh》
2:《致命的な一押し/Fatal Push》
4:《成長のらせん/Growth Spiral》
1:《ヒエログリフの輝き/Hieroglyphic Illumination》
1:《論理の結び目/Logic Knot》
3:《神秘の指導/Mystical Teachings》
1:《運命のきずな/Nexus of Fate》
3:《選択/Opt》
1:《ムラーサの胎動/Pulse of Murasa》
4:《差し戻し/Remand》
1:《呪文嵌め/Spell Snare》
3:《荒野の再生/Wilderness Reclamation》
32 other spells

1:《肉貪り/Devour Flesh》
1:《致命的な一押し/Fatal Push》
1:《ムラーサの胎動/Pulse of Murasa》
1:《儀礼的拒否/Ceremonious Rejection》
1:《弱者の消耗/Consume the Meek》
2:《払拭/Dispel》
1:《威圧の誇示/Display of Dominance》
1:《残響する衰微/Echoing Decay》
1:《引き裂く突風/Fracturing Gust》
1:《人生は続く/Life Goes On》
1:《敏捷な妨害術師/Nimble Obstructionist》
1:《疑念の影/Shadow of Doubt》
1:《外科的摘出/Surgical Extraction》
1:《黄金牙、タシグル/Tasigur, the Golden Fang》
15 sideboard cards

《荒野の再生》を使って2重のタイミングでマナを生み出し、《神秘の指導》から様々なインスタントタイミングカードをサーチするコントロールデッキ。特に使用後デッキに戻る追加ターン呪文《運命のきずな》との相性は抜群です。

バントランプ

バントランプ プレイヤー:Do0mSwitch
デッキリスト
3:《繁殖池/Breeding Pool》
1:《溢れかえる果樹園/Flooded Grove》
1:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2:《森/Forest》
1:《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
2:《島/Island》
4:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
2:《寺院の庭/Temple Garden》
4:《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》
21 lands

4:《東屋のエルフ/Arbor Elf》
3:《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》
2:《永遠の証人/Eternal Witness》
1:《ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis》
1:《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn’s Prodigy》
11 creatures

3:《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
3:《ドミナリアの英雄、テフェリー/Teferi, Hero of Dominaria》
1:《至高の評決/Supreme Verdict》
2:《時間のねじれ/Time Warp》
4:《天使歌/Angelsong》
4:《謎めいた命令/Cryptic Command》
1:《運命のきずな/Nexus of Fate》
2:《差し戻し/Remand》
2:《肥沃な大地/Fertile Ground》
2:《アズカンタの探索/Search for Azcanta》
4:《楽園の拡散/Utopia Sprawl》
28 other spells

3:《減衰球/Damping Sphere》
2:《払拭/Dispel》
1:《太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun’s Champion》
2:《炎渦竜巻/Firespout》
1:《否認/Negate》
2:《流刑への道/Path to Exile》
2:《石のような静寂/Stony Silence》
2:《スラーグ牙/Thragtusk》
15 sideboard cards

噂の《ハイドロイド混成体》がついにモダンデビュー(1枚だけですが)。ダメージ軽減を行う《天使歌》に追加ターンの《時間のねじれ》《運命のきずな》と、構成としてはスタンダードのターボフォグを彷彿とさせますね。

ブリッジヴァイン

ブリッジヴァイン プレイヤー:Warren138
デッキリスト
4:《黒割れの崖/Blackcleave Cliffs》
2:《血の墓所/Blood Crypt》
4:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1:《山/Mountain》
1:《草むした墓/Overgrown Tomb》
1:《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》
1:《沼/Swamp》
4:《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
18 lands

4:《恐血鬼/Bloodghast》
3:《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》
4:《墓所這い/Gravecrawler》
4:《傲慢な新生子/Insolent Neonate》
4:《リックス・マーディの歓楽者/Rix Maadi Reveler》
4:《縫い師への供給者/Stitcher’s Supplier》
4:《復讐蔦/Vengevine》
3:《臓物の予見者/Viscera Seer》
4:《歩行バリスタ/Walking Ballista》
34 creatures

4:《信仰無き物あさり/Faithless Looting》
4:《黄泉からの橋/Bridge from Below》
8 other spells

2:《高山の月/Alpine Moon》
4:《暗殺者の戦利品/Assassin’s Trophy》
3:《集団的蛮行/Collective Brutality》
1:《暗黒破/Darkblast》
4:《虚空の力線/Leyline of the Void》
1:《思考囲い/Thoughtseize》
15 sideboard cards

手札入れ替え能力を持つ《リックス・マーディの歓楽者》を採用したタイプのブリッジヴァイン。《復讐蔦》を捨てられるカードが増えたほか、絢爛によるオールディスカード+手札補充も強力です。

ガルガドンバランス

ガルガドンバランス プレイヤー:ArsenalMunch
デッキリスト
1:《滝の断崖/Cascade Bluffs》
2:《島/Island》
2:《山/Mountain》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
4:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
4:《蒸気孔/Steam Vents》
4:《トレイリア西部/Tolaria West》
21 lands

4:《大いなるガルガドン/Greater Gargadon》
4 creatures

1:《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4:《祖先の幻視/Ancestral Vision》
4:《均衡の復元/Restore Balance》
4:《血清の幻視/Serum Visions》
4:《手練/Sleight of Hand》
4:《雷電支配/Electrodominance》
2:《稲妻/Lightning Bolt》
4:《選択/Opt》
2:《差し戻し/Remand》
1:《トーモッドの墓所/Tormod’s Crypt》
4:《予言により/As Foretold》
1:《血染めの月/Blood Moon》
35 other spells

2:《血染めの月/Blood Moon》
1:《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
1:《トーモッドの墓所/Tormod’s Crypt》
2:《削剥/Abrade》
2:《神々の憤怒/Anger of the Gods》
1:《謎めいた命令/Cryptic Command》
2:《払拭/Dispel》
2:《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
2:《破壊放題/Shattering Spree》
15 sideboard cards

前回記事のリビングエンドと同じく、新たなコストなしカードのキャスト手段を手に入れたガルガドンバランス。インスタントタイミングで《均衡の復元》を撃つことができるのは大きな収穫ではないでしょうか。

ソース

COMPETITIVE MODERN CONSTRUCTED LEAGUE – マジック米公式サイト

3 コメント on MO競技リーグ(モダン):《荒野の再生》コンなど『ラヴニカの献身』カード採用5-0デッキ4選

  1. [101] 名無しのイゼット団員 2019/02/05(火) 08:00:17 ID:MxNTc1NTU

    99
    4Cサヒーリか、面白い試みかも知れないけど4Cの上デッキの中にコンボパーツ多数で安定させるのは難しそう

  2. [102] 名無しのイゼット団員 2019/02/05(火) 08:43:26 ID:EwMDQzODI

    ヴァニファールって伝説じゃなかったっけ
    トークン出したら死ぬ?

  3. [103] 名無しのイゼット団員 2019/02/05(火) 12:00:37 ID:U5NjM4Mjg

    コピーの方を残してパッパラサクってコンボ開始の想定かと

1 2 3

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。