『ラヴニカの献身』スポイラー:生け贄を捧げることで様々な恩恵をもたらす黒の軽量クリーチャー

日本時間の1月10日、YouTubeチャンネル「Merchant」より、1月25日発売の新通常セット『ラヴニカの献身』収録カード《Priest of Forgotten Godsが公開されました。

公開カード

《Priest of Forgotten Gods》(1)(黒)
クリーチャー – 人間・クレリック [R]

(T), 他のクリーチャー2体を生け贄に捧げる:望む数のプレイヤーを対象とする。それらのプレイヤーは2点のライフを失うとともにクリーチャー1体を生け贄に捧げる。あなたは(黒)(黒)を加えるとともにカードを1枚引く。

1/2

ソース

Priest of Forgotten Gods | Ravnica Allegiance Card Reveal – YouTube

関連リンク

カードイメージギャラリー『ラヴニカの献身』 – マジック米公式サイト

3 コメント on 『ラヴニカの献身』スポイラー:生け贄を捧げることで様々な恩恵をもたらす黒の軽量クリーチャー

  1. [51] 名無しのイゼット団員 2019/01/11(金) 12:16:46 ID:M0ODk2OTA

    >36
    緩い高僧ってかんじはするよね。
    ウィニーに数枚仕込むと面白いような気がしないでもない。あとはコンボ。

  2. [52] 名無しのイゼット団員 2019/01/12(土) 06:40:17 ID:M1OTk1MjU

    プロキシで回した感想を率直に書くと、こいつは相手を除去できるボブ。
    どぶ骨→僧侶→組み直しの骸骨と動き、相手のターンに骨2体をブロッカーとして指定した後に僧侶の生贄とする。黒黒で骨を1体戦場に戻し1ドロー。
    もしくは起動せずに次のターンまで待ち、真夜中の死神をプレイした後で僧侶を起動すると、都合3ドローと骨1体の回収が可能。
    相手はクリーチャーとライフを失い、一方自分は同じ分ライフを失いつつ3ドローができるので、看過できないアド差となる。
    骨が何度も戦場に戻るので冒涜された墓所とも相性がよく、各種コンボパーツを霊廟の秘密で都合よくサーチできる点も見逃せない。そしてこれらの動きを黒単色で行うことができてタッチカラーに融通が利く。
    今は平均200円程度で予約されてるけど、こいつは化けると思う。

  3. [53] 名無しのイゼット団員 2019/01/16(水) 11:19:00 ID:Y3MDMyODg

    タイプゾンビだったら満点だったんだがな
    マナが必要ないサクリ台て意味では優秀だけど自分が寝ちゃうのが玉に瑕というか

1 2

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。