GPミルウォーキー2018(スタンダード):優勝はジェスカイコンのAdrian Sullivan選手に

11月17-18日、アメリカ合衆国ウィスコンシン州にてスタンダードフォーマットで行われたグランプリ・ミルウォーキー2018本戦(参加者:1,300名)。優勝はジェスカイコントロールを使用したAdrian Sullivan選手となりました。

※写真はマジック米公式サイトより

トップ8選手&使用デッキ

1st Placeジェスカイコントロール
プレイヤー:Adrian Sullivan
2nd Place黒緑ミッドレンジ
プレイヤー:Brian Lynn
3rd Placeジェスカイコントロール
プレイヤー:Isaak Krut
4th Place黒緑ミッドレンジ
プレイヤー:Jackson Hicks
5th Place黒緑ミッドレンジ
プレイヤー:Adam Hernandez
6th Place黒緑ミッドレンジ
プレイヤー:Seth Manfield
7th Place白単アグロ
プレイヤー:Jakob Tilk
8th Place青赤スペル
プレイヤー:Owen Turtenwald

入賞者プロフィールはこちらから。

トップ8デッキリスト

1位:ジェスカイコントロール プレイヤー:Adrian Sullivan
デッキリスト
4:《断崖の避難所/Clifftop Retreat》
4:《氷河の城砦/Glacial Fortress》
5:《島/Island》
4:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
4:《蒸気孔/Steam Vents》
4:《硫黄の滝/Sulfur Falls》
25 lands

2:《奇怪なドレイク/Enigma Drake》
4:《パルン、ニヴ=ミゼット/Niv-Mizzet, Parun》
1:《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》
7 creatures

3:《ドミナリアの英雄、テフェリー/Teferi, Hero of Dominaria》
3:《轟音のクラリオン/Deafening Clarion》
2:《溶岩コイル/Lava Coil》
2:《潜水/Dive Down》
3:《発展+発破/Expansion+Explosion》
2:《イオン化/Ionize》
4:《選択/Opt》
1:《残骸の漂着/Settle the Wreckage》
1:《ショック/Shock》
1:《呪文貫き/Spell Pierce》
2:《中略/Syncopate》
4:《宝物の地図/Treasure Map》
28 other spells

1:《残骸の漂着/Settle the Wreckage》
2:《苦悩火/Banefire》
1:《浄化の輝き/Cleansing Nova》
1:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
2:《イクサランの束縛/Ixalan’s Binding》
2:《黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer》
1:《否認/Negate》
2:《封じ込め/Seal Away》
1:《呪文詐欺/Spell Swindle》
2:《絶滅の星/Star of Extinction》
15 sideboard cards

2位:黒緑ミッドレンジ プレイヤー:Brian Lynn
デッキリスト
3:《愚蒙の記念像/Memorial to Folly》
4:《草むした墓/Overgrown Tomb》
4:《森林の墓地/Woodland Cemetery》
5:《沼/Swamp》
8:《森/Forest》
24 lands

1:《殺戮の暴君/Carnage Tyrant》
3:《破滅を囁くもの/Doom Whisperer》
2:《貪欲なチュパカブラ/Ravenous Chupacabra》
4:《翡翠光のレインジャー/Jadelight Ranger》
2:《探求者の従者/Seekers’ Squire》
4:《マーフォークの枝渡り/Merfolk Branchwalker》
4:《野茂み歩き/Wildgrowth Walker》
4:《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》
24 creatures

2:《ビビアン・リード/Vivien Reid》
3:《採取+最終/Find+Finality》
4:《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》
3:《喪心/Cast Down》
12 other spells

3:《殺戮の暴君/Carnage Tyrant》
3:《黄金の死/Golden Demise》
1:《暗殺者の戦利品/Assassin’s Trophy》
2:《打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon》
2:《貪る死肉あさり/Deathgorge Scavenger》
4:《強迫/Duress》
15 sideboard cards

3位:ジェスカイコントロール プレイヤー:Isaak Krut
デッキリスト
4:《断崖の避難所/Clifftop Retreat》
4:《氷河の城砦/Glacial Fortress》
6:《島/Island》
4:《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》
4:《蒸気孔/Steam Vents》
4:《硫黄の滝/Sulfur Falls》
26 lands

3:《弾けるドレイク/Crackling Drake》
2:《パルン、ニヴ=ミゼット/Niv-Mizzet, Parun》
5 creatures

3:《ドミナリアの英雄、テフェリー/Teferi, Hero of Dominaria》
4:《轟音のクラリオン/Deafening Clarion》
4:《薬術師の眼識/Chemister’s Insight》
1:《本質の散乱/Essence Scatter》
1:《裁きの一撃/Justice Strike》
1:《否認/Negate》
4:《選択/Opt》
1:《残骸の漂着/Settle the Wreckage》
4:《悪意ある妨害/Sinister Sabotage》
3:《中略/Syncopate》
3:《封じ込め/Seal Away》
29 other spells

2:《裁きの一撃/Justice Strike》
2:《否認/Negate》
1:《焦熱の連続砲撃/Fiery Cannonade》
1:《神聖の発動/Invoke the Divine》
2:《イクサランの束縛/Ixalan’s Binding》
3:《軍勢の戦親分/Legion Warboss》
2:《黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer》
2:《絶滅の星/Star of Extinction》
15 sideboard cards

4位:黒緑ミッドレンジ プレイヤー:Jackson Hicks
デッキリスト
8:《森/Forest》
3:《愚蒙の記念像/Memorial to Folly》
4:《草むした墓/Overgrown Tomb》
5:《沼/Swamp》
4:《森林の墓地/Woodland Cemetery》
24 lands

1:《殺戮の暴君/Carnage Tyrant》
3:《破滅を囁くもの/Doom Whisperer》
4:《翡翠光のレインジャー/Jadelight Ranger》
4:《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》
4:《マーフォークの枝渡り/Merfolk Branchwalker》
2:《貪欲なチュパカブラ/Ravenous Chupacabra》
2:《探求者の従者/Seekers’ Squire》
4:《野茂み歩き/Wildgrowth Walker》
24 creatures

2:《ビビアン・リード/Vivien Reid》
3:《採取+最終/Find+Finality》
3:《喪心/Cast Down》
4:《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》
12 other spells

2:《殺戮の暴君/Carnage Tyrant》
2:《暗殺者の戦利品/Assassin’s Trophy》
2:《血の刺客/Blood Operative》
4:《強迫/Duress》
3:《黄金の死/Golden Demise》
2:《打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon》
15 sideboard cards

5位: 黒緑ミッドレンジ プレイヤー:Adam Hernandez
デッキリスト
8:《森/Forest》
2:《愚蒙の記念像/Memorial to Folly》
4:《草むした墓/Overgrown Tomb》
6:《沼/Swamp》
4:《森林の墓地/Woodland Cemetery》
24 lands

2:《殺戮の暴君/Carnage Tyrant》
1:《破滅を囁くもの/Doom Whisperer》
1:《ゴルガリの拾売人/Golgari Findbroker》
4:《翡翠光のレインジャー/Jadelight Ranger》
4:《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》
4:《マーフォークの枝渡り/Merfolk Branchwalker》
2:《貪欲なチュパカブラ/Ravenous Chupacabra》
2:《探求者の従者/Seekers’ Squire》
2:《打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon》
3:《野茂み歩き/Wildgrowth Walker》
25 creatures

1:《ウルザの後継、カーン/Karn, Scion of Urza》
3:《ビビアン・リード/Vivien Reid》
3:《採取+最終/Find+Finality》
2:《喪心/Cast Down》
2:《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》
11 other spells

1:《野茂み歩き/Wildgrowth Walker》
1:《ウルザの後継、カーン/Karn, Scion of Urza》
1:《喪心/Cast Down》
1:《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》
2:《暗殺者の戦利品/Assassin’s Trophy》
2:《貪る死肉あさり/Deathgorge Scavenger》
4:《強迫/Duress》
2:《黄金の死/Golden Demise》
1:《最古再誕/The Eldest Reborn》
15 sideboard cards

6位:黒緑ミッドレンジ プレイヤー:Seth Manfield
デッキリスト
8:《森/Forest》
1:《愚蒙の記念像/Memorial to Folly》
4:《草むした墓/Overgrown Tomb》
6:《沼/Swamp》
4:《森林の墓地/Woodland Cemetery》
23 lands

3:《殺戮の暴君/Carnage Tyrant》
2:《僧帽地帯のドルイド/Druid of the Cowl》
4:《翡翠光のレインジャー/Jadelight Ranger》
4:《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》
4:《マーフォークの枝渡り/Merfolk Branchwalker》
1:《真夜中の死神/Midnight Reaper》
3:《貪欲なチュパカブラ/Ravenous Chupacabra》
3:《野茂み歩き/Wildgrowth Walker》
24 creatures

2:《ウルザの後継、カーン/Karn, Scion of Urza》
3:《ビビアン・リード/Vivien Reid》
3:《採取+最終/Find+Finality》
2:《喪心/Cast Down》
3:《ヴラスカの侮辱/Vraska’s Contempt》
13 other spells

1:《真夜中の死神/Midnight Reaper》
2:《喪心/Cast Down》
1:《暗殺者の戦利品/Assassin’s Trophy》
2:《貪る死肉あさり/Deathgorge Scavenger》
1:《破滅を囁くもの/Doom Whisperer》
3:《強迫/Duress》
2:《黄金の死/Golden Demise》
1:《再利用の賢者/Reclamation Sage》
1:《最古再誕/The Eldest Reborn》
1:《秘宝探究者、ヴラスカ/Vraska, Relic Seeker》
15 sideboard cards

7位:白単アグロ プレイヤー:Jakob Tilk
デッキリスト
22:《平地/Plains》
22 lands

4:《アダントの先兵/Adanto Vanguard》
4:《ベナリアの軍司令/Benalish Marshal》
4:《不屈の護衛/Dauntless Bodyguard》
4:《追われる証人/Hunted Witness》
1:《黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer》
4:《空渡りの野心家/Skymarcher Aspirant》
4:《敬慕されるロクソドン/Venerated Loxodon》
25 creatures

2:《征服者の誇り/Pride of Conquerors》
3:《議事会の裁き/Conclave Tribunal》
4:《ベナリア史/History of Benalia》
4:《軍団の上陸/Legion’s Landing》
13 other spells

1:《黎明をもたらす者ライラ/Lyra Dawnbringer》
1:《議事会の裁き/Conclave Tribunal》
1:《平地/Plains》
3:《暴君への敵対者、アジャニ/Ajani, Adversary of Tyrants》
2:《不可解な終焉/Baffling End》
1:《イクサランの束縛/Ixalan’s Binding》
2:《豊潤の声、シャライ/Shalai, Voice of Plenty》
4:《トカートリの儀仗兵/Tocatli Honor Guard》
15 sideboard cards

8位: 青赤スペル プレイヤー:Owen Turtenwald
デッキリスト
7:《島/Island》
6:《山/Mountain》
4:《蒸気孔/Steam Vents》
4:《硫黄の滝/Sulfur Falls》
21 lands

4:《弧光のフェニックス/Arclight Phoenix》
4:《弾けるドレイク/Crackling Drake》
4:《ゴブリンの電術師/Goblin Electromancer》
12 creatures

1:《標の稲妻/Beacon Bolt》
4:《航路の作成/Chart a Course》
1:《幻惑の旋律/Entrancing Melody》
3:《溶岩コイル/Lava Coil》
2:《苦しめる声/Tormenting Voice》
1:《一瞬/Blink of an Eye》
2:《発見+発散/Discovery+Dispersal》
4:《選択/Opt》
4:《急進思想/Radical Idea》
4:《ショック/Shock》
1:《ミラーリ予想/The Mirari Conjecture》
27 other spells

1:《標の稲妻/Beacon Bolt》
2:《幻惑の旋律/Entrancing Melody》
1:《溶岩コイル/Lava Coil》
1:《苦悩火/Banefire》
2:《つぶやく神秘家/Murmuring Mystic》
2:《否認/Negate》
2:《パルン、ニヴ=ミゼット/Niv-Mizzet, Parun》
1:《イゼット副長、ラル/Ral, Izzet Viceroy》
2:《シヴの火/Shivan Fire》
1:《絶滅の星/Star of Extinction》
15 sideboard cards

環境統計:1-32位

アーキタイプ入賞数入賞率
ジェスカイコントロール1237.5%
黒緑ミッドレンジ825.0%
青赤スペル412.5%
白単アグロ39.4%
赤単アグロ26.3%
白緑トークン26.3%
グリクシスコントロール13.1%
合計32

上位デッキリスト

1-8位/9-32位

動画配信(Twitch)

動画一覧はこちらから。

ソース

GRAND PRIX MILWAUKEE 2018 – マジック米公式サイト

18 コメント on GPミルウォーキー2018(スタンダード):優勝はジェスカイコンのAdrian Sullivan選手に

  1. [51] 名無しのイゼット団員 2018/11/19(月) 15:34:21 ID:gwMzE4NDg

    ゴルガリのメイン暴君が減って侮辱と破滅を囁くものの採用が増えているの分かる人いる?
    私見だと破滅君はドレイク二種の受け、侮辱はテフェリー対策に寄せたいのかなって感じるけどどうなんだろう。

  2. [52] 名無しのイゼット団員 2018/11/19(月) 15:37:05 ID:A0MDA1Mjc

    黒緑やってる者としては、ドレイク横に並ばれるよりニヴ様連打されるのが一番つらい。この型が増えるなら6マナヴラスカをメインに戻さないとダメかな。

  3. [53] 名無しのイゼット団員 2018/11/19(月) 15:56:14 ID:A3MDcyMDc

    海賊の略奪で宝物二個出してビッグイニング作ってニヴ様出しつつカウンター構えるの良いかと思ってたけど、地図の方が丸いかなあ
    略奪はコピーすると楽しいんだけど
    にしてもニヴ様は色拘束強くなってレアリティ下げたら構築で使われるようになるとは面白い

  4. [54] 名無しのイゼット団員 2018/11/19(月) 16:10:50 ID:g1Njg3ODU

    ※51
    イゼット・ドレイクだと速攻ついた14点ドレイクが殴りかかってくるのでデーモンを壁にするかインスタント除去を撃てるようにしないと事故死する可能性がある
    そこを嫌って今のような構成になったのかな、と思う
    喪心とかの方が構えやすいけどテフェリーやミゼットも対処できる侮辱の方が汎用性は高いからなー

  5. [55] 名無しのイゼット団員 2018/11/19(月) 16:54:39 ID:g2NjcwNzI

    誰も言ってないけど、優勝した人もしインビテーショナルになったら、無茶苦茶肉弾戦強そう。

  6. [56] 名無しのイゼット団員 2018/11/19(月) 17:05:24 ID:AzNzg3NDU

    サリヴァン先生またコントロール使ってんのねー

  7. [57] 名無しのイゼット団員 2018/11/19(月) 17:27:01 ID:c1MTY0OTE

    ニヴ様対策としては最古再誕と疫病作り師の2枚が強烈に刺さる
    潜水で防げないし、テフェリーもケアできてジェスカイコン増えるようなら採用率上がると思う
    作り師は採取で回収できるし、再誕でニヴ様かテフェリーをパクったら勝ち確だし
    なお、アグロにはクッソ弱くなる

  8. [58] 名無しのイゼット団員 2018/11/19(月) 17:27:53 ID:I2NDI3MTA

    良環境だなあ

  9. [59] 名無しのイゼット団員 2018/11/19(月) 17:35:57 ID:E3NzA0NDE

    黒緑が環境初期に優勝してるけど無敗の帝王みたいな感じになってるのは気のせいだろうか

  10. [60] 名無しのイゼット団員 2018/11/19(月) 18:05:53 ID:g4MzU2NjA

    もしかして:無冠の帝王

  11. [61] 名無しのイゼット団員 2018/11/19(月) 18:16:50 ID:QxNzgwMTU

    青色を含むクリーチャーはもっと大幅に攻撃力を下げろ、
    機械巨人とかアホかと思ったぞ

  12. [62] 名無しのイゼット団員 2018/11/19(月) 18:21:11 ID:g4OTQ3NzA

    夢喰いとかいう稲妻で消え去る可愛い奴

  13. [63] 名無しのイゼット団員 2018/11/19(月) 18:26:24 ID:g2NjcwNTI

    セレズニアの行き詰まってる感凄い
    リストも長らくメインパーツほぼ変わってないし初期と不滅の太陽投入時が面白さのピークだったな
    絶対外せないにも関わらず環境に合ってないカードが多いんだよね

  14. [64] 名無しのイゼット団員 2018/11/19(月) 18:37:40 ID:A2OTA4MzI

    暴君が減ったのは、黒緑が減ったのと、アグロが流行ってるからじゃないかな。
    囁くものはイゼットが飛行で攻めてくるのを止めるためかと思う
    侮辱増えてるのは暴君が減ったのと、インスタントタイミングじゃないと殺せないことが増えたからです、はい

  15. [65] 名無しのイゼット団員 2018/11/19(月) 19:21:32 ID:A2Njg4OTc

    ※63
    セレズニアはアグロと青赤を食うためのデッキだからな
    ゴルガリとの相性悪いしコントロール相手もきつめ
    PT時点のメタでは強かったし、メタが回ればまた出てくるでしょ

  16. [66] 名無しのイゼット団員 2018/11/19(月) 22:04:13 ID:M2MjE0MDY

    イゼ速、たまにはデッキ解説やってくれないかなー。
    他の環境でやってると、まったくわからん。

  17. [67] 名無しのイゼット団員 2018/11/20(火) 00:34:41 ID:I3NzUyNzk

    青巨人は4/5が妥当だったと思う
    スカラベはリアニコストが軽すぎ

  18. [68] 名無しのイゼット団員 2018/11/25(日) 17:04:09 ID:I1OTI0Mjg

    夢食いが4/5ならなー

1 2

コメントを送る

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。




送信ボタンを押すとガイドラインに完全に同意したものと見做されます。規約に違反する書き込みは削除・編集が行われる可能性がございますので何卒ご了承ください。